« 離島特集・奄美諸島を紹介 | メイン | 離島特集〜奄美諸島編〜 »

2013年1月27日 (日)

ゆいレールラッピング車両「リトハク号」

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。
今回は、沖縄県の離島。
独自の魅力を紹介した、ゆいレールラッピング車両「リトハク号」について紹介して頂きました。

1月8日(火)~3月31日(日)の期間、
各離島をパビリオンに見立てて紹介するキャンペーン、
『沖縄離島の魅力がまるごと詰まった「離島博覧会」リトハク』にちなんだ、
ゆいレールラッピング車両が運行しております。

「リトハク号」は、各離島ごとにテーマカラーがあります。
八重山諸島は、地元の人たちの「情熱」の「赤色」。
宮古諸島は、「自然」の海・空・南国・太陽・植物の「青色」。
久米島は「伝統・文化」の「黄色」。
その他の離島は、「歴史」をイメージさせる「紫色」です。
2つ車両のドア面を4つのエリアに分け、それぞれ独自の魅力を紹介した「リトハク号」は、
南の島に浮かぶ島々をパビリオンに見立てて、季節ごとに異なる旬の魅力を紹介しております。 

ラッピング車両のモチーフですが、
八重山は、マスコットキャラクターのピカリャ~。
竹富島、西表島を象徴する観光アイテムとして島内周遊や
由布島への渡島の際の情緒豊かな交通手段として認知されている、水牛車。
北半球で唯一、目視できる南十字星を筆頭に素晴らしい星空。などが車両を彩っております。

また、宮古島は、特産品のマンゴー。
東洋一の美しいビーチといわれている与那覇前浜ビーチ。
宮古島市のイメージキャラクターのミーヤ。
宮古島の交通安全のシンボルであり、
ユニークな雰囲気から口コミで噂が広がり、
人気上昇中のキャラクター宮古島まもる君が車両を彩っております。

久米島は、久米島を代表する観光名所であり、東洋一の美しさと言われているはての浜。
海洋深層水を使用した養殖で、全国的にも有名な特産品の車えび。
離島で一番早い開花を謳う久米島のさくらが、車両を彩っております。

そして、その他の離島は、伊江島から沖縄県でも最大規模をほこる100万輪のユリ。
慶良間諸島の海域で出産や子育てに訪れることで有名なザトウクジラ。
南大東島からは、みりん醤油のタレにサワラやマグロを漬け込み、
甘酢めしに乗せた大東寿司。
世界文化遺産である斎場御嶽から臨め、
琉球時代より、神の島として崇拝される久高島が車両を彩っております。

どの島々も、今が旬の魅力満載ですね!

コメント

コメントを投稿