番組後記 Feed

2013年3月31日 (日)

最終回のゲストはMONGOL800

というわけで513回の「はいさい」と「またいちゃらや~~!!」
を言い続けた10年間の「RYUKYU TIME」最終回を迎えました。

まずは、リスナーの皆さん本当ににふぇーでーびる!
これまで聴いて頂き、有難うございました!!

そして最終回にやっとお会いできた
「MONGOL 800」のメンバーの皆さん、
ご出演頂き、有難うござました!

Dsc_3867

ホントあったかい、そして力強いメッセージを頂きました。
初めましてだったのに、なぜか前から繋がっていたかのような、
空気感の中でお話させていただきました。

沖縄音楽界は先人たちが作りあげた伝統的な民謡があり、
そして、今でも多くの唄・音楽が色んな形で沖縄から生まれ続けている。
そんな沖縄音楽へのリスペクトがあるからこそ、
モンパチのサウンドは説得力があり、
たくさんの人の心を打つとんだな~と
インタビューをし、そしてライブを観て感じました。

改めて最終回に相応しいゲストをお迎えし、
次のステップアップへのメッセージを頂くことができたんだな~と
感じました。

そして、10年間続けた「RYUKYU TIME」振り返ると
エンディングトークでもお伝えしましたが、
確実にDJとして成長させてくれた番組でした。
大学を卒業して数年で、まだまだ人間として
ひよっこだった自分に番組を持たせて頂き、
あらゆるゲストやリスナーと交流してきました。

今考えると失礼なこともあったと思います。
そんな若輩者を色んな方々に温かく見守って頂いたからこそ
続けて来れたと思います。
リスナーの皆さん、そしてこれまでご出演頂いたアーティストの皆さん、
それに番組を支えてくれたスタッフ・関係者の皆さん
本当に有難うございました!

この番組ブログ上は本邦初公開になりますが、
これまでお届けしてきたTEAM・RYUKYU TIMEです!

Dsc_3897

それぞれの情報網から沖縄ネタを集め、
毎週30分の番組として制作してきました。
楽しい時だけでなく、うまく進まない時など
すべて思い出せないくらい色~んなことがありました。
でも全て「RYUKYU TIME」の思い出として心に残して
おきたいことばかりです。

このチームは解散となり
「RYUKYU TIME」として一旦終了なんですが、
また新たな形で番組が生まれ変わりますので、
引き続き、どうぞよろしくお願いします!

では、またいちゃらや~~!!

柴田聡

ゲストSAKISHIMA meeting!

はいさい!

いよいよこの後on airされる「RYUKYU TIME」が
ラスト「はいさい」!?になるわけですね。。

最後まで、ぜひ番組をご堪能頂ければと思います。

さて、ここで先週お送りした

「SAKIAHIMA meeting」のお二人の振り返りを
遅ればせながらさせて頂きます。

あらゆる沖縄の唄者やアーティストに支えられた番組でしたが、
特に「SAKISHIMA meeting」の新良幸人さんと下地勇さんには
大変お世話になりました。

Dsc_3697

やはり、ラストを迎えるにあたり、これまでのお礼とご挨拶を
させて頂くべく、お会いしてインタビューを致しました。
いよいよ最終回を迎えるお話をさせていただくと
お二人は誰よりも残念がってくれ、これまでの思い出を話してくれました。
本当に本当にこれまで番組を愛してくれて頂いたんだと感じました。

そして下地さんは毎年のように番組にご出演いただき、
なのに、スタジオではなく外取材ばかり。。
最終的にはそれがお約束ネタみたいになりましたが、
それがまた忘れられない濃い思い出となりました。

この場を借りて、改めてお礼をお伝えしたいと思います。
本当に有難うございました!

でも、しっかり繋がった縁を大事に
またお会いできると信じています。
そして、いつまでもお二人のご活躍を応援しております!
また、いちゃらや~~!

柴田聡

2013年3月30日 (土)

3月17日 on air

今月17日は番組初登場!
「大工哲弘」さんのインタビューをお届けしました。

Dsc_3806

番組でもお伝えしましたが、本当にユーモアのある方でした。
ライブでも大工さんの駄洒落が炸裂していたんですが、
大工さん曰く、オジさんのシャレ「オシャレ」なんだそう。(笑)

インタビュー前半から一本、取られるという
和やかな雰囲気でお話をさせて頂きました。

でも、沖縄音楽に対するお話になったときは
目つきがクッと変わり、大工さんがこれまで感じ続けている
沖縄民謡に対する熱い思いも伺う事が出来ました。

そんな大工さんと久保田真琴さんによる
新作「BLUE YAIMA」は5月8日リリースします。
ぜひ、大工さんと久保田さんが作り出す新たな音世界、
5月には堪能して頂きたいと思います!

大工哲弘オフィシャルサイト↓
http://www.daiku-tetsuhiro.com/

柴田聡

3月10日on air

今月10日はかつて昔、沖縄を賑わしていた
「琉球競馬」をご紹介しました。

実は先日こんな本を見つけ、読んでみたんです!

Img_20130317_223939

すると驚くべきことに沖縄には戦前まで
本島だけでなく、離島にもいくつもの競馬場があったそうなんです。
しかもその歴史は琉球王朝時代から戦前までに
およそ300年間続いていたというのです!

そもそもの琉球競馬の始まりはというと、
馬が渡来したのが11世紀頃。九州から伝わったのが有力説だそう。
最初に記録されている競馬の歴史は1600年代初頭。
士族に中心に広がり農民にも広がっていきました。

そんな、琉球競馬の特徴というと
競馬といえど沖縄独自の競争方法で競われていた。
およそ200メートルの直線コースを
(その理由は那覇から首里にかけ石畳の道路が多かったため)
赤や黄色の生地に花飾りなど、あでやかな装飾をつけ走る。
そしてスピード別で二頭ずつの対抗戦だった。
しかも全力疾走をすると失格になってしまう。
なんだか、沖縄らしさを感じてしまいます。

そんな競馬場跡地が現在までに198場も確認されているんです。

しかし、そんな琉球競馬も消滅してしまいます。
第一次世界大戦後に産業が発達。
それに合わせ多くの馬が農耕用とされていきました。
そして本土の馬と交配させられ大型化されました。
さらには第二次世界大戦前に馬たちも徴兵されたんだそうです。

でも確実に沖縄に刻まれた歴史であることを教えてくれた本でした。
沖縄を訪れた際に、その跡地にてかつて美しい馬たちが走り抜けていたことを、
ぜひ思い出して欲しいと思います。

柴田聡

3月3日on air

はいさい!
年度末、師走のように日々が過ぎていく。。。
そして明日は最終回。
いけない、いけない。

今月取り上げた放送後記をまとめていきます!

まずは今月3日の放送は「新石垣空港開港記念」と題して、
現在の石垣島の状況や魅力を、現地の方にお電話をつなげて
ご紹介しました!

お話を伺ったのは
石垣島で「SILENT CLUB」というホテルを経営されている
マダムsugawa yumiさん。

空港開港直前にお話をお伺いしましたが、
かなり石垣島の島民の皆さんはあらゆる準備で忙しく
そして賑わってきているとおっしゃっていました。

これまでの空港は町中にあり、滑走路が短く
急ブレーキをかけなければ着陸出来なかったものが、
場所を変え安心してゆったり着陸出来るというお話を伺いました。

そして経営されているホテル「SILENT CLUB」は
空港から凄く近い場所にあるそうです。
石垣島は昼間はもちろん空も海も美しいですが、
夜も星空が本当に奇麗だということです。
そのため、星空を眺めながらのナイトウエディングも
ホテルで企画されているそうです。
僕もぜひ一度足を運んでみたい「SILENT CLUB」
リスナーの皆さんも新石垣空港を利用して足を運び
石垣島での思い出を作ってほしいと思います!

「SILENT CLUB」web site↓
http://www.silentclub.jp/

柴田聡

2013年3月17日 (日)

2月24日 RYUKYU TIME「島ムン特集〜ミーバイ編〜」

2月24日の放送では「島ムン特集〜ミーバイ編〜」と題して
お送りしました。

ミーバイとは!?
実は沖縄を代表するお魚なんです。
白身の高級魚で県内では刺身や煮付け、魚汁などで食されています。
でも、県外での知名度が低く、県外でも美味しく食べてもらおうという
動きが起こっています。

そこで番組で紹介したんですが、
あくまで「ミーバイ」とは沖縄での呼び名。
魚「ハタ科」に属する種類。
ただ、なぜ「ミーバイ」なのか!?
これはハタ類の突き出した目を表現していて
「ミーバイ」=「目が張っている」という意味で
呼ばれている名前なんだそう。

そして気になる味ですが、
まず僕は大好き!本当にうまいです!!
沖縄近海魚としては比較的脂がのっている魚です。
番組では実際購入してきた天ぷらを食べたんですが
味がコクがあるのに、クセがなくさっぱりしている。
ホクホク柔らかく食べることが出来ました。

神奈川県内でも食べられるお店があるようなので
ぜひ一度試して頂きたいです。

因に調べたところ以下、お店で食べられるようです。

「ちゅらり横浜店」@横浜駅 http://www.cafs.jp/web/restaurant/churari/index.html
「あぐぅーん」@多摩プラーザ駅 http://www.agoon.jp/

などなど、ぜひ足を運んでみて下さい。

柴田聡

RYUKYU TIME

はいさい!
今夜も番組を聴いて頂き有り難うございます!
そう、聴いて頂いた方はお分かり頂いたと思いますが、
大発表しちゃいました。。春、そんな季節です。
まあ今月いっぱい精一杯頑張らせてもらいますよ〜。

と言いつつ、最近ブログ無精となっていましたので、
最近のネタ記事をアップしたいと思います。

まずは2月17日on airの「知名オーディオ特集」!
沖縄が生んだ音職人、知名宏師さんの軌跡を紹介しました。

去年沖縄に行った際に、ふと那覇の路地に入ったところで
誘われるように奇麗なジャズの音楽が聴こえてきたショールーム
そこが知る人ぞ知る「知名オーディオ」の本拠地でした!

Img_20130317_222323

実際お電話でお話を伺った内容を番組でご紹介させて頂きました。

知名さんは小さな頃から模型作りが好きだったそう。
例えば雑誌の付録の模型を友人の分まで作ってしまうほど。
そんな中、小学生の頃は「自家製のラジオ」を、
中学時代には「真空管のアンプ」を、
さらには高校時代は「トランジスタアンプ」を作ってしまうまでに。

その趣味が高じて高校卒業後、AV機器専門店のリペアスタッフとして働く。
そして30歳の頃、アンプを作っているうちに溶接アンプを作る事に
成功させ自身で独立することを決意。通常ハンダで制作するアンプを
世界で初溶接で作りあげてしまったのです。

知名さんがおっしゃっていたのは
「音は心と一体」
「音の良さは一聴瞭然」
本当に良い音は誰が聴いても感動出来るもの。
それは生楽器により近い音。
「例えばスピーカーが流れる音で踊らせることは出来ても
唸らせることは難しい」と仰っていました。

とにかく「音」に対するこだわりを
想像以上に感じる方で、
そして感動出来る音を聴く事に
よって心が喜び、生活が豊かになること
教えて頂きました。

ぜひ、一度「知名オーディオ」を体感して
その音に感動してほしいと思います!

「知名オーディオ」オフィシャルWEB SITE↓

http://www.audio.co.jp/

柴田聡

2013年2月16日 (土)

旧正月

はいさい!いいそーがちでーびる!
明けましておめでとうございます!!

そう今週ON AIR日の日曜日は旧暦の元日!旧正月でした〜。
そこで沖縄での旧暦の過ごし方や旧暦についてご紹介しました。

まずは旧暦とは?
明治の初めまで使用されていた暦・旧暦は、
月の満ち欠けを基準として1月の長さを決めていました。

月の満ち欠けの周期は多少変化しますが、平均して29.5日。
12ヶ月で1年とすると、旧暦の暦法ではおよそ354日となり、
実際の1年より11日ほど短くなってしまう。
何年かが経過すると、暦の月と季節が全く合わなくなって、
日常の生活にも不都合なことが生じてしまう。

このため約3年に1度、「閏月」を作り、1年13ヶ月となる年を設けました。
これによって、暦と季節の関係を調整しました。

今は閏年というと2月が29日まであり、
1年が366日となる年のことですが、
旧暦では閏月の入る年を閏年といいました。

閏月の入らない普通の年(平年)は1年が353日~355日、
閏年は384~385日になりました。

そして現在の新暦は地球が太陽の周りを回る周期もとにした暦。

明治政府による近代化政策の一環として、日本では1873(明治6)年に
太陰太陽暦(旧暦)から太陽暦(新暦)への改暦が施行。
しかし、本土と異なる歴史をたどってきた沖縄は、
それ以後も変わることなくほとんどの年中行事は慣習どおりに行われていきます。

そんな沖縄における旧暦とは!?
沖縄ではお墓や仏壇、ご先祖様に関する年中行事をはじめ、
地域に伝わる祭祀のほとんどは旧暦にしたがって行われているそうです。
年中行事の多くは、かつて沖縄が 農耕社会だった頃に形成されました。
それまで、農家の人たちは自然の変化や作物の生育を見て、
種まきや収穫のタイミングをはかっていたと言われています。
いわば「自然暦」→「旧暦」

そして沖縄での旧正月の過ごし方とは!?
最近では新正月だけお祝いするところが多くなっていますが、
一昔前までは新正月と旧正月の2回お祝いするのが多かったそうです。

糸満市などは、今でも旧正月のお祝いを盛大に行っているとして有名です。

沖縄の旧正月は、本土式の新正月と比べてずいぶん違う。
たとえば、お正月の飾りつけ。門松やしめ縄ではなくて、若松を家の入口にさします。
そしてお屠蘇の代わりに泡盛を酌み交わし、
雑煮は餅の代わりに 豚肉の入った汁(ソーキ汁・中身汁)、 大根やにんじん、
豆腐などを一緒に炊き込んだものを食べるなど、
新正月と違う風習が今でも残っています。

ぜひ、リスナーの皆さんも旧正月にならって
お正月気分で過ごしてみてはいかがでしょうか?

柴田聡

2013年1月27日 (日)

離島特集〜奄美諸島編〜

P101000682cc83r83s815b

今日は「離島特集」と題して奄美諸島をご紹介しました。

実は今年2013年は奄美諸島が本土復帰60周年。
そこで、沖縄との深いつながりについてご紹介していきました。

まず奄美諸島とは!?
鹿児島市の南方380~580キロメートルの海上に点在する島々。
奄美群島とも呼びます。
南西諸島のうち鹿児島市から
約380キロメートルの地点にはじまる奄美大島から、
さらに約200キロメートル南西に進んだ位置にある与論(よろん)島まで。
ここには奄美大島、喜界(きかい)島、加計呂麻(かけろま)島、
与路(よろ)島、請(うけ)島、徳之島、沖永良部(おきのえらぶ)島、
与論島がほぼ北東から南西に向かって点在。

そんな奄美諸島の歴史は!?
もともと奄美地域には統一国家のようなものは無く、
15世紀初頭に統一された琉球王国によって
統治されることになりましたが、
1609年の島津氏の琉球侵攻以降は薩摩藩の直轄地
として支配を受け続けました。

奄美では琉球統治時代を“那覇世(ナハンユ)、
薩摩統治時代を“大和世(ヤマトユ)”と
時代を分けて表現することがあります。

さらには太平洋戦争敗戦により本土と行政分離された
昭和21年2月2日から昭和28年(1953年)12月25日まで
のアメリカ統治時代を“アメリカ世”と呼びます。
そして今年2013年は、1953年の本土復帰からちょうど60年を数えます。

そして奄美の沖縄との共通点。
奄美の文化は沖縄のそれと混同されがちですが、
やはり本土の影響を受けて発展した部分が多々あるようです。
例えば沖縄の赤い瓦の屋根に守り神のシーサーといった風景は
奄美諸島には見られません。

でも、言葉や音楽で多くの共通点がみられます。
例えば、琉球音階や方言まで
特に奄美諸島の沖縄に近い島々になると
より沖縄との共通点が見られます。

ぜひ、沖縄とはひと味違う島時間を過ごしに
奄美諸島を訪れてみてはいかがでしょうか?

本場名物の鶏飯を食べにグルメな旅や、
サーフィンの名所でもあります。
羽田から奄美大島への直行便も出ています!
ぜひ素敵な旅を!

柴田聡

冬の沖縄特集〜そうだ沖縄へ行こう〜

前回の琉球タイムは
「冬の沖縄特集〜そうだ沖縄へ行こう〜」と題し
この時期だからこそ楽しめるスポットをご紹介しました!

まずはこの時期の気温。
朝晩、涼しい日が多くなってきましたが、
晴れた日中は日差しがとても強く汗ばむ暑さになることもあります。
・半袖(暖かい日)
・長袖(カーディガン、パーカー等)
晴れれば暑いことがあるので朝晩は薄手の長袖、
日中は半袖と脱ぎ着して対応できる服がいいと思います。
ただし服装は気温だけで判断しないこと。

そして体感温度で服を選びましょう!
体感温度=「気温」-「風速」(北風)と言われています。
例えば、気温が15℃で北風の風速が7mだとすると
体感温度は約8℃。なんだそうです。
なので、気温だけで油断はしないほうが良いということですね。

そして、おすすめスポット
沖縄と言えば、海のイメージが強いですが山に登るというのも
おすすめの過ごし方。

→名護岳トレッキング
標高345mという名護岳はトレッキング初心者でも
楽なトレッキング気分が味わえる。
まずは1月〜2月は駐車場から登山入り口まで
花開く桜並木がお出迎え。
そして山頂からの眺めは最高!
海や名護市街地など360度見渡せる。
下山後は近くのオリオンビール工場で一杯なんていかがでしょうか!?
もしくは名護公設市場で食事もいいかも。

そしてそして、

→ダイビング体験!
冬であろうとやっぱり海の魅力を体験したいという方。
「美ら海マーメイドツアー」というのは!?
気軽に海に潜れるシーウォーク。
メイクをしててもメガネをかけたままでもOK!
冬でも温かいドライスーツを着て、
ヘルメットを被り水中で海底を歩くと、
気分はまるで宇宙飛行士!
なんと泳げない人でも安心してご参加頂けます!

さらには

→ゴルフ。
沖縄のゴルフは冬がトップシーズン。
たとえ生憎のお天気だったとしても
本土の寒さに比べれば天国。
東京と比べて1時間ほど日没時間が遅いのも便利です。
中には海の見えるコースなんてところもあるし、沖縄を満喫できる!
ゴルフ好きの方ならまず冬の沖縄はハズすことなく楽しめるはず。

その他、
ホエールウォッチングや
プロ野球キャンプ観戦などなど、

この冬だからこそ、
まだまだたっぷり楽しめるスポットが盛りだくさんです!
ぜひこの冬の沖縄旅行計画の参考にしてみて下さい!

Rimg2661

あっ因にドライブ途中におすすめなのが
『A&W』のクラムチャウダースープ!
心も体もアチコーコーで温まりますよ!

Rimg2664

柴田聡