最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

10/31 OA 「横濱学」第15回 「横浜とビール」

20151023_102615

今日は、関東学院と横浜ウォーカーのコラボ企画、生涯学習講座「横浜学」の第15回「横浜とビール」について振り返りました。

ゲストは、今回の横浜学でもご登壇された、株式会社横浜ビール 代表取締役社長の太田久士さん。横浜学当日は、とても盛り上がったそうで、教室には沢山の人達が集まり、太田さんも「こんなにビールが好きな人達がいるのか!」と驚かれたそうです。

今日は、太田さんがスタジオにお持ちいただいた、瀬谷の小麦を使った「瀬谷の小麦ビール」を実際に頂きました!味は舌にビールっぽさが残る、フルーティーな味わいだそうです。

太田さんは日本大通りの近くにある、地ビールレストラン「驛の食卓」も経営されていて、ここでは5種類の横浜ビールのほか、神奈川で採れた食材を使った料理などを食べることができます。今日スタジオで頂いた「瀬谷の小麦ビール」も飲めるそうです!

ちなみに太田さんが初めて作った地ビールは、綱島の桃を使ったビールだそうで、綱島はかつて"西の岡山 東の綱島"と呼ばれるくらい、桃の一大産地だったとのこと。これは知りませんでした・・・!ちなみに、現在その桃は一つの農家だけで作られているそうです。また、今年も桃のビールを仕込んだそうで、11月の中旬頃には飲むことができるとのこと!この桃のビールも「驛の食卓」で飲むことができるそうです。

その他、地ビールに対する太田さんの想いや考えなどを熱く語って頂きました!ありがとうございました!

そして今日はプレゼントがあります!穂積さんが出演される舞台「『FAIRY TALE』~フェアリーテイル〜」の鑑賞券をプレゼント!

場所は横須賀市立青少年会館 ホールで、11月14日(土)14:00/18:30と15日(日)14:00の計3回行われます。今回は各公演にペアで2組4名様をご招待!

ご希望の方は、郵便番号・住所・氏名・電話番号・希望の日を書いて番組メールまでご応募ください!当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

■番組メール:ywr@fmyokohama.co.jp

舞台『FAIRY TALE』~フェアリーテイル〜公演情報

Fairy_tale_frm

Fairy_talebkm


2015年10月24日 (土)

10/24 OA 「読書の秋」

20151009_102340


だいぶ秋も深まってきて、ちょっとずつ冬の雰囲気もちらほらしてきましたねー。

秋、といえば、・・・いろいろな秋がありますが、なんといっても読書でしょう!といっても私はあんまり本読めてないですが・・・

今日のゲストは読書の秋にピッタリ!シリーズ累計80万部以上のベストセラー「伝え方が9割」シリーズの著者でコピーライター、作詞家の佐々木圭一さん。

佐々木さんが書かれた「伝え方が9割」という本は、佐々木さんがコピーライターの仕事をされている上で体験したことや、伝え方の技術などを綴った本です。ちなみに、現在もコピーライターの仕事をされていて、過去にはMARK ISの施設のネーミングなどもされたそうです!

ちなみに、今年の4月には「伝え方が9割」の第2弾を出版されています。また、穂積さんは最初のものを本屋でみかけ、タイトルをみてすぐに購入したそうです!

今日の放送でも、すぐに使えるものがありましたね〜・・・。相手に好きということを伝えるにも「あなたが嫌いになれないほど、好き」というふうに正反対の言葉を直前に使うとより相手に気持ちが伝わる、というテクニック。これはすぐにでも女性で試してみたいですな・・・(゚д゚)

自分もラジオの仕事をしているくせに口下手なので、これを読んで勉強しよう・・・!

10/24 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『先日、世界の企業のブランド番付が発表されましたが、アメリカの企業がベスト5を独占していました。アメリカ経済の強さって一体どこにあるのですか?』
(相模原市の「テラダイン」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 経済学部 経済学科 教授 新岡智 先生

1009

新岡智(にいおか・さとし)
経済学部 経済学科 教授。青森生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程満期退学。現在はアメリカ経済論、経済学入門、グローバリゼーションの経済学などの講義を担当する。主な著書に「戦後アメリカ政府と経済変動」(単著)、「国際経済関係の焦点-揺れる覇権と通貨-」(共著)、「国際財政論」(共著)など



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!

2015年10月17日 (土)

10/17 OA 「横浜ウォーカー11月号」

Image

今夜は、ほぼ番組準レギュラーとなった横浜ウォーカー編集長・山本篤史さんに、来週20日(火)に発売される横浜ウォーカー最新号11月号について先取り情報を伺いました。

11月号の大テーマは「ヒミツの鎌倉」

「和ではなく洋」「海ではなく山」など、普段と違う角度から取材した鎌倉のオススメ情報が掲載されます。

鎌倉の宿泊スポット使えそうだな~。格安の物もあるし・・・。 あと、年明けの大修理の前に大仏様を見ておかなきゃなぁ~。 来年の初詣は鎌倉かな・・・?ビフォアアフターの写真撮っておこう!

さて、山本編集長にプレゼンしている穂積さんの連載小説企画。 次に編集長がいらっしゃるまでにタイトルを20個考える宿題を出されました。 タイトルの考え方など雑誌編集の裏側が聞けてためになりました。 果たして、良い案は出てくるのでしょうか? 頑張れゴーストライターさん!

横浜ウォーカー最新号11月号の表紙は有村架純さんです。

山本編集長への質問・企画案などございましたら番組までメール下さい!!

■Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp

■横浜ウォーカー公式サイトはこちら

10/17 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『読書の秋ですね。私は本が大好きで色々な物語に昔から触れてきましたが、なぜ「グリム童話」は、世界で親しまれているのですか?』
(横須賀市の「ゲレンデでお茶したい」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 国際文化学部 比較文化学科 教授 佐藤茂樹 先生

1008sato

佐藤茂樹(さとう・しげき)
国際文化学部 比較文化学科 教授。慶応義塾大学文学研究科博士後期課程満期退学。近代ドイツ文学を専門分野として、特に児童書の成立や発展の歴史などドイツ権を中心とした伝承の比較研究を進めている。現在は、ドイツの文化と社会、ドイツの言語文化、ドイツ語などの講義を 担当。主な著書に「ドイツ児童書の社会史」(単著)、「比較文化事典」(共編著)など



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!

2015年10月10日 (土)

10/10 OA「ラーメンウォーカー」

20151002_101732

今日から3連休!シルバーウィーク以来の連休、お出かけする人もたくさんいるのではないでしょうか?

10月も半ばになり、秋も深まってまいりました。秋といえば食欲の秋!そんな秋にぴったりなオススメの1冊、「ラーメンウォーカー神奈川2016」が一昨日発売されました!

定番のラーメンから変わり種、新しいラーメンなど、様々なラーメンが掲載されていますので、ぜひご覧下さい!

今日のゲストは、「ラーメンウォーカー神奈川 2016」にも掲載されている、藤沢市の本鵠沼にある「麺やBar 渦」の大西芳実さん。

「麺やBar 渦」は小田急江ノ島線「本鵠沼駅」のすぐちかくにあり、昼はラーメン専門店、夜は美味しいお酒と料理を楽しめる、ラーメンダイニングバーとして営業されています。

「麺やBar 渦」は「ラーメンウォーカー神奈川 2016」の他に、ミシュランガイドにも掲載され、また 「食べログ ベストラーメン53万人のレビュアーに選ばれた至高の名店」にも2年連続で選ばれている、話題のお店!

ラーメンは、スタンダードな醤油・塩ラーメンのほかに、煮干しラーメンや味噌ラーメン、まぜそばなどもあります。

また、大西さんは特に麺の食感にこだわっているそうで、特に食べた時に最初に当たる"唇"の食感にこだわって製麺をしているそうです!

さらに、辻堂には「麺や 渦雷」という2号店もオープンしていて、こちらは本店の「麺やBar 渦」とはまたひと味違ったラーメンが楽しめます。

ちなみに大西さんのお父様も藤沢でラーメン屋を営んでいたそうで、大西さん自身もそこで修行していたとのこと。今も「麺やBar 渦」にお父様のお店の常連さんも訪れるそうです。また、大西さんの弟さんも巣鴨でラーメン屋を営んでいるそうです!

また、大西さんの趣味はギターと三線で、昔はバンドもされていたとのこと。いつかはお店のメンバーでバンドを組みたいのだそうです^^;

肌寒くなったこの時期のラーメン、最高ですよねー・・・。

食べに行きますか・・・!

麺やBar 渦 公式サイト

10/10 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『芸術の秋。日本各地でアートフェスティバルが開催されていますが、なぜこんなにも広く行われるようになったのですか?』
(横浜市栄区の「喜びのマジック」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 人間環境学部 人間環境デザイン学科 准教授 兼子朋也 先生

20151002_2

兼子朋也(かねこ・ともや)
人間環境学部 人間環境デザイン学科 准教授。 名古屋工業大学大学院都市循環システム工学専攻博士後期課程修了。 専攻分野は建築・都市環境デザインとし、現在は環境保全のデザイン、居住環境の技術、エコデザインなどの講義を担当する。主な著書は「建築環境工学 環境のとらえ方とつくり方を学ぶ」(共著)、「からだと温度の事典」(彼末一之監修)など



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!

2015年10月 3日 (土)

10/3 OA 「ディワリ・イン・ヨコハマ」

20150925_103103

いよいよ10月に突入し、少し肌寒く、秋の気配もだいぶしてきましたね。中には「もう年末のはなしもちらほら・・・」なんて人もいらっしゃるのでは・・・?

横浜ウォーカー最新号の10月にはお祭りやイベント情報もりだくさん!

肌寒さも吹っ飛ぶイベントも沢山のっていますよー!

そして、再来週の17日、18日には山下公園のおまつり広場で「ディワリ・イン・ヨコハマ」という、インドにまつわるとても大きなお祭りが開催されます!

今日は、公益社団法人 在日インド商工協会(ICIJ) 事務局長で、ディワリ・イン・ヨコハマ実行委員会 副実行委員長のジャグディシュ D.ケマニさん、そして同じく副実行委員長の大場多美子さんをお迎えし、その「ディワリ・イン・ヨコハマ」について、詳しくお聞きしました!

ディワリ・イン・ヨコハマの「ディワリ」とは、10月末から11月の頃にあるインドのお正月のお祭りのことで、インドでは5日間、その年の幸せを願って行われるとのこと。花火も沢山行うそうで、「光のフェスティバル」とも呼ばれるそうです。

ディワリ・イン・ヨコハマでは、インド音楽の演奏や、ボリウッドの実演などがステージで行われ、インド料理やアクセサリーの販売なども行われるとのこと。

このインドのお正月のお祭り「ディワリ」は世界中に広がっているそうで、この「ディワリ・イン・ヨコハマ」も日本全国はもちろんのこと、ディワリの本場、インドでも広まっているそうです!

ちなみに、横浜とインドは深いつながりがあるそうで、1863年には日本とインドの貿易が始まっていたのこと!そして、江戸時代の頃からインドから日本に色々なものが伝わり、広まっていったそうで、桜もインドから伝わってきたものなのだそうです!知らなかった・・・。

ディワリ・イン・ヨコハマに行った際にはインドで使われる挨拶の言葉「ナマステ」の他に、「ハッピーディワリ」という言葉も一緒に使うとより一層楽しめるとのこと!

この2つの言葉を覚えてディワリ・イン・ヨコハマを楽しんでくださいね!

ディワリ・イン・ヨコハマ2015 公式サイト

10/3 OA 教えて学院

☆☆質問☆☆
『ラグビーW杯の日本代表の選手たちに感動をもらっています。なんであそこまで 走れるのか驚くばかりですが、そもそも身体はどうして動くのでしょうか?』
(相模原市の「ジーガン」さん)

★★今回の“横浜の知恵袋”★★
関東学院大学 理工学部 理工学科 電気学系 准教授 高橋健太郎 先生

20150925

高橋健太郎(たかはし・けんたろう)
理工学部 理工学科 電気学系 准教授。東京生まれ。横浜国立大学教育学部を卒業後、同大学大学院で博士前期課程、日本体育大学大学院体育科学研究科で博士後期課程を修了。群馬工業高等専門学校で教壇に立った後、2013年に関東学院大学理工学部工学科へ。全日本剣道連盟強化訓練講習会トレーニングコーチとしても活躍している。



(再生ボタンをクリックすると【おしえて学院】の内容を聞くことが出来ます。)

【教えて学院】では、皆さんの質問や悩みなど随時受付中!!
Eメール:ywr@fmyokohama.co.jp
“横浜の知恵袋”たちが答えてくれますので、どうぞお寄せください!