TheBurn: Link

爆釣モーニング

2018年2月20日 (火)

旬のお魚クイズ「アオリイカ②」

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月のお題は「アオリイカ」

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:樋口卓矢さんです。


Photo

<問題>

アオリイカのオスとメスの見分け方で正しいのは次のうちどれでしょうか。

① 足に模様があるかないかで見分ける
② 胴体の模様で見分ける
③ 目の大きさで見分ける


続きを読む "旬のお魚クイズ「アオリイカ②」" »

2018年2月13日 (火)

旬のお魚クイズ「アオリイカ」

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月のお題は「アオリイカ」

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:樋口卓矢さんです。


Photo

<問題>

アオリイカは外見がある植物の葉の形に似ていることから、
別名「何イカ」とよばれているでしょうか。


① オオバイカ  ② イチョウイカ  ③ バショウイカ


続きを読む "旬のお魚クイズ「アオリイカ」" »

2018年2月 6日 (火)

2月の旬の釣り:「深場マルイカ」

辰巳Dです。

「Sagamiya presents 爆釣モーニング」


釣り好きの皆のバイブスをあげるべく、
毎月旬のお魚の釣り方を紹介していきます。

先週は、今が旬の釣り「深場マルイカ」を紹介しました。

今回教えてくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:小澤淳さんです。

2018
 
<今月の旬の釣り:深場マルイカ>

マルイカは、早い時期だと1月中旬から2月にかけて釣れ始め、
7月くらいまで楽しめます。
1月~2・3月までの寒い時期は水深80~100m前後の深場で、
水温の上昇にともなってイカが浅場に移動していき、
6月くらいのハイシーズンは水深10m前後の浅場を狙うこともあります。
平均すると、水深30~50mの範囲が最も多いです。


<1/25のマルイカ釣行について>

船宿: 松輪港・成銀丸

三浦半島の先端、剣崎から出船し、
ポイントは三浦半島西部にある亀城根と呼ばれる場所。
亀城根は浅い所で10数mから100m以上の深場まであるのですが、
当日狙った水深は90~100m前後の深場が中心でした。
釣果は残念ながらマルイカ1杯、ヤリイカ1杯の2杯。
一番釣った方でも4杯でした。

ただ、魚群探知機にイカの反応がたくさん映るので
イカの食い気にスイッチが入れば面白い釣りができると思います。

釣り方は、水深が深いので少し重めの50~60号のオモリを使い、
スッテも通常より2・3本増やした方が
より広いタナを探れるので良いと思います。(通常は5本)

2018_2

<小澤さんの思うマルイカ釣りの魅力>

イカ釣りは、釣り場(ポイント)に着いて一投目で釣れる可能性が高く、
そのため他の人より早く仕掛けを落とすように工夫します。
ポイントを移動した後の一投目は常に緊張。そのドキドキ感がたまらないんです。
そして仕掛けが着底した途端、竿先にフワフワとアタリが出て、
それをアワせて『ズシッ!』とイカが乗った時が、“シメシメ感”があってたまりません。
思わず顔がニヤケます(笑)

20182

<2018年はマルイカの当たり年??>

釣れない年は魚群探知機にマルイカの反応さえ映りません。
今年は反応がたくさん出るのでマルイカがいるのは確実です!
実は、1/31にもマルイカ釣りに行き、25杯釣ることができました。
今年もきっとマルイカの当たり年になると思います!

20182_2



【フィッシング相模屋からお知らせ】


◎2月24日(土)〜25日(日)『鮎竿早期展示受注会&鮎用品受注会』

73e4df82517d14025ebbb6b31ce95e34

相模屋では、この受注会でご予約いただくのが
鮎用品を1番お得にご購入いただける時なんです!
さらに、両日ともに名人さんがご来店し、
ご購入や釣りについてのアドバイスを受けることもできます。
24日(土)は、小沢聡名人、島啓悟名人、有岡只祐名人がご来店、
25日(日)は、有岡只祐名人が皆様の鮎竿選びや鮎用品選びをサポートします。
『鮎釣りをはじめたい!』という方にもおすすめですので、
ぜひ受注会にお越し下さい。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/20171/


※2月13日(火)は店内清掃のため休業とさせていただきます。
 ご不便をお掛けしますがご理解の程よろしくお願い致します。



◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2018年1月31日 (水)

旬のお魚クイズ「メバリング」

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月のお題は「メバリング」

26cm

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:木村祐介さんです。


Photo_9


<問題>

メバリングのターゲットであるメバルは、成長速度がゆっくりで、
他の魚と比べて大きくなるまでに多くの時間を必要とします。    
では、メバルアングラーの憧れである尺メバル(約30センチ)に成長するまでに、
どのくらいの時間が掛かるでしょうか。


① 約1年  ② 約5年  ③ 約10年



続きを読む "旬のお魚クイズ「メバリング」" »

2018年1月24日 (水)

爆釣モーニング取材「ジャパンフィッシングショー2018」

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、みなとみらい・パシフィコ横浜で開催された
「ジャパンフィッシングショー2018」の模様をお届けしました。

180119_jfs_hera5

相模屋の看板娘:千鮎さんがトークショーに登場するということで
初日の1月19日金曜日の午後、パシフィコ横浜へ。

今年は『HAPPY!FRYDAY』と題し、
金曜日にもイベントやライブが盛りだくさんでした。

180119_jfs_hera2

向かったのは会場中央にあるヘラ鮒ブース。

今回のフィッシングショーではかなり広めのスペースを使って
様々なヘラ鮒関連のギアが展示されていました。

180119_jfs_hera4

大きな水槽にはナイスサイズなヘラ鮒がいっぱい。
こんなキレイなやつ釣りたいっす!

180119_jfs_hera6

昼2時半からへら鮒エリアPRスペースでトークショーがスタート。

テーマは「女性目線からのヘラ鮒釣り」

月刊雑誌『へら鮒』で連載中の相模屋スタッフ千鮎さんが
アングラーズアイドルの冨士木那奈さん&橘みづほさんと一緒に
女性目線のへら鮒釣りについて語りました。

180119_jfs_hera1
(那奈さんトークショー後ランチに行ってしまい不在w)

その後、僕らは千鮎さんの紹介で
ウキ師の石井忠相さんにインタビューさせていただくことに。

180119_jfs_hera8_2

こちら石井さんが手がけているウキなんですが、
孔雀の羽根で作られた超一級品。

ワカサギ釣りの穂先と同じように、
良いウキを使わないとわからないアタリがあるので、
釣果には大きな差がでるんだそうです。

ヘラ鮒を始めたい方は、いい竿よりも
まずはいいウキをGETしましょう。

180119_jfs_hera7

「ウキは宇宙だ!」by井手

ちなみに、今度石井さんのウキ使ってみたいな〜と話していたら、
実は去年バクモンの取材で厚木へら鮒センターに行った時
シマノ・マルキューインストラクターの杉山達也名人に、
お借りして使っていました!

161023_bakucho11

どーりでバンバン釣れたわけだ(笑)

2018年1月16日 (火)

1月の旬の釣り:「メバリング」

辰巳Dです。

「Sagamiya presents 爆釣モーニング」

釣り好きの皆のバイブスをあげるべく、
毎月旬のお魚の釣り方を紹介していきます。

先週は、今が旬の釣り「メバリング」を紹介しました。
教えてくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:木村祐介さんです。

Photo_13

<今月の旬の釣り:メバリング(ショア)>

釣って楽しい!食べて美味しい!気軽にできる!
これがメバリング(メバルをルアーで狙う釣り)の魅力です。
メバルは1年中釣れる魚ですが、「春告魚」とも呼ばれているように、
旬は海水温の下がる秋の終わり頃から春まで。 2月以降がベストシーズンです。
ショアから釣れる平均サイズは15~20センチ。 大きいものは30センチを超えます。
30センチのメバルは「尺メバル」と言われ、 アングラーにとって憧れのサイズです。
ちなみに、メバリングのタックルはメバル以外にも
カサゴやソイ、アジ、ハゼ釣りなど、幅広く流用可能。    
どれも食べて美味しい魚なので、食優先のアングラーにはたまりません。


<木村さんがメバリングを始めたきっかけ>

今は新鮮な鮮魚を扱う大型店がありますが当時はなかったので、
「売ってないなら釣る!」と意気込んで釣り雑誌を見ていました。
たまたまそこで見たのがメバリング。
「メバルは美味しそうだし、釣りも気軽にできて楽しそうだし、始めてみよう!」
という偶然の出会いからこの釣りを始めました。

Photo_14

<木村さんのメバリング珍エピソード>

初めてメバルが釣れたときのこと。
たまたま座ってキャストしていたら、
前触れもなく突然「ゴン!」と手元に強い衝撃が!
その突然の衝撃にビックリして、
反射的に座った体勢からすごい勢いで立ち上がってしまい…
その動作がきっかけでぎっくり腰になってしまいました。
その日、痛みで釣りにならないのはもちろん、
半年間以上、接骨院に通うことになりました。
釣れたメバルは10cmちょっとの小型でしたが、
あの「ゴン!」と手元にきた強いあたりと、
それと同時に腰に走った「ピキ!」という激痛は、
今となってはいい思い出です(笑)。


<木村さんの最高釣果>

昨年4月に、伊豆のゴロタ浜で釣った28cmが最大サイズです。
今年こそは尺メバルを釣りたいです!

26cm_2

<必要な道具(タックル)>

ロッド・・・ 6から7フィートのメバリング専用ロッド。
       またはトラウトロッドでも可能です。
       トラウトロッドで行う場合、足場の高い場所で大型が掛かると、
       竿が柔らかく引き抜けないことがあります。
       そのため、足場の低い場所でやる、タモを持参するなど
       事前の準備があるといいでしょう。

リール・・・ 小型のスピニングリール。大きさでいえば1000番から2000番になります。

ルアー・・・ メバリングで使うルアーは主に2種類あります。
       1種類目が、「ジグヘッド」と「ワーム」を使うもの。
       もう1種類が「プラグ」を使う釣りです。
       ジグヘッドとワームの組み合わせなら、
       ジグヘッドは1~2g、ワームは1.5~2インチ。
       プラグは3~5cmのミノータイプ、ペンシルタイプがいいでしょう。
       (どちらのルアーもメバリング専用のものが発売されています)

その他・・・ 夜間がメインの釣りなので、ヘッドライトは必需品です。
       夜は冷えるので、ホッカイロを使用するなど、
       防寒対策を万全にするとより快適に釣りができます。


<釣り方>

ルアーをキャストし着水してからゆっくりと巻いていきます。
まずは水面直下を狙い、反応がなければ
徐々にルアーを通すタナを下げて様子をみましょう。
タナの下げ方は、着水して数秒数えてから巻きます。
秒数が多いほどルアーは沈んでいきますので、
1秒から2秒、2秒から3秒と沈める秒数を変えてタナを探って下さい。
また、ワームの色によってメバルの反応も変わってきますので、
カラーローテーションをしながら探ってみて下さい。

(場所)
小田原、湘南方面、三浦半島の各堤防はもちろん、横浜、川崎など、
市街地からアクセスのいい場所でも釣りをすることができます。

(ポイント)
潮通しがよく、常夜灯のある場所がオススメ!
常夜灯で水面に明かりが差しているところで、
消波ブロックや岩場・海藻などメバルが身を隠せる障害物の近くが狙うポイント。
常夜灯近くなら、狙うポイントを絞りやすいですし、
手元や足元も見えるので 安全かつ快適に釣りができるので初心者の方には特にオススメ。

(時間帯)
メバルは夜行性の魚ですので日没後の暗い時間帯を狙いましょう。
潮が動いていない時や干潮前後は釣れにくいので、
魚の活性が高まり釣れやすくなる 満潮の2時間前後のタイミングがオススメ。

(お願い) 
お手軽な釣りではありますが、夜間がメインでシーズン初めも寒いので、
ヘッドライトや防寒対策、ライフジャケットの着用をお願いします。
一人ではなく複数人での釣行がオススメです。
またメバルは大きくなるまで非常に時間が掛かる魚です。
資源保護、長くメバリングを楽しむためにも、
小さい魚が釣れた時、食べきれない魚はやさしくリリースしてください。

2_3



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎1月19日(金)『女性目線でのヘラ鮒トークショー』

8289e8043af192a60d74eca32d387e5b_2

1月19日(金)~21日(日)の3日間、パシフィコ横浜で開催される
釣りの祭典「ジャパンフィッシングショー2018」
今年は『HAPPY!FRYDAY』と題し、
19日(金)にもイベントやライブが盛りだくさん!
今回は月刊雑誌『へら鮒』で連載中の相模屋スタッフ千鮎がトークショーに出演します。
当日はアングラーズアイドルの冨士木那奈さん&橘みづほさんと、
女性目線のへら鮒釣りについて語ります。
時間は、午後2時30分~3時まで。場所はへら鮒エリアPRスペースです。
へら鮒釣りをやったことがない方、釣りを始めたばかりという方、
また女性アングラーの皆さん、ぜひ会場にお越し下さい。


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2018年1月 9日 (火)

旬のお魚クイズ「ジャパンフィッシングショー」

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月のお題は、今月19日(金)〜21日(日)
パシフィコ横浜で開催される日本最大級の釣りの祭典
「ジャパンフィッシングショー」


旬の釣りというより旬なイベントですね。

170106_bakucho_1

170106_bakucho_2

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:千鮎さんです。


<問題>

ジャパンフィッシングショーは釣り人だけでなく、
釣りをしない人やお子様でも楽しめるコンテンツがたくさんあります。
では、今年行われる、お子様でも楽しめるコンテンツは次のうちどれでしょうか。


① 魚の絵が上手に描けるようになる、お絵描き教室
② マス釣り体験ができる、釣りはじめてクン広場
③ 船の操船が出来る、船長体験コーナー




<正解>

② マス釣り体験ができる、釣りはじめてクン広場

(解説)
フィッシングショーの会場内には毎年、
無料でマス釣りができる広場が開設されていて、
インストラクターの方もいるので、お子様でも安心して釣りが体験できます。
ジャパンフィッシングショーでは他にも、
より小さなお子様向けの金魚すくいができるスペースや、
大人も楽しめるファイトフィッシング体験コーナーなどがあります。
ちなみに、スタッフ千鮎のオススメはグルメコーナー♪
美味しい魚介料理やマグロの解体ショーも見られますよ。

170106_bakucho_3

170106_bakucho_4



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎1月19日(金)女性目線のヘラブナ釣りトークショー

8289e8043af192a60d74eca32d387e5b
相模屋スタッフの千鮎さんがジャパンフィッシングショーで
トークショーに出演します!
イベント初日の1月19日(金)午後2時30分~3時まで。
アングラーズアイドルの冨士木那奈さん&橘みづほさんと
女性目線でのへら鮒釣りについて語ります。
ぜひご来場下さい!


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2018年1月 2日 (火)

爆釣モーニング実釣取材「キンメダイ」

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、旬な魚を釣りに行く「実釣取材」の模様をお届けしました。

今回のターゲットは、キンメダイ

171229_bakucho_8

フィッシング相模屋主催の
ライト深場実釣会(キンメ編)に参加しました。

171229_bakucho_2

171229_bakucho_1
 
今回お世話になったのは、小坪港・太郎丸さん。
実は今年2月の終わりにもこのコーナーの取材で参加させてもらい、
その時はキンメダイ5匹という釣果でした。

171229_bakucho_3

船長に釣り方をレクチャーしてもらいつつ
朝6時すぎに出船です。

171229_bakucho_5

当日は風が弱く、ベタ凪というコンディション。
1時間ほどかけて沖の瀬へと向かいます。。


171229_bakucho_6

今回も、アルファタックルのフィールドテスター、
「ディープマスターテル岡本」こと岡本光央さんが講師として参加。
隣で丁寧に釣り方を教えてくれました。

 

続きを読む "爆釣モーニング実釣取材「キンメダイ」" »

2017年12月26日 (火)

旬のお魚クイズ「中深海ジギング」②

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月のお題は「中深海ジギング」

Img_8364_2

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さんです。


<問題>

中深海ジギングでとても重要な道具なのが、道糸。
釣り人と、水深300m付近にいる魚を結ぶ重要な存在です。
では、中深海ジギングで用いる糸、PEラインの太さは次のうちどれでしょうか。


① 1号~1.5号
② 4号~6号
③ 8号~12号


※号数は、数字が小さいほど細く、大きいほど太くなります。
※エサ釣りだと、ハリの数が多く、重いオモリをつけますが、
 ジギングではルアーを1つだけしかつけません。





<正解>

① 1号~1.5号

(解説)
エサ釣りの場合は②番の4~6号のPEラインを使いますが、
これはハリの数が多く、オモリも重いのでこの太さを使います。
ルアー1つのジギングでは、エサ釣りのオモリより軽いので道糸も細いものを使います。
ちなみに、中深海ジギングでは、エサ釣りと違って手巻きのリールを使うので、
その分一匹釣れた時の満足感は格別!
みなさんもぜひ中深海ジギングに挑戦してみてください。

Img_8363



【フィッシング相模屋からお知らせ】


◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」

フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

2017年12月19日 (火)

旬のお魚クイズ「中深海ジギング」①

辰巳Dです。

釣り好きの皆のバイブスをあげるコーナー
Sagamiya presents 爆釣モーニング」
略してバクモン!

先週は、「旬のお魚クイズ」をお届けしました。

正解者の中から3名に、
爆朝ステッカー(ホットタイガー)をプレゼント!

2017


今月のお題は「中深海ジギング」

Img_8360

問題を出してくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:石井広海さんです。


<問題>

最近人気上昇中の“中深海ジギング”。
これまではエサ釣りで狙っていた、アカムツ・クロムツ・スミヤキなどの高級魚を
ルアーで狙う釣り方が各地で広まっています。
では、“中深海”とは主に水深何メートル付近を指すでしょうか?


① 50m~100m  ② 200m~300m  ③ 500m~1000m





<正解>

② 200m〜300m

(解説)
釣りにおいて深海とは、500m~1000m付近を指しますが、
それよりも浅い水深、200m~300mのこと付近のことを中深海と言います。
ちなみに、狙う水深は300mでもリールにはその2倍ほどの糸を巻く必要があります。
深海の海流は大変複雑で、糸をたくさん流されてしまったり、高切れの心配もあるので
糸巻き量や予備のリールを用意しておくなど、準備を万全にしておきましょう。


Img_8361

Img_8362



【フィッシング相模屋からお知らせ】

◎12月23日(土)『阪本智子さん一日店長』

2016fishingshow29
12月23日(土)に相模屋&シマノイベント 
『阪本智子さん一日店長』を開催します!
釣りガールで有名な智子さんが、相模屋一日店長としてシマノ製品を熱烈アピール!
毎年恒例のこのイベントでは、智子店長のコスチュームも楽しみの1つです。
智子さんファン、シマノファンはもちろんのこと、
シマノ製品がお得にゲットできるイベントですので、是非ご来店下さい♪



◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28