カテゴリ(M STEPS)

リンク(M STEPS)

fyb_switch_to_sp_js

« 岡山一成著「岡山劇場 声は届き、やがて力となる。」 サイン本 3名 | メイン | 【J1/06】徳島 0-4 川崎 #おはフロ »

2014年4月 3日 (木)

神奈川フィルハーモニー管弦楽団・新常任指揮者 川瀬賢太郎さん

20140403_085932

今日のYOKOHAMA DELIGHTでは、

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
平成26年度 コンサートシリーズをご紹介しました!

ゲストには
今年度から常任指揮者に就任された
川瀬賢太郎さんにお越しいただきました!

神奈フィルといえば、
3億円あった債務超過のため、
解散の危機にありましたが、

ブルーダル基金を立ち上げ
個人、企業からの寄付金や
神奈川県、横浜市などの行政からも支援を受け、
およそ4億6千万円を集めました!

その結果、4月1日から
公益財団法人として、活動を継続しています。

そんな楽団の顔となる
常任指揮者に4月から就任されたのが
川瀬賢太郎さん。

1984年生まれの29才。
国内オーケストラでは最年少での
常任指揮者就任ですが・・・

今日の服装は
皮ジャンにジーパン、サングラスに髭と一見ロックンローラー!

クラシックの指揮者さんには見えないという
ギャップも魅力のひとつです!

常任指揮者に就任された今のお気持ちは、
”プレッシャー!”を感じられているとのこと。

常任指揮者の役割は監督のようなものなので、
29才、若手監督として
神奈フィルを引っ張って伝統を守りつつ、
クラシック初心者や、
子供にも楽しんでもらえるような演奏会を目指していきたいとのことです。

そんな川瀬さんの就任披露公演となる
第298回定期演奏会」が
4月18日金曜日夜7時から
横浜みなとみらいホールで開催されます。

内容は誰でも聴いたことがあるような曲から、
クラシックファンでも聞き応えのある曲までと
幅広い方に楽しんでいただける内容になっているそうです。

そして、定期演奏会の他、
ご自分で企画をされるコンサート(音楽堂シリーズ)もあります。
こちらは
川瀬さん自信が魅了されている
ハイドンを軸とした選曲になっているということです。

4月から新しい時代のスタートを切った
神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに
是非、お出掛けください。

◆『神奈川フィルハーモニー管弦楽団』公式サイト