TheBurn: Link

« マンゴー隊「今週のアウトドア報告」 | メイン | アウトドア看板娘「FISHMAN」① »

2018年2月 6日 (火)

2月の旬の釣り:「深場マルイカ」

辰巳Dです。

「Sagamiya presents 爆釣モーニング」


釣り好きの皆のバイブスをあげるべく、
毎月旬のお魚の釣り方を紹介していきます。

先週は、今が旬の釣り「深場マルイカ」を紹介しました。

今回教えてくれたのは、
フィッシング相模屋のスタッフ:小澤淳さんです。

2018
 
<今月の旬の釣り:深場マルイカ>

マルイカは、早い時期だと1月中旬から2月にかけて釣れ始め、
7月くらいまで楽しめます。
1月~2・3月までの寒い時期は水深80~100m前後の深場で、
水温の上昇にともなってイカが浅場に移動していき、
6月くらいのハイシーズンは水深10m前後の浅場を狙うこともあります。
平均すると、水深30~50mの範囲が最も多いです。


<1/25のマルイカ釣行について>

船宿: 松輪港・成銀丸

三浦半島の先端、剣崎から出船し、
ポイントは三浦半島西部にある亀城根と呼ばれる場所。
亀城根は浅い所で10数mから100m以上の深場まであるのですが、
当日狙った水深は90~100m前後の深場が中心でした。
釣果は残念ながらマルイカ1杯、ヤリイカ1杯の2杯。
一番釣った方でも4杯でした。

ただ、魚群探知機にイカの反応がたくさん映るので
イカの食い気にスイッチが入れば面白い釣りができると思います。

釣り方は、水深が深いので少し重めの50~60号のオモリを使い、
スッテも通常より2・3本増やした方が
より広いタナを探れるので良いと思います。(通常は5本)

2018_2

<小澤さんの思うマルイカ釣りの魅力>

イカ釣りは、釣り場(ポイント)に着いて一投目で釣れる可能性が高く、
そのため他の人より早く仕掛けを落とすように工夫します。
ポイントを移動した後の一投目は常に緊張。そのドキドキ感がたまらないんです。
そして仕掛けが着底した途端、竿先にフワフワとアタリが出て、
それをアワせて『ズシッ!』とイカが乗った時が、“シメシメ感”があってたまりません。
思わず顔がニヤケます(笑)

20182

<2018年はマルイカの当たり年??>

釣れない年は魚群探知機にマルイカの反応さえ映りません。
今年は反応がたくさん出るのでマルイカがいるのは確実です!
実は、1/31にもマルイカ釣りに行き、25杯釣ることができました。
今年もきっとマルイカの当たり年になると思います!

20182_2



【フィッシング相模屋からお知らせ】


◎2月24日(土)〜25日(日)『鮎竿早期展示受注会&鮎用品受注会』

73e4df82517d14025ebbb6b31ce95e34

相模屋では、この受注会でご予約いただくのが
鮎用品を1番お得にご購入いただける時なんです!
さらに、両日ともに名人さんがご来店し、
ご購入や釣りについてのアドバイスを受けることもできます。
24日(土)は、小沢聡名人、島啓悟名人、有岡只祐名人がご来店、
25日(日)は、有岡只祐名人が皆様の鮎竿選びや鮎用品選びをサポートします。
『鮎釣りをはじめたい!』という方にもおすすめですので、
ぜひ受注会にお越し下さい。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/20171/


※2月13日(火)は店内清掃のため休業とさせていただきます。
 ご不便をお掛けしますがご理解の程よろしくお願い致します。



◎爆釣モーニング連動企画「大物釣り隊」


フィッシング相模屋でメモリアルフィッシュの釣果報告をすると、
『爆朝ステッカーSagamiya特製アワビカラー』がもらえちゃいます。

Bakumon_sticker_awabi1

専用の投稿フォームなどはないので、
相模屋へ来店した際にスタッフに直接声を掛けてください。

詳しくはコチラ↓
http://sas-sagamiya.com/event/sas/10828/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31