« 歯の痛みで亡くなることってあるの? …ビート荒川の歯科講座 | メイン | 番組からの重要なお知らせ »

2013年9月17日 (火)

最新歯科治療のお話…「顕微鏡カメラ」

「From KDU」のコーナーは、神奈川歯科大学付属病院の小林優院長に最新歯科治療についてタクローさんのインタビューの模様をお送りしました。

Unfac20130911

その中でも今回のテーマは顕微鏡カメラ

これまでの治療方法では原因がわからなかった歯の不具合。
それが顕微鏡カメラの登場により、確実になおしていくのが盛んになってきたのだそうです。

たとえば、以前は人間の目では気が付かないような亀裂が入っていても気が付かないこともあり、治療をしても痛みがとれないこともあったそうですが、顕微鏡カメラを使えば、その亀裂を発見することが出来るようになるという、原因が的確に特定できるようになったとのことです。

またその映像をモニターで映し出すことや録画が可能になったことにより、患者さんへの説明がわかりやすくなったり、施術方法を映像化することにより授業で使用されるというメリットも生まれたとのことでした。
次回も、「最新歯科治療についてのお話」をお送りする予定ですので、どうぞお楽しみに…。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
神奈川歯科大学 presents FMヨコハマ「Unfactory」
番組のキャッチフレーズ&安齋さん、タクローさん、ダンキチ(MC-DNK)さんへのメッセージは下記アドレス宛にお送り下さ~い!!
お気軽にどうぞ!!
un@fmyokohama.co.jp