fyb_switch_to_sp_js

« 逗子のすごい花火大会 | メイン | 放置すると怖い、シロアリ。だから無料点検。 »

2018年5月 7日 (月)

味わいも風情も、ひとりじめ。熊本の黒小玉スイカ

今日ご紹介したのは、

「熊本県産 黒小玉スイカ ひとりじめBonBon」

でした。

大田市場の達人おススメ、
絶品フルーツ企画です。

3月~5月にかけて、

新玉ねぎ・プレミアムサラたまちゃん、
メロン作り名人毛利さんの立体栽培タカミメロンと、

熊本県産が続きます。

結果的に、
被災地・熊本を応援する、

ということにはなっていますが、
それを抜きにしても、

日本一の味を知り尽くしたフルーツの達人が、
素晴らしいと認める農産物が、

熊本から産出されているという事実は、

その気候風土、
そして生産者さんたちの取り組みが、

称賛に値するものであるという、
証であるといえますよね。

今日の放送時点(5月7日)では、
まだ出荷前ですので、

去年の画像を載せておきます。

Img_7235


Img_7238


そうそう、
これこれ!

夏が近づいてくると、

この姿かたち、
なんか魅力的に感じますよね~

緑、黒、赤の、
鮮やかなコントラスト!

核家族化の進行などで、
昔ながらの大きいスイカを持て余してしまうこともあるなか、

小玉スイカのニーズが
高まっています。

思うに、
現代におけるスイカのポジションって、

昔に比べて、
ずいぶん変わりましたよね。

私が子供のころのスイカって、
おやつ、デザートでもあったけど、

渇きをいやす、
涼を楽しむ食物として、

他に代わるものが少なかったから、

夏には大きなスイカを、
4人家族なら一個ぺろりと食べちゃうぐらいだった。

でも今は、
ジェラートもあれば、
フラペチーノもある。

美味しいものは、
ちょっとずつ味わう時代です。

特にフルーツは、
味とともに、

季節感と風情を楽しむもの。

だからこその、
小玉スイカなんですよね。

なかでもこの、
黒小玉スイカ・ひとりじめBonBonは、

割れやすいとか、
シャリ感に乏しいといった、

かつての
小玉スイカの弱点を克服した優れもの。

試食をしていただくと、
ほんとうに、すべての人が、

おいしい!!

と、

声色が変わり、
表情が輝きます。

紹介する側にとっても、
食べて喜んでもらえると、

嬉しいものですよね。

贈り物や手土産にも、
とてもいいと思いますよ。

この商品について詳しくは、
ラジショピホームページからチェックしてね♪
http://shop.fmyokohama.co.jp/ec/


月曜・火曜キャスター
熊谷章洋
http://www.kumagaiakihiro.com/

コメント

この記事へのコメントは終了しました。