« 大工哲弘さんのインタビュー | メイン | 琉球海炎祭2013 »

2013年3月17日 (日)

RYUKYU TIME

はいさい!
今夜も番組を聴いて頂き有り難うございます!
そう、聴いて頂いた方はお分かり頂いたと思いますが、
大発表しちゃいました。。春、そんな季節です。
まあ今月いっぱい精一杯頑張らせてもらいますよ〜。

と言いつつ、最近ブログ無精となっていましたので、
最近のネタ記事をアップしたいと思います。

まずは2月17日on airの「知名オーディオ特集」!
沖縄が生んだ音職人、知名宏師さんの軌跡を紹介しました。

去年沖縄に行った際に、ふと那覇の路地に入ったところで
誘われるように奇麗なジャズの音楽が聴こえてきたショールーム
そこが知る人ぞ知る「知名オーディオ」の本拠地でした!

Img_20130317_222323

実際お電話でお話を伺った内容を番組でご紹介させて頂きました。

知名さんは小さな頃から模型作りが好きだったそう。
例えば雑誌の付録の模型を友人の分まで作ってしまうほど。
そんな中、小学生の頃は「自家製のラジオ」を、
中学時代には「真空管のアンプ」を、
さらには高校時代は「トランジスタアンプ」を作ってしまうまでに。

その趣味が高じて高校卒業後、AV機器専門店のリペアスタッフとして働く。
そして30歳の頃、アンプを作っているうちに溶接アンプを作る事に
成功させ自身で独立することを決意。通常ハンダで制作するアンプを
世界で初溶接で作りあげてしまったのです。

知名さんがおっしゃっていたのは
「音は心と一体」
「音の良さは一聴瞭然」
本当に良い音は誰が聴いても感動出来るもの。
それは生楽器により近い音。
「例えばスピーカーが流れる音で踊らせることは出来ても
唸らせることは難しい」と仰っていました。

とにかく「音」に対するこだわりを
想像以上に感じる方で、
そして感動出来る音を聴く事に
よって心が喜び、生活が豊かになること
教えて頂きました。

ぜひ、一度「知名オーディオ」を体感して
その音に感動してほしいと思います!

「知名オーディオ」オフィシャルWEB SITE↓

http://www.audio.co.jp/

柴田聡

コメント


残念すぎます~!(>_<)

リニューアルという事をいつまでも期待しますッ☆

もともと沖縄の伝統工芸や歴史が好きで、音楽には疎かった私ですが、
RYUKYU TIMEを聴き始めて、民謡歌手の大御所から先島の唄者、新進気鋭の若手にいたるまで、
すばらしい沖縄の歌の数々に触れることができました。
いろんなミュージシャンの名前と声を覚え、CDも手に入れ聴いています。
沖縄は芸能の島、音楽を聞かずして、沖縄を知ったとは言えないとまで思うようになりました。

レギュラーが終了しても、特番でもいいので復活していただきたいです。
いつかまた柴田さんの「はいさい、ぐすーよう、ちゅう拝なびら」が聞かれることを楽しみにしています。
残りの放送もばっちり拝聴いたしますよ~happy01

コメントを投稿