« 近藤さや香さんとドライブ! | メイン | 黒田カントリークラブさんのLPGA優勝予想! »

2018年7月14日 (土)

災害の際のワンちゃんとの同行避難

今日は一般社団法人ジャパンケネルクラブ公認訓練士、
そして公認ハンドラーの横須賀警察犬訓練所の進藤綾乃さんにお越しいただきました。

先月、大阪で大きな地震がありました。
先週は千葉でも大きな地震があり、
現在は西日本で豪雨による大規模な被害も出ています。
いつ、自分の身近なところで被災するかがわかりません。
いざという時に、ワンちゃんと一緒にいられるように、
普段からできることについて伺いました。


<進藤さんのアドバイス>
・東日本大震災が起きてから
 災害の際のペットの扱いが大きな課題になっています。

・ペットと同行避難(避難所でペットと一緒に過ごす)という言葉が、
 ペットを飼っている人だけではなく、
 それ以外の人にも認識されはじめています。

・同行避難において一番重要なのは、
 ワンちゃんの飼い主以外の人間への社会性です。
 同行避難時に、飼い主がペットの管理をできない状況が生まれる場合があります。
 他人に対して怖がったり、敏感であったり、
 そういったことを普段から緩和することが大事です。

・そのため、普段から散歩などで社会性を築きましょう。

・また、同行避難において飼い主とペットとの関係性は最低限のマナーです。

・ワンちゃんを“ケージ”に入れることが大事です。
 ケージは持ち運びができるもの。
 サークルに入れているから大丈夫と思わず、
 持ち運びのできるケージにきちんと入ることができるように、
 日頃からしっかり訓練をしてください。



<進藤さんのセレクト>
Mr.Children「HANABI」

S__74784773


横須賀警察犬訓練所のホームページ : http://houseofdog.net/



ハマポチでは、あなたからのお悩み相談メッセージをお待ちしておりますhappy01

これまでには、、、

dogワンちゃんも乗り物酔いをするんですか?rvcar

dog初めてワンちゃんを飼うのですが、気をつけるべきことは?sweat01

というような質問・お悩みも頂いています。
日頃のふとした疑問、相談など、なんでもOKですよsign03 
お名前・性別・年齢、エピソード、
そして、ぜひワンちゃんの写真と一緒にメールで送って下さいsign03

メールはr847@fmyokohama.jpまで!

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。