Vance Kのトレーニング入門 Feed

2011年2月28日 (月)

腕立て入門

Img_1339

筋トレといったらまずはコレ! の腕立て。

でもかなりタイヘンなんですよね。

そこで今回の筋トレ入門は、初心者でも、運動不足でも、女性でもできる腕立て!

実はあることをするだけで腕立てがグッとラクになって、しかも正しくできるようになるんです。

それは・・・コレ

Img_1344


詳しくは、Vance Kのアロハ式トレーニングをチェック!

2011年2月20日 (日)

新ブログ Vance Kのアロハ式トレーニング 

1

「筋トレををするとムキムキになっちゃう」
「自分は痩せたいだけだから筋トレはしない」という人、多いですよね。


ところが、筋トレは、やってもそう簡単にはムキムキになりません。
むしろ、痩せたい人にこそ、筋トレがいいんです!

それは、少しずつ増えた筋肉が、脂肪を勝手に燃やしてくれるから。
実は筋トレは「楽ちんダイエット法」でもあるんです。

……って、いったいどういうこと?


そんな話満載の新ブログ「Vance Kのアロハ式トレーニング」がスタートしました!

痩せたい人こそ筋トレ!
筋トレって実は疲れない!?
筋トレしたらムキムキ?

など、「筋トレやったことがない人」「ダイエットに興味がある人」が楽しくチャレンジできる内容です。
あなたもぜひ!

ついでに、ヘビーな内容の「Vance師匠とジム巡り」も、そちらにお引っ越ししました。
Vance師匠とデカムラくんのどMな筋トレ日記もぜひ!

「Vance Kのアロハ式トレーニング」

2011年2月 8日 (火)

Vance Kのトレーニング入門 脚編 

Photo_3


デカムラくんことナカムラです。
 
筋トレに興味があるけど難しそう・・・というアナタに贈る「Vance Kのトレーニング入門」
 
今回は編です。
 
 
脚の筋トレは、健康に長生きするためにはとても重要
 
歳をとって筋力が弱ってくると、転んで腰を痛める危険性が高くなります。
するとそのまま寝たきりになることも・・・。
 
それを防ぐためにも、最近では、高齢者に特に脚の筋トレを勧めるお医者さんが増えているそうです。
 
 
人生を永くエンジョイするためにも、脚の筋トレをやりましょう!


家でもできる脚の筋トレでお薦めなのは、「ランジ」

右足を一歩前へ〜! そのまま沈み込み〜! 左足を一歩前へ〜! そのまま沈み込み〜!

とやる運動です。

ちょっとやってみるとすぐ分かりますが、簡単な動きなのに腿やお尻にかなり効きます


ただしやり方にはコツが。 

つい深〜く沈んでしまうのですが・・・

Img_1150

これは間違い

ここまで深く身体を沈めてしまうと、体の重さが腿の筋肉ではなく、ヒザの関節にかかってしまうので、ヒザを傷めてしまうのです。


ヒザの角度は90度より曲げてはいけません

Img_1151

このくらいの角度でゆっくり歩いてください。
 
けっこうあっという間に脚の筋肉が限界になるので、ゼーゼーすることもなく効果的に鍛えられますよ!
 
 
 
慣れてきたら、重いものを両手にぶら下げてもよくってよ( ̄3 ̄)/!

Img_1128


レッツ筋トレ!

2011年2月 2日 (水)

Vance Kのトレーニング入門 腹筋編 

Photo_17

デカムラくんことナカムラです。
 
最近、Vance師匠の周りで、師匠の影響を受けて筋トレを始める人が増えています。
すごくうれしいことです。


 
あなたも筋トレ、始めてみませんか?
  
 
ということで、Vance師匠から、楽しく始められる「おうちで筋トレ」のコツを伝授。
 
今回は「腹筋」
腹筋を鍛えると、お腹まわりの脂肪をグイッと引き上げてくれるので、見た目の効果は抜群です。
 
そんな腹筋ですが、頭の後ろで腕を組む人が多いですよね。
 
Img_1098 

これは間違ったやり方
 

他に、「脚を伸ばす」人や、腹筋といえば「上半身全体をグイッと起こす動き」という人も、多いですよね。
 
これも間違い。 

これでやると、腹筋よりも腰や背中、脚の筋肉を使ってしまうんです。
たくさんの筋肉でやっているから回数はできてしまうけど、とっても疲れる割に腹筋は全然鍛えられなくて、意味がないことになってしまいます。
 
 
正しい腹筋は、「膝を曲げ」て、「頭の横か胸の前で腕を固定」して、「腹筋を縮める」という動き。
 
Img_1096 Img_1097

「起き上がる」のではなくて、「腹筋を収縮!」というのを意識すると、動きはメチャ地味で小さくなるけど、腹筋はかなり鍛えることができます。
 
しかも、他の筋肉を使わないから、腹筋はすぐに限界になって、あっという間に終わります。
 
ということは・・・体力的にもこちらの方がずっとラクなんです。
 
終わった後にゼーゼー息が上がっちゃうことにもなりません。
 
 
「筋トレなんかしたら疲れすぎちゃう」という人にこそ、正しい筋トレ方法がおススメです。


レッツ筋トレ!