fyb_switch_to_sp_js

年越し法律クイズ(12月31日放送)

<第1問>突然、注文もしていないのに、自宅に荷物が送られてきました。開けて中を確認すると、大好きな日本酒が請求書とともに入っていました。あなたは料金を支払わなくてはならないのでしょうか?

正解は、「×」。支払わなくて大丈夫です。

法律的には契約が成立するために「お酒を買いませんか?」という「申込」と「そのお酒を買います。」という「承諾」の二つがなければなりません。今回は一方的に送りつけられていますので、契約は成立していません。代金の支払いをする必要はないです。

しかし、もし味見などをしてしまった場合は、支払わなくてはいけなくなりますのでご注意ください。これは、食品だけでなく、商品を使用したり、消費した場合、「お酒を買いませんか?」という「申込」に対して、購入を「承諾」したものとみなされるからです。

では、送りつけられた商品をずっと保管しておかなくてはならないのかというと、ずっと保管する必要はありません。特定商取引法という法律に規定があり、あなたがお酒(または商品等)を未使用のまま14日間保管した後は、お酒(または商品等)を自由に処分してもいいことになっています。さらに、14日間保管後であれば、お酒(または商品など)を送りつけた販売業者は、お酒(または商品など)の返還請求ができなくなります。 ですから、15日目には、お酒飲んでも(または商品を使用しても)OKです。

ですが、15日は長い。もっと保管する期間を短くできないの?と思われる方もいると思います。そんなときは、あなたが販売業者に対して、購入意思がないことと、お酒(商品)の引取請求を通知した場合には、この保管義務は通知後7日間に短縮されますので、8日目から飲めますし、所定期間経過後は、商品を処分しても損害賠償の請求をされることはありません。

このような商法を「送り付け商法」といって、注文していないにも関わらず、一方的に商品を送り付け、代金を請求する商法です。商品は、食品や衣類、化粧品や本等とさまざまで、こうしたトラブルは近年増加しています。特に最近は高齢者の方々の被害が多く、被害者を守るために「特定商取引法」という法律が施行されています。

民法では基本、原則的に契約した内容の通り履行しなければならないのですが、消費者を守るためにも、こういった特別法としてさまざまな法律があります。エステ等の契約における「クーリングオフ・中途解約」等もそうです。

例えば、エステの申込みをして施術をしたけど、効果が実感できなくて、やっぱり「違うな、辞めたいな。」と思った場合に、エステや脱毛等の美容関係の契約では中途解約をすることが出来ます

<参考>中途解約
エステ等の契約において期間が1カ月以上、契約代金が5万円を超える契約(特定継続的役務提供)であれば、「中途解約」という方法で、契約の解除ができます。ただし、契約期間(エステの施術を受ける事のできる期間)内に手続きをする必要があります。

<第2問>中途解約できるかクイズ!下記の3つの問題にお答えください。

  • エステの契約と同時に契約した、美顔器や脱毛器は、1か月ぐらい使用してから中途解約できると思いますか?
  • 植毛・増毛契約は、中途解約できると思いますか?

正解は、1.できます、2.できません

1.については、使用していますが解約できます、その場合一部負担金が発生する場合もあります。

2.特定商取引法(特定継続的役務提供)の「クーリングオフ」や「中途解約」が適用されません。しかし日本毛髪業協会や日本発毛促進協会等業界団体に加盟している事業者で自主規制の元でクーリングオフ制度を設けていたり、特約で中途解約を可能にしている場合もあります。

<参考>中途解約できない契約とは
  • 医薬品サプリメントは、不可。
  • 植毛・増毛は、不可。
  • 化粧品・石鹸、脱毛器、美顔器、健康義具、健康食品(医薬品サプリメント不可)補正下着類は、可能。

このように契約内容によって決まっています。

また、クーリングオフや中途解約が適用できなくても、消費者契約法に基づく契約の取消や脅迫、詐欺による契約取消等で、解約できる場合もあります。 被害者を守るために様々な法律規制があり、私達司法書士がお力になっています。年末年始に被害に遭われないよう、気を付けて下さい。また、もし被害に遭われたという場合には、是非、司法書士を頼って頂けたらと思います。

<最終問題>「あなたの街の身近な法律家といえば」なんでしょうか?

正解は、「司法書士(しほうしょし)」です。

私達司法書士は、登記や裁判、成年後見業務等を行なって日常生活で一番身近な民法にはとても精通しています。また法務大臣から認定を受けた司法書士は140万円以下の簡易裁判所(民事事件)では裁判の代理人となることもできます。生活上のトラブルに関してお困りの際は、是非あなたの街の身近な法律家である私たち司法書士に、ご相談していただければと思います。

今回も、番組ホームページから年末プレゼントがあります。光邦さんのサイン&写真入り番組オリジナルQUOカード300円。そして日本司法書士会連合会のイメージキャラクター、女優の桜庭ななみさんのポスター2種類、以上3点をセットにして抽選で5名の方にプレゼントいたします!

<< 応募方法は >>

プレゼントへの応募はメールで、お願いいたします。メール作成画面の本文に、お名前、ご住所、タイトルコール、番組への感想を入力の上、送信してください。
メールのあて先は「tresen@fmyokohama.co.jp」です。
タイトルコールは「DJ光邦と司法書士の法律相談室」です。

皆様のプレゼントへのご応募や、メッセージお待ちしております。