最近のコメント

« リリース・インフォメーション(9月第4週) | メイン | METAL NEWS WEEKLY(9月第4週) »

2014年9月26日 (金)

アジアン・ロック通信<83>

しばらく間を空けているうちに少し動きがあったので、今回はその中から一握りの情報をお届けしましょう。

 まずは、インドのメタル・シーンを牽引しながらも世界へその名を知らしめようと奮励努力していた、DEMONIC RESURRECTION。彼らはこの夏に新作『The Demon King』を、大物エクストリーム・メタル・バンドが数多く所属するイギリスのCANDLELIGHT RECORDSから発表。その前後で、DUBAI ROCK FESTIVAL、LES FEST、SONISPHERE、ERADICATION FESTIVAL、WACKEN OPEN AIR等を始めとする多くの有名フェスティヴァルに参戦して、知名度を一気に上げ始めている。

 また、WACKEN OPEN AIRといえば、今年は香港のEVOCATIONがMETAL BATTLE 2014に出演して4th placeを獲得。日本からもHELLHOUNDが出演しており、アジア圏のバンドも徐々にヨーロッパのシーンに食い込む足がかりを残していっていることがわかります。

 そして、相変わらず来日するバンドの多さに目が回る勢いではありますが、アジアンロック通信が注目するのが、11月26日、27日と東京大阪で開催されるPAGAN METAL ALLIANCEで来日するイスラエルのORPHANED LAND。オリエンタル・メタルを世界に発信するのに一役買ったことは言うまでもありませんが、ここ日本では1994年に発表されたファースト・アルバム『Sahara』からファンだというマニアの方々も多いはず。20年間胸に秘めた想いを携えて行きましょう。

 しかしその前に、台湾から女性ヴォーカリストを擁するメロディック・デス/メタルコア・バンド、恕樂團(SOLEMN)が来日し、10月8日新宿FROM DUSK TILL DAWN、10日大阪心斎橋VARON、12日新宿MARZにてHEAD PHONES PRESIDENTやSOUNDWITCH等と公演を行います。

 さらにもうひとバンド台湾から、そろそろセカンド・アルバムの発表を控えたNOCTURNE MOONRISEがPROG POWER INVASIONとしてイタリアのプログレッシヴ・メタル・バンドDGMと共に11月14日吉祥寺ROCK JOINT GB、15日大須RADHALL、16日心斎橋Club ALIVE!、と来日公演を行うことが決定しています。NOCTURNE MOONRISEは、弾きまくりのキーボードとギターにハイトーン・ヴォーカルでロマン溢るるシンフォニックなパワー・メタルを展開するこの手の中ではアジア圏でもトップ・クラスのバンド。現在、台湾といえば、何をおいてもCHTHONICではあるけれど、メロディック・スピード/パワー・メタルをこよなく愛する日本のメタル・ファンにはNOCTURNE MOONRISEの音楽性は、ばっちりハマることは間違いないでしょう。特にROCK DRIVEのリスナーの方々には是非ともご覧頂きたいバンドです。

 優秀なバンドがアジアから世界へ出て行く瞬間、そしてここ日本でその雄姿を見ることができる機会をお見逃しなく。

                                                      <小笠原和生>

今回取り上げたアイテムが、気になった方は、こちらのサイトをクリック&チェック!!!

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31