Sample:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2018年1月 | メイン

2018年2月

2018年2月18日 (日)

2月11日 YOKOHAMA SYA⇔REE

1曲目にお送りしたのは🎵

Sister / ReeSya

Sister




☆ラジオドラマは、再放送【Number Fist(数の手)-第6話 19世紀パリより-】 と、
【美術ミステリードラマ 〜le Salon(ル・サロン)〜 第17話 寒山拾得(かんざんじっとく)】
をお送りしました。

【Number Fist(数の手)】ナンバー・フィスト 

-第6話 19世紀パリより-

決闘の末、
致命傷を負った若き天才数学者ガロアの元へ現れた数魔

数魔「あなたは、この世に数学を広めるためにやって来たのです。
     あなたの最後の論文は、私が責任を持って世に出しましょう」

 

この時代より200年の先、
現代数学の基礎となり、世の中を大きく変えることになったガロアの最後の論文「ガロア理論」

 

ガロア「僕は生きた意味があった…」

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………


本屋さんで数学のコーナーに行くと必ず目にするのが「ガロア」、
ガロアが現れる以前の数学は学問としての地位は低く、
いわゆる幾何学が主流だったと聞いています。
ガロアをきっかけに数学の歴史に興味を持ち、本を開いてみるのも良いですね!

 

ナンバーフィスト「数の手」…数の番人 数魔(かずま)、
来週は誰のもとに現れるのでしょうか?

2曲目にお送りしたのは🎵

一輪のアサガオを、あなたに / ReeSya

Photo_2

【美術ミステリードラマ le Salon(ル・サロン)】
-第17話  寒山拾得-

寒山は、大昔の中国の詩人で、世の摂理を深く知り、
人間にそれを教えてくれると言われている。

汚いなりをしていて奇怪な行動をするが、
その実、文珠菩薩の化身とされている。

 

少年「全ては仮の姿。はかなく消えて行くものだよ…
    この世の儚さを紙に描く。その一瞬、彼らは笑う」

 

主人「彼らって?」

 

少年「野山さ、生きとし生けるものたちだよ。
    見た目に惑わされるな、心の目で見てみろよ…」

 

サロンの主人がまだ若い時分、
奥秩父の山間で出会った不思議な少年の言葉は
その後の主人の芸術に向き合う感性に大きな影響を与えた

……………………………………………………………………………………………………………………………………


尼寺にある寒山拾得の絵の中の童(わらべ)、
寒山に会ったのでしょう

 

そして、
横浜市のヤマモトさん、ラジオネーム 寒川のヤンキー父ちゃん、ラブ&ピースさん、
南アルプス大好きさん、ルパン4世さん、大山の天狗さん、よっちゃん、
メッセージありがとうございました〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


エンディング曲は🎵
遠い日の歌 / 古郡ひろみ

Photo_3でした。

バレンタインデーも過ぎ、大学の後期試験の結果も間も無く発表になります…
久しぶりのドキドキ感、たまらないですね!(笑)( ^ω^ )

来週も聴いてくださいね!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2018年2月 5日 (月)

2月4日 YOKOHAMA SYA⇔REE

1曲目にお送りしたのは🎵

星の巡礼 / ReeSya

Reesya_best




☆ラジオドラマは、再放送
【Number Fist(数の手)-第5話 薄情者-】 と、
【美術ミステリードラマ 〜le Salon(ル・サロン)〜 第15話 牛丼 】 をお送りしました。

【Number Fist(数の手)】ナンバー・フィスト 

-第5話 薄情者-

数魔「パトロンを帰して彼を待つミユキさんにプレゼントを渡したらすぐに帰ります…
                                                                あなたの心の中にある愛情の要素、空集合です」

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………


空集合(くうしゅうごう)φ(ファイ):

空集合とは空(から)の集合、
つまりその集合に属する要素が1つもないような(何も入っていない)集合のこと

キレイさっぱり何もなくなりましたね…


ナンバーフィスト「数の手」…数の番人 数魔(かずま)、
来週は誰のもとに現れるのでしょうか?

2曲目にお送りしたのは🎵

アサガオ / ReeSya

Photo_3

【美術ミステリードラマ le Salon(ル・サロン)】
-第15話  牛丼-

牛丼を愛した破滅型の天才画家、長谷川利行。人は彼をリコウと呼ぶ…

1891年、京都の山科で生まれたリコウ(長谷川利行、はせかわとしゆき)は
自身のアトリエを持たずに放浪の画家として生涯を終えている。

二科展で樗牛(ちょぎゅう)賞を受賞した後も、
生活は浅草近辺のドヤ街で一日中絵を描き、
絵を換金して、
その日の安宿代と一杯の牛丼とコップ半分の酒に換えるという毎日を送っていたという。

リコウは終生、家もなければ家族もなく、一銭の蓄えも家財さえもなかった。
浴衣にちびた下駄を引っ掛け、野良犬のようにさまよいながら珠玉の作品を残した。

 

「絵を描くことは、生きることに値するという人は多いが、
          生きることは絵を描くことに値するか…」(長谷川利行)

 ……………………………………………………………………………………………………………………………………

Photo_4


東京の北の丸公園にある国立近代美術館で、長谷川利行の作品を観ることが出来ます。

杉崎監督の作品の中にはリコウが生きている、
そう感じざるを得ないほど杉崎監督は破滅型の天才画家 長谷川利行が好きなんです。

牛丼を食べるときには「リコウを思いながら、一人で静かに食べたい」、
と言っていました。

 

そして、ラジオネーム
大山の天狗さん、ミニリーケンケンさん、hiroshiさん、
メッセージありがとうございました〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


エンディング曲は🎵
Epilogue〜死の淵より /  ReeSya

Epilogue

でした。

来週も聴いてくださいね!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ