fyb_switch_to_sp_js

三心×Fヨコ「オリジナルステッカー」プレゼント

「三心理想の住まいご意見番」

毎週日曜日17:55〜いつもご愛聴くださりありがとうございます。

番組ではみなさまからの住宅に関する疑問や質問などを募集しております。

例えば・・・

・初めて家を建てようよ思うのですが、まずは何をすればよいのでしょうか?

・店舗と住宅を一緒にしたいのですが・・・

・注文住宅って高価なイメージですがホントはどうなのですか?

・ご意見番って何歳なんですか? etc...

採用された方には三心×Fヨコのオリジナルステッカーと三心から粗品もセットでプレゼントさせていただきます。

もちろんどんな些細な質問でもOK牧場!

ご意見番が分かりやすく解説してくれますよ。

宛先は sanshin@fmyokohama.co.jp

また、こちらのサイトからも受け付けております。

ご意見番や春田新社長、岡本ディレクターへの応援メッセージもどしどしお待ちしております!

2017年6月18日 (日)

小田原でスローライフ!大自然に囲まれた英国風住宅

みなさんこんにちは!

三心理想の住まいご意見番。

今回は小田原にある堀邸におじゃましています。

実はワタクシ、完成直後におじゃましていた事が判明!

(決して不法侵入ではございません汗)

三心では珍しい建て売りの物件だったので、完成直後にレポートでおじゃましていたわけなのです。

Photo_8出迎えてくれたのは施主の堀さんとお嬢さんのゆいこちゃん

堀さんは元々、注文住宅を考えていたそうですが、たまたまこの物件を見かけて見学したところイメージ通りだったので一目で気に入ったそう。

しかしながら建て売りなので、完成までの経過を見る事ができない・・・

ということで堀さんは第三者の建築のプロに依頼して「ホルムアルデヒド測定」「床面が水平かどうか」「床下と屋根裏」などを検査してもらい、特に指摘事項もなくお墨付きをもらって安心して契約に至ったそうです。

Photo_9ベランダからは海も望めます

それにしても山と川に囲まれてホントにのどかなところ。

90坪というゆったりした敷地です。

庭はご主人がお手入れされ、BBQには20人以上の仲間が集まるのだとか。

うらやましい限りのスローライフですねぇ〜。

Photo_10リビングには明るい陽が差し込みます

以前は横浜にお住まいだった堀さん。

小田原だったら新幹線を使えば東京まで通勤圏内だし、住宅価格と通勤代のトータルコストを考えてもさほど変わりがないと思って検討を始められました。

実際に横浜に住んでいたときと通勤時間は変わらないし、ラッシュの混雑も無くオンオフを区切れるので、現在のライフスタイルに大満足だそうです!

縁もゆかりもない土地ながら、今ではご近所とも仲が良く、ゆいこちゃんのことをかわいがってくれたり、堀さんが御神輿を担いだりと小田原ライフを満喫されています。

みなさんも「小田原でスローライフ」いかがでしょうか?

土地や建物はもちろん、ご近所付き合いも三心の春田社長がナビゲートしてくれますよ!

三心のホームページはコチラから

2017年6月 9日 (金)

三心のデザインオフィスにおじゃましました♫

みなさんこんにちは!

「三心理想の住まいご意見番」

今回は小田原市成田にあるデザインオフィスにおじゃましました。

254fadf7f7f44f9fbd471a971befc194R255沿いに昨年11月にオープン

Cf5c61ff9abe46e19b884a611699d633店内に入るととても開放的な空間が広がっています

A5a4e6ff9c5445048c9427e26aec6d61キッズスペースも充実しているので、小さなお子さま連れのファミリーも安心!

5a9fb7bded964b00a053ee77c07184ec壁がスケルトン!筋交いを見る事ができます

D5d172d95ec74410aef59e81d057663f断熱材もスケルトン!これまでの施工宅の写真も展示されています

F85004d8a3244fa4b6372b1f4d4e1a13大きな看板が目印!

国道沿いの目立つ場所にできたので、直接ご来店されるお客様も増えたそうです。
メールや電話では伝えきれない事もあるので、こちらで顔を合わせて話す事によって、お客様も安心感が得られますよね。

ぜひみなさまも三心の成田デザインオフィス、遊びにお出かけ下さい!

三心のホームページはコチラから。

2017年5月14日 (日)

自然素材にこだわった南仏風住宅

みなさんこんにちは!

三心理想の住まいご意見番、

今月は保土ヶ谷区にある川下さんのお宅におじゃましています。

Img_8205

設計ご担当、ティーズプランニングオフィスの篠原さん

三心のアドバイザー、山崎さん

施主の川下さん

写真を撮らせていただいたリビングは吹き抜けになっており、

2階廊下との空間のつながりが設けられ、

とても開放的な作りになっています。

白い格子の半円型の窓もステキですね〜

この他にも壁はモイスという調湿効果の高い自然素材や、

有田焼の洗面台、扉の取っ手やカーテレールなど細かいパーツまで、

川下さんのこだわりがたっぷりとつまっています。

アドバイザーの山崎さんと川下さんが最初に出会ってから約3年半。

「建物が完成してからが長いお付き合いのスタートです」

「これからも何かあったときには、すぐ対応できる様な関係でいたいです」

とおっしゃっていた山崎さん。

施主の川下さんも「お客さんのためにここまでやってくれるんです」と、

大変満足していらっしゃる様子でした。

三心のHPはコチラから。

2017年4月16日 (日)

目の前は大海原!傾斜地を活かした住まい

「三心理想の住まいご意見番」

今回は小田原市根府川にある荒木さんのお宅におじゃましています。

Photo_4

設計を担当された三心の春田さん、施主の荒木さんご夫妻とじん君(1歳6ヶ月)。

2016年5月に完成した荒木さんのお宅は、海が一望できる土地に傾斜地を活かした「スキップフロア」のある木造住宅です。

※スキップフロアについては2016年11月の記事をご参照ください。

Photo_5

まずは玄関を入って階段をのぼるとすぐに見えてくるカウンターキッチン。

ここからももちろん相模湾を眺めることができます。

海を眺めながらとびっきり新鮮な魚を料理できるなんてステキ過ぎる!

さらにリビングや和室もオーシャンビューです。

Photo_6

コチラがキッチンから続くスキップフロア。

3.5mもある高低差を活かし、どの部屋からも海が見えるように三段階のスキップが設けられています。

Photo_7

階段の途中で和室やトイレに行くことができ、さらに階段をのぼると寝室が・・・

Photo_8

と思ったらなんと下りの階段が!!!

も〜難しそうな傾斜地を活かしまくりです。

施主の荒木さんは、海が一望できる土地を探していたそうですが、なかなか金額の安い土地が見つからなく、傾斜地を購入。ところが、予算にあった建物を建ててくれる工務店が見つからず困っていたときにインターネットで三心をみつけて問い合わせたそうです。

海は見えるし秘密基地みたいで楽しいし、初日の出や花火、さらには海に映る月まで・・・

こんな家に住んでみたいな・・・

傾斜地のスペシャリスト!三心のホームページはコチラから。

2017年3月19日 (日)

1杯のカフェラテ・・・夢が叶った理想の住まい

「かなわない夢はないんだ〜♪」by フラワー/Kinki Kids

ということで今月は

「軽食を出せるようなお店をやってみるのが夢だった」

そんな施主さんの夢が叶ったお宅におじゃましています。

333adfb495ba403ba56c6ba45cf5c9b8

南足柄市にある利根川邸。

こちらを担当されたのは三心のアドバイザー山崎さんと建築士の富田さん。

施主の利根川さんは4社ほどプランを提案してもらったそうですが、

伝えた要望をしっかりと組み込んで提案してくれたのが三心。

デザイン性も良く、これから作り上げていく中で自分たちの理想を現実にしてくれると期待できたのが決め手となったとのことです。

81ac86cbc92e4914be090da8722db020

利根川さんのこだわりのうちの1つが2階のバルコニー。

10畳ほどあって、かなりゆったりしたスペースですね〜。

目の前を流れる狩川のせせらぎも聴こえてくるし、抜群の景色はもちろん初日の出もバッチリ!

もちろん外からの視線も考慮した作りになっています。

880f8e7508c741db9d1f2058a3ca3c81

そして「軽食を出せるようなお店をやってみるのが夢だった」

が実現されたのがコチラ。

「それいゆ」というお名前で営業されています。

最初の打ち合わせで利根川さんが作ってくれた1杯のカフェラテを飲みながら、「お店を出したい」という夢を聞いたアドバイザーの山崎さんは「絶対に実現するぞ!」と心に決めたそうです。

実際に山崎さんがお店の許可を取得するために必要なことを役所に確認に行ったり、横浜にある水回り関連のショールームへ一緒に足を運んだり・・・

最初の出会いから引き渡しまで一年と少々。

「夢」の実現に向けてとことん付き合う三心のスタイルで、理想の住まいが完成しました。

完成後の現在でも山崎さんは「それいゆ」で利根川さんの美味しいパスタを食べて英気を養っているそう。

お店は岩原公園のすぐ近くにあります。

営業時間は平日の10時〜14時。

ぜひみなさまもカフェラテとパスタでステキなひと時をどうぞ。

あなたの夢・・・叶えてくれます!三心のホームページはコチラから。

2017年2月19日 (日)

主婦目線のこだわり満載の住宅

三心理想の住まいご意見番。

いつもご拝聴いただきありがとうございます!

2月は横浜市旭区にある山田邸からのオンエア。

節分に針供養、建国記念日にバレンタインデー・・・

も〜イベントだらけ!

そんなご多忙の中ご登場いただいたのは、富田健太郎建築設計事務所の富田先生、三心の建築アドバイザー釣巻(つるまき)さん、施主の山田さん(奥様とお嬢様)です。

Img_6635

実は釣巻さん、三心では初の女性建築アドバイザー。

元々は社内で別の業務を担当されていたそうですが、山田さんの奥様から「指名」があり、建築アドバイザーとしてデビューされたそうです。

写真の様な白を基調としたキッチン、独立した洗面所などなど・・・

山田さんの希望を組みながら何度も打ち合わせを重ね「主婦目線」でプランを提案。

さらに奥様と一緒にショールームへ足を運び、仕様や色決めを行ったのだとか。

また、設計を担当された富田先生は様々な規制をクリアしてバリアフリーを実現。

狭い間口ながら可能な限り大きな窓にしたり、天窓を設置して建物の奥まで光が届くように工夫しています。

Img_6638

釣巻さんにとって山田さんがアドバイザーとして初めてのお客様で、上棟した時の感動は今でも忘れられない思い出。

一方、山田さんの奥様も

「女性ならではの気配りはさすがでした。対応もとても早く丁寧で、何よりありがたかったのは、主婦ならではの希望やこだわりを共感してもらえたことです。」

とおっしゃっていました。

山田さんにとっては新たなお住まいでの生活がスタート。

釣巻さんにとっては新たなお仕事のステージがスタート。

帰り際に「今度、ランチにいきましょうね〜」なんて約束をされていたお2人の様子が、まるで久々に再会した同級生のようでした。

「家を建てる」という共通のゴールには「出会い」と「ドラマ」があるんですね〜

☆施工例もたっぷり掲載中!三心のホームページはコチラから☆

2017年1月15日 (日)

ゲストハウスへリノベーション

みなさんこんにちは!

1月の三心理想の住まいご意見番は、

三心がゲストハウスへのリノベーションを担当した物件におじゃましています。

箱根登山鉄道宮ノ下駅を降りてすぐの「NARAYA CAFE」さん。

穂積もこれまで公私ともにおじゃましたことがあるステキなカフェです。

改札を出て坂を少しくだると見えてくる「足湯」が目印!

その足湯を中心にカフェ、ギャラリー、ショップがあり、

これらはいずれも築50年を超える古い建物を改装して作られたそう。

Img_6064

【三心の瀬戸さん・オーナーの安藤さん・穂積】

今回は、敷地内にあるかつて宿舎だったスペースをゲストハウスにするリノベーション。

三心の瀬戸さんは、傷んでいる構造体の修復とそれに絡む内外装のリニューアルを提案し、

オーナーの安藤さんも塗り壁、塗装の仕上げをご自身で行ったそうです。

ゲストハウスのオープンがたのしみですね!

〜三心のHPはコチラから〜

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます

2017年もどうぞよろしくお願い致します

Img_6066_2



By 春田社長 穂積ユタカ 篠崎会長

2016年12月18日 (日)

フレンチアンティーク風の住宅

みなさんこんにちは!

12月の放送も三心の施工宅におじゃましています。

チーム三心が向かったのは平塚市にある

「フレンチアンティーク風のお宅」です。

01

詳しい画像は三心HPの施工例にたくさんアップされているのでぜひご覧ください。

Img_5637

施主様の片山さんファミリーと記念撮影。

270cmの天井高、アンティークの梁、海外製の室内ドア、チークの床材、珪藻土の塗り壁、造作カウンターなどなど・・・。

ご主人と奥様のこだわりがたっぷり詰まっています。

提案力やコスト面のトータルバランスが1番よかったことが、三心で建てた決め手だったそう。

ラウンドしているリビングの壁がとってもメルヘン!

お子さまのめいちゃんとみなとくんも新しいおうちに大満足の様子でした。

きっと今頃はクリスマスツリーが飾られているかもしれませんね〜

片山家の皆さんありがとうございました!

画像を見るとイメージがパンパンに膨らみます!三心のホームページはコチラから

2016年11月20日 (日)

傾斜地を活かした「スキップフロアー」のある住宅

Img_5186

みなさんこんにちは!

「三心理想の住まいご意見番」

今月は座間市入谷にある平山さんのお宅におじゃましています。

平山さんご夫妻とお母さま、ふみひさくんとさなちゃんも出演して下さいました。

平山家の注目ポイントは

「スキップフロアー」

です。みんなで腰をかけているアレです。

Img_5187これぞスキップフロアー!収納スペースにもなっているのがポイント!

リビングとキッチンの間に段差があります。

まるでキッチンがステージみたいで遊び心もたっぷり!

これにはふみひさくんとさなちゃんも大喜びの様子でした。

実は平山さんのお宅は傾斜地で、道路から登り傾斜で約2.5mもの高低差があるのです。

通常ですと土留めを兼ねて一階を鉄筋コンクリートで作る工法ですが、それは予算オーバー・・・。

そこで「傾斜地」に強い三心は、木造で室内に段差を付ける「スキップフロアー」を平山さんに提案したそうです。

とはいえなかなかイメージがつくものではないので、CGを見て頂きながらプラン変更も10回以上行われたのだとか。

三心は理想の住まいが完成するまでとことん付き合ってくれます。

そしてご覧ください。この夜景・・・。

Img_5181

平山邸のリビングからの眺めです。

これには奥様も大満足!まさにその土地が活かされた部分ですね。

Img_5188

さらにベランダに出てみると基地のような階段が!

Img_5183

はい!キターーーーーー!

そこにはさらに素晴らしい夜景が広がっていました。

ちなみにふみひさくんは電車が大好き。

ベランダからもよく見えるので新しいお家も大好き。

三心の春田社長や平塚さんとフレンドリーにお話ししている様子をみてとてもほっこりとさせていただきました。

平山家のみなさんありがとうございました!

三心のホームページはコチラから。

これまでの施工例もたくさんアップされていますよ!