« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

“恋の島、沖縄。”

今日は、コンベンションビューローの歴史・文化コーディネーターである、
照屋成明さんにお話を伺いました。

恋の島と言われている島は、
沖縄版“アダムとイブ”伝説のある“古宇利(こうり)島”です。
古宇利島は、天の神様が初めて人間の男女を地上に降ろした島とされていて、
この二人は恋をして子孫を増やしていきました。
言ってみれば、“沖縄で最初の恋話ですね”。
沖縄の人々は、この二人の子孫であると言われています。
古宇利島には、この伝説にちなんだ祈りの場所もあって、
二人は縁結びの神として祀られています。

古宇利島は、沖縄本島北部の今帰仁村にあります。
2005年に古宇利大橋という橋ができるまでは離れ島で、
船で行き来をする島でしたが、
今では、沖縄美ら海水族館と合わせての人気ドライブコースにもなっています。
古宇利大橋は、約2kmの無料で通行できる、橋としては日本一長い橋で、
青い海の上を走るといった感じで、まさに絶景です。

今度は、沖縄本島南部の南城市のお話をしたいと思います。
南城市は、2006年に4つの町と村が合併してできた市なんですが、
合併することによって、地図上の市の形が“ハート”になったということで、
ハートを前面に出したまちづくりを展開しています。
今年の2月からは、原付バイクのナンバープレートをハート形の地形をモチーフにした、
オリジナルのナンバープレートにしたりしています。

また、南城市には、あざまサンサンビーチという神の島といわれている
久高島が見えるビーチがあるんですが、
今年そのビーチに“(仮称)恋人たちの鐘”が設置されました。
沖縄の神様が見守ってくれているかのよう、ということで、
カップルの方も、カップルになりたいお一人様にも、
話題のおすすめスポットになっています。

沖縄本島だけではなく、各離島にも“恋”にまつわる話がいくつもあります。
また、恋の歌もたくさんあります。
ぜひ、この秋は沖縄に来てロマンチックな時間を過ごして下さい。

BEGINアルバム特集

風邪を引いてしまった、スタッフKです。
急に寒くなり、体調を崩しやすい時期なので、皆さん、気を付けて下さいね。

さて、今日の「RYUKYU TIME」は「BEGINアルバム特集」と題して、
リリースされたばかりのニューアルバム「トロピカルフーズ」を
BEGINのコメントと共に紹介します。

Beginmini

2012年10月21日 (日)

沖縄なんぶぜんぶ博覧会

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。
今日は10月27日(土)~11月18日(日)まで開催される、
「沖縄なんぶぜんぶ博覧会」について紹介して頂きました。

去年、糸満自慢博覧会というものを糸満市で開催しました。
糸満自慢博覧会は、まち歩きや物作りの体験などを地域一体となり、
博覧会という形で体験してもらい、
糸満の魅力を知っていただこうという取り組みを行ってきました。
そして、今回は南部の4つの市と3つの町で体験できる
プログラムを地域の方々と一緒に作成して、その一つ一つをないで、
沖縄南部全体の魅力を県外の方にも体験して、
実際に地域の方とも触れ合って頂くことで、沖縄南部の魅力を感じて頂けたらと思っています。

色々な体験ができ、105の体験プログラムがあります。
内容としては、地域資源を使ったもの作りの体験や料理体験、
沖縄の海を満喫できるマリンメニュー、
そして、地域ガイドと巡る街歩きなど多種多様なメニューがたくさんあります。
ですので、南部に来られて「あれがやってみたい!」「これをやってみたかった!」と思う
体験がきっと見つかると思います。

その他にも南部合同のバスツアーがあります。
4つのバスツアーを用意していまして、
オープニングの10月27日(土)に3市町、翌日の10月28日(日)は4市町を巡る
「体験はしごツアーpart1,part2」を行います。
そして、文化の日の11月3日(土)は南部でパワーがもらえる「エナジーチャージ旅行」を、
また11月11 日(日)は○○発祥の地や、一番に○○した場所を巡る、
「沖縄なんぶ一番物語」というバスツアーを用意しています。
是非皆さん、ご参加下さい。

そして、11月17日、18日は皇室三大行事の一つでもあります、
「第32回全国豊かな海づくり大会」が天皇皇后両陛下のご臨席のもと、糸満市で開催されます。
その日は、会場でもある「ふるさと公園」でも体験プログラムを用意していますので、
ご参加してはいかがでしょうか。

これを機に、体験を通して地域の方と触れ合って頂き、
そして、沖縄南部の魅力を十分に楽しんでいただけたら思います。

沖縄ぜんぶなんぶ博覧会事務局糸満市観光協会 TEL:098-840-3100
WEBサイト:http://www.okinawa-nanbu.com 

世界で食べられる沖縄そば~ブラジル編~

今夜も番組を聴いて頂き、有難うございます!

かなり、季節もすっかり秋めいてきましたが、
そんな日「沖縄そば」をすすりたくなっちゃいますね!!

Dsc_3199

そう、先週水曜10月17日は「沖縄そばの日」だったので
今日はこんな企画でお送りしました!

「世界で食べられる沖縄そば~ブラジル編~」
今回この特集をするきっかけとなったのは
僕自身、無類の「沖縄そば」好きなので、
沖縄や日本以外でそばが食べられるところは無いかと
ネットで「沖縄そば 世界」と検索したんです。
すると!!!
なんとブラジルのある街で
「沖縄そば」が定番メニューとなっていることを発見!
まずは、ブラジルへの移住者の歴史から振り返ると、
1908年に日本から最初の移民がブラジルに渡りました。
当時、780名中、半分近い325人が沖縄出身者でした。
今やその数、2世3世合わせると150万人。

なかでも、ブラジル中西部カンポグランデ市には沖縄出身者が多い。
その沖縄そばの発展のきっかけとなったのが!?
移住者の苦労を忘れさせてくれる懐かしい味を思い出したいという
県出身者のために、沖縄そば店が開店しました。

そのお店で使う箸やそばをすする姿にブラジル人が注目。
そばをススル姿が恥ずかしかった為、
店にカーテンをかけて外から見えないようにしたことによって、
よりブラジル人の好奇心を掻き立てました。
そして現在、
なんとカンポグランデ市内には
約100店舗もの「沖縄そば」屋さんが点在することに。
「フェイラ」と呼ばれる屋内市場には、「沖縄そば」は目玉料理として
30店舗も「沖縄そば」を扱うお店があるそうです。

驚くべきことに
2006年8月には「SOBA」として市の文化遺産に登録された。

恐るべし、沖縄そばパワー!!!
他にはどの国で「沖縄そば」が定番メニューとなっているのか
調べご紹介できればと思っています。

あっ、ちなみ沖縄に行った際にひいきにしている
大好きな「沖縄そば」屋さんは
高江洲そば、浜屋、玉屋、ドラえもんなどです。
ぜひ、参考にして沖縄に行った際には立ち寄って見てくださいね。

柴田聡

今日のプレゼント!

昨日から公開されている映画「ペンギン夫婦の作りかた」鑑賞券を2組4名様。

Photo_2

このプレゼントが欲しいという方は、番組で出されたクイズの答えを書いて、メールで応募して下さい。
必ず、住所・氏名・年齢・電話番号、そして、メッセージも添えて下さいね。
アドレスは、ryukyu@fmyokohama.co.jpまで。
締切は、明日10/22(月)まで。
たくさんのご応募をお待ちしています。

世界で食べられる沖縄そば~ブラジル編

涼しくなってきましたが、スタッフKは蚊に刺されてしまいました。。。
それも足を5箇所も。
皆さんも気を付けて下さいね~

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、
「世界で食べられる沖縄そば~ブラジル編」と題してお送りします。
そして、映画のチケットプレゼントもありますよ~
お聞き逃しなく!

2012年10月14日 (日)

ゲスト・しおりさん

Dsc_3122

はいさい!
今夜も番組を聴いて頂きニフェーデービル!

今日は約5ヶ月ぶりの登場、「しおり」さんをお迎えしました。

これまで何度も「RYUKYU TIME」にお越し頂いていましたが、
なんと今回はアコーディオンでの弾き語り生演奏を初披露!

驚くことに今年に入って始めたそうですが、
そんな素振りを感じさせない、しおりさんらしい
堂々とした演奏でした。

お会いしてなかった5ヶ月の中でも
多くの場所でライブを行ってきたそうです。

先月、25歳になったご自身の誕生日には
25(ふっこう)にちなんで、震災後から何度も足を運んでいる
被災地を訪れ、ライブを行ったそうです。
そこで出会った人達とは、今でも連絡を取り合うほど
強い絆が生まれたというお話を聞きました。

もちろん、各地を訪れるライブ会場で出会った多くの方々とも
大きな絆が生まれる出会いとなっていることだと思います。

今回も、しおりさんから沢山のパワーをもらえる
トークをさせて頂きました!

これからも、ますますの活躍を応援しています!

柴田聡

クジラの郷 沖縄 座間味村ホエールウォッチング展

沖縄観光コンベンションビューローのコーナー。

今日は、品川区のしながわ水族館で開催されている
座間味村の写真展について、座間味村・宮里村長に紹介して頂きました。

あと2カ月ほどで、ザトウクジラが北の海から座間味村にやってきて、
年末から座間味村のホエールウォッチングシーズンがいよいよ始まります。
多くの方にホエールウォッチングの感動をお伝えしたく、首都圏でのPRを考えていたのですが、
しながわ水族館さんのご厚意で、多目的ホールをお借りしてホエールウォッチング写真展を
開催できることになりました。

座間味村ではクジラたちの生活を邪魔しないように、
ルールを決めてウォッチングをしているんですが、
この20年の間に座間味村民はクジラを大切にすることをわかってくれて、
安心してボートに近づいてくるのだと、思っています。

ほぼ実物大のしっぽの写真やクジラのジャンプなど
大迫力の写真パネルがたくさん展示されています。
そして、同じフロアのイルカプールの横にあるモニターで、
ホエールウォッチングの動画も見ていただきます。
また、スマートホンをおもちの方にはサプライズがありますので、
ぜひ楽しみにしていただければと思います。

ご来場者にはプレゼントもあります。
会場で差し上げるクジラのポストカードにナンバーが打ってあるのですが、
毎月抽選をさせていただき、座間味村のオリジナルグッズをプレゼントします。
特賞は羽田発着の座間味村旅行ですので、ぜひご来場下さい。

「クジラの郷 沖縄 座間味村ホエールウォッチング展」は12月9日の日曜までです。

しながわ水族館は10時から17時まで開館。火曜日は休館です。
 
http://www.aquarium.gr.jp/topics/index.html#zamami

今日のゲストはしおりさん

この時期の服装って、困りますよね~
昨日、Tシャツを来ている人もいれば、ブーツを履いている人もいたり…
風邪を引きやすくなる時期でもあるので、みなさん、暖かい服装で過ごして下さいね。

さて、今日の「RYUKYU TIME」は、
先月ニューアルバム「Partner」をリリースした、しおりさんをお迎えします。
ちょっぴり緊張気味のしおりさん!その理由とは…!?

Partner

2012年10月12日 (金)

沖縄・秋の食材特集

はいさい!
遅くなりましたが、今週も番組を聴いていただきニフェーデービル!!

今週は「沖縄・秋の食材特集」と題して
沖縄で今、旬な食材をご紹介しました。

まさに食欲の秋!
今沖縄に行くと、旬のものをより美味しく味わうことができます。
島野菜では
「ハンダマ」→葉の色が緑色、裏が紫色の葉野菜。
        茎も柔らかいので、生でも食べられます。

「島とうがらし」→真っ赤な色が特徴の小ぶりのとうがらし。
          コーレーグースという調味料としても欠かせない一品。

「うりずん豆」→県内のスーパーや市場で見かけることのできるマメ科の野菜。
         適度な歯ごたえのある食感を楽しめ、酢の物から天ぷらまで調理できる。

ご紹介した簡単レシピは
4~5分ゆでたあと水で冷やし、
マヨネーズと鰹節をまぶすだけで
美味しい「うりずんサラダ」の出来上がり!

そして 「海産物」
「海ぶどう」→グリーンキャビアとも呼ばれる海藻の一種。
        最近、県外でも生海ぶどうを購入できるようにもなりました。

「キハダマグロ」→身が薄い紅色で、あっさりした脂が特徴。刺身で食べるのがオススメ。

「たまん」→大型のものは体長80cmにもなる沖縄方言名「たまん」。
       正式名は「ハマフエフキ」。姿はタイに似ている。比較的淡白な味わいなので
       刺身の他、天ぷらやバター焼きなどにもしても美味。

沖縄の旬のものは夏だけではないんです!
早く沖縄に行き、現地で現地の旬のものを味わい尽くしたいですね。
みなさんも今だからこそより美味しく味わえる秋の味覚を味わいに
沖縄に行ってみてはいかがでしょうか?

柴田聡