fyb_switch_to_sp_js

« サウンドチェック中 | メイン | Musiq SoulchildとFaith Evanceを聞きながら »

2017年7月21日 (金)

SOUL BAR 847~VOL.4

FMヨコハマ、U-MORE!
毎週8時台は週替わりゲストDJをお迎えしてお送りしていますが
第三週目は川崎にあるソウルバーSugar Shackのオーナー、
石川 比呂哉さんとお送りする

SOUL BAR 847

ヨコハマで長年ソウルミュージックを鳴らし続ける石川さんがセレクトする
みなとみらいの夜景に似合う本物のソウルミュージックを堪能できる
ラジオ版ソウルバーです。

Soul_bar_847

今夜お送りしたナンバー石川さんのコメントとともにご紹介。

では、石川さん、どうぞ


1,Golden Wings/Shakatak
日本で大人気のフュージョンバンド。ナイトバーズは不動の代表曲。それから数年後の1987年の作品。当時のテレビドラマ「男女7人夏物語」の挿入歌なのですが、皆さん覚えていますか?
 
2.Deja Vu/Paulinho Da Costa
有名なパーカシャニストによるブラジリアン フュージョン ディスコ。ボーカルはアースウインド アンド ファイアーのフィリップベイリー。最高にノってる演奏にボーカルが夏気分を上げてくれます。

3.Miracles/Change
イタリアのファンクバンドがアメリカで大成功した良い例。ファーストアルバムではルーサーバンドロスがボーカルをとりニューヨークサウンドを披露。1981年作品からバブルな時代はそのままなナンバーを。

4.Don't You Wanna Ride/D Train
ニューヨークサウンドのお手本のようなアルバムを出してきた彼のテーマ曲。数年前に来日して元気な姿があったと記憶しています。少しだけラップがかっていて当時好きなナンバーでした。以前、ここFM横浜にてこのアルバムからシャドウオブユアスマイルをかけたので、今回は此方に。

5.Givin Up On Love/Controllers
僕の大好きなコーラスグループ。南部出身のグループらしい初期の作品もソウルオヤジの気をそそりますが、完成度高い80年代の作品は特に大好き。来日してほしいアーティストNO1かも。
 
6.Night  To Remember/Keith Patrick
1988年ものとしてアーリー80sサウンドそのままなパーティナンバーですね。ローズロイスにいたメンバーによるプロデュース作品で可愛いドリーミーなメロディが金曜日に似合う!

7.Jam Party/Sweet Ecstasy
カナダでローカルグループの作品です。12インチレコードを買った当時のことが蘇ってきます。このラップバージョンがB面でこちら側がカッコいいんだよ!と、レコード屋さんで説明受けたんですよ。まだ80年代。若かったあの頃…
ニューヨークサウンド プラス ラップ。
カッコイイ!

8.Global Warming/Bob Baldwin
とてもアーバンなサウンドですが、タイトル通り地球温暖化について語っています。エルニーニョの影響で天候が変化しつつある地球。日本にも影響でてきていると感じるこの頃、マーシーマーシーミーのフレーズが心に響いてきます。ピアニストでありコンポーザー。イギリスのスムースジャズ界の貴公子。

9.Part Time Lover/Ely Bruna
メキシコ出身。イタリアの人気グループのpapikてボーカルをとった事で更に名が知れるようになった彼女のアルバムからスティーヴィーワンダーのカバーを。
うまくアレンジしてますね。夏気分。
原曲より使いやすい…
 
 

コメント

アーバンでメローな曲が気だるい夏の夕暮れにもピッタリ。洗練された流れるようなミックス、大好きです。解説も丁寧で素人の私にも興味を持たせてくれます!

この記事へのコメントは終了しました。