TheBurn: Link

釣り博士

2018年6月15日 (金)

釣り博士のマメ知識「シロギス」

博士じゃ。
今週は「シロギス」のウンチクじゃ。

パールピンクの美しい体色と、そのスレンダーな魚体から
「海の女王」と呼ばれているシロギス。

砂底の浅い海域や河口部を棲んでいて、
大きなものは30センチにもなるんじゃ。

遊漁船やボートからの釣りが一般的じゃが、
海水温の上昇に伴って岸よりの浅場にくるので、
堤防や砂浜などの投げ釣りで釣れるんじゃ。

船釣りの場合は天秤仕掛けの2本バリ、
サーフキャストの場合はロケット天秤にキス仕掛けで、
エサはジャリメや青イソメがおすすめじゃ。

仕掛けが底に着いたら、糸を張ってアタリを待つのが一般的だが、
アタリが無い場合は、
軽く誘いつつリールを巻いて広範囲に誘うことも大切じゃ。

小さい割りにアタリは「プルプルッ!」っと明確で、
条件の良いときには50匹以上の数釣りも楽しめるので
初心者にもお勧めじゃ!

上品な白身で、定番の天ぷらはもちろん、
一夜干しや昆布ジメにしても上品な味わいじゃ。

また、大型のシロギスが釣れたら刺身にしてみるのがおすすめじゃ。
甘くてクセのない上品な白身が絶品で、
これが食べられるのは、新鮮なシロギスが手に入る釣り人の特権じゃぞ。

2018年6月 8日 (金)

釣り博士のマメ知識「イサキ」

博士じゃ。
今週は「イサキ」のウンチクじゃ。

イサキは、「梅雨イサキ」とも言われていて、これからが旬の魚じゃ。

数釣りが楽しめて、しかも食べても美味しいので、
コマセ釣りの入門魚として人気があって、
とくに梅雨から初夏の乗っ込み時期は、
数・サイズ共に狙えるベストシーズンなんじゃ。

とくに剣崎沖の松輪瀬(まつわせ)で釣れるイサキは、脂の乗りが良く、
ブランドイサキとして釣り人の人気になっておる。

その剣崎沖の松輪瀬でのイサキ釣りが解禁になるのが
毎年6月1日といういことで、
これから夏にかけてイサキ釣りが楽しめるんじゃ。

イサキは、沿岸部の岩礁帯に生息していて、
群れを作って、根の上の方を回遊している魚じゃ。

釣り方は、コマセ釣り。
船長が指示した棚までビシを下して、
竿をしゃくってコマセを振り出しながら巻き上げ、
後は時々シャクリを入れるだけ。

船長の指示するタナをしっかり守ることと、
潮の速さなどを考慮しながら
コマセの煙幕の中に、仕掛けを漂わせることが
たくさん釣るポイントじゃ。
また、イサキは群れでいるので、
食いがたつ時は、追い食いを狙ってみるのもありじゃ。

ゲストにイシダイ、クロダイ、メジナがかかることもあるので、
そうなったら気が抜けないんじゃ。

イサキは、タイにも負けない美味しい白身で、
刺身、カルパッチョ、なめろう、塩焼き、揚げ物…どんな料理でも美味い魚じゃ。

自分で釣って食べてみるのじゃ!

2018年6月 1日 (金)

釣り博士のマメ知識「イシガキフグ」

博士じゃ。
今週は「イシガキフグ」のウンチクじゃ。

イシガキフグは、
世界の温帯から熱帯水域に分布しているハリセンボンの仲間で、
国内では茨城辺りから南に棲息しておる。

ハリセンボンと同じように
体表にはトゲを持っていて、
怒るとカラダをめいっぱいに膨らませるんじゃが、
イシガキフグのトゲは短くて丸く、
ハリセンボンのように針が立って尖ることはないんじゃ。

ハリセンボンとイシガキフグは良く似ているんじゃが、
見分ける方法は、
このトゲの違いと、
ヒレに黒い斑点があるかどうか。
ヒレに黒い斑点があれば、イシガキフグじゃ。

伊豆諸島では、堤防の際などで
胸びれを使ってのんびり泳いでいるユーモラスな姿を見かけることがある。
サビキ釣りや浮き釣りなどで釣れることもあるんじゃが、
イシガキフグは、普通でも全長50センチ、
大きいものだと80センチにもなるので、
キャッチするにはタモが必須じゃ。

イシガキフグは無毒と言われていて、
鍋物、味噌汁、唐揚げ、煮付けにするとかなり美味しいんじゃ。
ただ、市場にはほとんど流通しないので、
食用にしているのは伊豆諸島や沖縄くらいじゃな。

フグの調理にはフグ調理師免許が必要なので、
もし釣れても自分では調理せず、
リリースするかフグ料理店に相談してみるんじゃ。

2018年5月25日 (金)

釣り博士のマメ知識「マルイカ」

博士じゃ。
今週は「マルイカ」のウンチクじゃ。

釣り人がマルイカと呼ぶイカは、正式にはケンサキイカのことで、
小型のものは丸みを帯びた体型をしているので
通称マルイカと呼ばれているのじゃ。

マルイカ釣りのシーズンは春から夏にかけて。
時に水深200メートルほどの深場を狙うヤリイカやスルメイカと違って
浅場で釣れるのが、マルイカの魅力じゃ。

電動リールがいらず、オモリも道具も軽いので、
1日中竿を持っていても疲れにくく、女性にもおすすめじゃな。

釣り方は、スッテと呼ばれるイカ専用の疑似餌を
複数セットした胴付仕掛けで釣るんじゃ。

マルイカのアタリはとても繊細なソフトタッチなので、
慣れるまでは分かりにくいんじゃ。
あやしいと思ったらすぐに合わせをいれ、
ノッたらテンションを緩めないことが釣果をのばすコツじゃ。

これから産卵期を迎えると、
水深20~40メートルの内湾までやってくる。
浅場だとアタリが分かりやすくなるので、
マルイカ釣りにチャレンジするならこれからの時期がおすすめじゃ。

マルイカの刺身は上品で甘く柔らかく少しネットリしていてとても美味しく、
火を通しても硬くならずに甘みも増すので、
天ぷらや煮付けでも美味しい。

自分で釣って味わってみるのじゃ!

2018年5月18日 (金)

釣り博士のマメ知識「サクラマス」

博士じゃ。
今週は、「サクラマス」のうんちくじゃ。

ここのところ、若洲公園や磯子釣り施設で
サクラマスがポツポツあがっている

実はこのサクラマスは、“渓流の女王”「ヤマメ」と全く同じ種類の魚。

生まれた川で一生を過ごすのがヤマメで、
川から海に出て大きくなって、再び川に戻ってくるものが「サクラマス」なんじゃ。

川にすむヤマメは、30センチを超えれば大型で尺ヤマメなんて呼んだりするが、
海に下るサクラマスは、全長60センチにもなるんじゃ。

ヤマメのシンボルと言えば、小判型の模様パーマークじゃが、
サクラマスは、パーマークが消えて、体色は銀色。

繁殖期になると桜色がかった婚姻色が現れるんじゃが、
これが名前の由来となっているんじゃ。

昔は、東京湾でも珍しい魚ではなかったようじゃが、
水質悪化や河川整備で数が減っていたんじゃな。

それがここ数年で、数は多くないものの、
漁獲されるくらいに増えてきたという話じゃ。

数が少ないので狙って釣るのは難しいが、
毎年4月、5月に東京湾の本牧海釣り施設や大黒海釣り施設、
横須賀海辺釣り公園で釣れることがあるようじゃ。

産卵期になると生まれた川に戻るので、
まれに多摩川などで釣れることもあるそうじゃぞ。

サクラマスは、塩焼きにすると絶品!!
運良く釣れたらぜひ味わってみたいものじゃ。

2018年5月11日 (金)

釣り博士のマメ知識「淡水に棲むカレイ」

博士じゃ。
今週は、「淡水に棲むカレイ」のうんちくじゃ。

ヌマガレイというカレイを知っておるかのぉ?
ヌマガレイは、その名前の通り、
淡水の湖や沼、河川にも生息するカレイじゃ。

日本では、太平洋側は霞ヶ浦より北、
日本海側は福井県より北の、主に汽水域に生息しているんじゃが、
湖や沼、河川といった淡水域にも遡上する珍しいカレイなんじゃ。
日本沿岸域で見られるのは30センチ前後のものが一般的じゃが、
大きいものは90センチにも達するんじゃ。

珍しいのはこれだけじゃなく、
「左ヒラメに右カレイ」と言うが、
このヌマガレイは、体の左側に目があるんじゃ!

ただ、これは日本での話で、
アメリカなどでは、右側に目がある個体が多いので不思議なんじゃ。

釣り方は、マコガレイと同じように、
イソメなどをエサにした投げ釣りじゃ。

味は、他のカレイよりも劣ると言われるが、
刺身、唐揚げ、そしてカレイの定番、煮付けなどでもうまいんじゃ。

ヌマガレイは釣らないと食べられない魚。
自分の手で釣って味わってみるのじゃ!

2018年5月 4日 (金)

釣り博士のマメ知識「壱岐島」

博士じゃ。
今週は、赤ワインも遊びに行っていたという
「壱岐島」のうんちくじゃ。

壱岐島は、九州の北、玄界灘にあって、
九州と対馬の中間に位置する島。
大きさは、南北に17キロ、東西に14キロ。
古くから大陸と九州を結ぶ海上交通の中継点として栄えた島じゃ。

福岡市の博多港から高速船なら1時間。
往復で8000円ほどで行けるのが魅力じゃな。

ここでは離島ならではの魚影の濃さと、ダイナミックな釣りが楽しめる。
地元の人が「ヒラス」と呼ぶヒラマサ、
「アラカブ」と呼ぶカサゴ、
「ミズイカ」と呼ぶアオリイカなど、
いろいろなターゲットが狙えるんじゃが、
なかでも、Youtubeで人気の釣り番組「釣りよかでしょう」の影響で
一躍有名になったのが、アジングじゃ。

陸っぱりでのアジングで、
40センチ以上ものマアジ、通称「ギガアジ」が釣れるとあって
人気となっているんじゃ。

ときには50センチにもなるというギガアジ、
いつかは壱岐島で釣ってみたいものじゃのう。

2018年4月27日 (金)

釣り博士のマメ知識「シリヤケイカ」

博士じゃ。
今週は、「シリヤケイカ」のウンチクじゃ。

シリヤケイカは、コウイカの仲間で、
体表に白点をちりばめたような模様があるので、
関東ではゴマイカとも呼ばれることもある。

また、コウイカに交じって釣れるため、
混同されることも少なくないが、
コウイカに比べて全体に黒っぽく、
コウイカやカミナリイカにみられる甲の先端部の針状の突起がないのが特徴じゃ。

甲の裏側から赤茶色の液を出し、
胴の先端に焼けたような色がつくことから
「シリヤケ」と呼ばれるようじゃ。

4月から5月にかけて、産卵のために浅場にやってくるため、
梅雨前くらいまで、横浜の海づり施設や川崎の東扇島から釣れるんじゃ。

陸っぱりでの釣り方は、エギングか、スッテ仕掛けのドウヅキ釣り。
エギの場合はキャストして、着底させてからゆっくりとリールを巻く。
基本的には「ただ巻き」でOKじゃが、シャクリが有効な場合もある。
ただ、この場合もアオリイカのエギングのような激しいシャクリは不要で、
海底付近を重点的にねらってみるのじゃ。

シリヤケイカは、スーパーで見かけることは滅多に無いが、
刺身や天ぷら、一夜干しにして焼くと美味しいじゃ。

群れにあたれば10杯以上釣ることも夢ではない。
防波堤などに新しい墨跡があるところで狙ってみるのじゃ!

2018年4月20日 (金)

釣り博士のマメ知識「トラフグ」

博士じゃ。
今週は、「トラフグ」のウンチクじゃ。

東京湾でフグ釣りというと、
ショウサイフグやアカメフグがメインターゲットじゃが、
近年、東京湾でトラフグが増えてきていて、
時期によってはトラフグ専門で狙う遊漁船も出ているんじゃ。

釣り方は、ショウサイフグと同じように、
「カットウ釣り」と言われるヒッカケ釣りがメインじゃ。

トラフグは、刺身やちり鍋、ひれ酒などが非常に美味。
とくに白子は絶品じゃが、
強力な毒をもっておるので、自分で捌いて食べるのは厳禁じゃ。

ただ、フグ専門の遊漁船の場合は、
船長などがフグ調理師免許を持っていて
釣った魚を捌いてくれるので安心じゃ。

現在、東京湾をトラフグの漁場にしようと
さまざまな研究が行われていて、
稚魚の放流も盛んにおこなわれておる。

放流された稚魚にはプラスチック製のタグが付けられていて、
タグのついた放流もののトラフグが釣れることもあるんじゃ。

タグ付きのトラフグが釣れた場合は、
釣れた場所、日付、体長を神奈川県水産技術センターに報告するのじゃ。

さらにトラフグの研究が進んで、
東京湾にトラフグが増えるかもしれないぞ。

2018年4月13日 (金)

釣り博士のマメ知識「アオリイカ」

博士じゃ。
今週は、「サヨリ」のウンチクじゃ。

サヨリは、漢字で「針の魚」とか「細い魚」とか書くように、
サンマのように細長い魚で、下顎が尖って突き出しているんじゃ。

大きなものは40センチ前後まで成長し、
20センチ前後の小さなものを「エンピツ」、
大きなものを「カンヌキ」などと呼ぶこともあるんじゃ。

旬は3月から5月頃で、
「春告げ魚」と呼ばれている魚のうちの1つじゃ。

海面を群れで泳ぎ、
動物プランクトンや小さなエビ、浮遊する海藻などを食べてるんじゃ。

サヨリは、腹の中が黒いので、
「見かけによらず腹黒い人」の代名詞とされることもある。
これは筋肉が半透明の魚によく見られる現象で、
腹の中にまで光が透過するのを防いでいるんじゃ。

釣り方は、大きく分けて2種類。
堤防で足元を狙うなら、
撒き餌をしながらのウキ釣りやフカセ釣り、
遠いポイントを狙うなら「飛ばし仕掛け」と呼ばれるカゴ釣りが一般的。
エサはオキアミなどじゃ。

防波堤の角など、潮通しの良い場所が有利で、
臆病な魚なので、群れを散らさないよう、静かに釣ることが肝心じゃぞ。

ここのところ川崎の東扇島西公園でも釣れているんじゃが、
回遊魚なので、昨日まで爆釣してたのに、今日はもぬけの殻、
なんてことも多い。
最新情報をチェックすることが肝心じゃ。

白身の高級魚で、刺身や天ぷら、塩焼き、干物などにすると美味しいのじゃ!

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30