TheBurn: Link

« 今夜8時から!Mt.富士ヒルクライムのエントリー開始です | メイン | 今日の波情報(3/4) »

2017年3月 3日 (金)

釣り博士のマメ知識「渓流釣りのハイテク化」

博士じゃ。
いよいよ来週から渓流がぞくぞくと解禁になるんじゃが、
今日は、「渓流釣りのハイテク化」のウンチクじゃ。心して聞くのじゃ。

渓流で釣りをする時に必要なのが「遊漁券」「入漁券」、通称「釣り券」じゃ。
遊漁券は、川で釣りをするために必要な許可証のことで、
地元の内水面漁業協同組合が販売していて、
魚を放流したり、川を保全・管理するための収入源となっておる。

最近では、現地のコンビニなどでも販売されるようになって、
ずいぶんと便利にはなったんじゃが、
なんと!去年からネットでも買えるようになったんじゃ。

それが、日本で初めてインターネットで遊漁券を購入できるサービス「つりチケ」じゃ。
スマートフォンやパソコンから、提携先の内水面漁協の遊漁券を購入することができて、
購入した遊漁券を印刷して持って行けば、川に着いたらすぐに釣りを始められるんじゃ。

さらに、最近GPSにも対応したことで、プリントアウトしなくても購入済みであることを発信。
監視員がGPS情報でチェックできるので、
釣りを中断されることなく楽しめるようになったんじゃ。
この機能は、まだごく一部の漁協にしか対応していないそうじゃが、
便利になったもんじゃのぉ。

また、釣りをしている川での急な増水の情報なども
「つりチケ」を通して入手可能ということじゃ。
「つりチケ」に対応している内水面漁協は現在全国で11団体ということじゃが、
これからどんどん増えていってほしいものじゃのぉ。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マンゴー隊ブログ

  • Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドアプログラム「The Burn」のブログです!サーフィン/スノーボード/フィッシングなどアウトドア情報満載!皆さんからの情報やコメントもお待ちしています! メールはコチラから

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30