最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

6/24 OA 「学食」

20160617_101837


今日は6月最後の土曜日。あっという間に7月に突入です。

夏が近づけば気分も晴れやかに、開放的になりますねぇ〜・・・


さてさて、夏といえばオープンキャンパス!

もちろん、関東学院大学でもオープンキャンパスを行います。様々な企画のほか、学生の皆さんが訪れた高校生達をおもてなししてくれます!

関東学院大学、気になってるんだよな〜・・・と思っているそこのキミ!この夏は関東学院大学のオープンキャンパスにLet's GO! m9(゚д゚)


さて、キャンパス生活で非常に助かる存在・・・といえば学食!

今日のゲストは、コックコートがとってもキマっている、関東学院大学 食堂部 総料理長の佐藤幹雄さんをお迎えしました。


関東学院大学の学食の定番メニューといえば・・・「牛カルビ丼」!

この牛カルビ丼、なかなか野菜を食べない学生に「野菜を食べてもらう」為に考案したとのこと。

ご飯の上にキャベツを敷き詰め、その上に特製のタレで漬け込んだカルビを乗せ、さらに栄養価満点の玉子に紅しょうがを添えた一品となっています。

関東学院大学の全キャンパスで定番のメニューとなっていて、デビューしてから10年間で常にTOPの人気を誇るメニューなんだそうです。

このボリューム満点の牛カルビ丼、味噌汁付きで¥460円で食べられるとのこと!安い!


また、関東学院大学は海から近いことから、三崎のマグロを使った「漬け丼」を食べれるとのこと!

この漬け丼もここオリジナルのメニューとなっているそうで、ご飯の中に三浦大根を混ぜ込んでいるとのこと。ごはん粒と一緒のサイズに刻んで混ぜ込むことで、カロリーを抑えてヘルシーにしているそうです。

普通の学食では味わえないこのメニュー、マグロが100gついて¥670! 現地では¥1000は超えるこの漬け丼、食べたい(^q^;)


他の大学と同じような学食は出したくない、という佐藤さん。

キャンパスで生活する学生さん・教職員の方々に飽きが来ず、周りの飲食店に負けないような、オリジナルの商品を考えているとのこと。

また、大学に通う学生さんの親御さんも安心できるように、栄養のバランスを第一に考えているとのこと。学食を食べることで、普段から栄養をバランス良く摂れていると安心して欲しい、と思っているそうです。


また、学生からのリクエストにも応えているそうで、牛タンを食べたい!というリクエストから、牛タン定食を限定で販売したのだそうです!牛タンが学食でたべれるなんて・・・なんて最高なんだ・・・。


ちなみに、関東学院大学のオープンキャンパスでも、佐藤さんが作った学食を食べることが出来ますよ!オープンキャンパスに行かれる方は、是非お楽しみに!


今後は、学食に来る客の体調に合わせたメニューを提供したい、という佐藤さん。関東学院大学の名前を全国に広げるためにも、学食を通して応援していきたいそうです!

そんな、関東学院大学を愛している佐藤さんのこだわりの学食、オープンキャンパスはもちろんのこと、日常でも学食を一般の人も利用できるとのこと!午前10時〜午後5時まで営業しているそうなので、安くとっても美味しい学食を味わってみては?

2016年6月19日 (日)

6/18 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『今年は熊本地震が起こるなど改めて地震の怖さを強く感じました。そこで、そもそもになるのですが、地震の起こるしくみについて教えてほしいです。』
(横浜市港南区の「ミモーレ」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 理工学部 理工学科 土木・都市防災コース 教授 前田直樹 先生

Photo

前田直樹(まえだ・なおき)
理工学部 理工学科 土木・都市防災コース 教授。京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士後期課程満期退学。その後、防衛大学校地球科学科で助手を務め、1992年に関東学院大学へ。地球科学を専門とし、おもに地震学および地球内部物理学:発震機構、地震活動について研究している。近年では、間欠泡沸泉の噴出現象やメカニズムに関する研究も行う。環境地球科学Ⅰ・Ⅱ、応用地球物理学、都市防災実験などの授業を担当する。著書には、地球科学入門(共著)、環境地球科学(共著)、建築と土木の耐震設計 基礎編(共著)など



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!

2016年6月18日 (土)

6/18 OA 「横浜ウォーカー 7月号」

20160610_102216


梅雨ど真ん中!なココ最近ですが、今日は場所によっては35度にもなるぐらいの、まさに「夏」といった陽気でしたねぇ(´・ω・;)

さてさて、来週月曜日には横浜ウォーカー最新号の7月号が発売されます!

今日は最新号の横浜ウォーカー7月号について、毎度おなじみ横浜ウォーカー編集長の山本篤史さんにお話を伺いました!


横浜ウォーカー7月号、今回の表紙は、今話題の映画「貞子 vs 伽椰子」に出演している、モデル・女優の山本美月さん。いやーほんとかわいい!最近のボクの推し女優さんの一人でもあります(


今回の大テーマは・・・「懐かしのグルメ」!

昔から変わらない味を守り続けるお店や、昔懐かしい料理、思い出の料理などを様々なジャンルに分けて紹介しています。

"ナポリタン"や、洋食屋の"オムライス"など、どこか懐かしいけど間違いなく美味しい!といった料理が満載です!


更に注目したい記事は「地元のソウルフード麺」!

横浜のサンマーメンや、川崎のニュータンタンなど、神奈川の地元に根づいた「ソウルフード」な麺をたっぷり紹介しています。

いつもよく食べていたあの麺も、もしかしたら"ソウルフード麺"として掲載されているかもしれませんよ?


そして、「懐かしのグルメ」の特集の最後には、山本編集長自身が愛してやまないよく行っていた・行っているお店も掲載されています。

山本編集長が偏愛する料理が盛りだくさん!編集長イチオシの記事ですので、是非チェックしてみてくださいね☆


また、カフェの連載記事ももちろん掲載されています。

今回のテーマは「歴史的建物×カフェ」。

神奈川には歴史的な建物がたくさんありますが、今回はその建物を使ったカフェを紹介しています。

歴史ある建物で頂くコーヒーやケーキは、普通のカフェとはまた違った味わいかもしれませんねぇ・・・。


その他、夏といえばこちらも見逃せません!花火の情報も掲載されています。

一夏使える花火カレンダーもついてきますので、夏休みのお出かけの計画を立てるのにもぴったりですよ!


更に昨日、横浜ウォーカー特別編集として「川崎ジモト飯」というグルメ本も発売されました!

川崎だけに絞ったグルメ本は初とのこと。川崎のご当地アイドル、「川崎純情小町☆」がナビゲーターとなり、様々なキーワードに沿ったグルメをたっぷり紹介しています!

川崎でご飯・飲むときはこの1冊あれば間違い無し!の内容になっています!こっちも要チェックです!



「横浜ウォーカー7月号」「川崎ジモト飯」共に、書店・コンビニで是非お買い求めください!

2016年6月12日 (日)

6/11 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『横浜に外国人居留地がありますが、山手などなぜ高台にあるんですか?』
(横浜市戸塚区の「ロイロイ・ロイー」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 人間共生学部共生デザイン学科 教授 水沼淑子 先生

Photo

水沼淑子(みずぬま・よしこ)
人間共生学部共生デザイン学科 教授。神奈川県出身。日本女子大学大学院家政学研究科修了。近代日本住宅史を専門とし、地元・神奈川の住宅をテーマに研究を進めている。 現在は、住まいの生活文化史、歴史的居住環境の保全、居住と環境、日本近代住宅史特論などの講義を担当。 ゼミの学生たちと一緒に伊藤博文別邸でのライトアップイベントを行うなど、地域の歴史的な遺産を多くの人に知ってもうための活動を行っている。



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!

6/11 OA 「海が見えるカフェ」

20160603_100529_1


6月に入ってから、やっとココ最近雨の日も増えてきて梅雨らしくなってきましたね。

この梅雨が抜けるといよいよ夏がやってきます!

現在発売中の横浜ウォーカー最新号には「今の時期知りたい、海が見えるカフェ」という特集が掲載されています。

夏が来たら是非行ってみたくなるような"海が見えるカフェ"が、綺麗な風景と一緒に掲載されていますので、是非チェックしてくださいね!


今回のゲストは、逗子海岸にあるカフェ&レストラン「surfers」のオーナー・成瀬一郎さん。

「Surfers」はJR逗子駅から徒歩25分の海沿いにあります。

今年でオープンしてから今年で3年目なのだそうで、以前は逗子海岸で海の家として営業されていたそうです。

「surfers」では地の魚を使った料理はもちろん、ハンバーガーなどといったアメリカンな料理も取り揃えているとのこと。ちなみに、今の時期はしらすやたこなどがよく獲れるそうで、パスタやアヒージョなどで味わえるそうですよ!


そして、現役のサーファーでもある成瀬さん。「surfers」では、お店オリジナルのグッズを販売しているほか、ビギナー向けのスタンドアップパドルボードのレッスンやレンタルなども行っているとのこと。

お店が海に面しているということもあり、お店からそのまま海まで降りることができるそうで、店員さんに声をかければお酒などを楽しみながら、綺麗な逗子の海を散策することもできるそうです!


営業時間はAM11:00〜PM8:00で、7/20から9月いっぱいまではPM8:00ラストオーダー、PM9:00閉店となります。

ちなみに、横浜ウォーカー誌面でもお店の雰囲気を確認することができるので、是非そちらも御覧ください!


■カフェ&レストラン「surfers」公式サイト

2016年6月 4日 (土)

6/4 OA「アウトドアグッズ」

20160527_101645

開港祭で華やかに幕を開けた6月。梅雨もやってきますが、過ごしやすい日も多くていいですね〜

現在発売中の「横浜ウォーカー6月号」では「渓谷&海辺でハイキング」というテーマで様々なスポットが紹介されています。出かけるにはちょうどいい気温が続くこの時期、渓谷も海もどちらも気持ち良くハイキングできると思うので、ぜひ横浜ウォーカーをチェックしてハイキングにでかけてみてはいかがでしょうか?

今日はアウトドア総合ブランド mont-bell MARK ISみなとみらい店店長の岩谷達郎さんをお迎えし、アウトドアグッズの最新事情などあれこれ伺いました!


mont-bellといえば、皆さんも「mont-bellのグッズ使ってるよ!」という方も多いと思いますが、今年創業41年目のアウトドアブランド。アウトドアグッズの開発や輸入やイベントの企画・運営、アウトドア向けの保険なども取り扱っているそうです。また最近では農業などの第一次産業を営む方向けのウェアなども開発されているとのこと。

ちなみに、写真で穂積さんが背負っている、可愛いオレンジ色のリュックもmont-bellのもの。特別モデルなんだそうで、岩谷さん曰く「30年ほど使えます!」とおっしゃっていました。


岩谷さんが店長を勤める、「MARK IS みなとみらい店」は、登山グッズを中心に、クライミング用品や自転車用品なども取り揃えています。また、この夏に向けて水遊び用の商品も展開しているそうで、沢登り向けのグッズも扱っているほか、丹沢などでアウトドアイベントも開催しているそうです。

そして来週・6/10に新店舗がオープンします!場所は横浜の新山下。300坪を超えるとても大きな店舗になるそうで、海に直に面してるということから、mont-bellのお店の中でもカヤックやカヌーの取り扱いが最大級になるとのこと!試乗も行えるそうで、カヤックのイベントも開催予定なのだそうです!是非皆さん訪れてみてはいかがでしょうか?


また、mont-bellでは、「モンベル・アウトドア・チャレンジ」というツアーも行っています。

これは、買った商品を実際に試したり、商品を使っているスタッフにレビューを聴く事ができるアウトドアイベントで、登山やカヤック、自転車にロッククライミングなど、全国で800以上のイベントを開催しているそうです。神奈川では、丹沢エリアでのシャワークライミングや宮ヶ瀬湖でのカヤック体験のほか、鎌倉でのハイキングなども行っているそうです。


岩谷さんによると、これからのシーズンは山登りや渓谷を歩いたり、滝に打たれりするシャワークライミングなどがおすすめとのこと。

グッズとしては、山登りやシャワークライミングでは、乾きやすい服装がおすすめなのだそうで、汗などで濡れた服で体が冷えて体調を崩さないように、速乾性の高いシャツなどがいいそうです。

また、初心者の人には是非、レインウェアを用意して欲しいとのこと。山の天気は変わりやすく、最初は晴れていても雨が急に降ることもあるので、体を濡らさないためにも鞄の中に入れて置いたほうがいいそうです。

その他に、疲れたりして動けなくなるのを防ぐために、登山靴や携行食などもしっかりしたものを用意して欲しいとのこと。

グッズについての詳しいことやわからないことなどがあったら、mont-bellのお店で優しく教えてもらえるので、アウトドアグッズを買うときは是非mont-bellのお店に行ってみてくださいね!



mont-bell公式サイト

6/4 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『幼い頃の体験がその後の人生形成で重要だとよく言いますが、 子どもの遊びに重要なもの、って何でしょうか?』
(川崎市麻生区の「スゲノマナナ」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 建築・環境学部 建築環境学科 准教授 中津秀之 先生

1

中津秀之(なかつ・ひでゆき)
建築・環境学部 建築環境学科 准教授。ハーバード大学デザイン系大学院ランドスケープ学科修了後、建設会社設計部に勤務し、1995年に関東学院大学工学部建築学科 (現:建築・環境学部)へ。専門はランドスケープデザイン。こども環境学会理事、横浜市都市美対策審議会委員なども務め、都市・建築・インテリアといった細分化された職能領域にとらわれることなく、最適な生活環境や都市環境に関する提案を実施。集合住宅のランドスケープを中心に多数設計に携わっている。



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!