TheBurn: Link

« アウトドア看板娘「Majestic」 | メイン | 今日の波情報(8/5) »

2017年8月 4日 (金)

釣り博士のマメ知識「ヒイラギ」

博士じゃ。
今週は、「ヒイラギ」のウンチクじゃ。
心して聞くのじゃ。

シロギス釣りなどのゲストとしてよく釣れる
ヒイラギという魚を知っておるかのぉ?

大きさは最大でも全長15センチほどで、
体の形がクリスマスの装飾でお馴染みのヒイラギの葉に似ていて、
ヒレのトゲが鋭いために、
ヒイラギという名前がついたそうじゃ。

群れで生活しているため、
一度ヒイラギが釣れだすと
ヒイラギばかり釣れてしまって
本命が釣れなくなるので、嫌われておる魚じゃ。

しかも、触るとヌルヌルしていて、独特の臭いもあるので、
釣ってもそのままリリースされることが多いんじゃな。

ところが、このヒイラギ、実は食べるとなかなかうまい。

大きくて新鮮なものは刺身がオススメじゃが、
ほかにも塩焼き、南蛮漬け、煮付け、味噌汁、
さらには、脱水シートなどを使って一夜干しにしたり、
小型なら丸ごと唐揚げにしてもおいしいんじゃ。

そこで、今日はヒイラギを美味しく食べるためのコツを教えるのじゃ。

まず、ヒイラギが釣れた時には、
ヒレのトゲや、ヌメリの対策として、
直接手で触らず、メゴチばさみを使うのじゃ。

そして、直接クーラーには入れずに、
ポリ袋などに入れてからクーラーに入れるんじゃ。
他の魚にヌメリが移ってしまうからのぉ。

持ち帰ったヒイラギは、
たっぷりの塩で洗えば、ヌメリが取れる。
あとは好きな料理方で食べるだけじゃ。

まるでマアジのような美味しさという人もおるヒイラギ。
釣れたら食べてみるのじゃ!

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31