最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月19日 (日)

予算 is over.

リビングの床をタイルにしたいっス!

壁は南欧風の塗り壁にしたいっス!!

という穂積のワガママを伝えさせていただいた前回の放送。

とはいえ世の中そんなに甘くありません。

Img_2771

(画像は前回と微妙に異なっています)

春田社長:穂積さん、前回のご要望を入れこんだお見積りが完成しました。

穂積:いやーさっすが春さん!仕事が速いですね〜♪

春:でへへ、、、。いや、穂積さん、大変申し上げにくいのですが、予算がオーバーしてしましました。

穂:そっ・・・そんな・・・。

Yosan is over 悲しいけれど

終わりにしよう きりがないから

Yosan is over ワケなどないよ 

ただひとつだけ あなたのため

春:お上手ですね・・・。でも決して終わりにする必要は無いのです。

穂:えっ!?

春:他を削ればいいと思いますよ。

穂:なるほど。でもリビングの床と南欧風の塗り壁だけは・・・

春:例えば寝室のグレードを少し下げる。生活スタイルによって人それぞれですが、それほどこだわらないという部分を見直してみるのもアリですよ。

穂:そしたら玄関が大きいかなと思うので小さくしたり、吹き抜け部分をコンパクトにしたりとか。

春:はい!そのあたりでもコストを抑えることができますね。

穂:ボク、今日からコストカッターになります。

春:そしたら私はコストコにプルコギを買いにいってきます。

穂&春:(大笑)

穂:新居でプルコギパーティーしましょう!

Img_2776


ということで「他を削る」ことによって自分のワガママをいれつつも無事に予算内におさまりました。

次回は・・・・・!?

おたのしみに〜

〜三心のホームページはこちらから〜

2016年6月12日 (日)

見積書、それは厚みがあった。

設計プランのワガママばかりを伝えている穂積。

それを全て受け止めてくれている春ちゃんこと春田社長。

今回はついに初めて「見積書」とご対面。

穂:春ちゃん、今まで色々ありがとうございました。

春:えっ!?どうしたんですか。急にお別れみたいなコメントで。

穂:いや、ここまで親身になってワガママ聞いてくれて・・・。

春:当然ですよ。これが我々の仕事ですから。

穂:自分、本気(マジ)で嬉しいっス。

春:なんだか私も嬉しいですね〜!

穂:春さん・・・

春:なんでもワガママ言ってくださいね。

穂:ア、、、

春:んっ〜?

穂:アモーレ。

春:・・・・・・・・・・。

穂:ここ笑うところですよ。

Img_2765

ということでいよいよ生の見積書を見せていただいたのですが、これが分厚いんです!

建物を建てるにあたり全ての工種をピックしていくと20枚くらいの枚数になるそう。

床面積、外壁面積、窓も一本一本、さらには建具からコンセントまで単価が記されているので、どこに何が使われているのかが一目瞭然なのです。

Img_2771

さらに見積書とは別に「仕様ご提案書」もご用意していただきました。

部屋ごとに仕様変更可能でキッチンやお風呂などの水回りの商品もどこのメーカーでも対応。設備も色々選べて商品のグレードも良さそうです!

ここでまた穂積のワガママが出てきちゃいました。

リビングの床をタイルにしたいっス!

壁は南欧風の塗り壁にしたいっス!!

春田社長、この辺りもふまえて引き続きよろしくおねがいします。

アモーレ!三心のホームページはコチラから

2016年6月 5日 (日)

お言葉に甘えてさらにワガママを〜!

Img_2757

前回は修正プランからさらにワガママを聞いてもらい

海が見えるキッチンにしたい!

リビングに吹き抜けが欲しい!

という穂積の願望を伝えたところ見事に叶えて下さり、またまた新しいプランを作ってもらいました。

このプランだとLDKどこからでも海が見えて眺望抜群!

これなら北向きでも明るさバッチリ!

立地上、どうしても北向きになってしまう土地でもけっして諦めてはいけませんね。

さらに屋上の位置をチェンジしてリビングに吹き抜けを設置。

全ての要望をいれていただきこれで設計プランはかなりまとまりました。

次のステップは「見積りの作成」です。

お楽しみに〜