fyb_switch_to_sp_js

RSS Feed

« 2024年1月20日のオンエア楽曲です! | メイン | Live at シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 »

2024年1月27日 (土)

2024年1月27日のオンエア楽曲です!

<HONMOKU LIFE STYLE/選曲:横山剣>

1200x1200bf60 After Midnight/Adi Oasis

<横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」/選曲:横山剣音楽事務所>
週末のナイト・クルーズをよりRED HOTにする横山剣音楽事務所選曲コーナー「GANGSTA LUV」の時間です。
●2023年11月第3週にOAした在オランダ・エチオピア女性SSWミニェシューのアルバム『ネッサ(自由)』(2022)に一曲自作曲「マレワ(マイ・ハニー)」をひっさげミニェシューとデュエットしている男性SSWマイケル・レンマ・デミッセウの2014年発表のアルバム『デス・ブラッナレッチ(DES Blagnalech)』(ナホム NAHOM RECS. INC. NY)を買ってみました。
ミニェシューは欧米楽器のオーケストレーションの中にエチオピアの伝統楽器であるマシンコやワシント、クラールの音色を埋没させずに混合させたり、レーベル・メイトの南アフリカの女性アカペラ・グループ、アフリカ・ママズをゲスト参加させたり、アンゴラのヨラ・セメドの様な女親分的な存在感が濃厚なので、マイケル・レンマ・デミッセウのアルバム全体をおおうドメスティック感あふれる歌唱と演奏にはおっ玉毛ました。
ではNYのマイケル・レンマ・デミッセウの「メケィエルシン・サラウク」をお聞き下さい・ブラックキャッツの七吋「チェッ!チェッ!チェッ!」B面「優しさの情景(シーン)」(1985)や美樹克彦の「回転禁止の青春さ」(1966年1月1日)に良く似た感動が降臨しますので、チェキラ(どうぞよろしく)。

MEKEYERSHIN SALAWK/MICHAEL LEMMA DEMISSEW

*横山剣音楽事務所付属自動車倶楽部がお届けする「MIDNIGHT CRUISER」・・・
<MIDNIGHT CRUISER/選曲:横山剣>
True Colors/Crazy Ken Band
Twilight/Adi Oasis

<日東色素のホンモクでハンモック/選曲:日東色素>
Bruce Lee/underworld

<Bass Odyssey/選曲:横山剣>
BGM:Sunshine 888/Crazy Ken Band
Forthenight (feat. Aaries)/Musiq Soulchild
        
<CHIBOWのROOTS ROCK100選/選曲:CHIBOW>

Once Upon a Time/The Main Attractions

<SOUL!SOUL!SOUL!/選曲:横山剣>
My Girl/Musiq Soulchild 
Silky Soul (feat. Musiq Soulchild)/Maze & Frankie Beverly
BGM:Too Many Games/Maze & Frankie Beverly 

<稀有な快楽/選曲:横山剣>
BGM:Rare Pleasure III/Mndsgn
Browneez/Mndsgn

<日東色素のTIME UP MUSIC/選曲:日東色素>
Still Crazy for You/Crazy Cats & Yuming

<時間というものは残酷なものでございやす/選曲:横山剣>
Naked (feat. Leven Kali)/Adi Oasis

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●クレイジーケンバンドニューアルバム「世界」発売中!
01. 宇宙ダイバー
02. eye catch * transit lounge
03. Do it!世界は愛を求めている
04. SHHH!
05. 東方旅館 - Oriental Hotel -
06. マンダリン・パレス
07. eye catch * CKB23
08. お湯
09. Sweet Vibration - CKB tune -
10. 残り香
11. Sweet Soul Train
12. TERIYAKI
13. レコードの日
14. 夜は千の目を持つ
15. 横浜美味礼讃
16. eye catch * airport limousine
17. 観光


●ライムスター武道館公演にゲスト出演!
RHYMESTERの全国ツアーにおいてツアーファイナルとなる日本武道館公演に横山剣&スモーキーテツニのゲスト出演が決定。
【公演概要】
RHYMESTER
King of Stage Vol. 15 Open The Window Release Tour 2023-2024
Presented by NISHIHARA SHOKAI
ツアー詳細:https://www.rhymester.jp/king-of-stage-vol15/

2024年2月16日(金)東京都 日本武道館
ゲスト:岡村靖幸 / 横山剣&スモーキー・テツニ(クレイジーケンバンド) / スチャダラパー / SOIL&"PIMP"SESSIONS / JQ(Nulbarich) / hy4_4yh / Masta Simon(MIGHTY CROWN) / Rei

【チケット第一次先行・抽選受付】
2023年6月10日(土)お昼12:00〜6月18日(日)夜23:59
入金期間:6月22日(木)〜6月25日(日)
受付URL:https://w.pia.jp/t/rhymester23-24/


●クレイジーケンバンド2023-2024全国ツアーSTART!
CRAZY KEN BAND World Tour 2023-2024
Presented by TATSUYA BUSSAN
10月7日(土)福生市民会館
10月9日(月祝)福岡国際会議場メインホール
10月15日(日)LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
10月27日(金)NHK大阪ホール
10月30日(月)カナモトホール(札幌市民ホール)
10月31日(火)斜里町公民館 ゆめホール知床
11月5日(日)神奈川県民ホール
11月17日(金)日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
11月19日(日)神戸国際会館こくさいホール
11月23日(木祝)小田原三の丸ホール
11月26日(日)ミュージックタウン音市場
2024年
1月20日(土)仙台電力ホール
1月27日(土)シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
2月3日(土)浦安市文化会館
2月10日(土)町田市民ホール
2月12日(月祝)京都劇場
2月13日(火)北國新聞赤羽ホール
2月18日(日)太田市民会館
3月2日(土)アイプラザ豊橋
各地公演の詳細はこちらをご参照ください。
https://www.crazykenband.com/posts/live/uuiabn


●FMヨコハマ「JAL presents FLYING HEART 石井竜也 SPECIAL LIVE 2024」
横山剣ゲスト出演!
2024年1月28日(日)開場17:30/開演18:00
横浜・関内ホール(大ホール)
■ゲストアーティスト
横山剣(クレイジーケンバンド) / 中川翔子
■MC:鈴木まひる
イベント詳細はこちら
https://www.fmyokohama.co.jp/topics/10796


●BEGIN 島袋優さんのソロアルバムに横山剣参加
島袋優 ソロアルバム「55rpm」
2024年2月21日(水)発売
https://www.begin1990.com/news/detail/?id=1102


●大西ユカリの Year Of The DRAGONに横山剣、新宮虎児がゲスト出演
4月6日(土)なんばHatch
16時開場 17時開演
https://www.hustle-records.com/news-list/24/04/06/dragon

コメント

(恐縮ながら、R134を北上したときの続きです)
IVORYのテデイベアは目にしてはいなかったであろうと思われる、材木座あたりの海岸線、
晴れた冬の日の逆光に視界が消えそうでもあった際、柄にもなく思わずキューん!と
してしまった瞬間、こちらの曲が脳内に‼‼
https://www.youtube.com/watch?v=x5m8hWK8qUo (KYON2公式チャンネル)
この40周年ライブ、楽しそうで、微笑ましくってグッときます。


Adi Oasis 良かったです!
ベースといえばCKBの曲を除いた場合、この曲がmy favorite です
https://www.youtube.com/watch?v=br5yhr-4oPs (joni Mitchell official)
jacoのベースは歌っているかのごとくです

1月も終わりかけた頃になり・・・・
今年も  丁寧に生きよう とあらためての海岸線での決心でした
それから昨今、またまた感染者急増中のようです ツアーや、楽曲制作が引き続く続くご多忙の折、どうかご自愛くださいませ。 

剣さんこんにちは!
今回の選曲シャイコーですね!Adi Oasisさっそくアナログ注文しました。
Park君の普段聴いているような曲も剣さんを通じて知ることができて良かったです。
今回かけてくださったMusiq SoulchildもMndsgnもMazeも大好きで良く聴いていますが、最近2000年前後のニューソウルの復活的なサウンドがちょこちょこ出てきて嬉しい限りです。
Sy Smithという女性アーティストの新作『Until We Meet Again』も 全曲ベースがかっこいいですのでサブスク等で是非!
そして僕も1番好きなベーシストはシンヤマンです!
今回のツアーの「お湯」のシンヤマン、楽しそうでとってもいいです。
またツアーで聴けるの楽しみにしております。
ちゅーたろう 拝

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。