2013年3月17日 (日)

琉球海炎祭2013

今回は「琉球海炎祭2013」について、ご紹介して頂きました。

今年も、来月4月13日(土)に宜野湾海浜公園で19:30~行われます。
花火と、音楽などをコラボレーションさせながら、
約1時間、1万発の花火が、沖縄の空を彩ります。

世界的に有名なファッションデザイナーのコシノジュンコさんが、
花火をデザインしています。
それを花火師が形にし、「デザイン花火」が完成します。
それらが、音楽に合わせて、次々に打ち上がるのが、見どころの一つですし、
100人以上のエイサー隊の演舞に合わせての花火の打ち上げも
迫力を感じて頂けると思います。
花火の打ち上げは、専用の点火コンピューターが制御し、
予めどのタイミングでどの場所から花火を打ち上げるのかを、
30分の1秒という精度でコントロールしているそうです。
そのため、音楽の音符ひとつひとつに花火の種類を割り振ったり、
細かいコントロールができる綿密でダイナミックなショーが展開されます。

花火は少し遠くからでもご覧いただくことができますが、
やはり、琉球海炎祭のコンセプトは、花火と音楽とのコラボレーションでございますので、
音楽が聞こえる範囲でご覧いただくのが、最もお楽しみいただけるかと思います。
ぜひ、宜野湾海浜公園の会場内でご観覧されるのをお勧め致します。
予定されている楽曲に関しては、公式サイトにて決定次第順次発表しています。
それらの音楽をもとに、どのように花火が打ち上がるのか、イメージを膨らませるのも、
楽しいと思いますよ。

花火を観覧する際に、気をつけて欲しい点は、
日中は汗ばむ日も増えてくる4月の中旬の沖縄ですが、
夜はまだ少し肌寒いこともあります。
少し羽織るものがあるといいかもしれません。

このイベントは、花火と音楽のコラボレーションになりますが、
会場エリア内のみで音楽を聴くことができます。
そのため、会場内に入る為には、観覧チケットが必要となります。
チケットは、全国のファミリマート・イープラスでお買い求めいただけます。
また、最新情報を公式サイトに掲載していますので、一度ご覧下さい。

琉球海炎祭
http://www.ryukyu-kaiensai.com/

RYUKYU TIME

はいさい!
今夜も番組を聴いて頂き有り難うございます!
そう、聴いて頂いた方はお分かり頂いたと思いますが、
大発表しちゃいました。。春、そんな季節です。
まあ今月いっぱい精一杯頑張らせてもらいますよ〜。

と言いつつ、最近ブログ無精となっていましたので、
最近のネタ記事をアップしたいと思います。

まずは2月17日on airの「知名オーディオ特集」!
沖縄が生んだ音職人、知名宏師さんの軌跡を紹介しました。

去年沖縄に行った際に、ふと那覇の路地に入ったところで
誘われるように奇麗なジャズの音楽が聴こえてきたショールーム
そこが知る人ぞ知る「知名オーディオ」の本拠地でした!

Img_20130317_222323

実際お電話でお話を伺った内容を番組でご紹介させて頂きました。

知名さんは小さな頃から模型作りが好きだったそう。
例えば雑誌の付録の模型を友人の分まで作ってしまうほど。
そんな中、小学生の頃は「自家製のラジオ」を、
中学時代には「真空管のアンプ」を、
さらには高校時代は「トランジスタアンプ」を作ってしまうまでに。

その趣味が高じて高校卒業後、AV機器専門店のリペアスタッフとして働く。
そして30歳の頃、アンプを作っているうちに溶接アンプを作る事に
成功させ自身で独立することを決意。通常ハンダで制作するアンプを
世界で初溶接で作りあげてしまったのです。

知名さんがおっしゃっていたのは
「音は心と一体」
「音の良さは一聴瞭然」
本当に良い音は誰が聴いても感動出来るもの。
それは生楽器により近い音。
「例えばスピーカーが流れる音で踊らせることは出来ても
唸らせることは難しい」と仰っていました。

とにかく「音」に対するこだわりを
想像以上に感じる方で、
そして感動出来る音を聴く事に
よって心が喜び、生活が豊かになること
教えて頂きました。

ぜひ、一度「知名オーディオ」を体感して
その音に感動してほしいと思います!

「知名オーディオ」オフィシャルWEB SITE↓

http://www.audio.co.jp/

柴田聡

大工哲弘さんのインタビュー

東京ではソメイヨシノが開花したそうですね。
あっと言う間に春がやってきました!

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、
石垣島出身の歌者、大工哲弘さんのインタビューをお届けします。
そして、重大発表も。
最初から最後までお聞き逃しなく。

2013年3月10日 (日)

第5回沖縄国際映画祭

今月開催される、第5回沖縄国際映画祭について紹介して頂きました。

今回は、3月23日(土)~30日(土)の8日間という日程で、
宜野湾市にあります、沖縄コンベンションセンターとその周辺地域。
そして、那覇市国際通り近くの桜坂劇場で開催されます。
昨年に引き続き、スイスより、幅約27メートル、高さ約15メートル、
世界最大の移動式野外スクリーンが宜野湾のトロピカルビーチに設置されます。
その圧倒的なスケールと、ビーチという開放感の中で、
世界の名画の上映や様々な関連イベントが開催されます。

沖縄国際映画祭では、地域発信型プロジェクトを行っております。
沖縄国際映画祭のコンセプトは、「Laugh&Peace」、「笑いと平和」です。
あなたの地元は、日本で一番「Laugh&Peace」な場所なはず!ということで、
地元のあなただけが知っている、“地元の魅力”を47都道府県住みます芸人とともに、
CMにしてグランプリを目指そう!という取り組みです。

今年は、全国の都道府県に加えて、沖縄の全41市町村を舞台にし、
それぞれの魅力をCMにしています。
これらをサイトに公開していまして、
「笑いの数と視聴数、それに、実行委員会の審査」という基準で選考をしています。
つまり、自宅に居ながら、Web投票に参加できるという仕組みです。
皆さんの地元のCMを見て頂くことはもちろん、沖縄で贔屓にしている市町村が
ありましたら、ぜひWeb投票に参加してみませんか?

面白いと思ったCM、行ってみたいと思ったCM、
そして、ご自分の地元のCMなどをご覧いただき、ぜひ、応援してください。
ただ、そのWeb投票の受付期限が、本日3/10までです。
ぜひパソコン等から閲覧およびWeb投票をしてみてください。

また、「3/23~30の間に、沖縄に行くよ!」という方は、
ぜひ、沖縄国際映画祭に足を運んでみてください。
一味違った沖縄旅行になると思いますよ!

沖縄国際映画祭の公式サイト http://www.oimf.jp/

こちらのトップ画面にあります、
「JIMOTO CM COMPETITION 全国都道府県&沖縄41市町村CM WEB投票開始」という
バナーをクリックしてみてください。

琉球競馬

スタッフKは、最近花粉症になったのか、
マスク無しで外出すると、顔が痒くなります。
皆さんも気を付けて下さいね。

さて、今日の「RYUKYU TIME」は「琉球競馬」と題して、
かつて沖縄に数多く存在した競馬の歴史を紹介していきます。

2013年3月 3日 (日)

卒業旅行

今回は大学生世代へ向けた卒業旅行をご案内。
大切な人と旅行して距離を縮めたい・一緒の時間を大切にしたい気持ちを
ぜひ沖縄で叶えてほしいですね。

人とのつながりを重要視し、友達を何よりの財産と考える大学生世代にとって
卒業旅行は、場所はどこであれ、一緒に行く人とワイワイ楽しく、
思い出づくりをしたいと考えていると思います。
そこで、今回のキャンペーンでは「楽しい思い出が残る」こと、
また、「魅力的な写真が残る」ことをキャッチフレーズに、
“撮ろうぜ!サイコーの卒業写真”と題し、プロモーションしていきます。
沖縄を友達同士で最高に盛り上がれる場所、
大切な友達と学生の思い出を作るのに相応しい場所であることを伝えられればと
思います。

今回は特集記事として、ある卒業旅行の体験モデルを紹介しています。
沖縄はリゾート地でもあり、たくさんの綺麗なホテルが立ち並ぶなか、
今回選んだ宿泊先は「古民家」。
沖縄の食を自ら作ったり、木のにおいや風情を感じるたたずまいの中で、
沖縄の唄に癒されるひと時を、楽しいけどちょっと切ない思い出づくりの旅を
ご紹介します。
そのほか、自分だけの古酒を作ったり、民謡酒場で地元の人との交流や、
沖縄の食材を探しに市場に出かけたり。
日常で体験したことのない思い出をいつものメンバーで特別な時間を味わって
いただきたいと思います。

すでにwebで公開していて、コンテンツでは映像も入っているので、
「共感」と言う意味で、大学生世代の方はもちろん、その他の世代の方たちも、
きっと心に止まること間違いなしです。
沖縄の自然あふれる春の季節に、きらきらとした、若者たちの未来の糧になるであろう
沖縄旅行を一緒に感じていただけたら嬉しいですね。

「卒業旅行は沖縄で」、みなさんでサイコーの思い出を作ってみてください。

新石垣空港開港記念!

昨日は風が強く、寒かったですね~
でも、春はもうすぐです!

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、
「新石垣空港開港記念」と題して、今の石垣島の状況や魅力を紹介していきます。

2013年2月24日 (日)

サンゴの日沖縄まつりinサンシャインシティ

今回は3月2日から3月5日までの4日間、
東京・池袋にあるサンシャインシティで開催される
「サンゴの日記念沖縄まつり」について、紹介して頂きました。

沖縄ではゴロ合わせにちなんだ記念日がいろいろありますが、
沖縄に関連した日と言えば、3月4日で三線の日、4月3日はシーサーの日、
5月8日はゴーヤーの日などがあります。
そして、3月5日はサンゴの日とし、
サンゴを守り、海の大切さを改めて感じて頂く日となっています。

実は、サンシャインシティにあるサンシャイン水族館と沖縄県は、
「サンゴ返還プロジェクト」を協力して実施しております。
「サンゴ返還プロジェクト」とはサンシャイン水族館が沖縄県恩納村から
沖縄のサンゴを預かり、飼育・展示、成長したサンゴを沖縄県の海に還すプロジェクトです。
今でもサンシャイン水族館では沖縄県恩納村のサンゴをみることができます。
サンシャインシティは今年で開業35周年を迎えたとのことで、
偶然ですが、こちらでもうまく語呂が合ったみたいです(笑)

「サンゴの日記念沖縄まつり」は、3月5日サンゴの日にあわせ、
3月2日から4日間池袋サンシャインシティ噴水広場、水族館、
ショッピングセンターで開催されます。
3月2日のオープニングには沖縄のサンゴをテーマにした、
絵画コンテストの授賞式や、6月に全国ロードショーの「サンゴレンジャー」PR、
吉本芸人による「沖縄国際映画祭」PR、
エイサー演舞など盛り沢山の内容となっています。

去年に引き続き、噴水広場では沖縄観光情報発信コーナーを用意し、
さらに人気の宮古、八重山、久米島のブースも出展します。
実際に現地のスタッフから旬な春の沖縄情報をいただけますよ。
また、各地域のミスによる沖縄、離島の観光情報や、クイズ、
スタンプラリーも用意しています。
更に、三線教室やサンゴを使ったクラフト体験など、
お子様も楽しめるイベントとなっていますよ。

サンシャインシティホームページ
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/event/e1322.html

今日のプレゼント

20130224

クイズの答えを書いて、メールで応募して下さい。
必ず、住所・氏名・年齢・電話番号、そして、メッセージも添えて送って下さいね。
アドレスは、ryukyu@fmyokohama.co.jp

締切は、 3/2(土)まで!
たくさんの応募をお待ちしています。
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

島むん特集~ミーバイ編

まだまだ寒い日が続きますが、
ファッション雑誌を見ると、春らしい明るい服を見かけますね。
つい先日、スタッフKも花柄のパンツを購入しました。
早く春が来て欲しいですね。

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、
「島むん特集~ミーバイ編」と題して、沖縄の魚、ミーバイを紹介していきます。
そして、プレゼントもありますよ~
お楽しみに!