fyb_switch_to_sp_js

資料請求 Feed

2018年7月 3日 (火)

住宅の健康診断、マイホームのかかりつけドクター!三共消毒シロアリ無料点検

今日ご紹介したのは、

「三共消毒×エフヨコ シロアリ無料点検サービス」

でした。

エフヨコがおススメしている、
三共消毒さんのシロアリ無料点検、

ラジショピの生放送でご案内するのは、
今シーズンは今日が最後になります。

ちょっと気持ちの悪いシロアリの話ですが、
これが最後となると、

それはそれで、
なんだか寂しいものではあります。

ではなぜ、
ご案内がこれで終わるのか?

実はここが、
非常に重要なポイントなのですね。

春から初夏にかけてのこの季節が、

私たち人間が、
シロアリの存在を実感できる、

ほぼ唯一の時期なのです。

シロアリは、
その生涯の大部分を、

枯れた木の内部や、
その下の土中だけで暮らしています。

しかし繁殖シーズンになると、
その中のごく一部が、

Img_7118



Img_7116



黒い色の羽アリとなって地上に飛び出し、
すぐにその羽を落とすと、

元居た巣の近くに、
新しい巣を作るのです。

ですから、
人間(その家の住人)がシロアリの存在を実感できるとしたら、

この黒い羽アリに気づくか、

あるいは、
家が傾いたり、床が沈んだりといった、家屋の不具合から、

もしかしたらシロアリかも?
と推測するぐらいしか、ないんですよね。

ただし、
プロが床下に潜って調べれば、
シロアリの痕跡を探し出すことは可能なのですが、

その家屋にお住いの方からの依頼が無ければ、
そのような調査自体が、できませんよね。

しかも実際に、
黒っぽい虫の羽根のようなものが落ちているのを見かけたとしても、

その姿を確認しなければ、
「ま、いっか。」と放置してしまいがちですし、

時間が経てば経つほど、
どんどん忘れてしまいますからね。

しかしその時間が経過する間にも、
シロアリの繁殖が進行する、

つまり、
家の柱や土台が食い荒らされる、

ということ。

だからこそ、
気づいた時に、不安を感じたときに、

熱いうちに、
調査を依頼して欲しい、というわけなんですよね。

この日本で家を建てる、
ということは、シロアリ対策は不可欠。

今は大丈夫?
と思っても、近い将来必ず必要になります。

もしシロアリ被害があったとして、
その駆除をやってもらうとしたら、

それは人間に例えるなら、
住宅の治療、手術です。

そして調査点検は、
いってみれば住宅の健康診断、

5年に1回は行うのが理想だそうですが、

ラジショピのシロアリ調査点検は、
無料ですからね。

創業93年の安心の老舗、
有名な三共消毒さんが、

電話一本で来てくれる、
「マイホーム」の、かかりつけのドクターに。

いずれ必要になることなら、
これ、かなりいい選択肢だと思います。

生放送でのご案内は、
これが最後になりますが、

このシーズンを過ぎてからでも、
シロアリのことで何か気になることがありましたら、

ぜひとも、
ラジショピにお問合せくださいね!


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2018年6月 7日 (木)

シロアリ繁殖期ですよ。

未来の旦那よりもシロアリを見つけたい

小林アナです。

今日は

調査・点検無料!!

「三共消毒 シロアリ駆除サービス」

ご紹介しました!!!

関東地方も昨日梅雨入りしましたね~。

ジメジメのこの季節は

シロアリの繁殖活動が最も活発になる時期!

増えてしまう前に

一刻も早く見つけて

駆除しましょう!!

木造家屋が大好きなシロアリ・・・

大切な家や柱の土台を

ボロボロに食べ尽くしてしまって

時には

リフォームや建て直しが必要になってしまうことも。

実際シロアリに食べられた柱が・・・

Img_7397

中がスカスカに!!

でもシロアリって

普段は家の柱や土台にトンネルを掘って

その中だけで暮らしているので

いるかどうかなんて

私たち素人にわかるはずがない!!

そこで

プロにお願いすることになるわけですが・・・

やはり大事な家のことは

安心なところにお願いしたい!!

ということで

ラジショピでは

創業93年のシロアリ駆除の老舗

「三共消毒」さんとタッグを組み

安心と信頼のサービスをご用意しました!!

「三共消毒」さんは

誰もが知る有名寺院や神社のシロアリ駆除も手掛ける

この分野のエキスパート!

横浜スタジアムもレフト側フェンスに

広告も出していらっしゃいますし

テレビCMなどもしているので

ご存知の方も多いですよね。

経験豊かな三共消毒の社員スタッフさんが

ご自宅に伺い

無料で調査点検!

何もなければそれで安心!

万が一シロアリがいた場合でも

的確な対策をご提案!

そんな流れになっています!!

なので

「無料で我が家を点検してもらっしゃう」

そんな気軽なスタンスで

お申込みください!!

また

「三共消毒」さんは

駆除方法も優れています!

従来の薬剤散布に加え

家屋に薬を撒かないで済む

「エコベイト・オールウェイズ・アクティブ」を採用。

アメリカのホワイトハウスや

自由の女神の土台にも使われているシステムで

家の周りに

薬剤入りの餌を入れた容器を

複数、設置することで

シロアリが繁殖できなくなって

最終的には

自然に巣を根絶できるという画期的なもの!!

薬を撒かなくていいので

小さなお子様や

アレルギーの方がいらっしゃるご家庭、

ペットのいるお宅も

安心して導入していいただけます!

しかも

効果がなくなる度に薬を撒かなくてはならない

薬剤散布型よりも

「エコベイト・オールウェイズ・アクティブ」なら

もし容器に餌がなくなっても

補充するだけでいいので

手間も費用も

ぐんと節約できます!

とってもコストパフォーマンスが良い!!

「三共消毒 シロアリ駆除サービス」

今ならラジショピ特別価格になっています!

調査・点検は無料!!

まずは詳しい資料をご覧になりたい方も

お気軽にお問い合わせください!!

Img_7395

2018年5月18日 (金)

あなたの大切は家は大丈夫ですか??

こんにちは!

ラジショピ金曜日担当の湯本久美です。

今日は、

「三共消毒 シロアリ点検・駆除サービス」

をご紹介しました!

皆さんは春から初夏にかけたこの時期、

ご自宅の庭や玄関周りに、1cmくらいの黒っぽい虫の羽根だけが

まとまって隅に落ちている・・・

こんな状況をみたことはありませんか??

これは、シロアリの「羽根」なんです。

光が苦手なシロアリは、地下に潜って生活をしているのですが、

暖かくで湿気のあるちょうど今の時期がアリの繁殖期ということで、

地上に出てきます。

そして、羽根を落としてまた地下に戻っていくのですが、

この黒っぽい羽根がまとまって落ちているのを

みたことがあるという方は、

残念ながらご自宅の地下にシロアリがいます。。

また、こういった状態をみたことがなくても、

担当者の方のお話では、シロアリがいないお家はないというくらい、

ほとんどの家にシロアリがいるんだそうです。。

大切な家の土台や柱を食べ尽くしてしまう「シロアリ」。

実際にシロアリに食べられてしまった柱は

パイ生地ような、ミルフィール状に

スカスカになってしまうんです。

Shiroari

こんな状態で家を支えられるかといったら不安ですし、

建物の寿命も短くなるだけではなく、

地震や台風などの災害にも弱くなってしまいます。

手遅れになる前に、是非、対策したいですよね。

しかし、、、

シロアリ駆除というと、悪徳業者も多いのも現状です。

しかし、ラジショピとタッグを組んでいる

創業93年、この分野のエキスパートである

三共消毒さんなら安心です!!

この時期はテレビCMをご覧になった方も多いと思います。

そして、横浜スタジアムのレフト側フェンス

に広告も出していたり、

本当に信頼できる会社で、

安心・信頼のサービスを提供してくれます。

訪問販売は一切しないですし、

依頼後は、社員証をつけ、しっかりと教育を受けた

社員の方のみが伺います。

施工方法は、従来の薬剤散布に加え、

薬を撒かないで済む

「エコベイト・オールウェイズ・アクティブ」

という施工も行っています。

大切な我が家を守るためには、早期発見!早期駆除!

調査・点検は無料ですので、まずは、

ちょっとでも気になる方はお問い合わせくださいね!!

2018年5月 8日 (火)

放置すると怖い、シロアリ。だから無料点検。

今日ご紹介したのは、

「三共消毒×エフヨコ シロアリ無料点検サービス」

でした。


ゴールデンウィークでお出かけして、
家に帰ってきて、びっくり。

なんか、
黒っぽい虫の羽根のようなものが、

散乱してる!

・・・なんてこと、
よくあるそうです。

それたぶん、
シロアリなんですよ。

シロアリは普段、
朽ちた木の中、土の中だけで生活している生きものです。

だから、
目が退化してしまっていると言われますよね。

でも、
年に一度だけ、

その中の一部の個体が、
黒い羽根アリとなって、

地上に飛び出すのです。

羽根アリといっても、
シロアリはアリではなく、

ゴキブリに近い仲間なのだそうですが。

上述の通り、
光に弱いシロアリが、

そんな危険を冒してまで、
明るい場所に出てくる理由はただひとつ、

繁殖です。

人間に例えるなら、
分家を作るために、

ちょっとした集団で、
本家を離れるのです。

といっても、
羽根が生えるからといっていきなり長距離飛行をするわけではなく、

ちょい飛びぐらい。

降り立ったら、
羽根を落としてすぐに地下に潜ってしまうそうです。

人間に例えるなら、
実家の近くで新婚生活をする感じでしょうかね。

これこそが先ほどの、
虫の羽根だけが落ちている状態の、正体。

この時のシロアリ本体を発見することは、
シロアリ駆除のプロでも、滅多にないそうです。

で、
大事なのは、ここから。

そんなふうに、
シロアリ本体はすぐに姿を隠してしまいますから、

「なんだったのかな~?
でも・・ま、いっか。」

って、
普通は思っちゃいますよね。

でもこの時点で、
それがシロアリであると知れるかどうかって、

重大なんです。

地上で発見した、
それらの羽根アリは、

実家のシロアリ家族からすれば、
ごくごく一部。

放置している間に床下では、
本家と分家、合わせてとんでもない数のシロアリたちが、

増え続けているわけですからね、

シロアリに柱などを食われた家屋は、
災害時に倒壊などの危険が高まります。

シロアリに食われてしまった家の柱は、
こんなふうに・・

Img_8318



数十年住むはずの、
大事な我が家。

シロアリ点検は、
5年に一度は必要と言われますし、

万が一見つかってしまったときの対策、
あるいは予防のための措置は、

日本で住宅を維持していく上では、
必要経費と考えておくべきだと思います。

シロアリが、
外に飛び出してくるこの季節は、

その存在に気づくことができる、
ほぼ唯一のチャンス、

というわけですね。

ラジショピでは、
安心と信頼のシロアリ無料点検サービスを実施しています。

ぜひお気軽に、
お電話を。


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2018年5月 1日 (火)

一周回って今だからこそ、新聞の時代

今日ご紹介したのは、

「神奈川新聞 新規購読 資料請求」

でした。

ネット界のカリスマと呼ばれるような人たちは
たいてい、こんな発言をします。

情報過多のこの時代に、
自分が欲しい情報を正確にキャッチするには、

それぞれのジャンルで、
自分に適していると思う人をフォローすること。

また同様に、
自分好みの情報を集めている、

いわゆるキュレーション・メディアを
チェックすること、

なんだそうです。

要するに、

インターネットによる情報発信が、
個人レベルまで浸透し、

世にはびこる情報が、
フェイクニュースも含めて玉石混淆となった現代において、

より効率よく、
必要な情報を集めるためには、

「まとめ」てくれる人やサイトを
知ることが賢い、

ということですね。

確かにそうなのですが、

それって、
「新聞」じゃん!

とも思うのですよね。

新聞のイメージって、
どちらかというと、

情報源、
ニュースの源に直接赴いて取材し文章にまとめるという側面が

注目されがちですけど、
同時に、

選んでまとめる、キュレーションメディアの側面と、
裏付けをとる信用力、
それらをプロが行うクオリティーを備えているし、

さらには、それが、
印刷されて手元に届く。

正直、
ネットには疲れちゃった、

という人にとっては、
これ以上ない、らくちんメディアなんですよね。

一周回って、
今だからこそ、新聞の時代だと思うのです。

その点において、
今日ご紹介している、神奈川新聞さんは、

まさに、
「今だからこそ新聞」

と言える性質を体現しているんですよね。

なぜかと言うと、

世の中で必要とされる情報が、
どんどん、専門化、細分化されているから。

おおまかいニュースは、
何を、どこで見ても、そう変わらないじゃないですか。

知りたいのは、

自分に関連する、
もっと狭くて深い情報ですよね。

そしてそういう情報を、
地域限定で集めて蓄積してきた神奈川新聞さんは、

この土地に住んだり、通ったりしている人にとっては、
上述の、

「フォローしておくべき人物」と
同じことだと思いませんか?

そして今日の放送では、
神奈川の高校野球というポイントに絞ってお話をしました。

今年の夏の高校野球は、
神奈川から2校出場できるんですよね。

高校野球の記事も、
神奈川新聞の得意分野。

長きにわたって、
緻密な取材を重ねてきました。

この地が輩出したスター選手は、
むしろ、結果論。

その前の段階である、

全出場校の選手紹介から、
一回戦の戦いぶり・・

Img_8261



これ、去年(2017)の一回戦の記事なんですけど、
カラー写真、躍動的な良い画が撮れてますよね~

そういうことがあっての、
原辰徳であり、松坂大輔なんですよね。

ラジショピの某女性スタッフは、

〇十年前の自分の高校時代の
神奈川新聞電子版で、

憧れだった
野球部の同級生の顔を久しぶりに見て、ときめいたそうです。

おススメしている新規購読プランなら、
その電子版などの特典がつきますので、

この機会にぜひ。

この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2018年4月17日 (火)

シロアリかな?と思ったら放置しないで点検を!

今日ご紹介したのは、

「三共消毒×エフヨコ シロアリ無料点検」

でした。

今年もやりますよ!
三共消毒さんとエフヨコのコラボ企画。

シロアリ無料点検
そしてもし対策が必要な場合、
三共消毒さんに直接頼むよりラジショピを通したほうがお得になるキャンペーンです。

温暖で多湿なここ日本に、
家を建てるということは、

シロアリ対策は、
避けては通れない、宿命です。

しかもシロアリは、
素人の目では、発見することすらほぼ無理。

ましてや対策となると、
プロにお任せするしかありません。

だからこそ、
「安心して頼める」業者さんにお願いしたいですよね。

特にここ神奈川県は、
海が近く多湿で、緑の木々も豊かな地域。

人間にとって環境の良い場所は、
シロアリにとっても、もちろんそういうことなのです。

そして、
なぜこの時期に、シロアリのキャンペーンが始まるのか?

それは、
ひとつのチャンスでもあるのです。

今日は今シーズン初回の放送ですので、
まずは、この基本から。

シロアリという生き物は、
年中、朽ちた木の中や土の中で生活していますが、

一年のうち、まさにこの時期にだけ、
そのなかのごく一部が、

「黒いシロアリ」となって、
羽根を生やして、

外界に飛び出すのです。
理由は繁殖のためです。

Img_8253



三共消毒さんに伺うと、

直前に雨が降ったような湿気があって、
気温がぐーんと上がった、暖かい春~初夏の午後。

そういうタイミングで、
飛び立つことが多いんだそうです。

でも、プロの三共消毒さんでさえ、
そのような「黒い羽の生えたシロアリ」の実物を見ることは、
滅多にないとか。

現場には羽根だけが残っていて、
本体はすぐに床下に潜ってしまうんだそうです。

でもこれが、
シロアリを地上で発見できる、ほぼ唯一のチャンス。

だからこそ、
気づいた時に、相談、点検を、と呼び掛けているわけですね。

と言いますのも、

万が一、黒い羽根の生えたシロアリらしき生き物を見つけたとしても、
すぐにいなくなってしまいますから、

どうしても、
そのまま放置してしまいがちですよね。

でも上述のように、
それらは他のどこかへ行ってしまったわけではなく、

人間に例えるなら、

本家からほど近くに分家を作って、
新しい家族を増やしているんですよ。

シロアリは、
羽根が生えたときでも、そう遠くまでは飛ばないそうですから、

それは同じ家屋の床下で、
という可能性が高いわけです。

いなくなったから、と放置している間にも、
シロアリ被害は着々と進行してしまいます。

地震で倒壊する建物の多くは、
腐食やシロアリの被害を受けているものであることが、
調査でもわかっています。

だからこそ、
早めの点検と対策が必要なんですね。

シロアリ対策は、
日本で住宅を維持していく上での、必要経費と考えたほうがよさそうです。

ラジショピなら、
安心の三共消毒さんが無料で点検してくれます。

新築から数年(5年が目安と言われます)で、
シロアリ対策の効果は薄れるそうです。

数年に一回のシロアリ点検、
習慣にしておくのはいかがでしょうか。


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2018年4月12日 (木)

一緒に沖縄行きましょう。

沖縄の玄関先によく祭られてるよねって言われる

小林アナです。

今日は

『沖縄ツーリスト presents DJと一緒に沖縄でラジオフェス!南のエフヨコ祭り VOL.7』

ご紹介しました!!

私は前回も参加させていただいて

本当に楽しかったのですが

Img_4773去年の沖縄

今回の参加予定DJは

『PRIME TIME』の栗原治久さん!

『E-ne!~good for you~』のみつみんことMITSUMIちゃんと

レポーターのホズミンこと穂積ユタカさん!!

『Friday Wanderer』松原さと子さん!

『Tresen』月曜のSakuちゃん!

そして

私小林アナ!

日程は5月11日(金)出発の2泊3日!

この時期の沖縄は

平均気温24度 最高気温が27度近く

なので

海にも入れちゃいますよね~。

一足先に夏満喫!!

そして

『ラジオフェス』という名前の通り

ツアー二日目には

沖縄の人気放送局『琉球放送 RBCi ラジオ』と『FM yokohama』が

スペシャルコラボした

この日だけの特別番組を

由緒あるライブハウス『桜坂セントラル』で!

特別席でご覧いただきます!!

我々DJ陣の他に素敵なゲストも!

石垣生まれの人気バンド きいやま商店の皆さん!

さらに

伊江島出身のシンガーソングライター Anlyさん!

生の歌が聴けるなんて贅沢!!!

放送後は

皆さんと打上げパーティー!

みなさんのテーブルを回ってお話ししたり

DJが選んだお土産があたるジャンケン大会なども予定しています!

美味しいお料理と一緒に楽しんでください☆

ホテルは

海外の要人も泊まるという

『ANA クラウンプラザホテル 沖縄ハーバービュー』をご用意!

那覇の中心部で

ロケーションも最高なので

1日目と最終日のフリータイムでは

首里城や美ら海水族館などに

足を運んでみるのも

いいかもですね~!!!

Img_6614

皆さんとお会いできるのを

楽しみにしてますよ~!!

先ずは無料の資料請求を~☆

2018年3月27日 (火)

エフヨコきっての人気企画、DJと楽しむ沖縄ツアー!

今日ご紹介したのは、

「沖縄ツーリスト presents DJと一緒に沖縄でラジオフェス 南のエフヨコ祭り VOL.7」

でした。

まずは、
刷り上がりほやほやの、今年のチラシだよ~♪

Img_8210



本題に入る前に、
一見少し外れる話題で恐縮なのですが、

人間、つねに、
可動域を大きく備えておくべし

と思うんですよね。

可動域とは、
文字通り動く範囲のこと。

主に、
筋肉や関節が動く範囲を表現するときに使う言葉ですよね。

可動域が大きければ、

・大きな動きができる
・思い通りの動きができる
・余裕のある動きができる

のではないかと思います。

ですから普段はフルに使わないにしても、
つねに大きく広く動けるポテンシャルを維持しておきたい。

だから私は、
朝、バランスよくストレッチなどをして整えるよう、習慣づけています。

また、
話し方の指導などの時によく話すのですが、

可動域については、
体の動きに限ったことではなく、

例えば、
人前で話さなくてはいけない時は、

声はもちろん、
「キャラクター」も、

最初が肝心。

最初にしょぼくれてしまうと、
それが後々までの基準、限界になってしまいます。

ですから、
後から調子を上げるなんてあまり考えないで、

ちょっとがんばってでも、
最初に出せるものは大きく出しておくこと。

明るい個性なら、
初めからしっかり表現しておくこと。

それが成功の鍵だと思ったりします。

さて、
前置きが長くなりましたが、

エフヨコきっての人気企画、一大イベントへのお誘いです。

沖縄ツーリスト presents 
DJと一緒に沖縄でラジオフェス 南のエフヨコ祭り 

VOL.7です。
好評だからこその7回目、

そして今回も随所に、
新鮮な要素も取り入れられていて、

過去に参加したことがある方にとっても、
きっとご満足いただける内容にできあがっていますよ。

日程は、
5月11日(金)出発の2泊3日、

メインの企画は、
ラジオフェス、現地のRBCiラジオとのコラボによる公開生放送ですが、

ここでは
前回までと違うところに絞ってご紹介しますね。

参加DJは、
栗原さん、みつみん、ホズミン、松原さん、アナちゃんに加えて、
トレセン月曜日からSakuちゃんが初参加です。

宿泊先が、
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー、
那覇の中心に位置し、海外の要人も宿泊するようなホテルです。

公開生放送の会場が、
桜坂セントラル。
沖縄出身で思いつくような有名アーティストはほとんどこの舞台に立っている、
地元の人気ライブハウスです。

打ち上げ飲み放題パーティーの会場が、
パインツリーブレス。
高級感、そして広々。ホテルのラウンジみたいなゴージャス感なんですって。

これらの情報、
聞くだけでワクワクしてきませんか~

5月といえば、
暑からず寒からず、何をするにも快適な時期。

人間が最も、
可動域を大きくできる季節だと思います。

一年で一番快適な時だからこそ、
一年で一番の思い出になるようなことが、

実現できそう。

また、
5月はまだ、2018年の前半です。

前半の可動域が大きければ、
後半もきっと、フットワークが軽くなりそう。

素敵な予感が満載の、
初夏の沖縄へ!

今年の前半のうちに、
ひとっ飛び、しておきませんか!!


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2018年3月26日 (月)

知らないと損してるかも~エフヨコの保険ナビ

今日ご紹介したのは、

「保険ナビ 保険見直し相談 資料請求」

でした。

卒業シーズンですね。

ここみなとみらいでは連日、
綺麗な袴姿の女子大生たちを見かけます。

パシフィコで卒業式なんですね。

私が学生だった当時は、
これほどまでに、みんなが袴姿というわけでもなかったと記憶していますが、

今はそうでないほうが珍しいぐらいに、
定番化しているようで、

なんと小学生の卒業式でも、
和装なんですって?

まぁ、
人生の一大イベントにお金をかけたい気持ちはわかりますけどね。

というわけで、
年度末、そして新年度スタートも目の前です。

自分自身の持ち物や状態を、
整えておきたい頃ですよね。

保険も見直してみませんか?

保険見直し相談ができる所って、
近年になってぐーんと増えたような気がしますね。

駅前に必ず一軒はあるという印象。

つまり、
それだけニーズ、需要があるということです。

理由は簡単で、

まず、保険は必要だから。

さらに、保険会社、保険商品が数多く存在し、
以前に比べて選択肢が広がったから、

そして、保険のことは、
プロに頼らざるを得ないからです。

また、
保険を「見直す」必要性も、重要なポイントです。

なぜ保険は見直す必要があるのか?

その理由は、

・自分が変化し続けているから
・社会が変化し続けているから
・保険商品が変化し続けているから

この3点に尽きると思います。

自分の変化、
これは家族が増えるなどのライフステージの変化はもちろんなんですが、

「思い」「願い」が変わるだけで、
必要になる保険も変わってきますよね。

保険って、
気持ちに応えるためのものですから。

今は家族が心配だけど、

ちょっと時間が経過したら、
今度は自分自身のほうが心配、など。

また、今回の放送でご紹介しましたが、
貯蓄型の保険商品にしても、

保険会社が資金を運用してお金を増やすためには、
今までのような日本国内での投資だけではなく、

外貨建ての運用のほうが利回りが良いため、
そういった商品がトレンドになってきている、など、

自分自身の変化だけではなく、
社会情勢の変化にも合わせる必要も、実はあるのですね。

もうひとつ、
もっと単純に、

保険については知らないことがいっぱいあるんですよね。

放送でもお話ししましたけど、
生命保険の受取人、

誰にするかで、
税金のかかり方が全然違うんですね。

私も今回初めて知ったのですが、
簡単にご説明すると、

保険の契約者、被保険者、受取人
この3者の違いによって、

税金は、
相続税、贈与税、所得税・住民税

この3パターンに分かれるそうです。

また、
相続税でも、配偶者と子供ではかかり方が違うそうで、

子供の場合は、
500万円×人数の金額が控除された残りの保険金額に相続税がかかる。

例えば死亡保障が5000万円で、
受取人を子供ひとりの名義にしていた場合、

5000-500=4500万円に相続税がかかるのに対して、

受取人が配偶者であれば、
なんと1億6000万円までは、控除されるんですってね。

これ、
知っているかいないか、
見直したか見直さないかだけで、大違いですよね。

いずれにしても、
せっかくかけている保険ですから、

常に自分にフィットするよう、
整えておきたいものですね。

ラジショピの保険ナビは、
中立なアドバイスで、

無理なおススメは一切なし。

保険のこと、
ちょっとでも気になったら、

エフヨコのラジオのことを、
真っ先に思い出してくださいね!

この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2018年3月13日 (火)

エフヨコバスツアーで大相撲観戦、生で体験することに価値がある。

今日ご紹介したのは、

「大相撲5月場所 観戦バスツアー 資料請求」

でした。

大相撲3月場所が大阪で始まりましたね。

いろいろニュースはありますが、
やっぱり本場所が始まると、満員御礼。

今場所は2横綱が休場ですが、
相撲人気は揺るがないですね。

横綱が盤石の場所も、
大相撲のひとつの魅力ですが、

混戦になるのも、
また違った見どころがあります。

大阪ではやっぱり豪栄道ですかね。
あと序二段に、阪神ファンが高じて朝阪神と改名した力士がいるそうで、

「阪神がんばれ」の声援が飛んでいるそうです。

野球シーズンが始まってから、
おそらく阪神の好不調次第で、

朝阪神への掛け声も変わってくるでしょうねww

また序ノ口では、
元横綱大鵬の孫、納谷、
元横綱朝青龍のおい、豊昇龍の存在が注目されていますね。

昨日はふたりそろって白星をあげたそうです。
(2018年3月13日現在)

このふたりが対戦するときには大きな話題になりそうですね~
ちなみに先場所は新弟子による前相撲でふたりの取組があり、納谷が勝利。

このふたりは高校時代からのライバルで、
普段は仲が良いそうです。

ニュースター誕生の予感、
もうドラマは始まっていますね!

さてそんなわけで、
ラジショピ恒例、大相撲観戦バスツアーのご案内です。

国技館で行われる5月場所6日目、
5月18日金曜日です。

久しぶりにエフヨコDJが同乗して、
大相撲観戦以外にも観光イベントが予定されているツアーで、

升席ですから、
基本は4名一組でのご参加です。
それ以外の人数をご希望の場合はお問い合わせください。

同行するのは、
お馴染み、栗原治久さん。

Img_8181



出発は、
本厚木またはランドマークタワー。

浅草ビューホテル、
東京スカイツリーを望む26階「武蔵」でのランチビュッフェ、
(ここ、ほんといいそうですよ)

江戸東京博物館の見学を楽しんだ後、

国技館の升席Bで、
大相撲観戦、

お帰りもバスで、
横浜または本厚木までお送りするという、

ほんとうに楽ちんバスツアー。

お申し込みいただいたら、
あとは集合場所に行くだけで、

日がな一日楽しめる充実のプランになっていますよ。

現代の消費は、
モノより思い出、なんて言われますよね。

チケットそのものは、
お金を出せば手に入るかもしれません。

(大相撲の本場所は入手困難な状況ですが・・)

でも、そのチケットを使ってした体験は、
他の何物にも代えられない、唯一無二の価値がありますよね。

いつかは行ってみたいと思っているなら、
是非一度、国技館で大相撲の生観戦、

体験してみてはいかがですか?

また、
ご両親やお世話になった方をお誘いしたり、
プレゼントするのも、とてもいいですよ!

まずは無料の資料請求を!

この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/