TheBurn: Link

その他

2018年6月 7日 (木)

THE BURNキャンプ日記 in 稲ヶ崎キャンプ場

おはようございます。
ADマロです。

今週6月5日(火)〜6日(水)に
かけて、THE BURNチーム主催での
豪華な合同キャンプが行われました。

きっかけは様々。
番組に出演してくれたり、イベントで一緒になる、
アウトドア業界の関係者、アーティスト、タレントなどに
キャンプに行こうと誘うもなかなか実現できずにいましたが、

180605theburncamp01

アウトドア雑誌GARVYでの取材のために千葉県・亀山ダムを訪れるということで
隣接するキャンプ場でキャンプをしないかと、
誘ってみた結果、なんと日帰り参加者ふくめ
20名を超える参加者が集まるという超大型キャンプになったのです。

180605theburncamp02

180605theburncamp03

僕たちが泊まった千葉県君津市・稲ヶ崎キャンプ場
緑に囲まれ、すぐそばでは広大な亀山ダムが広がり、
ブラックバス釣り体験ができるという、遊びに適した心地よい場所でした。

しかも当日は、この広大なキャンプ場をほぼ貸切状態でした。

180605theburncamp04

180605theburncamp11


到着したメンバーから、
次々とテントや料理の準備に取り掛かります。
ザバーンロゴの入った看板も立てて外見おしゃれに。

180605theburncamp05

僕も約1年ぶりにテントを立てました。
デビューが2時間半かかったという経歴のある僕ですが
今回かかった時間は30分。
・・・ちょっとやり方わすれてましたね。

時間はあっという間に過ぎ、
夕方になると参加者美味しそうな料理の匂いが
キャンプ場に広がってきました。

180605theburncamp06

180605theburncamp05_2
番組ではアスレチック山田でおなじみ、
今年のOUTDOOR DAY JAPAN・ザバーンステージにも出てくれた
シンガーソングライターRay Yamadaさん

180605theburncamp07

自慢の腕前で、おしゃれ料理を次々とご馳走してくれました。

180605theburncamp08

BBQ・アウトドア芸人として活躍の場を広げている
たけだバーベキューさんも、同じ芸人さんや仕事仲間の方々を連れて
参加してくれました。

180605theburncamp10

180605theburncamp09

持ち前のアイデアを生かして
BBQでは盛り上がること間違いなしなメニューを振舞ってくれました。

180605theburncamp12

Fm yokohamaの撮影担当が使用していた
撮影用カメラ搭載ドローンに興味津々の井手さんと、
ザバーン登山部メンバーFoxfireの斉藤彰さん。
まるで子供のようなはしゃぎっぷり。笑


180605theburncamp14

井手さんがその声に惚れ込み、
今年のOUTDOOR DAY JAPAN東京・ザバーンステージにも出てくれた
シンガーソングライター村上佳佑さん。
素敵な歌声を聴かせてくれました。

180605theburncamp15

キャンプと旅を愛するシンガーソングライター
miya takehiroさんは全員のコールアンドレスポンスと一緒に
陽気に盛り上げてくれました。

最高のロケーションに
美味しい料理に、素晴らしい音楽
なんて贅沢すぎるキャンプなんでしょう…

180605theburncamp17


次の日の朝は雨。
関東梅雨入りが発表されていましたね。
それでも皆ゆっくりしながら
朝食を食べ渋々片付けに。

180605theburncamp30


と、その前に集合写真を1枚。
みんな本当にいい笑顔ですね。


終わりこそ雨でしたが、
ザバーンオールスターズのキャンプは
大盛り上がりで幕を閉じました。

2018年5月27日 (日)

大島餌木地獄(2018.5.21〜23)

辰巳Dです。

先週の特集コーナーGood To Goでは、
伊豆大島でのエギングツアーの模様をレポートしました。
 

180521_ohshima_1_1_2

きっかけは以前伊豆大島に行った時に言った井手さんの一言。

「ドラグがギューンって鳴るくらいのアオリイカ釣ってみたい」

それを聞いた地元のイカ釣りマニア:杉山克己(かっちん)さんから
「大島でデカいイカを狙うには5月後半だよ!」とお誘いを受け、
今回、2日3日でひたすらエギングを楽しもうという(釣りバカ)ツアー
題して「大島餌木地獄」が開催されました。

180521_ohshima_1

伊豆大島は東京から120km南の海上に浮かぶ伊豆諸島最大の島。
竹芝桟橋から高速船(ジェットフォイル)に乗って1時間45分でいけます。

180521_ohshima_2

5/21(月)朝10時30分、元町港に到着。

初日のメンバーは、井手大介、辰巳D、赤ワイン、
伊豆大島のプロモーションを担当するスタジオ四葉代表の清水さん、
釣り好きモデルの田所幾江さん、カメラマンの北村さん、
そしてかっちんさんの7名。

180521_ohshima_3

今回のツアーのために休みをとってくれたかっちんさん。
固い握手を交わし、皆やるきまんまんです。

180521_ohshima_4

まずは釣り道具の補充のため地元の釣具店へ。

道中、清水さんが伊豆大島の観光スポットも案内してくれました。

180521_ohshima_5

180521_ohshima_6_1

180521_ohshima_2_1

180521_ohshima_9

伊豆大島は黒潮の影響を受け、マダイやイシダイ、シマアジやイサキ、
メジナ、カサゴ、そしてアオリイカ、アカイカなど、
美味しいお魚がたくさん生息しています。

海の透明度が高いので、港から海の中を覗くと、魚の泳ぐ姿が丸見え。
仕掛けを落とせば何かが釣れるので釣りデビューにも最適です。

180521_ohshima_7

180521_ohshima_11
このエギが伊豆大島で実績あるエギなんだそう。

「ルアーは地元で買うに限る!」と赤ワイン氏。

仕掛けやエサを調達したところで、ランチタイムへ。

180521_ohshima_3_1
地元の人にも人気の和食店雑魚や紀洋丸
名物のべっこう丼(白身魚の漬け丼)をいただきました。

180521_ohshima_10

そしていよいよ、伊豆大島初日の釣りが始まります。

続きを読む "大島餌木地獄(2018.5.21〜23)" »

2018年5月20日 (日)

大学生アングラー・西野勇馬くん登場

おはようございます!
ADマロです。

180519theburn_nishino02



昨日のGood To Goのコーナーでは
いくつもの日本記録や世界記録を獲得している
大学生アングラーの西野勇馬くんをお迎えしました。

6年前にTHE BURNで、100目釣りをやるとなった際
釣った魚の種類を特定しなければ、その数には入らないのですが
わからない魚が多く限界だと思った時。

180519theburn_nishinoyuuma


勇馬くんのお父さんである西野敬さんから連絡があり、
JGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)で釣りでの
日本記録や世界記録を判定する人だったんです。

以降番組では、"西野博士”と呼ばれるようになりましたが
その後一緒に釣りに行くようになった時に、一緒に来ていたのが
勇馬くん。

井手さんが初めてお会いしたのが中学生の時
凛々しい大学生に成長しました。

180519theburn_nishino04

勇馬くんはこれまでの釣りで、いくつの日本記録や世界記録を持っていますか?


『最近だと昨年11月に国際ルールに則って釣り上げた
 6.00kgのダイナンアナゴ が新しく世界記録に認定されたので
 世界記録は19種類、
 日本記録は世界記録になっているのも含めて27種類ですね。
 いま新しく申請中なのがで5.05kgと4.55kgののウツボ2匹と
 イズヒメエイ、ホシエイ、
コケウツボの計5種類です。』

その日本・世界記録に申請中のホシエイですが
3月12日、東京・式根島で超巨大なホシエイを釣りました!
その重さなんと、126.10kg!!

180520theburn_nishino02

こんなの海から出て来たら
ビビって逃げる自信があります…

『釣った時は友達らと100kg級のマダラエイを目当てに
 狙っていました。
 最初は鯖の切り身などでウツボなどを釣っていたんですが
 のちに40cmの鯖をそのまま使用することになって、
 そのヒット第一弾がこのホシエイでした。』

180519theburn_nishino08

スタジオにはそのホシエイの尻尾にある
トゲを持って来てくれました。

180519theburn_nishino10

こんな鋭い棘があるんですね・・・

180519theburn_nishino06


そしてこのホシエイがオールタックル日本記録に認定され、 日本記録審査通過により世界記録にも申請。結果が出るのは数ヶ月後。
結果に期待ですね!!

今後挑戦してみたい、新たに記録を狙っている魚はいますか?

『ホシエイを釣った時に本当の狙いだった、
 マダラエイに再チャレンジしたいですね。
 今年に夏に釣りに行く予定です!!』


これからの活躍にも期待大ですね。
僕自身釣りでは学ぶことが多そうです…


勇馬くんの最新釣り情報がきになる方は
ブログや、SNS(Twitterfacebook)をチェック!

2018年5月13日 (日)

山を愛するモデル仲川希良さん登場

おはようございます!
ADのマロです。

180512theburn_kiranakagawa

昨日の特集コーナーGood To Goでは
モデル/フィールドナビゲーターの仲川希良さんをゲストにお迎えしました。
前回出演が2015年10月31日ということで
約2年半ぶりの出演となりました。

前回は山登りを始めたきっかけや最初に登った山の話、
雪山登山デビューを応援するサイト「雪山 一歩、一歩」について伺いましたが、
今回はなんと初めて書籍を出版されたんです。

Dc1_sbtv4aaywhg
5/11に発売された「山でお泊まり手帳」
(エイ出版社/1200円・発売中)

“山でお泊まり”をテーマに、8年間の山の経験の中から
初心者の皆さんでもわかりやすく
山小屋泊やテント泊の楽しさを紹介している一冊。

仲川さん自身が気づいたこと、安全に過ごすヒントなどを
手帳に書いたことを読者の皆さんに伝えたいということが
本を出版するきっかけになったそうです。

山で写真を撮ることが好きだという仲川さん
実際の本でもプロの写真家の写真はもちろん
仲川さん撮影の写真とともに山でのお泊まりの魅力が紹介されています。

180513theburn_nakagawakira04

仲川さん自身、周りに山でお泊まりなんて・・・って人はいますか?

『私の周りでも日帰り登山・ハイキングをするっていう友達は多いんです。
 ただ山にお泊まりに誘うと、断られるんですよね。
 多分汚かったり、山小屋だと狭いイメージがあるからかもしれないですね。
 でも山小屋って色々な種類があって、温泉があったり、、
 選びさえすれば、ホテルと同じような気持ちになれる場所もあります。』

山小屋で泊まるときに、こういうこと注意するといいよ!
 持っていくといいよ!というものはありますか?


『荷物が増えるかもしれないけど、女性はワンピースを持つべきです。
 普段の服装より心地よさがあって、スパッツなどの登山着で
 締め付けられた体を解放することができて、
 翌日疲れが残らず体を癒すことができるんです。
 また着替えがしやすいので、アンダーウェアやタイツなどを履いていると
 着替えに困るような大部屋でも安心です。』

180513theburn_nakagawakira02

『素材で一番いいのはステテコですね。
 最近おしゃれなステテコや、女性用も増えているんです。
 軽くて透けにくくザラザラしていなくて気持ちいいんですね。』

180513theburn_nakagawakira03


第2章のテント泊の方は、山小屋よりもう1ステップあがりますか?


『キャンプ慣れしてると抵抗はないですよね。
 ただ場所を山に帰るだけなので。
 ただテントは衣食住の家を持つことになるので、
 荷物が重くなってかさばるし、運ぶための体力を使いますよね。』

140309kumotori4


井手さんも奥多摩の雲取山での初の山でのテント泊にて
荷物が多く、大変だった思い出がありますね・・・

『それを経験すると、ザックの詰め込み方を考えが変わってきますよね
 必要なものを上にしていくとか、細かいことだけれど
 荷物をコンパクトにしていって、
 それをいかに綺麗に収納するかが大事なんですよね。』

本に書いてある収納方法で、毎食ごとに袋分けとは?


『それは本当にオススメです!
 調理するものを3食分まとめて持っていくと、
 その目的がわからなくなるんです。また現場で調味料を探すことにも
 なってしまい、時間が過ぎてしまうんです。
 だから、夕食はこれ 朝食はこれ、昼食はこれと
 簡単なビニール袋などにまとめるのがオススメです。
 また食べ終わった、使い終わったゴミもそのわけた袋に戻せばいいんです。』

テント泊でのオススメのメニューってありますか?


『こういう時の食事って、パッとできるものがいいと思っていて、
 自分だけじゃないときは特に時間かからない方がいいですよね。
 私のオススメは切りやすい
ピーマンと椎茸を炒めて、
 それを器に、マヨネーズを和えたコンビーフを詰めたメニューがオススメです。』

180513theburn_nakagawakira05_2

仲川さんが、これからお泊まりしてみたい山ってどこですか?


『長野県にある燕岳・燕山荘です。
 ここには何度も登っているのですが、前に通過したときに

 裸足で白いワンピースを着ていた女の子が歩いていたんです。
 標高が結構ある場所でなんで裸足?ワンピース?と思ったのですが、
 早めに到着していて、何日か泊まって自然の中で遊びたくなったんだと思って、
 私もここにとどまればこれができるのにと思い、
 燕山荘にいきたい!できれば連泊したいなと思っています。』

ザバーンチームともいつか登山も実現したいですね。
仲川希良さん、キラキラ山トークありがとうございました!

2018年3月 4日 (日)

工藤静香さんに釣りインタビュー!

おはようございます!
ADのマロです。


昨日のGood To Goコーナーでは、
今年1月に行われたジャパンフィッシングショー2018
クール・アングラーズ・アワード2018を受賞した、
工藤静香さんとのインタビューの模様をお届けしました。

180304kudou01

▶まずは「クール・アングラーズ・アワード」受賞おめでとうございます!

「嬉しいです。こんなに大きな賞とは思わなくて、

 受賞前に釣り業界のアカデミー賞と聞いて、そんなにすごいんだと知って、
 ありがたいですね。」


▶ジャパンフィッシングショーの会場の印象はいかがですか?

「会場も初めてきましたが、とても大きくて、
 お祭りのような雰囲気で、ブースも全部見たくなりました。」

▶工藤静香さんと言えばサーフィンのイメージですが実は釣り好き!
 サーフィンと釣りはどのくらいのバランス(割合)で楽しんでますか?

「今はお仕事で、前ほどサーフィンができてなくて、
 波に乗る勇気もなく、最近は1年に2、3回乗るくらいですね。
 釣りは行くときは朝仕事終わって、夕食までの時間に、夕食を釣りに行きます。
 よく行くのは東京湾でボートに乗りながら、スズキを釣りに行ったりしています。」


▶工藤さんはこれまでどんな釣りをしましたか?中でも一番好きな釣りは?

タチウオとかコチ、イナダ、さばなど、
 釣りは基本、食べられる魚を釣るのが好きですね。
 私は基本、釣った後も食べて楽しむことができる、そんな釣りが好きですね。」

180304kudou02


▶釣った魚をどんな料理にして食べるのが好きですか?

「釣った魚によりますが、メバルは煮付け、
 スズキはカルパッチョ、サバはシメサバですね。

 大漁だと帰ってから捌くのは大変で、
 スズキは鱗を落とすのも首の骨を落とすのも大変なんですよね。
 骨落とすときはヒザも使いますけどね笑」


▶これまで釣った中で一番大きい魚は何ですか?

「シーバスですね…でも私が釣ったサイズが76cmほどのしかなく、
 私は80超えないとランカーとは呼べないと思っているので、
 サイズは自信がないです。

 メバルとかの食べて美味しい魚はサイズは全然気にしないけど、
 シーバスだけはでかいのじゃないと嫌ですね!」

▶今後チャレンジしてみたい釣りはありますか?
また、その他興味のあるアウトドアがあれば教えてください!

「もし1日お休みがあれば、青森で釣りがしたいですね。
 そこでしか釣れない魚とか、食べられない魚の味とか堪能したいです。」

「アウトドアは、その他はゴルフとかサーフィンなので、
 とにかく私は、打つ・乗る・釣る・ですね。」

打つ・乗る・釣る。
これは今後流行りそうなアウトドア名言ですね。

明るくて、ガチの釣り好きな工藤静香さんでした!

改めて、クール・アングラーズ・アワード2018受賞
おめでとうございます!


Shizukakudo_rin
デビュー30周年記念アルバム「凜」発売中!

工藤静香さんの最新情報は、以下リンクでチェック!

公式HP (http://shizuka-kudo.net
公式instagram (https://www.instagram.com/kudo_shizuka/?hl=ja)

2018年2月11日 (日)

9代目アングラーズアイドル・廣瀬麻伊さんが初出演!

おはようございます!
ADのマロです!

180210maimai

昨日のGood To Goのコーナーでは
先月1/19〜21の3日間、パシフィコ横浜で行われていた日本最大の釣り関連イベント
ジャパンフィッシングショー2018」内で行われた、
アングラーズアイドル最終審査会で
見事グランプリに輝いた9代目アングラーズアイドル、

まいまいこと、廣瀬麻伊さんが生出演してくれました。

180127_hirosemai

オーディション開催前から
番組内で井手さん・スタッフ共に注目していましたが
なんと番組推しメンのグランプリ受賞は初!

井手さん、スタッフともに
早くお会いしたいと思っていて、
ついにスタジオに来てくれました!

180210maimai02

1992年、東京生まれの現在26歳。
10代からファッション誌のモデルを始め、
2008年「Popteen」、2013年には「JELLY 」誌の専属モデルとして活躍。

プライベートではスノーボードJSBA公認C級インストラクターの資格を習得。

また茅ヶ崎に移住してサーフィン、サップなど様々なスポーツを楽しんでいるという、
まさにアウトドア・モデルガールな廣瀬さん。

さて、改めて今年栄冠を手にした廣瀬さんに
お話を伺いました!

*釣りにハマったのはどんなきっかけ?

「茅ヶ崎に引っ越した時に、近所の人たちが朝から釣りをやっていて
 こんな早くから何やってるんだろう〜?って気になって、
 それから親戚の人に船釣りに連れてってもらって、
 イナダが16匹釣れちゃってもうパーティーでした!もう有頂天でしたね!」

180210maimai03


「それから、アングラーズアイドル大先輩の阪本智子さんと
 一緒に行った女子釣りがすごく楽しくて!いろんなこと教えてくれたりして
 釣りも阪本さんももっと大好きになりました!」


*釣りのどんなところが好き?

「たくさん勉強しているんですが、勉強すればするほど
 深くて、もう大好きですね〜」

*今後、釣ってみたいお魚は?

「マグロです!もし釣れたらパーティーしたいですね!
 家族だけじゃなく、そこらへんにいる人も呼んで
 お刺身パーティーがしたいですね 笑」

*アングラーズアイドルとしての目標を教えて下さい。

「私自身初めてのことだらけですが、たくさん勉強して
 その魅力を多くの人に伝えて行きたいです!
 あと、釣りってまだ男性!なイメージがあるので
 同い年やもっと若い女の子たちにも釣りの楽しさを伝えて行きたいです!
 いつでも一緒に行きますよ!」

180210maimaitwitter

*最後に、THE BURNリスナーの皆さんに一言お願いします!

「これからアングラーズアイドルとして、いろんな場所に行くと思いますので
 もしお会いしたら、その時はよろしくお願いします!
 声かけてくださいね♪」


よく笑う、
テンションの高い、でも話していると周りを明るくさせてくれる方でした。

廣瀬さん、今年1年、
思いっきり釣りライフを楽しんでくださいね!



今後の活動は、「廣瀬麻伊のOUTDOOR BLOG」をチェック!
ブログはこちら!

廣瀬さんのInstagramはこちら!

Twitterはこちら!

2018年1月28日 (日)

プロサーファー・加藤嵐さんが登場

おはようございます!
ADのマロです。

Katouide01


昨日のGood To Goのコーナーには、
JPSA2016、2017の2連覇グランドチャンピオンを果たした、
プロサーファーの加藤嵐さんがスタジオに来てくれました!

サーフィン界のスペシャルゲストということで、
いろいろ質問しちゃいました。

20180127_125835

サーフィンを始めたきっかけは何ですか?

「父の友達に、プロサーファーの方がいて、
 よく小さい時から遊んでもらってたんです。
 だから、物心ついた時には海の上でボードに乗っていましたね。」

26231711_2031073927106485_112378365

「でも、子供の時はサッカーが好きでよくやっていたんです。
 だからサーフィンは楽しいけどプロサーファーになる気は無かったんですが、
 横浜に住んでいたときの、たまのサーフィンがやっぱり楽しくて、
 小学5年生の時に、
 両親に“プロのサーファーになりたいから千葉に引っ越して”と頼んで

 それから時を重ねて、今がありますね」



夢を叶える為に、引っ越しを決意。
何より両親に本気でお願いするなんて、カッコよすぎますね…

サーフィンをするリスナーの皆さんに、上達する為に大事なことを教えてください!

「特にこの時期とか寒かったり、
 コンディションが思うようにうまくいかなかったりすることもあると思うんです。
 それらは自分で変えられないから。
 でも常に楽しむこと、挑戦することが大事です。

2018年が始まりましたが、今シーズン目標は?

「2016年、17年は国内のツアーを回って
   実力をつけていく年でした。来年からは
 去年で積み上げた力を土台にして、世界に挑戦していきたいですね。
 どれだけ自分が世界で力を出し切れるか、行って確かめたいですね。」

世界を舞台に戦うと宣言した加藤さん、
これからも頑張ってください!
番組一同で応援しています!



加藤嵐さんの今後の活動など、詳しくは⇩

facebook (https://www.facebook.com/katoarashi/)

instagram (https://www.instagram.com/arashikato/?hl=ja)

公式ブログ(https://ameblo.jp/arashikato/)

2017年12月 3日 (日)

冬キャンプにオススメ“あったかカフェスタイル”

おはようございます!
ADのマロです。

昨日の放送、Good To Goのコーナーでは
この冬にオススメのキャンプ
“あったかカフェスタイル”をご紹介しました。

Dsc_0748
今回取材の撮影地として協力してくれたのが、
今年夏にリニューアルオープンしたばかり
西丹沢にある「蜂花苑ミロクキャンプ場」。

ちょうど紅葉が見頃でした!

Dsc_0766

Dsc_0762

Dsc_0761

中津川沿いに位置する、キャビンもあるオートキャンプ場。
日帰りBBQも貸し切りもでき、
キャビンには、トイレ・シャワー・ミニキッチン・ロフト・
専用ウッドデッキ・冷蔵庫・エアコンさらにはwi-fiまで完備。

Dsc_0780_2

Dsc_0770

五右衛門風呂や水車もありました。 
画期的だし、景色も素晴らしいです。
オススメです!

そんな美しいキャンプ場で、
今回オシャレなキャンプサイト作りの先生をしてくれたのは、
フードコーディネーターで、
クリエーターズユニット「 CAMMOC」の代表、
HAPIさんこと三宅香菜子さん。

0004

インスタ映え間違いなしな、
「カフェ風リビング」の作り方を教えてもらいました!
 

Dsc_0813

「カフェ風リビング」づくりのポイントは?

『井手さんがコーヒー好きだということを聞いたので、

 コーヒーを淹れる姿がカッコよく見える男前なカフェスタイルをテーマにしました。

 また、井手さんが作っていた木箱をテーブルにして使うのと、
 私が持ってきたりんご箱を棚にして本や小物、飾りなどを並べました。』

 

Pb284470

リビングはイスではなく「地べたスタイル」なんですね?

『寒い時期なので床にはホットカーペットを敷きました。
 冬キャンプにはこれと暖かいラグ・ブランケットがあれば
 楽しくキャンプできますよ!
 灯油ストーブを用意しておけば、夜の寒さもしのげます』

Pb284356

キャンプ場に電源があるところを選ぶと、
まるで家のような暖かさあるテントも作れるんですね。

Dsc_0824

コーヒーに合わせて、おしゃれに見えるポイントとは?

『コーヒーのお供といえば甘い物ですよね。
 今回はマフィン・クッキー・シナモンロールを
 井手さんが持ってきた木のまな板において、自然なおしゃれを作りました』

『今回は“くつろぐ”ことをテーマにしているので、
 
ホットカーペットのように普段から家で慣れ親しんでいるものも持って来れば、
 
野外でも自分の家にいるような安心感があります!』


なるほど…王道のキャンプスタイルだけでなく
自分が安心する部屋のようなデザインにすることで
さらに楽しさが倍増するんですね〜
 
今回作ったカフェ風リビングの詳細は、
来年1月10日発売のガルヴィ2月&3月合併号に掲載されますので、
ぜひ誌面をチェックしてください!
 
最後に、カフェスタイルのサイトができた時、
インスタ映えさせるための撮影テクニックを伺いました。
 
 

Pb284481

 
『小物類は、あまりきちっとさせないで、普段キャンプする人がリラックスしているような
 そういった動きが見えるような物の配置に並べるといいです』
 
『その代わり、ゴミやケータイなどはおかず、好きな素敵な物だけ並べることで
 素材が一つ一つ、今回のようなコンセプトにマッチしています』
 
『ごちゃごちゃに見える、それぞれを揃えない
 計算された演出・無造作感が大きなポイントです!』
 
 
HAPI先生、ありがとうございました!

アナタもあったかカフェ風リビングで
冬キャンプ楽しんでみませんか?
 


M_free_04


・「フリーサイト宿泊プラン」
チェックイン13:00 チェックアウト翌朝10:00
料金:大人(中学生以上)一人4000円(税込)
   小学生 一人2000円(税込)
※小学生未満は無料

・「日帰りBBQプラン」
 チェックイン10:00 チェックアウト16:00
料金:大人(中学生以上)一人2000円(税込)
   小学生 一人1000円(税込)
※小学生未満は無料
 
・「ミロクキャビンゾーン貸切プラン」
チェックイン11:00 チェックアウト翌日夕方16:00
料金:大人(中学生以上)一人12000円(税込)
   小学生 一人6000円(税込)

※延泊料金:大人¥6,000(税込)、小学生¥3,000(税込)
※小学生未満は無料
※毎月1日より翌々月分の予約を開始
 

M_rsv_05
〈車でお越しの場合〉
東名高速道路・大井松田インターを出て、
国道255号線から、寄自然休養村管理センターを通り約30分

〈電車でお越しの場合〉
東京駅から 東海道新幹線で約1時間→『新松田駅』
新宿駅から 小田急線快速急行(ロマンスカーもオススメで約75分→『新松田駅』
新松田駅からタクシーで約30分

もっと詳しい情報はこちら!

2017年4月27日 (木)

キャンプデビュー応援!アウトドアクイズパート2

ディレクターの辰巳です。

先週大好評だった「キャンプデビュー応援!アウトドアクイズ」
今週もやっちゃいますよ。

横浜生まれのキャンプブランド「テントファクトリー」とタッグを組んで、
アウトドアに関する知識を楽しく身につけられるクイズを出題します。

今週は1問出題。

ぜひクイズにチャレンジして、最新ギアをゲットしちゃってください!


クイズで当たるキャンプグッズは・・・


◆6時20分頃〜アウトドアクイズ 

Tftp4gscm_フォータッチプライベートテント グランドタイプ(迷彩柄):3張

ワンタッチテントで気軽に行楽。どこでも一瞬で設営。
しかも4面ワイヤタイプのしっかり設計です。


アウトドアクイズへのアナタの挑戦、お待ちしています!


テントファクトリー
WEBSITE http://www.tentfactory.jp/
Facebook http://www.facebook.com/Tentfactory
(ぜひ「いいね!」をお願いします)
Amazon、楽天市場などで発売中!

2017年2月16日 (木)

インタースタイル2017レポート

こんにちは
ADマロです!!

Photo


今週火曜日から本日まで開催されている
アウトドア商品展示会「インタースタイルhttp://www.interstyle.jp/)」

その初日にお邪魔してきました。

Photo_2

THE BURNでもお馴染みの元サーフィン日本チャンピオン、
湘南の海おやじドジ井坂さん。

イベントではサーフィン、スケートボードのバランス感覚を
初心者でもわかるように解説していただけるブースを展開。

Photo_3

僕も体験させていただいたのですが・・・
横乗り系スポーツは初めてだったので
自分の腰の鈍感さ、バランス感覚に気付くことが出来ました!

Photo_4

ドジさん!スタッフの皆さん!
ありがとうございました!

Photo_5

Photo_6

イベントでは他にも横乗り系の人気ブランドが揃っていて、

Photo_7

スケートボードを体験したり 
アウトドア好きの方は垂涎もの!
初心者の僕でも楽しめました!


以上、ADマロでした。 

ーーーーーーーーー 

 <イベント情報>

『インタースタイル (ボードカルチャー&ファッション展示会) 』
INTERSTYLE february 2017
会  期:2017年 2月14日(火)~16日(木) 3日間
会  場:パシフィコ横浜
時  間:10:00~19:00(最終日17:00迄)
開催規模:286社(新規68社)・823ブランド・707小間・10,000m2
同時開催:JAPAN SNOW EXPO
主  催:株式会社インタースタイル(http://interstyle.jp/index.html
URL  :http://www.interstyle.jp

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30