TheBurn: Link

« アウトドア看板娘「STARTER」 | メイン | 今日の波情報(7/22) »

2017年7月21日 (金)

釣り博士のマメ知識「カツオのライブベイト船」

博士じゃ。

今週は、「カツオのライブベイト船」のウンチクじゃ。
心して聞くのじゃ。

相模湾では、カツオやキメジの季節がやってきたのぉ。
ルアーやコマセで狙うことが多いカツオ、キメジじゃが、

今日は、ライブベイト、つまり、
イワシの生餌を使った釣りを紹介するのじゃ。


相模湾ではイワシの生餌を使う船が減ってきていて、
茅ヶ崎の一俊丸(かずとしまる)など一部の船宿が乗合船を出しておる。

釣り方は、一本釣りまたはフカセ釣りじゃ。
ナブラを見つけたら、イワシを投げ入れてナブラを寄せ、散水して群れをとどまらせる。
そこに仕掛けを投げ入れる「一本釣り」、
または、ハリにかけたイワシをうまく群れの方に泳がせる 「フカセ釣り」で狙うのじゃ。
目の前で疾走するカツオを釣る、豪快な釣りじゃ。

食いのいいナブラに当たれば、カツオが10匹以上も釣れることも珍しくないぞ。
また時には、大型のキハダが掛かる場合もあり、

熱い船上がさらにヒートアップすることもあるんじゃ。

その半面、1日走りまわっても、ナブラに遭遇できず、
肩を落として帰港することもあるので、非常にギャンブル性の高い釣りじゃな。
茅ヶ崎の一俊丸では、今月一杯出船中で、
一本釣り、フカセ釣りともレンタルの用意もあるそうじゃ。

チャレンジしてみてはいかがかの?

コメント

おはようございます
今から35年程前になりますが、小学生のころ父とカツオのフカセ釣りに行った事を思い出しました
散水して、ハリにイワシを掛け泳がせる…
空から狙っているカモメが掛かった事も懐かしい思い出です
今では出船する船宿さんが、減ってしまったのですか…寂しいですね
博士、懐かしい思い出を思い出すきっかけをありがとうございます

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30