2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
・tresen+ エンディングテーマ
Loading

10 進め!お宝調査隊

2017年1月14日 (土)

ミニ鑑定会開催決定!@辻堂



毎週火曜日にお送りしている
本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」ですが、
ミニ鑑定会の開催が決まりました!!

1月25日(水) 11:00-16:00 
会場:ブリッジルーム(神奈川県藤沢市 辻堂5-20-19)

この時間に吉村民&植松哲平の
お宝調査隊コンビがお待ちしていますので、
お越しの方は、
必ず鑑定して欲しいお宝を持って集まって下さーい♪

また当日の予約・質問は、
本郷美術骨董館 世田谷支店(03-6432-2350)
までお電話お待ちしております!

Yoshimuratami_0_3

Uematsuteppei_2






2017年1月10日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。
先週から茅ヶ崎駅周辺を調査している鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。
今日は茅ヶ崎の吉村民ちゃん行きつけのサーフショップで調査してきた模様をお届け!

S__9551874

S__9551875

国産のサーフィン用ワックス(新品)
60年代〜70年代に売られていた商品ということでしたが・・・

まさかの鑑定不能という結果でした!!

しかし、貴重な品物には違いないということで、
「フリュードパワーサーフクラフト」さん ありがとうございました!!

S__9551876

2017年1月 3日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。
今週から茅ヶ崎駅周辺を調査している鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。
今日はティッピーの心のふるさと、
「CAFE & REST SoreKara」で調査してきた模様をお届けしました!

S__9486364

S__9486365

S__9486366

S__9486367

綺麗な伊万里焼のお皿(4枚)を鑑定!!

結果は・・・3万5千円!!!

伊万里焼は明治以降に佐賀県伊万里市で作られたものです。
江戸時代に佐賀県有田で作られたものを古伊万里といい、お値段は少し高め。

鍋島焼きは藩御用達の窯で焼かれたものなので完璧な状態だと、
陶器の値段が落ちている中では高値で取引されています!

S__9486368

植松さんの茅ヶ崎の母と一緒にパシャリ!

2016年12月27日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

今日はスタジオから染谷館長とともに、
鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ、光邦隊長が1年を振り返り!!

C0rlnpfviaad221_1

この3点の中で1番鑑定額が高いのは、どれ??

2016年12月20日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

今週から白楽駅周辺を調査している鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。

今日は六角橋商店街で「ゆうきや」さんを訪れた模様をお届けしました!!

S__9003035

S__9003036

S__9003037

S__9003038

S__9003039

骨董好きということでとにかく数がハンパない!

鑑定総額はなんと・・・37万円!!


いったいおじさんと鉄瓶の間に何があったのでしょうか・・・笑

S__9003040

「ゆうきや」さん、ありがとうございました☆

2016年12月13日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

現在、鶴見駅周辺を調査している鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。

今日もレアールつくの商店街にある、
「橘屋(たちばなや)」さんという呉服屋さんを訪れた模様をお届けしました!!

S__8765473

S__8765475

S__8765477

S__8765478

本物の兜なら数千万するものもある。
伝来(誰が持っていたかも大切だけど、作った人が誰かというのが1番のポイント)
骨董用語でヘルメットという。

備前焼だと値段がある程度付くのが作家もの。
人間国宝の藤原啓、藤原雄、金重陶陽、山本陶秀など。

もしくは古備前
鎌倉時代から桃山時代につくられたもの。釜で焼くときに藁をひき、
焼いてある時に藁が灰になり釜の中で自然釉となり景色(模様)をつくる。
その景色が良いと値段もあがるので、鑑定のポイントとなる。

2016年12月 6日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

現在、鶴見駅周辺を調査している鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。

今日はレアールつくの商店街で「山幸園」さんを訪れた模様をお届けしました!!

S__8601652

S__8601653

S__8601651

お茶屋さんということで、お茶に関するお宝が盛りだくさん!

茶器のセットは残念ながら値段がつかず・・・

愛知県常滑市で作られた常滑焼は、5万円!
民ちゃんがさりげなく鑑定した鉄瓶は、10万円!!

中国人に日本の古い鉄瓶が人気。金瓶、銀瓶なら更に高価買取できる。
お茶を入れるときに使用する。金などで龍などが施されていると更にいい。


ということでした。「山幸園」さん、ありがとうございました!

2016年11月29日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

今回から鶴見駅周辺を調査している鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。

今日はレアールつくの商店街で「三河屋呉服店」を訪れた模様をお届けしました!!

S__8323106
色々な硬貨を鑑定した結果・・・合計1万円!

高いものは
天正大判後藤祐徳書7千万
少し身近なものだと
明治10年旧20円金貨1千5百万
すごく身近に感じるものだと
昭和五年 新5円金貨300万
昭和33年ギザ十 100円
ポイントは年代というより発行量が少ない。
あとは100年以上経っているかどうかなどです。

2016年11月22日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

引き続き大口周辺を調査していた鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。

今日は大口で呉服屋「かやぎや」さんを訪れた模様をお届けしました!!

S__8060936
人間国宝の森口華弘さんが描いた1点物の着物帯!(売り物)

58万円で売っている帯の評価額は・・・


58万円!(そりゃそうだー!)

人間国宝 森口華弘
友禅染めの重要無形文化財保持者
独特の蒔糊技法を、用いた作品でしられ、幾度も賞を受賞されている。
2011年の紅白に出た松任谷由実さんが着ていた着物が森口華弘さんの着物。

「かやぎや」さん、ありがとうございました!

S__8060937


売っている商品で目標達成!?

果たして、どーなる!お宝調査隊!!


2016年11月15日 (火)

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館 presents「進め!お宝調査隊」

本郷美術骨董館の館長から、
「30万円以上の価値があるお宝を探してこい!」

というミッションを受けている、お宝調査隊。

引き続き大口周辺を調査していた鑑定士の吉村民ちゃんと植松哲平コンビ。

今日は大口で「大東書道教室」をやっている藤枝さんを訪れた模様をお届けしました!!

S__7921675

S__7921676

S__7921673

硯のお値段・・・5万円!

中国の筆・・・7万円!!

使用していてもこのお値段、状態の良さも評価額UPに繋がったみたいですね。

雨畑硯五万
今ではあまり流通していないきめ細かい肌触りで
すみあたりが柔らかくて書道家に愛用されている。
中国の有名な硯 端渓に劣らない立派な硯。


中国書道で有名なお店が制作して販売したと考えられる
お店のものではないと3000円くらい
中国の筆で高いものは
持ち手に彫刻が施されていたり
七宝細工や磁器などこだわったものが沢山あり、それが立派だと高額。
昔の有名な書道家は自分好みのものを作らせていたりした。

S__7921684

藤枝さんありがとうございました!