fyb_switch_to_sp_js

« 失敗談、聴いちゃいました① | メイン | 傾斜地を活かした「スキップフロアー」のある住宅 »

2016年10月30日 (日)

失敗談、聴いちゃいました②

「私、失敗しないので」

なんて言い切れるのは大門先生くらいではないでしょうか・・・。

私、穂積もこれまで数々の失敗を繰り返してきました。

「◯△◯△×◯のつもりで参加したら◯◯にあってしまった」

「その結果◯×△□◯◯◯◯・・・」

とてもブログではご報告できる内容ではないので割愛させていただきたく思います。

さて、前回に引き続き、三心の営業アドバイザーの方がリアルな失敗談を語ってくれました。

Img_4940

入社4年目の山崎さんです。

とっても優しそうな山崎さんが、入社してすぐに初めて契約をいただいたお客様とのエピソードを話してくださいました。

内装や外装の仕様に対して、お客様が描いているイメージを上手く取り込めず、私が理解できないまま現場監督に引き継いでしまいました

その結果、お客様から指摘があり工事が途中でストップしてしまったそう・・・

お客様には多大なるご迷惑をおかけしてしまい、当時のことを思い出すと今でも反省します

初めてのお客様で知識や技術が乏しい状態だったにも関わらず、誰にも相談しないまま「現場監督がなんとかしてくれるだろう」という責任感の無さが原因だったと山崎さんは語ってくれました。

その後、会社全体で問題点を捉え、お客様にお詫びをして現場監督の高田さんに引き継いだそう。

高田さんは、今までの経験からお客様のイメージをある程度描くことができ、何度も打ち合わせを重ね工事は再開。

現場では塗り壁の職人さんにサンプルを実際にその場で作ってもらってお客様に見てもらうなど、山崎さんも打ち合わせに参加して、完成後の今でもお客様から連絡をいただいてるような関係を築けているそうです。

三心は営業アドバイザー、設計士、仕様コーディネーター、現場チームが繋がっているので「チームプレイだからこそできること・・・」っていうのが理想の住まいを現実にしてくれるのですね〜☆

さて、次回は座間市にある完成ほやほやの施工宅におじゃまします。

久しぶりの「傾斜地」に建てられたお宅ですよ〜!

☆チームプレイの三心のホームページはコチラから☆

コメント

コメントを投稿