fyb_switch_to_sp_js

食品 Feed

2017年6月13日 (火)

愛情が湧くお米をお届けします。エフヨコ田んぼ、できました。

今日ご紹介したのは、

「近江 たなかみ米 ラジショピ田んぼ 2017年新米 ご予約会」

でした。

毎日食べる、ご飯。

美味しく食べていますか?

日本の食卓に欠かせないお米のご飯が、
美味しいかどうかって、

とても大事なことですよね。

ご飯を美味しく食べるって、
丁寧な生活の基本。

特にお米の食べ方は、
長い歴史の中で磨かれていますから、

こだわりどころもいっぱいだと思います。

値段はもちろんなんですが、

お米自体の銘柄や、産地の気候風土、
農家さんの米作り技術、栽培法、収穫から乾燥法、
農家さんの人柄、熱意、

あるいは、
商品としてのお米を購入してからの、
保存法、精米、研ぎ方、使う水、炊く道具、炊き方、

そして食べ方だって、

おひつや茶碗、箸、
もちろんご飯のお供・・

こだわる方だったら、
これら全部、調べて、実践してます、っていう人もいらっしゃると思います。

しかし!

これらにも勝るような、
美味しくご飯を食べる方法があると思います。

それは、

「思い入れのあるお米」を食べる、ということ。

例えば、

「おばあちゃんが送ってくれるお米が、やっぱり旨いんだよね~」

とか。

「このお米を作っている田んぼ、
見に行ったことがあるんだよね~」

とか。

自分に関わりのあるものが食べられるって、
とてもうれしいことですよね。

そこでラジショピでは、

ただ単に美味しいお米、
というだけではなく、

エフヨコリスナーの皆さんが、
「思い入れ」を持てるお米、
「参加できる」お米を、

作っちゃうことになったんです。

ことの経緯は、

ラジショピでマンションリフォームをご紹介した、
長谷工グループさんが、

マンションだけでなく、
生活全般のプロデュースをなさっていて、

その一環として、
お米の栽培も手がけているんですね。

そのご縁で、
長谷工グループさんの田んぼの一角で、

エフヨコ専用のお米を作っていただき、

現地の様子や、
育成状況などを、

SNSで共有できることになったんです。

場所は、

関西随一の米どころ、
滋賀県・近江の、

「田上(たなかみ)」というところ。

なんと、
あの大化の改新で有名な、

天智天皇の命により、
開墾された土地なんですって!!

米作りの歴史はおよそ1300年。

ここで作られる「たなかみ米」は、
皇室に献上されたこともあるんです。

また、京都・大阪の料亭のご飯にもなっている、
たなかみ米。

美味しくて希少だってことは、
それだけでご理解いただけると思います。

それを、
我々のためだけに、

栽培するところから、
確保してくれるなんて!!

これは、
とても価値があることだと思います。

そして、
もう早速、第一報が入ってきましたよ~♪

これは、
2017年6月上旬(11日頃かな?)撮影の画像。

そろそろ、
田植えは完了したようですね・・

Dscn1156


Img_0327


田んぼには、
大きな鳥・・アオサギでしょうか。

よーく見ると、
いるわいるわ、何羽も!

エサはドジョウやフナでしょうが、
これだけのサギたちを養う田んぼですから、

間違いなく、
肥沃で、健康的な田んぼですよね~

Dscn1153


そして、
担当してくださるスタッフさん!
みな、いい顔してます!

おいおい、
みんなのキャラクターがわかってくると、

なお、楽しいでしょうね。

それはもう、
「生産者の顔が見える商品」の域を遥かに越える、

生産者と一緒に育てるお米。

それが、
なによりの美味しさだと思いませんか?

インスタグラムに
ラジショピ田んぼ、公式アカウントができましたので、

よろしかったらフォローしてご覧ください。

インスタグラム
fyokorajishopi_tanbo

たぶん全部入力しなくても、、
「fyoko」で検索すると出てくるはずです。


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年6月12日 (月)

今年のラジショピの佐藤錦は、ひと味違う!(はず・・)

今日ご紹介したのは、

「山形 JAみちのく 村山地区のさくらんぼ 佐藤錦」

でした。

お届けは6月下旬からの商品ですので、

誤解を防ぐため、
今日はあえて画像はなしです。


大田市場の達人オススメのフルーツ企画。

この季節のお楽しみ、
といえば、

さくらんぼ、佐藤錦ですよね~♪

佐藤錦を初めて食べたときの衝撃、
忘れられないなぁ~

その時は、
山形にお住まいの方に戴いたんですが、

従来のさくらんぼのイメージより、

果肉が、
ふっくらたっぷりしていて、

甘くてジューシー。

この高級品を、
次から次へと、口の中に放り込む手が止まらない、

あの背徳感・・?

日本では、

さくらんぼといえば、佐藤錦、
というぐらいにあっという間に市民権を得たブランドですけど、

ほんとうに、
それも納得の美味しさですよね。

そんな、
ただでさえ美味しい佐藤錦、

ラジショピの商品は、
もちろん、

大田市場の達人セレクト。

鉄板です。

日本一の味を追い求め続ける達人が、

今年、
ラジショピでは初めて、
それこそ満を持して紹介してくださる佐藤錦は、

産地が、山形県の村山地区。

さくらんぼ果樹栽培の北限に位置し、
しかも標高が高いため、

冷涼で、
寒暖差がある。

これが、
さくらんぼ栽培には、最高なんですね。

しかも、
生産者さんたちの栽培技術が高い。

熱心な生産者さんが、
切磋琢磨しているから、

地区全体のレベルが高いんですって。

だからこそ、
収穫されて農協に集まったときの品質が、
高く安定しているんですね。

そういうわけで、
今年のラジショピの佐藤錦は、

ひと味違うはず。

さくらんぼ好きで毎年買う~という方はもちろん、

今まで、
買おうかどうしようか迷って、
結局買わなかった、という方も、

今年こそは、
皆さんの舌で、確かめてみて!!

この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年6月 5日 (月)

甘みの質が違うんだな、石垣島・當銘さんのティダパイン

今日ご紹介したのは、

「石垣島 SUNファーム 當銘さんのティダパイン」

でした。

あぁ~、
今年もこの季節がやってきましたね~

パイナップルの季節が!!

パイナップルって、
ほんと、夏のイメージにピッタリですよね。

抜けるような青い空!
白い雲!
輝く太陽!
ビーチ!
楽しい音楽!

愉快な形状!
爽やかな芳香!
ビタミンカラー!
飛び散る果汁!
甘酸っぱい刺激!

他のフルーツでは味わえない個性を、
パイナップルは備えていますよね。

年に一度は、
とびっきり美味しいパイナップルを食べませんか~

ラジショピ名物、
大田市場のフルーツの達人オススメのパイナップルは、

石垣島産、
しかもパイナップル作りの匠が手がけるもの。

パイナップル好きの方には、
ぜひ召し上がって頂きたいんです。

日本で流通するパイナップルのほとんどは、
輸入物。

国産の割合は、わずか数%です。

そのほとんどが沖縄県で生産され、
主要産地が、石垣島です。

気候風土が、
パイナップル作りにとても適しているそうです。

そしてフルーツ全般に言える、
美味しさの基本は、

出荷ギリギリまで、出来る限り樹上で完熟すること。

でも、
流通に時間がかかると、それは難しいですよね。

逆に言うと、
国産のパイナップルが美味しいのは、

比較的、流通に時間がかからないから。

それだけでも、
食べる価値があるというもの。

そのうえ!

パイナップル作りの匠、當銘さんが手がける「ティダパイン」は、
品種も一般的なものとは違うんです。

子どもたちが喜んでいっぱい食べられるパイナップルを作りたい、と、
當銘さん自身が研究、改良を‎重ねた品種なのですね。

その味わいの最大の特徴は、
「甘みの質」が違うこと、かな。

甘ったるくなく、
べとつかない。

なんだか、
さらっとしていて、
上品で、

パイナップル特有の酸味と爽快感はあるんだけど、
ビリビリしすぎるような刺激がない。

本当に満足感が高い、パインですよ。

石垣島では、
去年、台風の影響が少なかったということで、

今年のパイナップルは、
今のところ、とても順調に育っているそうです。

本格的な出荷までは、
まだちょっと早いものですが、
試食用にスタジオに用意されたティダパインがこちら!

Img_7250


Img_7251


香りが素晴らしい!!
そして、断面!

Img_7257


やっぱり、ティダパインは旨い。

お買い逃し無く、
ぜひ、ご賞味くださいね!!


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年5月24日 (水)

減塩4%!「紀州南高梅」の最高級梅ぼしで夏の準備!

ちょっと曇り空の水曜日~cloud
こんにちはup房みどりですeyeheart04
 
 
今日は冷蔵庫の常備品sign02
梅ぼしです。
こちら、ただの梅干しではありませんgood

 
梅のトップブランド
「紀州南高梅」の最高級梅ぼし
減塩!4%のおいしい はちみつ つぶれ梅干しですheart04


A級品の実を昔ながらの手間ひまかけた製法で、丹念に仕上げているんですが、
塩分を気にされている方でもおいしく召し上がって頂けますshine

ちゃーんとすっぱさもありながら、まろやかな味わいcatface
 
放送前にもぐもぐw

Securedownload_2


 
本来なら、1kgで、3,000円はする高級品ですが
ほんの少し傷があったり、皮がちょっぴり切れてしまったものを詰め合わせて、
500g入ったパックが、4個合計2kgとたっぷり入っていますshineshine

Securedownload


2L以上の大きな梅干しhappy01
改めて見ても、どこが切れているかなーっと探してしまうほど形もしっかりしていますeye

Securedownload_1



一つ一つの実が、本当に大きく肉厚ですのでお料理にも使いやすいhappy02good
 
スタジオにご用意したのは
梅ごはんと、梅きゅうりscissors

Securedownload_4



どうぞめしあがれ~uplovely

Securedownload_3



最後に一言

 
「梅はうめぇ。」
 

房ちゃんこと房みどりでしたbleahheart04

2017年5月23日 (火)

これぞ口福!台湾産玉荷包生ライチ

今日ご紹介したのは、

「台湾産 玉荷包 生ライチ」

でした。

今年もこのシーズンが、
やってきますね!!
(まだ、やってきました、ではない・・
ですから、画像も無し!!)

‌生ライチの季節が!

しかも、
最高級品種と言われる、台湾産・玉荷包。

去年、
わずか数粒ではありますが、
試食してみて、
(去年、写真撮っておけばよかった・・)

ほんとうに、
すごかった~。

美味しかった、というより、
なんか、すごかった。

見た目は緑がかっていて、
フレッシュそのもの。

皮はペコペコしていなくて、
張りがあって、
中身がずっしりしてる感じ。

皮をむくと、

ほとばしる果汁!!!!!!

これ、
お風呂場で食べるっていう人もいるぐらいですからね。

少なくとも、
手がびしょびしょになる準備はしておいたほうがいいです。

その果汁とともに、
白い果肉を口の中に放り込むと、

あの独特のライチフレーバーが、
口腔から鼻に抜け、
体全体を包み込む!

しかも、
ライチはひとつひとつが適度な食べきりサイズだから、

食べたら次、
食べたら次と、

どんどん進んじゃう。

その都度、
皮をむいて食べるから、

生ライチを食べているその時間が、
ダラダラしていなくて、

なんだか、メリハリがあるんですよね。

フレーバーも独特ですけど、

ライチって、
その存在感自体が、独特で、

特別なものを食べているって言う満足感、
口福感があるんですよね。

この生ライチ体験、
ぜひともオススメしたいです。

日本に出回るライチは、
冷凍がほとんど。

収穫される期間が短いのと、
輸入の関係です。

ごくわずかだけ輸入される生ライチも、
もうその段階でほとんど行き先が決まっているので、

店頭で偶然見かけるってことが、
あまりないんですよね。

限定100箱で、
去年も即、完売しています。

ご注文はお早めに~♪


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年5月16日 (火)

旨いッJA熊本市北部「一番生り」の黒小玉スイカひとりじめBONBON

今日ご紹介したのは、

「JA熊本市北部 黒小玉スイカ ひとりじめBONBON」

でした。

みなさん、
スイカ、お好きですよね~!

去年このスイカをご紹介した時、
想像以上に売れ行きが良くて、びっくり。

限定数なしでのご紹介だったので、
数が足りるか心配になっちゃって、

スタッフに確認したほど。

スイカって、
夏を象徴する味ですからね、

シーズンにひとつは、
味わっておきたいものですよね。

ただ、
スイカの難点は、大きすぎること。

核家族化や単身世帯が増えるなかで、
スイカまるごとひとつ買っても、

一度には食べきれず、
冷蔵庫に入るスペースもない・・

結果、
スイカの味は好きだけど、

食べる機会は、
外食でデザートで出た時ぐらい、

そういう人も多いのではないでしょうか。

そんな方にもってこいなのが、
この黒小玉スイカひとりじめBONBONなんです。

大きさは、
普通のスイカの半分~3分の1程度。

半分にスパッと切ったら、
このぐらいの大きさ。

Img_7241


Img_7233


小玉といっても
意外に大きいですよね!?

しかも皮が薄くて、
食べるところはたっぷり。

そのまま抱えて、
スプーンですくって食べちゃってください。

果汁たっぷりで、
シャリッとした、いかにもスイカらしい食感。
もちろん、甘いです。

しかもこの、ひとりじめBONBONは、
小玉スイカの弱点を見事に克服しているのが、

強力なオススメポイント。

一般的な小玉スイカの弱点は、
シャリッとした食感が普通のスイカよりやや劣るのと、
皮が薄いので、若干割れやすいことでした。

その点が
品種改良でバッチリ改善されていますから、

こうして、
ラジショピでも自信を持ってご紹介できるのですね。

さらに!

今回ご紹介している、
JA熊本市北部のひとりじめBONBONは、

3番めの花だけに着果させた、
一番生り(なり)、限定!

つまり、

一本のスイカの苗には、
一個のスイカしか実らせないのはもちろんのこと、

一番いい果実ができる可能性が高い、
3番目の花にだけ、実をつけさせたもの、

ということ。

いや~、
いいですね、この限定感!

そういうの、好き!!

大田市場の達人の太鼓判で、
滑らないフルーツ企画です。

今年もぜひ、味わってくださいね~♪


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年5月 8日 (月)

コーヒーの産地飲み比べ+エフヨコオリジナルブレンド+トートバッグをセットで!

今日ご紹介したのは、

「カフェ ヴィヴモンディモンシュ Cap on cup coffe エフヨコオリジナルブレンドコーヒーセット」

でした。

コーヒー。

それは、
不思議な飲み物ですよね。

昔アラブの偉いお坊さんが~♪

という歌もありましたね。

でも断片的にしか覚えていなくて、
お坊さんが、どうしたんだっけ?と、

歌詞を改めて読んでみたら、
やっぱり面白いですねぇ

そもそも偉いお坊さんは、

恋を忘れた男をあわれんで、
この飲み物を教えたんだな。

その香りについては、

「しびれるような」
「情熱のアロマ」

飲むと心うきうき、
不思議なムード、

結果、
男は若い娘に恋をしちゃう!

テンションが上がっちゃう、と。

たしかに、
そういう一面は、あるかもね。

また、健康効果については、
諸説ありますので、

現状では、
絶対いい、誰にでも良い、とまでは言い切れない様相ですが、

あの苦味は、
良薬に通ずる印象。

人類がコーヒーを飲み始めたのも、
きっとそういう意味があるんじゃないかな、と、

私は勝手に想像して、
薬も兼ねて、一日一杯飲むようにしています。

そして、
コーヒーは、時間と空間を楽しむ飲み物でもある。

焙煎から自分でやる人はあまりいないと思いますけど、

お湯を沸かしながら、
豆を挽いて、
まずお湯を軽く注いで蒸らしたあと、
ゆっくりドリップ。

この時間の使い方や、
立ち上る薫香が形成する空間が、

とても贅沢。

今回、
エフヨコ・オリジナルブレンドを作ってくださった、

ディモンシュさんは、
音楽レーベルもお持ちとのことなんですが、

時間と空間の贅沢な楽しみ方として、
コーヒーと音楽は、

抜群に相性が良いんですよね!

(もちろんラジオとも。)

そんなわけで、
エフヨコとカフェ・ヴィヴモンディモンシュさんとのコラボ商品、

今回は2回めで、
前回はマグカップでしたが、

今回はなんと、
オリジナルブレンドコーヒー!

コラボ形態が、
明らかに進化してます!

ディモンシュの店主・堀内さんのコーヒーへのこだわりについては、
放送でも触れましたので、ここでは省略。

商品内容の紹介をします。

Img_7222


セットの中心は、
エフヨコ・オリジナルブレンドのCap on cup coffee。

Cap on cup coffeeとは、

手軽に本格ドリップコーヒーが楽しめる、
個別包装されたパッケージのことです。

Img_7218


エチオピア リムG1ナチュラル
ブラジル エスピリト・サント ジョアン・アウヴェス・ラセルダ農園
コロンビア ウィラ イキラエル・ファルドン農園
パナマ エスメラルダ農園

それぞれスペシャルティグレードの豆をブレンド。
これが10個、

さらに、
ブレンドの方には入っていないストレートのコーヒー、

Img_7223



産地は、
ブラジル ミナスジェライス サンタカタリーナ農園
エチオピア イルガチェフ G1ナチュラル
グアテマラ ペニャロハ生産者協組合
ホンジュラス モンテシージョ農園
インドネシア マンデリン ドロッサングール

それぞれ1つずつで、

ブレンド+ストレートのCap on cup coffeeが計15個。

これって、
かなり嬉しい組み合わせですよね!

産地の違いの飲み比べに、
「ブレンドの妙」も堪能できる、

めちゃくちゃお得なセットってことです。

それに加えて、
「朝ディモ」トートバッグ付き!

これです。

Img_7219



ワッフルとコーヒーが描かれたトートバッグ。
オシャレっす。

コーヒーが織りなす世界観。

このセットきっかけで、
コーヒーの深みにハマる人、続出するかも!!

限定数、
たったの100セットです、

お見逃しなく~♪


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年4月26日 (水)

フレンチの街、青森県弘前市からシェフこだわりのアップルパイをお届け!

アッポーペンではなく、アッポーパイappleshine
ども~房みどりですeyeheart04
そう、今日はスイーツ好きな方にオススメのアップルパイですup

 
何がどう普通のアップルパイと違うのかと言いますと
one今「フランス料理の街」と言われるくらい、素晴らしいフレンチのお店ができている
青森県弘前市の「シェ・アンジュ」さんで手作りされているというところflair

twoパイ生地には、生乳100%のフレッシュバターと、
上質な小麦粉を使用しているというところflair

three青森県産のアップルパイの為にあるような「栄黄雅」という品種を使っているところflair

fourFMヨコハマオリジナルに仕上がっているというところflair

本番前、試食で頂きましたが…

Securedownload_3


この断面!
ふわふわに焼いたスポンジをくだきりんごと合わせて敷き詰め、
その上に栄黄雅(りんご)、クルミ、シナモンなどを混ぜ合わせたケーキクラムheart04

もう~heart04リンゴがシャキシャキで爽やかsign01
クルミのおいしさも格別ですlovely

 
この見た感じもすごいボリュームsign03

Securedownload_1


ツヤツヤのアプリコットジャムとアーモンド。
この食感の変化も、楽しいんですshine


 
この絶品アップルパイ、実はラジショピ特別仕様にしちゃっておりますheart04
通常直径18センチのところ、なんと24センチsign03
そして中のりんごを30パーセント増量sign03

だからこのずっしり1.3キロnotes

Securedownload_4


※変顔失礼しましたsweat01


 
手作りだからこそ実現した、この夢のようなアップルパイ❤

マーガリンはもちろん、着色料、香料、保存料などは、一切無添加note

安心の美味しさを冷凍保存してお届けしますrvcar

解凍するだけであのサクサク感apple
是非ご賞味くださいhappy02sign03

club今日のゆるゆる5・7・5scissorsclub

Securedownload_2


連休は あっぽーぱいを 食べ尽くそう!

 
房ちゃんこと
房みどりでしたeyeheart04

2017年4月24日 (月)

熊本のメロン名人、毛利さんのタカミメロン

今日ご紹介したのは、

「熊本県 SUN-Q出荷組合 タカミメロン」

でした。

ラジショピのなかでも、

季節の移り変わりを最も感じられるのが、
大田市場の達人オススメのフルーツ企画なのではないでしょうか。

ついこの間まで、
みかん、みかんと言っていたと思ったら、

新玉ねぎ・サラたまちゃんがあって、

今日は、メロンです!

現代の野菜や果物は、
栽培技術を駆使すれば年じゅう生産することはできるのでしょうが、

かといって、

「人間の体が欲する」という観点からすると、
やっぱり旬に影響されるものだと思います。

だって、

メロンの濃厚な芳香、
まったりした味覚、
ふんわりした食感は、

真夏じゃないような気がしませんか?

真夏になったら、
酸味がきいていたり、
食感がシャリッとしていたりと、

食べた時の爽快感を重視したくなる。

まさにメロンを美味しく感じる、
体がメロンを欲するのは、

今、この時!
だと思いませんか?

そんなわけで、
SUN-Q出荷組合さんの、タカミメロン。

去年ご紹介したときは、
あの熊本の震災の後でした。

いろいろなご苦労はあったと思いますが、
生産者のみなさんは、元気にメロンを出荷してくださり、

しかもそのタカミメロンの出来が、
素晴らしかった!!とのこと。

これは、
日本一のフルーツの味を求め続けている大田市場の達人が、

思い出して語るほどの、
印象に残る美味しさだった、ということ。

私が
美味しい美味しい言うのとは、言葉の重さが違います!!(^^ゞ

そういえば、
去年、土曜日のFUTURESCAPEでラジショピをやった時に、
小山薫堂さんにもお話しさせていただいたんですが、

ラジショピのフルーツ紹介では、
確かにいろんな言葉でその果物の良さをアピールはしますが、

かといって、
言えることはあくまで、最低限のこと。

どういうことかというと、

お買い上げいただいた全員のみなさまに届くフルーツ、
全商品に共通する条件を満たし、

そして、
放送でご紹介した後から収穫期を迎えるまでのタイムラグこそが、
フルーツの味が最後の最後にぐーんと乗る時期であり、

まだどうなるかわからないこの時期の生育を
差し引いての、

放送での表現なんですね。

ですからあれでも、ちょっと控えめに言ってるんです!

話を戻しますが、

SUN-Q出荷組合さんのタカミメロン、

特に今回は、
名人、毛利さんのタカミメロンに限定しちゃいます!!

毛利さんのタカミメロンは、
立体栽培、
通常より長い60日の栽培期間などによって、

手間ひまかけて育てられ、
品種のポテンシャルを最大まで引き上げています。

しかもラジショピでお届けするのは、
3Lよりも大きなサイズ!

まだ出荷前につき、
スタジオに用意したものは、

今食べられるネット系のメロンで、
フツーに美味しそうなものなんですが、

やっぱり普通のものは、大きさがハンドボールよりちょっと小さいぐらい、
美味しく食べられる部分がやや少なめ、

糖度14度ぐらいありましたが、
やっぱり皮のすぐ近くになると、
固くて味が薄くなりますね。

(普通のメロンの画像を貼ろうと思いましたが、
タカミメロンのタイトルで普通のメロンが表示されてしまうのもなんなので、
画像は無しにしました。)

お届けするタカミメロンは、

これよりも一回り以上も大きく、
ハンドボールとバレーボールの間ぐらいの大きさで、

重さがひとつ2キロぐらい。
とにかくずっしりと重いんです。

美しいグリーンの果肉。
皮が薄くて、可食部分がたっぷり!
糖度15度以上!!

香りといい、
食感、
甘み、

どれをとっても、申し分なし。
今年も出来がいいとのこと。

限定120!
ぜひ、味わってみて~♪


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

2017年4月17日 (月)

高級辛子明太子の味を、訳あり価格で!

今日ご紹介したのは、

「コロコロ切れ子 辛子明太子」

でした。

明太子、
好きなんだよなぁ~

そもそもタラコ自体が旨いものなんだけど、
それに辛味その他の複雑な味付けが施されているから、

甘みがあってシンプルな味の白飯と、
相性抜群なんだな!

そして、
紅白のコントラスト。

米粒ひとつひとつの隙間を埋める、
さらに小さな赤い粒。

その存在感よ!

好きなご飯のお供については、
よく議論の対象になりますけど、

僕のなかでは、
終身名誉1位。

ちなみに、
好きなおにぎりの具部門においても、

不動の終身名誉1位を与えたいです。

僕に限らず、
世間の皆様も、やっぱり明太子がお好きなようで、

生放送でもご紹介しましたが、

ガス機器メーカーのリンナイさんの調査によりますと、
日本人が好きなご飯のお供は、

第1位が、納豆!

ここまで明太子の話をしてきて、
納豆かよ!!!

とも思いますが、

納豆って、
味はもちろん、
文化的にも深みがありますからね。

その存在感で首位の座を獲得するのは、
納得といえば納得です。

そして第2位に輝いたのが、
タラコ・明太子!!

これ、驚くべきは、

3位以下に、
のり、漬物、生卵、佃煮、梅干しを従えての、
堂々の2位であるということ。

ちょっと分析しますと、
ご飯に合うものって、

植物性、動物性の旨味と、
発酵の旨味、
塩、醤油のしょっぱさ、
(お醤油には発酵の旨味なども)
また、梅干しには酸味もありますね。

そして明太子に独特なのは、
これらの要素に加えて、
スパイスの、
ピリッとしたり、痺れるような辛味がある、ということ。

だからこそ、
代わりのきかない、ヤミツキ感を伴うんでしょうね~

そんなわけで、
ラジショピ自慢の明太子。

まず、
味付けが美味いんです。

一度食べたら、
もうこれでなくちゃ、物足りない、

と癖になっちゃう人が多いです。

博多・華ふくいちさんと、
大阪黒門市場の鮭と魚卵の専門店・黒門三平さんの、コラボ商品。

良質なタラコを厳選し、
手間ひまかけて漬け込んだ明太子。

本来は、
綺麗な箱に入って贈答用にもなるもののなかで、

ほんのちょっと皮が破れてしまったような、
いわゆる訳あり品を、

切れ子という形で、
大きな箱にたっぷり詰めてのお届けになります。

実は同じぐらいのお値段の訳あり明太子ですと、
切れ子だけでなく、
バラ子が入ることが多いんです。

バラ子というのは、
タラコの皮から出てしまった、バラバラの粒のこと。

もちろんそれはそれで、
使いようはあるのですが、

この明太子は、
切れ子がゴロンゴロン。

見て見て~
僕の手の大きさと比べてみてよ。

Img_7115



これ本当にどこか破れてます?
というぐらい、まるまるとした明太子が、
箱にぎっしり詰まっています。

ツブツブが皮の中でしっかりまとまっているものですから、
シャビシャビしていなくて、
旨味も逃げていないんですよね。

冷凍ですから、
必要な分だけ取り出して解凍するのですが、

ひとつひとつが、
剥がれやすいのも嬉しいところです。

自宅用はもちろん、
ご近所やお友達とシェアするのもオススメです!


この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/