カテゴリ(M STEPS)

リンク(M STEPS)

fyb_switch_to_sp_js

« 高橋優 チケット特別先行電話予約 | メイン | 2014川崎の車窓から~東急グループフェスタ~ ホームツアー #おはフロ »

2014年9月11日 (木)

ヨコハマ トリエンナーレ2014

今日のYOKOHAMA DELIGHTではヨコハマ トリエンナーレ2014新港ピアの展示会場をご紹介しました! スタジオにはヨコハマ トリエンナーレ2014 キュレーターの林寿美さんにお越しいただきました。

Beautyplus_20140911103749_save

ヨコハマトリエンナーレは序章から第11話までで構成されていて、前半が横浜美術館で後半が新港ピアに展示されています。 今日のDELIGHTでは新港ピアの会場について詳しくご紹介いただきました。 第10話のテーマは「洪水のあと」 第11話のテーマは「忘却の海に漂う」。 私も先日、新港ピアの会場に行ってきたのですが、広々とした会場に とても大きい作品や不思議な作品が置かれていたり、所々で色々な映像が流れていたりと、ゆっくり作品を見ながら物思いにふけられるような空間になっています。 その中でも私が印象的だったのは土田ヒロミさんの作品。過去と現在の写真、広島で被爆された方の証言などが展示されていて、忘れてはいけないものを忘れているよ!と言われているようなメッセージを受けた気がしました。 それから松澤ゆたかさんの作品も不思議な世界で印象的でした。松澤さんはある日突然、「オブジェを消せ」という啓示を受け、美術を言葉だけで表現するようになったそうです。不思議で興味深いインパクトのある世界観でした。また入ってすぐに迎えてくれるやなぎ みわさんの 台湾の移動舞台はとても大きい作品で、ただ見ているだけでもインパクトが強いのですが、今週末の土日は トランスフォームしている所が見られるということです。 カフェではケーキやソフトドリンクだけではなく、オリジナルカクテルも販売しているということなので、お酒を飲みながら芸術を楽しむというのもオススメです!

20140908_135100横浜美術館と新港ピアの会場は1枚のチケットで、それぞれ別に行くことも可能ですし、会場間には無料のバスも走っています。 トリエンナーレは無料で楽しめるエリアもありますが、是非チケットを購入して、展示会全体を楽しんでください!

YOKOHAMA DELIGHT担当は吉村 民でした!来週もお楽しみに(^-^)/