カテゴリ(M STEPS)

リンク(M STEPS)

fyb_switch_to_sp_js

« 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌 チケット特別先行電話予約 | メイン | 平原綾香 チケット特別先行電話予約 »

2017年2月13日 (月)

川崎フロンターレ・中村憲剛選手 鬼木達監督インタビュー|2017Jリーグキックオフカンファレンス


 サッカーJリーグの開幕を翌週に控えた昨日、都内で「2017Jリーグキックオフカンファレンス」が行われ、J1・J2・J3、あわせて54クラブの監督と選手代表が集結。川崎フロンターレからは、昨シーズンのMVP・中村憲剛選手と、就任一年目の鬼木達監督が出席しました。


ケンゴ 空前絶後の活躍を


 昨シーズンのMVPで、今シーズンからはキャプテンを後進に譲った『川崎のバンディエラ』こと中村憲剛選手。「周囲の方がいろいろ思うことがあるのかなと。サポーターが(MVPを)喜んでくれたり(キャプテン勇退を)惜しんでくれたりというのは感じている。それだけのことをやってきたんだな、と」。

 一方で「個人としてはMVPは非常にうれしいし、キャプテンがユウ(小林悠)になったというのもこのタイミングしかないと思っていたので、自分のなかではしっかり消化できている」と語り、切り替えができていることを強調。

 なお、今年はハイテンション芸人・サンシャイン池崎を参考にゴールパフォーマンスを披露する予定。「楽しみ。今年もチャンスはあると思う。前線でやる機会も増えるし、そのときにみんなで共に喜べればいいなと。あれは喜べるパフォーマンスだと思う」と空前絶後・超絶怒涛のゴールを誓いました。


鬼木新監督「戦う集団に」


 川崎で現役を引退してから10年間、下部組織やトップのコーチとして経験を積み、今シーズン、監督に就任した鬼木監督は「哲学は特にないけど」とさわやかに笑いながら、ポイントとして『戦う集団にしたい』『選手がどれだけのびのびやれるか』という2点を挙げました。

 新体制でのチームづくりについては「(選手が)自分たちの持ち味を出してくれているので、ここまでいい形できている」と手応えを感じている様子。また「サッカーは相手あってのスポーツ。事前の分析、試合中の分析をうまくやっていきたい」と頭脳派の一面もチラリ。

 ともあれ選手が変わっても、クラブのレガシーともいえる『攻撃的サッカー』は不変。「ヨシト(大久保嘉人)が抜けた分、そこのところは違う選手が出てきている。いろんな意味で人数をかけた攻撃をしたい。そこをしっかり見ていただければ」と自信をのぞかせました。


開幕戦日程

2/22(水)午後7時KO ACL・GL・第1節 at.等々力 川崎 v 水原(韓国)

2/25(土)午後4時KO J1・第1節 at.大宮 大宮 v 川崎