TheBurn: Link

爆釣モーニング

2017年9月19日 (火)

旬のお魚クイズ「カワハギ」①

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月の旬のお魚は「カワハギ」です。

161226_ide_kawahagi1

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:小澤淳さん。



<問題>

船からカワハギを釣る時、最も一般的なエサは次のうちどれでしょうか?

① アサリ
② ハマグリ
③ サザエ



<正解>
① アサリ

カワハギを船から釣るようになったのは、
神奈川県の三浦半島が発祥の地で、東京湾に面していることから、
当時安価だったアサリが使われるようになったと言われています。
イソメやゴカイでも釣れますし、
関西や九州ではエビの剥き身を使用する地域も一部ありますが、
やはりカワハギ釣りのエサとして釣り人に最も一般的なのがアサリの剥き身です。
釣り人の中には、自分でアサリを掘りに行くほどエサ選びにこだわる人もいるんです。
ちなみに③のサザエは、石鯛釣りのエサとして有名です。


【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎笛木さんの日

フィッシング相模屋では、10月7日(土)に
相模屋&DUELのエギング大好きイベント『笛木さんの日!』を開催します。
(シマノインストラクター:笛木展雄さん)
当日は、お買上げ特典や笛木さんによるセミナーなど、イベント盛り沢山!
エギングが大好きな方、是非ご来店下さい。
イベントは、午後1時~夜8時までです。


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年9月12日 (火)

9月の旬の釣り:「秋のエギング」

辰巳Dです。

「Sagamiya presents 爆釣モーニング」


釣り好きの皆のバイブスをあげるべく、
毎月旬のお魚の釣り方を紹介していきます。

先週は、今が旬の釣り「秋のエギング」を紹介しました。

今回教えてくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:矢敷知子さんです。

Photo_3

<今月の旬の釣り:秋のエギング>

大型のアオリイカを狙うなら春、数釣りをするなら秋。
秋はエギングを始めるにはオススメの季節です。
秋に釣れるイカはアオリイカの子供で、サイズは胴長で15cmくらい。
200g~300gがアベレージになります。
アオリイカの子供は好奇心旺盛で、比較的簡単に釣ることができるので
初心者にオススメな季節なんです。


<矢敷さんの思う鮎の友釣りの魅力>

「魅力はなんといっても引き!魚とは全く違う引き感がハマってしまう理由ですね。
 初心者の方でもデカイカが釣れてしまうのでこれもハマる理由かもしれません。
 あとはやはり、食べて美味しい!アオリイカは“イカの王様”と言われています。
 生でも火を通しても美味しいですが、私のオススメは、
 釣れたイカをそのまま冷蔵庫に入れ一晩寝かせます。
 すると、お刺身で食べた時ねっとりと柔らかく甘くて美味しくなります。
 お店ではなかなかお目にかかれないので釣り人の特権ですね。」


<矢敷さんの秋イカ釣果>

最高は1日で、6~7杯。2桁釣る方もいますよ。

_2

<必要な道具(タックル)>

 
ロッド:専用のエギングロッドを使います。
    長さは8.3や8.6フィートくらい。
    硬さはM(ミディアム)かML(ミディアムライト)がオススメ。

リール:2500番台で、PEライン0.8号が150mくらい巻いてあればOK。
    リーダーは2号くらい。
エギ :エギの大きさは、3号メインで3.5号もあるといいです。
    エギは色々なメーカーから種類豊富に出ています。
    直観で気に入ったものや、扱いやすい物を見つけてみて下さい。

▶その他スタッフ矢敷さんのオススメ

あると便利:エギを入れるケース、
      アオリイカをキャッチするためのギャフやタモ、
      イカを持ち帰る用の袋とクーラーボックス、
      スミを洗い流したいときにバケツがあると便利、
      日中の釣行では偏光グラスが必須

※秋イカ(小さい)だからといってギャフを持って行かなかったら、
 キロ弱が釣れてしまいランディングで焦ってしまうことが多々あります。


<おすすめの釣り場>


秋は西伊豆エリアがオススメ。沼津から土肥までをランガンします。
東伊豆だと早川港から川奈港。網代は一年中釣りが禁止となっています。
伊東から川奈港は、9月30日まで釣り禁止エリアがあり、
西伊豆も禁止エリアがあるので確認してから釣行するようにしてください。

秋はとにかくランガン!
10投して釣れなければ次のポイントへ移動してどんどん拾い釣りをしましょう!

※釣り場では必ずゴミは持ち帰って下さい。
 禁止エリアに入らないこと、スミは洗い流すなど、マナーをしっかり守って下さい。



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎DAIWA主催『TRY!PRESSO』


9月16日(土)に、ダイワ主催『トライ!プレッソ』を
フィッシングフィールド中津川で開催します。
ダイワのプレッソの新製品が試釣できるイベントです。
当日は、ダイワスタッフをはじめ、当店スタッフもいますので
新製品について疑問・質問に答えます。
また、新製品は当日予約で特典があります!ぜひご来場下さい!

2017年8月29日 (火)

旬のお魚クイズ「タチウオ」③

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月の旬のお魚は「タチウオ」です。
 

Photo_3

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さん。

Photo_3

<問題>
全長1メートルを超したタチウオ、または体高が指5本以上あるタチウオは
ある特徴的な呼び名で呼ばれます。
それは次の3つのうちどれでしょうか?

① ドラゴン
② アナコンダ
③ モンスター



<正解>
① ドラゴン

タチウオは共食いする魚です。
体高が指5本あっても巻き上げている途中で、
ひょろっと長い尾っぽを他のタチウオにかじられてしまうことがあるんです。
1メートル以上のタチウオを綺麗な状態で釣り上げられたら大興奮ですよ。
ちなみに、60cm以上のマゴチを“モンスター”と呼びます。
ドラゴン、モンスター、どちらも釣ってみたいですね!


【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎第4回相模屋カワハギ王決定戦

Img_0719370x278

フィッシング相模屋では、10月22日(日)に開催する
『第4回相模屋カワハギ王決定戦』の参加者を募集中です。
募集人数は70名。カワハギ釣り大好きな方たちの参加お待ちしてます!

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/18149/


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年8月22日 (火)

旬のお魚クイズ「タチウオ」②

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月の旬のお魚は「タチウオ」です。
 

Photo_3

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さん。

Photo_2


<問題>
エサで手軽に釣れることで人気のタチウオですが、
代表とされるエサは次の3つのうちどれでしょうか?

① オキアミ
② イソメ
③ サバの切り身



<正解>
③ サバの切り身

タチウオは魚食性の強い魚で、イワシやサンマなども釣りエサとしてよく使われます。
ちなみに、エサがなくなってしまった時に釣ったタチウオを切り身にして使うことが
あります。これも良く釣れるエサのひとつなんです。



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎相模屋&CLUE&ダイワの初めてでも安心 タチウオジギング実釣会

フィッシング相模屋では、 9月20日(水)に
『相模屋&CLUE&ダイワの初めてでも安心 タチウオジギング実釣会』を開催します。
レンタルタックルがありますので、
タックルをお持ちでない方でもジギングを体験していただけます!
開催場所は、金沢八景・太田屋
釣ってよし、食べてよしのタチウオ、是非ご参加下さい。
イベントの詳細は、フィッシング相模屋までお問い合わせください。



◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年8月15日 (火)

旬のお魚クイズ「タチウオ」①

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月の旬のお魚は「タチウオ」です。
 

Photo_3

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さん。

Photo_5

<問題>
タチウオという名前の由来として、
正しくないものは次の3つのうちどれでしょうか?  

① 海中で立って泳ぐから  
② 獰猛な気性で外敵にも立ち向かうから  
③ 日本刀の太刀のような見た目から



<正解>
② 「獰猛な気性で外敵にも立ち向かうから」が間違い

諸説ありますが、①と③が最も有力だとされています。
「立ち」と刀の「太刀」が偶然重なるあたり、
日本ならではのネーミングといえますね。



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎第26回相模屋謝恩親睦友釣り大会


フィッシング相模屋では、9月3日(日)
「第26回相模屋謝恩親睦友釣り大会」を開催します。
場所は、相模川 高田橋~石切りまでのエリア。
オトリを含む8匹の鮎の総重量で勝敗を決めます!
誰にでも勝てるチャンスのある大会です!!是非ご参加下さい。
大会参加条件などはフィッシング相模屋ホームページをご覧下さい。


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年8月 8日 (火)

8月の旬の釣り:「鮎の友釣り」

辰巳Dです。

「Sagamiya presents 爆釣モーニング」


釣り好きの皆のバイブスをあげるべく、
第1土曜日は、旬のお魚の釣り方を紹介していきます。

先週は、今が旬の釣り「鮎の友釣り」を紹介しました。

今回教えてくれたのは、
フィッシング相模屋の店長:平賀精一さんです。

Okitsuayu

<今月の旬の釣り:鮎の友釣り>

鮎釣りは禁漁期間があります(鮎釣りを始めて良い日を解禁日、終わりになる日を禁漁日)。
各地の河川で解禁日と禁漁日は異なります。
(→1番早い所は、和歌山県の有田川が5月1日に早期解禁となります》
その後各地の河川で設けられた解禁日から禁漁日までの間、鮎釣りが楽しめます。

鮎釣りは決められた期間の釣りになりますので解禁から皆さん楽しまれますが、
醍醐味は梅雨明けからではないかと思います。
しっかりと成長した多くの鮎が縄張りを持ち、侵入してきた鮎を追い払う行為で釣れる
友釣りならではの釣り方が存分に楽しめるシーズンになります。


<平賀さんの思う鮎の友釣りの魅力>

「鮎の友釣りを始めたのは、この仕事を始めて、
 “鮎釣りに本気の相模屋”で働く以上鮎釣りをやらなくては!と思ったがきっかけです。
 正直入社した頃はルアー釣りが好きで、今から思えば大変失礼ですが、
 「鮎釣りなんて引っかける釣りでしょ?」といった印象でした。
 でも実際にやってみると、思っていたのとは違いましたし、
 その時は楽しかったですがハマるとまではいきませんでした。

 何度か釣行した時に、あの鮎のアタリを経験してしまったのです。
 鮎が掛かった瞬間、竿を持つ手に強烈に感じるあの感触!
 目印が目の前から一気に消える瞬間、そして強烈に曲がる竿、それを味わってからです。
 その感覚が釣りをしていなくても欲しくなって、
 それを思い出して鮎釣りをしたくなるようになってしまいましたね。

 僕の思う鮎の友釣りの魅力は、なんといってもあのアタリと引き!
 そして循環により釣果が繋がっていくあの独特の感覚が自分にとっての鮎釣りの魅力です。」


<必要な道具(タックル)>


170724_ayu1
・友釣り専用の鮎竿を使います。
 基本の長さは9mですが、ビギナーの方には8m位の長さがオススメ。
 長い竿を使ったことがない方でも、竿が軽いので長さに慣れるのにも丁度いいですよ。
 本格的にやり始めた時にも、風が強い時や支流などの狭い場所にも対応できるので重宝します。

・友釣り用の仕掛けは、ハリや糸が既に付いている完成仕掛けがあるので、初心者にオススメ。

・針は友釣り用の錨針を使います。
 解禁当初の小さな鮎を釣る場合は、4本錨の6.5号か7号が良いと思います。

・その他には鮎をキャッチする為の網やオトリ鮎を入れる友舟、仕掛けを収納する為の鮎ベスト、
 水の中に入る為のウェーダーと呼ばれる腰や胸まである長靴などの道具が必要です。

Img_0214_2

<釣り方>

友釣りは生きた鮎を囮にして釣る伝統的な釣り方です。この囮はオトリ鮎と言います。
そのオトリ鮎を、縄張りを持った野鮎がいそうな場所に泳がせていきます。
鮎は成長すると石についた苔を食べるようになります。
鮎が食べたあとは『ハミ跡』と言って独特の跡が残ります。
ハミ跡が付いている場所はエサ場として鮎が縄張りを作ります。
その縄張りに入ってくる他の鮎を追い払うために、
急所をめがけて突進してくる習性を利用して釣るのが友釣りです。
追い払う為に突進してきた鮎が針に掛かるので、
アタリは大きく、この瞬間の当たり方が友釣りの堪らない魅力なんです。

170724_ayu12



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎第4回相模屋カワハギ王決定戦


10月22日(日)に、『第4回相模屋カワハギ王決定戦』を開催します。
誰が一番カワハギを釣るのか?!カワハギの引数を競う大会です。
開催場所は佐島、船宿は志平丸と海楽園で、
募集人数は70名。昨年より一隻増やしました。
参加費は、10,000円(船代・保険代含む)。
8月26日(土)より募集を開始します。
大会の詳しい内容は、フィッシング相模屋へお問い合わせください。

2017年8月 1日 (火)

爆釣モーニング実釣取材「鮎友釣り」Vol.2

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、旬な魚を釣りに行く「実釣取材」の模様をお届けしました。

今回のターゲットは、今シーズン2度目となる、

170724_ayu14

6月後半に訪れた際には、
前半に1匹かけてそのまま終わってしまいました。
(その模様はコチラ

今回はそのリベンジとさらなるステップアップ、
願わくば入れ掛かりを目指します。

170724_ayu15
今回も相模川の一本瀬に行きました。
天気は晴れ、川も濁りなし。

気温はぐんぐん上昇し、水温も上がってきそう。

170724_ayu2
今回もフィッシング相模屋の店長:平賀さんをはじめ、
鮎釣り大会の常連さんプロの鮎師の方々の指導をうけながら、
前回できなかった「循環」の釣りを目指します。

170724_ayu3

その日にとれた天然の元気なオトリ鮎もGETして、準備万端。

さぁ果たして今回こそ、入れ掛かりとなったんでしょうか?

 

続きを読む "爆釣モーニング実釣取材「鮎友釣り」Vol.2" »

2017年7月25日 (火)

旬のお魚クイズ「シイラ」②

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月の旬のお魚は「シイラ」です。

170710_shiira_ide 

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さん。

Img_6126

※写真はルアーメーカー・サプライズの椙尾さんとメーター超えのシイラ



<問題>
シイラには性別があり、ある身体的な特徴で簡単に見分けることができます。
では、体のどの部分で見分けるでしょうか?

① 頭付近に角(ツノ)が有るか無いか
② 体表に生殖器が有るか無いか
③ オデコの大きさ



<正解>
③ オデコの大きさ

シイラのオスは大きく角張ったオデコをしていますが、
メスはオデコが張っておらずタマゴのような形状をしています。



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎夏カワハギのススメ&カワハギ竿試釣会


フィッシング相模屋では、8月20日(日)に
“夏カワハギのススメ&カワハギ竿試釣会”を開催します。
夏のカワハギは、釣れる水深が浅く、初心者の方にもオススメ!
また、この時期は引きもパワフル!
秋からのカワハギ釣りしか経験したことがない方にもオススメです!
カワハギ釣りが初めてという方にも相模屋スタッフが丁寧に教えます。
レンタルタックルもありますので安心してご参加下さい。

また、2017NEWモデルのカワハギ竿も試釣できるチャンスですので、
この機会に是非ご使用下さい。


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年7月18日 (火)

旬のお魚クイズ「シイラ」①

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月の旬のお魚は「シイラ」です。

170710_shiira_ide 

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さん。

Img_6124
※写真はルアーメーカー・サプライズの椙尾さんとメーター超えのシイラ



<問題>

シイラを漢字で書くと、 どのように書くでしょうか?

①番 魚偏に 夏
②番 魚偏に 暑
③番 魚偏に 緑



<正解>
② 魚偏に 暑(鱪)

シイラは世界中の暖かい海に分布する大型の肉食魚で、
気温が暑くなる季節に目にするため、魚偏に暑いという和名漢字となっています。
夏が近づくと水温が上昇し、
相模湾や駿河湾の比較的岸に近い場所で釣ることができます。



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎2017年相模屋鮎実釣講習会

170708_sagamiya4
7月23日(日)にダイワのフィールドテスター有岡只祐名人による
「鮎釣りレベルアップ教室」を相模川で開催します。
募集人数は20名。参加費は、保険代とオトリ代込みで3,000円です。
鮎釣りをもっと上手になりたい!という熱意のある方、是非ご参加下さい。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/16748/


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年7月11日 (火)

7月の旬の釣り:「ルアーキハダ」

辰巳Dです。

「Sagamiya presents 爆釣モーニング」


先週は、今が旬の釣り「ルアーキハダ」を紹介しました。

今回教えてくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さんです。

170708_sagamiya5

<今月の旬の釣り:キハダ>

ここ数年、相模湾・夏の風物詩といえば、キハダ!
昨年はエサでのキハダ釣りについてご紹介させていただきましたが、
今回はルアーでのキハダ釣りをご紹介します。

それまでは東北や沖縄などでしか釣れなかったマグロですが、
黒潮の影響で、相模湾でキハダマグロが釣れるようになっています。
シーズンは6月~10月くらいで、水温の上昇とともに沖から入ってきます。


170708_sagamiya1
※写真は相模屋のお客様:中村さんが釣った39kgのキハダ。
 このメモリアルフィッシュで爆朝ステッカー(アワビカラー)GET。



<石井さんの思うルアーキハダの魅力>

「何と言っても、ルアーで大型魚を狙えるのが魅力!
 相模湾だとキハダの平均サイズは20kg~30kg。
 ファイトが強烈で一度味わったらやめられなくなります。
 私も相模湾に挑戦して7~8年経ちますが、
 まだキメジサイズしか釣ったことがないんです…。
 過去に何度もキハダクラスをヒットさせてはいるのですが、
 ラインブレイクやフックを伸ばされたりとトラブルが重なり
 まだ釣り上げたことがないんですよ。
 今年釣れたらメモリアルフィッシュですね。

 それでも毎年行く理由は…、挑戦しないことには釣れないからです!
 海の上で巨大なマグロが跳ねている光景は今までにない興奮が味わえます。
 自分が釣れていなくても釣っている人のファイトを見ても楽しいですよ!

 カツオやシイラ釣りをされているルアーマンの方には是非チャレンジしてほしいですね。」

170708_sagamiya2

<必要な道具(タックル)>


ロッド・・・ マグロまたはヒラマサ用のルアーキャスティングモデル
       長さは7フィート半から8フィートほどで、
       40g~100gのルアーが投げられるもの
リール・・・ 大型のスピニングリールで、PEライン4号~6号を300m巻けるもの
ルアー・・・ その時のパターンによって使い分けるので数種類用意しておくと◎
       (大まかに、表層系と沈下系に分けて使います)

 ▶表層系
  150mm~200mmのポッパーやペンシルベイト。マグロ釣りのパイロットルアー。
  当日のエサやヒット傾向で絞っていきます。
  150mm~160mm前後のプラグでよく釣れていますが、
  飛距離重視で200mmクラスを使うのも◎

 ▶沈下系
  110mm~140mmのシンキングペンシルやジグミノー。
  表層に出ない日、ナブラ下層にいる大型狙いで使用します。
  フォールで使ったり、ゆっくり巻いて誘います。

フック・・・太軸の#1/0~#3/0
      ※パッケージに記載されているルアーサイズに合わせてフックを選んで下さい。
      ※相模湾のルアー船はバーブレスフックがルールとなっています。
       事故やトラブル防止のため必ずバーブレスにして下さい。
       (毎年事故が起きています)

リーダー・・・ メインラインに合わせます。
        結束は摩擦系ノット(PRノット、FGノット)で。
        PE4号 → リーダー80lb(ポンド)
        PE5号 → リーダー100lb
        PE6号 → リーダー130lb  といった具合。

◆あると便利・オススメアイテム◆

・ギンバル(ファイティングベルト) 
 →大物の強烈な引きに耐えるための必需品、竿尻をお腹にあてる際に装着。
・摩擦系のノッター 
 →PEラインと太いリーダーを結束させる道具。
・替えスプール 

※重要※
ターゲットは近海最大級の魚です。

不意なトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、
偏光グラス・帽子・グローブは安全対策のために必ず着用して下さい。


<釣り方>


エサ釣り同様にマグロを発見しないとスタートしない釣りなので、
クルージングしながら鳥山や跳ねるマグロを探します。
マグロを発見したら、その群れまで船で近付き船長の合図でルアーをキャストします。
海面に浮くルアーを動かして誘い出すのがオーソドックスですが、
表層までマグロが出きらない時は、
沈むルアーに替えたりしてヒットパターンを探っていきます。
ヒットルアーはその日だけでなく、しばらく利き続けることが多いので、
釣果情報や釣れている人のルアーをマネするといいですよ。

170708_sagamiya3

<オススメの釣り場>

神奈川県内であればシーズン中は多くの船宿がルアーマグロ船を出しているので、
お住まいの近隣で選んでもらえればOK。
この辺だと、平塚~東伊豆あたりの船宿を利用される方が多いですね。




【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎2017年相模屋鮎実釣講習会


170708_sagamiya4

7月23日(日)にダイワのフィールドテスター有岡只祐名人による
「鮎釣りレベルアップ教室」を相模川で開催します。
募集人数は20名。参加費は、保険代とオトリ代込みで3,000円です。
鮎釣りをもっと上手になりたい!という熱意のある方、是非ご参加下さい。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/16748/

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30