fyb_switch_to_sp_js

Soul Bar 847 Feed

2018年4月20日 (金)

Soul Bar 847~2018.April

皆様のおかげで2年目に突入できました。
変わらないスタイルをキープしていきたいと思っています。
自宅にいながら、架空のソウルバーへ。

それでは今回のナイトフライトへテイクオフ。

1.I Just Want to Be YourEverything/Mcauley Boys

カナダはトロントのヴォーカルグループによるビージーズのアンディーギブのカ
ヴァーソングです。
柔らかくて温かいメロが春を感じさせてくれます。

2.Stay / Controllers

僕の大好きなウループ。アダルト路線まっしぐら。南部の出身ですがレーベル変
わった80年代は
アーバンダンサーな曲を量産しています。

3.If You Want Me/Phyllis Hyman

元モデルにしてシンガーのフィリスハイマン。たまらなく大人の声がたまりませ
ん。
この曲の収録されてるアルバムは捨て曲がないかも。

4.Eart, Wind & Fire/Val Watson

80年代中盤から後半にかけて活躍していたクラブヌーヴォーの紅一点のソロア
ルバムから。
クラブヌーヴォーも大好きなグループに一つ。これをアーバンっていうんだよ!
とばかりにリーダーの
ジェイキングも去年アルバム出してます。

5.Picter me In Love With You/Colonel Abrams

デトロイト出身の男性シンガー。85年のアルバムから。最近はハウス路線に転
向しているようですが
ソウルフルなヴォーカルは男らしさを十分すぎるほど醸し出しております。

6.No Way Out/Uk Players

80年代のUKのグループなんですが、都会的センス溢れるナンバーを披露してく
れています。
幸い、再発もされていて入手が楽だともいますが当時は値段かなりしてた記憶あ
ります。
Nice Blue Eyed Soul Group

7.Wnere Did We Do Wrong/ The Manhattans

これはたまらん!と勝手に思っている僕です。曲も最高!ジェラルドの声にファ
ーストアルバム発表前のレジーナベルが
歌ってくれています。詞もいいし初めて耳にした時の感動が忘れられません。


8.Noght Moods /Chaka Khan

What Cha' Gonna Do For Meのアルバムは人気ですよね。そのアルバムから
夜のグルーヴを感じる1曲を。

それではまだ次回をお楽しみに!

847

2018年3月16日 (金)

Soul Bar 847~2018.March

裕介です。

今夜もあっという間の30分。
心地よい時間をお過ごしいただけたでしょうか?

ソウルバー847、本日も満席。
ご愛聴ありがとうございます

では、石川さんの解説です。
ど〜ぞ!

********************************************************************


いつも番組を聞いてくれてる皆さん。
ありがとうございます。架空のソウルバーより今回もお送りしました。
いかがでしたか!
もうすぐ春がやってきます。
待ち遠しいです。

Nonstop Part


1.America  /  Barry White7kd30fj4afbqqb4愛の伝道師。バリーホワイト。ストリングスをを主体とした愛のテーマはあまりにも有名です。
こんなにエレクトリックなヴァージョンでメッセージを伝えてきたら説得力ありますね。


2.Planet Rock(92 Ver)  /  Africa BambaataaR20561140030492jpeg バンバータの作るエレクトリックな世界は80年台前半に完成されていて、ニューヨークのブロンクスから世界へ発信された素晴らしいラップでした。改めて聴いても自分が10代に戻れる気がします。
今回は92年ヴァージョンでお楽しみ頂きました。


3.Stomp And Shout  /  Process And Do RagsMi0003595076リックジェームス絡みのヴォーカルグループです。サウンドもいいのですが、スタイル、80年代っぽさがたまりません。時代の音がエレクトリックしていました。

4.I Like Funky Music  /  Prince
4166e3pc5gl
プリンスの好きな曲を何かかけてくれと言われたら、僕はこれになるんですよ。
セクシーな王子様よ永遠に!


5.Jurk Out  / The TimeR36385014697951318311jpeg プリンスの子分バンドと言っていいものか?何しろライブに遅れてクビになったりとお騒がせなグループですが、ものすごいメンバー揃えて音を作ってる。


6.Centerfield True  /  Bar-KaysBarkays

南部のバンドでその昔はオーティスレディングのバンド。メンバーのほとんどが飛行機事故で亡くなったと。残ったメンバーで復活して、パワー溢れるサウンドを今も展開してくれています。
来日公演もやってるし、年部には見えない力があるのかも。


7.Straight Ahead(12 Long Ver)/Kool And The Gang

R59684413436545832450jpeg ロバートクールベル率いるバンド。ヴォーカルのJ.Tタイラーがバブル感全開で歌っています。
個人的に沖縄に住んでいた頃を思い出します。


Mid


8.Ain't No Woman(Like THe One I've Got) / Four Tops

Fourtopskeeperofthecastle 70年台の音って、最高!で、この曲なんですが、リクエストも入るしネタにもなってるし。
彼らの音は60年台が最高だ!と先輩に怒られますが、流れるようなメロディーが春の気分を上げてくれますね~。


9.All The Things You Are  /  Michael Jackson41pbcxm42sl マイケルの歌うシナトラの曲。元気があって力をもらえます。



10.Lady In My Life / Marc Nelson

Chocolatemood_2 マイケルのカヴァーです。原曲がいいとやっぱりいいね。このシンガーも90年代から頑張ってる。
アルバムまだ出してるし。しっとりしなやか。柔軟剤的なナンバーで今回は締めです。

 

**********************************************************************


今夜の音楽の続きは川崎にあるソウルバー「Sugar Shack」で是非!

●Sugar Shack

〒210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目11−21

044-223-8131



2018年1月20日 (土)

Soul Bar 847~2018.January

裕介です。昨晩もお付き合いありがとうございました。

石川さんの解説付きでトラックリストをどうぞ。

タイムフリーで聞き直して、CDを買う…この流れがリスナーさんに定着しつつあります。
音楽との出会いを2018年もSoul Bar 487で見つけてくださいね。

では、石川さん、おねがいしま~す!

Photo_6




新春Non Stop Mixです。
楽しんでいただけましたか?
仮想空間でのソウルバー。
全ては経験だけに頼って選曲しているわけなのですが

シュガーシャックの石川って選曲じゃなくて
個人的に時間と横浜を意識しているつもりです。
リスナーの方々の顔は見えませんが
耳で心の中でグルーヴを感じていただけたら幸いです。
それでは、簡単な解説と共に
もう一度ラジコで楽しんんでください。
また来月の第三金曜日に!



1.Everybody Loves The Sunshine/Quiet Boys Feat Camelle Hines
今回はヴァイナルです。ロイエアーズのカヴァーなんですが、ヴォーカルのカメ
ールハインズが最高です。元セントラルラインでハインドサイトでデュオでアル
バム出してソロでも活躍。この人大好きなんですよ。セクシーなカヴァー。


2.Nothing Feels Better Than You/45 Feat Jimmy Abney
東京のクラブシーンで活躍するピアニストのシングル。しかし気持ちいいです。
素直に入ってこれるR&B。

3.I'm Gonna Love You A Little More Baby/Will Downing
去年の暮れに新譜が出ましたが、相変わらずセンスいいウィルダウニング。ハズ
レなしと言いたいところなんですが
声の質から行って、ファルセット系のカヴァーにはウンザリ。このようにバリー
ホワオトしてくれている方が安心。


4.Mellow Mellow/Paprika Soul
番組のテーマ曲のカヴァーです。

5.Lady( CJ Mackintosh Mix)/D' Angelo
dアンジェロが良いんじゃなくて、CJさんの仕事が良い。
一昨年の横浜でのライヴが記憶に新しいですね。シングルのミックスはこれくら
いいじって欲しいです。

6.Runnin(Boogie Back Extended Ver)/Jay King
僕はクラブヌーヴォーが大好きです!そのグループのリーダーのソロです。新譜
から。
ジョージーポージーライクなR&Bナンバーです。レトロヌーヴォーな雰囲気その
ままです。


7.Can't Forget About You/Nas Feat Chrisette Michelle
これを初めて聴いた時には苦笑しました。ネタが渋すぎです。親父はこういうの
大好き。
最後にちゃんとナットキングコールの声で終わらせてる。マジシビレル!

8.And this is love/Ben E. King
メロウグルーヴの極致。
悲しさの中にあるグルーヴを感じ取ってくださいませ。
9. Memory Band/MinnieRiperton
あのモーリスホワイトがドラムでピアノがラムゼイルイス!
なんて美しい曲なんでしょう。

ラスト2曲でソウルバーしてました。

 

2017年11月17日 (金)

SOUL BAR 847~November

裕介です。

FMヨコハマ、U-MORE!

毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが

第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

今回は、シュガーシャックにお邪魔してお店からお届けしました。
石川さんのホームグラウンドからということで、臨場感がいつのも倍増!

Img_6737
日本全国広しと言えども
ここまでソウルミュージックを掘り下げたコーナーは他ではないのでは?

ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがチョイス&セレクト!
その選曲には、全国沢山の石川印ソウルファンがいらっしゃるんです。

まぁ、僕もそのファンの1人なのですが(笑)

そして

SOUL BAR 847 あるある としては

録音して聞いている

と言う方が多い。

・旅先で
・通勤中に
・深夜に晩酌しながら

今、持ち歩きたいラジオ番組

それが「ソウルバー847」です。

年齢関係なく立ち寄れるソウルバー、、、
今夜お送りしたナンバーは石川さんの解説でお願いしましょう!!

1.Something For You/Mike Champion
2.Star/Initial Feat. Monday Michiru
3.You're My Darling/Leon Timbo
4.U Like It/Tuxedo
5.Iz It Good 2 U/Charli Taft
6.Contradiction/ Heston
7.Look Of Love/ Sylvia Benett

8.Someone To Run To(Altemate Ver)/Sam Dees
9.Fly Away/ Mario Biondi

1.mike champion
オーストラリアのシンガーのセカンドアルバムから。日本人好みのテイストにわ
ざと仕上げたような出来ばえです。東京でもライブしたりしていて親日かもしれません。
日本はいいマーケット!
とても聴きやすい内容のアルバムです。今年のお薦めの1枚。

2.Initial Talk Feat Monday Michiru
日本人ユニットの作品です。仕上がりとてもいいじゃないですか。
なんだかキリッと冷えた夜にジョギングでもしたくなりました。
VoはJazz界の有名なチャーリーマリアーノ氏の娘さんMonday michiru。
彼女のアルバム好きで15年ほど前から持っています。

3.Leon Timbo
フロリダのジャクソンビル出身とくれば、もう南部の匂いがプンプンのサウンドかと思ったら
これまたやけに洗練されまっくった音じゃないですか。ギターリストでもある彼の作品は
ルーツがゴスペルだけに完成度が高いし、恐らくライブでもそのままの音を披露してくれそうです。

4.Tuxedo
この2組のユニットも日本で人気ですね。2枚目。ソロも出てるし、解説不要な感じです。
東京のソウルバーにも頻繁に顔を出してると聞きました。ただな~みんな同じ音に聞こえてきちゃうのが難点。

5.Charli Taft
UKの女の子がタミールーカスのカヴァーをやってます。いいね!こういうの。

6.Heston
まさにSoul Master Oiece的な男性シンガーの1曲。アップもスロウもこの人なりにうまく処理して最高のアルバムを毎回発表しております。

7.Sylvia Bennett

ラストは秋らしく、Look Of Loveのカヴァーです。スイタンダードナンバーは秋が似合います。
JAZZ界の大物ライオネルハンプトンに見出されたシンガーでもあります。


8. Sam Dees
soul music界の大物です。
シンガーよりも彼の作る曲にはとても定評があって、優れた才能の持ち主であります。
Great!

9.Mario Biondi
イタリアの国民的歌手。身長2メートル。アルバムすべてが格好いい!

皆様、今夜も番組を聴いて頂きありがとうございました。ソウルバー847、最後まで楽しんでもらえましたか?大人な時間を30分の間に作っていくことを考えています。次回もお楽しみに。


Soul Brothers Bar Sugar Shack

2017年10月20日 (金)

SOUL BAR 847~Vol.7

裕介です。

FMヨコハマ、U-MORE!

毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが

第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

早いモノで今回で7回目となるこのコーナー。
2017年 9月開催 番組審議会報告では、こんな嬉しいご意見がありましたよ。

うぉ~~、嬉しい。涙・・・

さぁ、今回も張り切っていきますよ。

なんつたってヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがチョイス&セレクト!
その選曲には、全国沢山の石川印ソウルファンがいらっしゃるんですよ。

そんな石川さんのソウルミュージックをラジオで体感できるというのも、全国でFMヨコだけ!

ラジオ版ソウルバー。今夜お送りしたナンバーは石川さんの解説でお願いしましょう!!

Img_6081

***********************************************************************

1, Forever  /  Adika PongoGroovin_up_hits__19972011_1
人気のレーベルExpantionからのリリース。UKらしいメロディーと軽
いタッチなんですが、昔作った僕のMix Tapeから問い合わせが多かった一つ。
デュエット作って秋に似合いますよ。


2,  I Can't Live Without You / Norwood
I_cant_let_you_go
1987年、アーヴァンソウル全盛期の一つ。
兎に角、色男による女性を酔わせる1曲としてお薦めしたいのですが・・・
人気のFusionグループPieces Of A DreamでもVoをとってましたから間違いなしのヴォーカリストです。

3, Can't Get Over You / Maze Feat. Joe

An_allstar_tribute_to_maze_featurin
メイズと言えばマーヴィンゲイと離せないグループです。
しかもオリジナルのシンガー。フランキーさんを差し置いてカヴァーできるシンガーは居ないんじゃな
いかと。Joeはなかなかやりますね!

4, City Life  /  Light Of The WorldInner_voices
歴史あるグループです。その昔は、あのインコグニートを率いているブルーイさ
んが在籍していたらしいのですが、このスタイルはいまのそれに通じるもの感じますね。
タイトルがいささか臭いのですが、カッコイイと思います。ギターカッティングが最高。

5,  If You Believe In Love  /  Isley Jasper Isley

Caravan_of_love
Isley Brothersから抜けた3人が新しくグループを作って3枚のアルバムを残しています。
しかし悲しくも耳にこびりつくメロがたまりません。

6,  Come With Me  /  Tania Maria

Come_with_me
ブラジルFusion界のヒーロー。カヴァーもされてますよね。
それほど夏から秋にかけてこの曲が耳に入ってくるのが不思議です。
ライブは最高でPVでも観れますが、毎回本気でやってる姿が兎に角最高です。

7,  Down Low / mG

Still
インディーながら最高のアーヴァン感を出してくれるシンガーです。
こういう人が成功してほしいと願うことばかりです。2006年の作品です。


8, Hearts  /  Donna Lynton

Donna_lynton
オリジナルは人気ですよね。マーティーバリンが81年にヒットさせた曲のカヴァ
ーです。
秋にぴったりのナンバーで10月のラストとします。

毎回聴いていただいてるリスナーに感謝しております。
もっともっと音楽を気楽に楽しんでいただけるように頑張りますので
これからもSoul Bar 847を聴いてくださいね。

それではまた来月の第三金曜日にお会いしましょう。


シュガーシャック
石川 比呂哉

2017年9月15日 (金)

SOUL BAR 847~VOL.6 September

FMヨコハマ、U-MORE!

毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847


ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがチョイス&セレクト!
その選曲には沢山の石川印ソウルファンがいらっしゃるんです。
それをラジオで体感できるというのも、全国でここ、FMヨコハマだけです!!

ラジオ版ソウルバー。今夜もお楽しみ頂けたでしょうか?

Img_5406
曲の解説などは、石川さんにお願いしましょう。
では、よろしくお願いします!

1.Turn Around/David Grant

Hopes_and_dreams
秋の曲というような哀愁のサウンドからスタート。S.O.S BandのGroovin'に歌を
入れたようなアンサーソングになっています。
スピナーズのカヴァーソングでも有名な彼の1曲です。

2.I'm Out Of Your Life/Arnie's Love
Im_out_of_your_life
ニューヨークのサウンドメーカーエリックマシューズの作品でデレゲーションっ
てグループの曲をアーバンダンサーに仕立てた人気曲。

3.Keepin' Lovin New/Howard Johnson

Keepin_love_new
伝説のグループ、ナイトフライトのメンバーにしてソロの後はジョンソン&ブラ
ンソンとして。
アルバムからはSo Fineって曲も人気です。

4.Magic Touch/Rose Royce

Music_magic
70年代初期より精力的にアルバム量産。スローもアップもヒット曲あり。
大所帯バンド。

5.Got To Be Love/The Spinners

Cant_shake_this_feelingコーラスグループによる素敵なファンクナンバー。
Muteやレジールーカスの力が働いてます。この手のファンクは日本で人気がある
んじゃないかな?
スピナーズらしい曲は70年代に沢山あり。

6.What Cha Gonna Do For Me/Average White Band

Shine_bonus_track
作者によるセルフカヴァー的なナンバー。Chaka Khanが唄って、このバンドのメ
ンバーでもあるヘイミッシュもそろで。
またネッドドヒニーも唄ってます。軽快なナンバーです。

Mid

7. I'm Gonna Got Cha/ Kansas City Original Spind

Kotic
90年代のnew Jack Swing的な流れをくむグリープの作品。一時はオークションで
とんでもない値段が付いていて
にやけていましたが、最近は多少?手に入れることが可能かも。何れにしてもい
い曲です。歌がうまいしメロディーもいい。
都会的なバブルのミッドサウンドは永久に不滅です。ラジオじゃあまりかからな
いかもね。

8.Cherish/4 P.M.

Kool & The Gangのカヴァーです。日本の経済絶好調の時代にDisco
の定番チークソング。今風になっちゃうけど当時を思い出して。


また来月もソウルバー847を
よろしくお願いします。
シュガーシャック石川 比呂哉

2017年8月18日 (金)

SOUL BAR 847~Vol.5 August

FMヨコハマ、U-MORE!
毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが
第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがチョイス&セレクト!
その選曲には沢山の石川印ソウルファンがいらっしゃるんです。
それをラジオで体感できるというのも、全国でここ、FMヨコハマだけです!!

ラジオ版ソウルバー。今夜もお楽しみ頂けたでしょうか?

曲の解説などは、石川さんにお願いしましょう。
では、よろしくお願いします!

Fullsizerender_3




1.Got To be Real/Mary J. Blidge Ft. Will Smith
お馴染みのダンスクラシックスをメアリーが歌っています。
これ、サントラに収録されてて、いつか使いたいと思っていたんですよ。
華やかな金曜日のスタート。

2.Fantastic Voyage/Kim Scott
Lakesideのヒットナンバーです。しかしかっこいいな!良いじゃないですか!
好きですこういうの。だって掛け合いのラップのとこなんて
オヤジ連中やられまくってます!しかもフルーティスト!熱入りすぎました。
暑っつ…

3.Brigter Tomorrow/Diplomats Of Soul Ft. Incognito with Imaan
渋いね~~~~。トムブラウンもこれなら文句言わないでしょう!
Imaaniの声に引っ張られておきます。インコグニートの仕事ぶりが最高!

4.Lowdown/Miki Howard
個人的にボズが好きなんですよ。
オリジナルがそりゃ良いんですが、女性がセクシーに歌ってるのも悪くない。
しかもミキハワード。ソウルバーなら彼女のアルバムほとんど揃えていて当たり前です。

5.Who's That Lady/Lucas Arruda
やられた~~~セクシ~~~!
アイスレブラザーズが聞いたらなんて言われるのか心配になってしまいます。
夏じゃん!?

6.On The Beach/Victor Fields
今回の目玉商品とい言っても良いでしょう。この季節に軽い打ち込みで夏にピッタリの涼しさを感じてしまいます。
元が良い曲だけにこの人の声でもイッテしまいます。エアコン効いてきました。

7.Just Call/Thierry Condor Ft. Jeff Lobber
イタリアンによる・・・人の渋すぎるカヴァー。
ソウルミュージックラヴァーならばシェリックを知らないはずがありません。
しかしどうしてこの曲選んだんでしょう。そっちが気になりますが、最高のナンバーです。

8.Bahia/ Sheila E
ラストのナンバーです。ブラジル最高の避暑地Bahia。なんてスムージーな曲でしょう!
プリンス一派ではありますが、きちんとしたラテンの血がさわぐシーラに恋してしまいそうです。
彼女の準主演映画「クラッシュグルーヴ」初めて目にしたのが30年近く前。カッコヨカッタナ。あの頃も・・・

夏よ!!!!まだまだ終わらないでくれ!

また来月もソウルバー847を
よろしくお願いします。
シュガーシャック石川 比呂哉

2017年7月21日 (金)

SOUL BAR 847~VOL.4

FMヨコハマ、U-MORE!
毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが
第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがセレクトする
みなとみらいの夜景に似合う本物のソウルミュージックを堪能できる
ラジオ版ソウルバーです。

Soul_bar_847

今夜お送りしたナンバー石川さんのコメントとともにご紹介。

では、石川さん、どうぞ


1,Golden Wings/Shakatak
日本で大人気のフュージョンバンド。ナイトバーズは不動の代表曲。それから数年後の1987年の作品。当時のテレビドラマ「男女7人夏物語」の挿入歌なのですが、皆さん覚えていますか?
 
2.Deja Vu/Paulinho Da Costa
有名なパーカシャニストによるブラジリアン フュージョン ディスコ。ボーカルはアースウインド アンド ファイアーのフィリップベイリー。最高にノってる演奏にボーカルが夏気分を上げてくれます。

3.Miracles/Change
イタリアのファンクバンドがアメリカで大成功した良い例。ファーストアルバムではルーサーバンドロスがボーカルをとりニューヨークサウンドを披露。1981年作品からバブルな時代はそのままなナンバーを。

4.Don't You Wanna Ride/D Train
ニューヨークサウンドのお手本のようなアルバムを出してきた彼のテーマ曲。数年前に来日して元気な姿があったと記憶しています。少しだけラップがかっていて当時好きなナンバーでした。以前、ここFM横浜にてこのアルバムからシャドウオブユアスマイルをかけたので、今回は此方に。

5.Givin Up On Love/Controllers
僕の大好きなコーラスグループ。南部出身のグループらしい初期の作品もソウルオヤジの気をそそりますが、完成度高い80年代の作品は特に大好き。来日してほしいアーティストNO1かも。
 
6.Night  To Remember/Keith Patrick
1988年ものとしてアーリー80sサウンドそのままなパーティナンバーですね。ローズロイスにいたメンバーによるプロデュース作品で可愛いドリーミーなメロディが金曜日に似合う!

7.Jam Party/Sweet Ecstasy
カナダでローカルグループの作品です。12インチレコードを買った当時のことが蘇ってきます。このラップバージョンがB面でこちら側がカッコいいんだよ!と、レコード屋さんで説明受けたんですよ。まだ80年代。若かったあの頃…
ニューヨークサウンド プラス ラップ。
カッコイイ!

8.Global Warming/Bob Baldwin
とてもアーバンなサウンドですが、タイトル通り地球温暖化について語っています。エルニーニョの影響で天候が変化しつつある地球。日本にも影響でてきていると感じるこの頃、マーシーマーシーミーのフレーズが心に響いてきます。ピアニストでありコンポーザー。イギリスのスムースジャズ界の貴公子。

9.Part Time Lover/Ely Bruna
メキシコ出身。イタリアの人気グループのpapikてボーカルをとった事で更に名が知れるようになった彼女のアルバムからスティーヴィーワンダーのカバーを。
うまくアレンジしてますね。夏気分。
原曲より使いやすい…
 
 

2017年6月16日 (金)

SOUL BAR 847~VOL.3

FMヨコハマ、U-MORE!
毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが
第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがセレクトする
みなとみらいの夜景に似合う本物のソウルミュージックを堪能できる
ラジオ版ソウルバーです。

今夜お送りしたナンバー石川さんのコメントとともにご紹介。

では、石川さん、どうぞ

1,Everybody Feel The Groove / Daniel Sahuleka
AORマニアにも人気のシンガーです。インドネシア系のオランダ発。このナンバ
ーは12'Inchが最高に格好いい!今回は、ラジオミックスということでア
ルバムVerでお楽しみ下さい。1981年もの。アルバムにはいい感じのMid Tempo

2,Posin Til Closin / Heatwave

メロディーメーカーのR.テンパートンの作品であり彼の在籍していたグループ
からの1曲。不動のサウンド魔術師とでも言うべき彼の才能はQ.JonesからM.Jacksonまで多彩なクリエーティングです。1981年もの。

3,Come Back Lover,Comeback / The Sylvers
メンフィス出身のファミリーグループのシルバーズ。Popな音作りが人気でも
ありますが、こんなに哀愁あるダンサーにセンスを感じてしまいます。本来なら
イントロからかけたい曲です。メンバーはソロアルバムも出ています。1984年。

4,Put A Little Love On Me / Delegation
UK出身のグループから、これもPOPなナンバー。センスがイイですね。
ネタどころでもあるOh Honeyなどはこのグループの真骨頂。人気のYou&Iなども素敵なダンサーです。

5,Give It Up / Debarge
御馴染みのファミリーグループです。All This Love、I Like Itなどなど。
可愛い音に反応しちゃうんですが、今回はテーマのPOPを意識してこのナンバ
ーを!

6,Lullabye Of Love / Bob & Paulin Wilson
Seawindなどでも活躍した二人のデュオの作品から。ポーリンの可愛い声!
何とも清々しい。彼女は色々なアーティストにゲストとして呼ばれて唄ってもい
ます。夏を待ちきれない

7,Beauty And The Beach / Mark Winkler
待ちきれないので、白い砂浜と透明に近い海を頭に浮かべて聞いて下さい。大人
のAORの代名詞。マークウィンクラー!最近も積極的にアルバムを発表してい
ますが大人な故にJazzに走っています。

~mid slow side~

8.The Island / Cheryl Barnes
シンガーであり女優業もこなしていた彼女のアルバムから。とにかくUrban Soulとは!的な流れで始まって来ました。イントロ聴きながら都会の描写が頭に浮かんできませんか?1987年

9.Love Is A Simple Thing / Leon Ware
名バラディアーのリオンウェア。ムードメーカー。哀愁の世界。官能の世界。それらを一つにまとめて曲にしてしまう。プロデュース作品も多く、しかも最高の出来・・・な作品が多いです。

10,I Wanna Be Where You Are(After The Dance) / Marvin Gaye
前のリオンの作品をマーヴィンがI Want Youなるアルバムで男の官能の世界を表現した。マーヴィンの声に包まれるように心の中に入ってきます。このバージョンはCD2枚組みのEXアルバムにしか当時は入ってなくて、これを聴くために買ったことを思い出します。


今回もも楽しんでいただけましたか?
素敵な時間はすごせましたか?
既に3回目のオンエアーでした。

次回は7月、夏真っ盛りでしょう。
また、素敵な曲を皆さんにご紹介しますね。

金曜日U-MORE!はもちろん
Soul Bar 847
これからもよろしくお願いします。

石川 比呂哉


■アーカイブ
 SOUL BAR 847 初回4/21放送 曲解説

   SOUL BAR 847 5/19放送 VOL.2

2017年5月19日 (金)

SOUL BAR 847~VOL.2

FMヨコハマ、U-MORE!
毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが
第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがセレクトする
みなとみらいの夜景に似合う本物のソウルミュージックを堪能できる
ラジオ版ソウルバーです。

前回の放送が大好評。
特に、普段ラジオに投稿しないような方が、いてもたってもいられなくなり初投稿。
心を動かされたよう。嬉しいですね。

このコーナー「SOUL BAR847」はソウルミュージックファンのみならず
普段ソウルバーに行けない未成年の方も、ちょっと背伸び感覚で聞いてみる
そんな楽しみ方をしている人もいるようで、それこそラジオの醍醐味。

さて、今夜お送りしたナンバー石川さんのコメントとともにご紹介。
では、石川さん、どうぞ

Soul_bar_847

こんにちは。シュガーシャック石川です。
毎月第三金曜日はソウルバ−847。
楽しんでいただけましたか?

今回は比較的に新しいものから選んでみたのですが、2000年以降エレクトリ
ックなナンバーが増えてしまい
我々の年代には少々理解しづらい曲が増えてしまいました。それに伴って、逆に
深く掘り返せた時期でもありました。
ところが2010年を回ったあたりから90年代に流行った所謂R&Bに再び戻っ
てきたようにも感じます。

1.Resurface/ Say I Do
2. Da liberal Soul Happy Day
3. Diane Shaw/That Thing You Do
4.Dawn Pemberton/I Can Go For That
5.Calvin Richardson/What World I Do
6.Greenwood/Sparkle
7.Bobby Caldwell & Jack Splash/Breakig
8.Kejam/Diamonds

前半パートはmixしてお送りしました。ResurfaceはHi-tensionのカヴァーHappy
で彼等の世界観見せてくれたののですが
そのままに戻ってきてくれたようで何とも幸せな雰囲気にさせてくれます。⒉
曲めは少し癖のある名前ですね。ここではアーヴァンゴスペルよりのシンガーを。
落ち着いたいい流れです。三曲めにはメローメローネタで。90年代っぽい。4
曲めにはホール&オーツのカヴァーを。
続いて僕の好きなシンガーCalvin Richardson。ボビーウーマックのカヴァーア
ルバムなどもマニア度こすられましたが、これはいかにも都会的なアルバムに仕
上げていました。6曲めにはハワイのグループによる達郎さんのカヴァーです。
夏が近づいてまいりました。
7曲め、AORの金字塔ボビーコールドウェルが出したR&Bスタイルのアルバムから。
ショートラップがいいですね!流れに効いてる!
ラストにはUKソウルのシンガーを。バラディアーなナンバー満載のアルバムから。
2016年ものです。


9.Harold Melvin & The Blue Notes/Time To Be My Lover

1982年。フィラデルフィアらしいサウンドを70年代より。あのテディペン
が在籍したコーラスグループ。80年代に、こんな都会的なバラードをやってい
ます。大好きな人と二人で聞いてみたい。

10.Aretha Franklin/U Can't See Me

Soul Queenのアレサのナンバーを。時代の流れを感じます。昔の色なしに、ここ
までアーヴァン。
血管が喉から浮き出て歌っているんじゃないかなぁ。締めにソウルバーらしい人
を当ててみました。


今回も聞いてくださった皆様に感謝です!
また来月の第三金曜日にお会いしましょうね!

シュガーシャック石川


さて、次回のSOUL BAR 847は6/19です。
梅雨入りしているかな、、、

そんな選曲が聞けるかも。

■アーカイブ
 SOUL BAR 847 初回4/21放送 曲解説