« RYUKYU TIME | メイン | 2月24日 RYUKYU TIME「島ムン特集〜ミーバイ編〜」 »

2013年3月17日 (日)

琉球海炎祭2013

今回は「琉球海炎祭2013」について、ご紹介して頂きました。

今年も、来月4月13日(土)に宜野湾海浜公園で19:30~行われます。
花火と、音楽などをコラボレーションさせながら、
約1時間、1万発の花火が、沖縄の空を彩ります。

世界的に有名なファッションデザイナーのコシノジュンコさんが、
花火をデザインしています。
それを花火師が形にし、「デザイン花火」が完成します。
それらが、音楽に合わせて、次々に打ち上がるのが、見どころの一つですし、
100人以上のエイサー隊の演舞に合わせての花火の打ち上げも
迫力を感じて頂けると思います。
花火の打ち上げは、専用の点火コンピューターが制御し、
予めどのタイミングでどの場所から花火を打ち上げるのかを、
30分の1秒という精度でコントロールしているそうです。
そのため、音楽の音符ひとつひとつに花火の種類を割り振ったり、
細かいコントロールができる綿密でダイナミックなショーが展開されます。

花火は少し遠くからでもご覧いただくことができますが、
やはり、琉球海炎祭のコンセプトは、花火と音楽とのコラボレーションでございますので、
音楽が聞こえる範囲でご覧いただくのが、最もお楽しみいただけるかと思います。
ぜひ、宜野湾海浜公園の会場内でご観覧されるのをお勧め致します。
予定されている楽曲に関しては、公式サイトにて決定次第順次発表しています。
それらの音楽をもとに、どのように花火が打ち上がるのか、イメージを膨らませるのも、
楽しいと思いますよ。

花火を観覧する際に、気をつけて欲しい点は、
日中は汗ばむ日も増えてくる4月の中旬の沖縄ですが、
夜はまだ少し肌寒いこともあります。
少し羽織るものがあるといいかもしれません。

このイベントは、花火と音楽のコラボレーションになりますが、
会場エリア内のみで音楽を聴くことができます。
そのため、会場内に入る為には、観覧チケットが必要となります。
チケットは、全国のファミリマート・イープラスでお買い求めいただけます。
また、最新情報を公式サイトに掲載していますので、一度ご覧下さい。

琉球海炎祭
http://www.ryukyu-kaiensai.com/

コメント

コメントを投稿