« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

島むん特集~オリオンビール編~

はいさい!
今週も番組を聴いて頂き、二フェーデービル!
しかし、ブログ不精になってしまいゴメンナサイデービル。。。

さて今回は、今年創設55周年のオリオンビールを特集しました。

いまや、沖縄のソウルフードならぬ、ソウルビール!?となって
知らない人はいない沖縄県産のオリオンビール。

その歴史はまさに55年前に始まりました。
戦後沖縄復興の力ともなる形で1957年に創設。
まずは県内から水のサンプルを取り寄せ、名護の水がビールに適していた為、
沖縄本島北部になる名護に工場を立ち上げる事になったそうです。

このオリオンという名称はを一般公募で当時の主婦の方のアイディアで決まりました。

ただ当時の初年度の売上は、現在の年間出荷数のおよそ4日分ほどだったそうです。
でも創設当初の社員の惜しみない努力によって徐々に味と名前が浸透していきました。
毎晩のように飲食店へ行き、5件以上は当たり前、中には12~13件も回り
寝ずに営業活動に勤しんだそうです。

そんなオリオンビールの現在
一時は県内シェア90パーセントを越えた時もあったとか!?
さらに話題のスポットなっている、去年リニューアルされた「オリオンハッピーパーク」
こちらは名護にあるオリオンビールの工場で、オリオンの全てを
誰もが楽しく知ることに出来るテーマパークのようになっています。
ぜひ、オリオンファンならずとも一度足を運んで見て下さい!

ワタクシ柴田は完走後のオリオンをより美味しく飲むため
NAHAマラソン今年も頑張ります!

ちなみに、この下の写真、
番組ではお伝えしてないですが、
このオリオン産のトマトジュースが美味い!
オリオンとのレッドアイが格別でした~

P20121120192442

柴田聡

2012年11月26日 (月)

冬の沖縄

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。
もみじやイチョウも散り、また今年も冬が始まりますね。
今日は12月でも花の咲く「冬の沖縄」の魅力についてです。

冬の沖縄は、本土の「冬」とは少し雰囲気が異なります。
冬というと、やはり葉っぱが落ちた木々に北風が吹くようなイメージがあるかと思いますが、
沖縄では紅葉する木もほとんどなく、
木々の緑や色とりどりの花がある冬が「沖縄の冬」なんです。

沖縄は冬でも気温が大きく下がらないことから、常緑植物が多く、
一年通して木々は緑緑しいままなんです。
とはいえ、1年の中では朝晩の寒暖差が大きい時期ではありまして、
沖縄では一年の中で一番多くの「花」が咲く時期が『冬』なんです。
ツバキやツツジ、そして日本一早い桜など、色とりどりの花が見られるのが冬の沖縄の魅力のひとつです。

そして、冬の沖縄の大きな魅力といえば、その「過ごしやすさ」です。
夏の太陽の日差しも和らぎ、一番寒い2月でも平均気温16.1度と、
本土の冬に比べるととても過ごしやすい『冬』なんですね。
とはいえ季節風がありますので、さすがに半袖という訳にはいきません。
それでも、薄手のジャンパー1枚羽織って頂ければ大丈夫かと思います。

歩くのに心地よいこの季節は、世界遺産巡りや街歩きがおすすめです。
最近では「那覇まちま~い」などの現地発のガイドプログラムが充実していますので、
ひと目見るだけではわからないディープな情報を現地の方から学ぶことができます。
雪もなく、体も動かしやすいので、
アクティブな方にはゴルフやサイクリングなどのスポーツも快適に行えます。
スポーツは見る方が好きという方にはプロ野球やJリーグのキャンプもおすすめです。

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローでは、
昨年より「大人のふたり旅」をテーマに「冬の沖縄」の魅力増進に取り組んでいます。
子育ても少し落ち着き、旦那さんや奥さんと過ごせる時間がとれるようになってきた
大人の「おふたり」に向けた様々なツアープランや宿泊プランもございます。
先週お話した「観光タクシー」の体験クーポンも12月から配布開始いたしますので、
ぜひ今年は、沖縄で快適な冬をお過ごしください。

「大人のふたり旅」に関する情報は、キャンペーンサイト「しゅんおき」 http://cp.okinawastory.jp

2012年11月25日 (日)

島むん特集!オリオンビール編

皆さん、風邪など引いてませんか?
最近本当に流行っていますので、気を付けて下さいね。

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、「島むん特集!オリオンビール編」と題して、
創立55周年を迎えたオリオンビールの歴史などを紹介していきます。

2012年11月18日 (日)

ちゅら島沖縄観光タクシー

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。
今日は、ちゅら島沖縄観光タクシー乗務員について紹介して頂きました。

ちゅら島沖縄観光タクシー乗務員とは、
豊かな観光知識や接客マナーに優れた観光ガイドの専門家として、
沖縄観光コンベンションビューローの認定を受けたタクシー乗務員のことで、
正式名称は「沖縄観光タクシー乗務員資格認定者」といいます。

平成18年度に第1回認定者が誕生してから今年度9月の第10回認定者まで、
ブルーリボン357名、ゴールドリボン112名の計469名が認定されています。

沖縄観光タクシー乗務員は、まず無事故、無違反、無苦情という
タクシー運転手としての安心の素質をお持ちであることを前提条件にしています。
さらに、接遇面や観光知識をもって、
そのレベルに応じて、ブルーとゴールドに区分しています。
ちなみにブルーリボンは基礎的な観光知識を持つ乗務員で、
あらかじめ設定されたコースをご案内。
ゴールドは幅広い観光知識を持ち、
かつ利用者からの要望に応じたコース設定や案内を行うことができるんですよ。

利用者としては、運転免許をお持ちでない方、またはペーパードライバー歴が長い方、
知らない土地で運転するのは、ちょっと気がひける・・といった方などさまざまです。
沖縄は鉄道がないこともあり、旅行中に利用する交通機関はレンタカーが最も多く、
通年で57.1%、ファミリー層の多い夏場は71.9%と統計が出ています。
何らかの事情により、レンタカーを利用しづらい皆様にとって、
交通手段プラス観光ガイドサービスにより、
詳しい観光情報が得られるのではないでしょうか?

その他、観光地間の移動がスムーズで、時間を効率よく使えること、
目的地の変更や寄り道も相談できること、
運転する必要がないため、泡盛工場の見学・試飲などもお楽しみいただけます。
人気の飲食店やお土産品店など、
地元の乗務員ならではのオススメ情報もありますよ。

沖縄では昨年より、「大人のふたり旅」をテーマに冬の大人旅を上手に楽しむ
アイデアをご提案しています。
その中で、50歳以上の方を対象とした観光タクシー体験キャンペーンとして、
オトクな割引クーポンを12月1日より那覇空港他空港の観光案内所で配布します。

「大人のふたり旅」に関する情報は、
キャンペーンサイト「しゅんおき」(旬香周島おきなわ)をご覧ください!
http://cp.okinawastory.jp

沖縄離島特集・西表島編

皆さん、しし座流星群は見られましたか?
スタッフKは、何とか2回ほど目撃!
空を見上げながら、ずっと願い事を言い続けていました(苦笑)

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、「沖縄離島特集・西表島編」と題して、
食や音楽を中心に西表島の魅力を紹介していきます。

2012年11月11日 (日)

八重山諸島の星空

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。
今日は、石垣島のビーチホテルサンシャイン・赤城さんに
星空の名所にも選ばれた八重山諸島の星空の話を伺いました。

八重山諸島は、沖縄本島から南西に約400㎞、
那覇空港から飛行機で約50分の石垣島を玄関口として、
赤瓦の街並みの竹富島・亜熱帯のジャングル西表島・最南端の波照間島・
最西端の与那国島など、個性あふれる島々がたくさんある癒し度満点の楽園です。

八重山の島々の上空はジェット気流のルートから外れているので、
星がちかちか瞬きにくく、小さな星までくっきり見ることができるんです。
昨年、「天文学者が選ぶ星空スポット1位」に選ばれたほど、
幻想的な美しい星空が広がっているんですよ。

日本国内で八重山でしか見ることのできない星があるんですが、それは南十字星です。
クリスマス頃から6月下旬にかけて、
八重山諸島では南の空の水平線の上に南十字星を見ることができます。
水平線ギリギリに見えるため、 南十字星、全ての星が見えるのはその日の天候次第なんですね。

さて、天の川は一年中見る事ができます。
特に夏の天の川は、私たち八重山で暮らしている人でも思わず息をのむほど迫力があります。
もちろん、冬の天の川もきれいですよ。

その他、八重山の星空自慢として、全天に21個ある1等星すべてをみることができます。
2つ目は、88ある星座のうち84の星座をみることができます。
そして、3つ目は、毎年旧暦の七夕の頃の約1週間、
「南の島の星まつり」という星を楽しむお祭りがあります。
その内1日は、夜、石垣島全島をライトダウンして、みんなで星空をお散歩するんですよ。

また、もっと星を楽しむ施設は、九州一大きな天体望遠鏡で天体観測ができる
石垣島天文台と巨大な電波望遠鏡で、天の川銀河の立体地図を創るプロジェクトを行っている
VERA(ヴェラ)石垣島観測局。
日本最南端の島、波照間島には星空観測タワーがあります。
各施設とも施設見学や星空観望会ができますので、詳しくは、施設のHPをご覧ください。

八重山諸島の星空の下でプロポーズをして幸せになったカップルもたくさんいらっしゃいますので、
ぜひ、美しい星空も楽しんでいただければと思います。
皆様のお越しを八重山諸島でお待ちしています。

沖縄やちむん特集

今日はすっきりしないお天気ですね。
こんな時は家でゆっくり過ごすのはどうでしょうか?

さて、今日の「RYUKYU TIME」は「沖縄やちむん特集」と題して、
沖縄の焼き物について紹介していきます。

2012年11月10日 (土)

ゲスト・高良結香さん

はいさい!!
ちょっと間が空いてしまったブログ更新になってしまいました。。

さて、先日番組お越し頂いたゲストは
只今、アメリカブロードウェイで活動中の「高良結香」さん。

Dsc_3115_2

ホント、久しぶりで前回お越し頂いた時の
ブログ記事をみて、何年ぶりにお会いしたのか判明。
約4年ぶりだったのです。

前回、お会いした時よりも
大人の女性としての魅力、さらにパワフルになった印象でした。

インタビュー中、ときおり英語の方が自然に表現しやすい言葉があるようで、
英語での言葉を挟みながらの会話でしたが、
ぼくはその度、不自然な!?(笑)対応になっていたかも。。

でも、今沖縄で大きな夢を持つ子どもたちの為に
何か羽ばたけるきっかけを作ってあげたいとおっしゃっていました。

その、一つが来月、沖縄桜坂劇場ホールで開催される
「Yuka Takara Broadway Night in Okinawa 2012 『愛と光』」

高良さんがブロードウェイで培ったステージを、
沖縄で間近で見ることができるイベントとなっています。
ぜひ、沖縄に行かれる方はチェックして頂きたいと思います。

では、高良さん楽しいトークをありがとうございました!
次回、お会い出来る時まではもうっちょっと英語に対応できるようにしておきます。。。(笑)

柴田聡

2012年11月 4日 (日)

旅フェア日本2012

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。
今回は11/9~11、今週末、金・土・日に東京池袋にあるサンシャインシティで開催される
「旅フェア日本2012」について紹介して頂きました。

この「旅フェア日本2012」は、80を越える地域・企業・団体が参加し、
来場者に国内観光の魅力を発信する国内最大級の観光総合見本市です。
今年の旅フェアは、来場者の五感に訴え楽しんで頂く「体験型アトラクション出展」の枠を設けており、
リアルな旅を感じる出展をコンセプトとしています。

会場全体で6つのテーマエリアがある中で、私たちは「カラダ・アクティブエリア」に出展します。
「アクティブな旅」をテーマに、沖縄でのスポーツ観光をご提案するブースを考えております。
会場には他にも、東北観光エリア、すごいぞ日本エリア、お腹満腹エリア、ウィンターリゾートエリア、
日本のくつろぎエリアなどを設けて、迫力ある展開で日本の魅力を伝えていきます。

今回は沖縄観光情報に加え、ランニング、サイクリング、ゴルフ、ダイビングなど
種目別の情報コーナーを設けて、沖縄ならではのスポーツの楽しみ方、大会情報、
お勧めスポットを紹介します。
2月に開催される「おきなわマラソン」の情報、申し込みの案内もしていますので、
興味のある方は是非お立ち寄りください。

その他、今回は沖縄の砂の上をイメージしたパットゴルフゲームや
沖縄特有の景品が当たる抽選会などのイベントを予定しています。
また、土曜にはメインステージにてエイサー演舞やミス沖縄による
沖縄観光PRなど盛り沢山の内容になっております。
会場で皆様のお越しをお待ちしておりますので、是非遊びに来てくださいね!

「旅フェア日本2012」 http://www.tabifair.net/
         

ゲストは高良結香さん

よい天気に恵まれた日曜日ですね。
寒くなってきましたが、気持ちが良いですよ。

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、多くのミュージカルに出演している高良結香さんをお迎えして、
12月、沖縄で行われる公演について伺っていきます。