« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

綺麗な歯並びDJへの道!(2)

久々にお送りしました、私、タクローの歯科矯正レポート。

と言っても、まだその予備段階ですが、今回は、私が歯科矯正を行う前にどうしても通らねばならぬ道、親不知(オヤシラズ)を抜いたお話でした。
お伝えしたとおり、親不知が存在していると歯と歯の間隔に余裕がない(歯がビッチリと隙間なく生えている)ため、せっかく器具を付けて歯並びを変えようとしても、効果が出にくいのだそうです。

ちなみに抜いたのは2本です。
若い頃に右側の親不知は上下とも抜く機会があったので、残っていた左側の上下2本を抜きました。

そして、放送ではあまり触れませんでしたが、抜歯後はスンゲー腫れました。
もちろん技術的な問題とかでは一切なく、「下の親不知を抜くと誰でもかなり腫れる」と言われていたら、ホントに腫れただけです。
痛み止めの薬もいただいていたし、先生の抜歯の技術もとても素晴らしいので、痛みはたいしてなかったのですが、腫れ具合はなかなか見事なものでしたよ。


思わず、記念に写真を撮りましたが、恥ずかしいので小さい写真

Kobu_3

ヒドイ顔(二日目が一番腫れるそうです)


抜歯をしてくださったのは、神奈川歯科大学病院の病院長でもある小林先生です。
凄くダンディーな先生です。
Drkobayashi_2
そして技術も素晴らしく、アッと言う間に終わりました。


こちらは抜歯用の七つ道具?
Item_3

全然7つじゃないです(笑)
上の歯の親不知を抜く祭は、これにさらに大工道具のノミのような物もありました。


以上、本日は親不知を抜いた(抜いていただいた)時のレポートでした。

さあ、これで歯科矯正へ向けての最大の障害は越えたので、次はもう一つの障害である、虫歯予備軍の歯の治療です。
正確に言うと虫歯予備軍というよりは、以前に治療した歯の神経がなんかおかしなことになっているようなので、そこを治療していただくことになっています。

そして、これが終われば、いよいよ本当の矯正に入ります。


といったわけで、また次回に!