カテゴリ(M STEPS)

リンク(M STEPS)

fyb_switch_to_sp_js

« J1川崎 CS直前 選手監督が会見 | メイン | 福山雅治 チケット特別先行予約 »

2016年11月23日 (水)

J1川崎 CS敗退 谷口が悔し涙を堪えながら心境告白

【CS - 準決勝 等々力 川崎0-1鹿島】フロンターレは前半、長谷川選手が負傷し交代を余儀なくされ早い段階で中村憲剛選手を投入するアクシデントも。試合はスコアレスで折り返しますが、後半開始早々鹿島に先制を許し1点を追う展開。終盤はパワープレーで相手ゴールに迫るも一歩及ばず、リーグ王者になる機会はまたも鹿島に阻まれました。


得点:
川崎 ー
鹿島 金崎夢生(後半5分)


谷口彰悟選手 試合後インタビュー

「悔しい。自分たちのちからのなさを改めて思い知ったというか、本当に悔しい。

(サポーターや市民には)素晴らしい雰囲気をつくっていただいていたし、川崎市全体としてバックアップしてくれていたのは本当にありがたかった。そこで結果を出したいという気持ちは強かったが、今日一発勝負でこういう結果になってしまったというのはしっかりと受け止めなければいけないと思う。これはうちの弱さ。この現実を受け止める。

 リーグ戦を通してこれだけ勝ち点を積み上げてこの(CSという)舞台に立って、間違いなく優勝を狙えるチームだと証明できた。ただ、その優勝を狙うというところで、もうひとついろんなところで成長していかないとタイトルをとるのは難しいと感じた。

 来年、再来年、このチームがタイトルをとることができるチームに成長していくように日頃から厳しいことをやり続けていかないとこういう舞台では結果が出ないんだなと感じた。これを次に活かすしかない。

(今シーズンは)いろんなポジションで今年も全試合出たが、戦力になるというのは大事なことだし、監督の期待に応えるのは大事なこと。そういった面では今年も最後まで頑張れたかなと思う。ただもっと個人的に波を減らしたりアベレージを上げるということに関してはもっともっと努力が必要だなと感じている。まだまだ向上心をもってやっていきたい。

 天皇杯は残っている。すぐに気持ちの切り替えというのは難しいかもしれないが、間が空くのでしっかり気持ちを整理して、また元日までやりたいし、結果を残せるようにチーム一丸となって皆が同じ方向を向いて戦える雰囲気や集団というものをもう一回つくって、絶対に最後までやるんだという強い気持ちをもって戦っていきたい。

 今日は本当に素晴らしい雰囲気のなかでサッカーをやることができたし、楽しむことができた。ただ、結果を残せなかったことが悔やまれるし本当に申し訳ない。選手たちは天皇杯をあきらめていないので、引き続き応援していただけるとありがたい。僕たちと一緒に戦ってください」


次の試合は天皇杯

12/24(土)午後4時KO 天皇杯準々決勝 at 味スタ FC東京 v 川崎




おはフロ 番組情報

川崎フロンターレ応援番組「おはよう!フロンターレ」は、FMヨコハマ「MORNING STEPS」内で毎週火曜日8:15頃からオンエア中!


おはフロを聴くには!?

①FMラジオ… 84.7 or 80.4 or 87.0MHzにチューニング
②スマホ/PC…radiko.jpにアクセス
 PC:音が出ます。注意!
 スマホ:アプリDL画面へGO!
 タイムフリー機能スタート!過去の放送も1週間以内なら聞くことができます。


SNSでも情報発信中!

@FyokoKF
@FyokoKF
@FyokoKF