« 春の歌ミックス | メイン | 福島和可菜さんからの指令!柴田聡40km走報告! »

2017年3月18日 (土)

シニア犬の目の病気について

今日は、横浜市戸塚区にある、ぬのかわ犬猫病院院長
布川康司先生にお越しいただきました。

今日の相談メッセージ 
ラジオネーム:snowchoco さん
2頭の犬を飼っていますが、1頭が8歳になり、
最近、目やにが毎日出るようになってきました。
精製水等で毎日取っていますが、何か対策はあるのでしょうか?

<布川先生のアドバイス>
・「目やに」は別名「眼脂(がんし)」と言います。
・ワンちゃんには人間同様にまつげが生え、
 まつ毛の根元には栄養を与えるための脂の線があります。
 そこから涙液(水分と脂分)が分泌されることで眼に潤いを与えます。
・年を重ねると涙液(水分と脂分)のバランスが崩れ、
 脂分が多くなると眼脂が溜まりやすくなるのです。
・眼脂が透明な色であれば問題はなく、
 様子を見ていただくだけでも大丈夫ですが、
 加齢性の変化以外も考えられるので、
 できることなら主治医の先生に診てもらいましょう。
・眼脂が黄色や緑色の場合、また白目が赤い場合は、
 病的な兆候があるので病院へ行きましょう。
・パグなどの短頭種は眼脂が出やすい犬種です。

<布川先生のセレクト>
ペドロ&カプリシャス『別れの朝』でした。

Img_6235

3月は別れの季節…。でもその先には新たな出会いが待っています!

<ぬのかわ犬猫病院 ホームページ>
http://www.nk-inuneko.com/



ハマポチでは、あなたからのお悩み相談メッセージをお待ちしておりますhappy01

これまでには・・・

dogワンちゃんも乗り物酔いをするんですか?rvcar

dog初めてワンちゃんを飼うのですが、気をつけるべきことは?sweat01

というような質問・お悩みも頂いています。
日頃のふとした疑問、相談など、なんでもOKですよ!
お名前・性別・年齢、エピソード、
そして、ぜひワンちゃんの写真と一緒にメールで送って下さい!

メールはr847@fmyokohama.co.jpまで!

現在、メッセージを送って頂いた方に抽選で
「ペットと泊まれるホテル CARO FORESTA 元箱根ルチア
 1泊2食付き宿泊券」をプレゼント!

↓こちらのカーロ・リゾートのバナーの中の
「応募はコチラ」という文字の上をクリックして下さい。




コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。