piano:Link

  • PianoAyukoをフォローしましょう

fyb_switch_to_sp_js

2018年4月25日 (水)

ほぼ日の学校スペシャル シェイクスピアの音楽会

winePiano Wineryから、オススメのイベントのご紹介です

<シェイクスピアの音楽会>
リュート、ヴィオラ・ダガンバといった古楽器や
シェイクスピアの時代の楽器であるリコーダー、
そして歌声で、400年前のしらべがよみがえります。
聴いて、知って、一緒に歌う、体験する音楽会です。

5月29日(火)草月ホール 19時開演

Photo

2018年4月21日 (土)

萩谷康一さんのラジオフルートレッスン

34a1e3e9d84f456eb29acec52219f9a0

生演奏:ヘンデル フルートと通奏低音の為のソナタ へ長調より第1楽章

本日は「アンサンブルの上達」について教えて頂きました。

アンサンブルは合わせるのが大変ですよね。

苦手な箇所はついつい慌てて早いペースで演奏してしまったり・・・

そんな時はメトロノームを活用して練習してみましょう!

そして間違えても止まらずに演奏を続けられることが大切です。

これらを意識して、ぜひとも練習してみてください。

フルート:萩谷康一さん  Koichi HAGIYA, Flutist

ピアノ演奏:吉川由利子さん Yuriko YOSHIKAWA, Pianist

今夜のゲスト ソプラノ歌手 奥山恵美子さん

先週に引き続き、ゲストにソプラノ歌手の奥山恵美子さんをお迎えいたしました。

A8e335097a754d3cb79f19ddfd89ef4d

シュテファン・ズィーバスさんとのお話などをうかがいました。

長く一緒にやられていると、意図していることを呼吸で反応し合えるようになるのですね。

関係性がとっても素敵ですよねshine

2018年4月16日 (月)

お詫び

4月14日放送の奥山恵美子さんの楽曲で間違えがありました。

すいませんでした。

シュトラウスの「万霊節」がかかるはずでしたが、

オンエアーでかかった曲は、

ハイドン ベネディクトゥス ミサ、ブレーヴィスより

でした。

ここでお詫びと訂正をさせていただきます。

2018年4月14日 (土)

萩谷康一さんのラジオフルートレッスン

6e5fbdac98b84a6bae9885e22fa2eb43

生演奏:ヘンデル フルートと通奏低音の為のソナタ へ長調より第3楽章と第4楽章

本日は「花粉症の時期には?」についてお話しいただきました。

この時期は花粉症の方、辛いですよね・・・sweat01

これに関しては、正直に言うと対処法は無いのです…。

しかし、もし花粉症から喘息の症状が出てしまう方がいましたら、なんとフルートを吹くことで改善があり得るそうなのです。

これについてはまた別の機会に詳しく萩谷先生に教えていただきましょう!

フルート:萩谷康一さん  Koichi HAGIYA, Flutist

ピアノ演奏:吉川由利子さん Yuriko YOSHIKAWA, Pianist

今夜のゲスト ソプラノ歌手 奥山恵美子さん

本日はソプラノ歌手の奥山恵美子さんをお迎えし、高木社長と共にお話をお伺いしました。

085e453c73774805a0d8ffa9fca5b37e

奥山さんは現在ベルリンを拠点としています。

ドイツ語の詩と音楽に惹かれたという奥山さんは、ドイツリートを始め様々な曲を歌っておられます。

来週もゲストに奥山さんをお迎えします!お楽しみにshine

2018年4月 7日 (土)

今夜のゲスト ピアノ調律師 高木裕さん

本日はピアニスト江口玲さんのコンサートについて、高木社長にお話をお聞きいたしました。

589c01a83f054c57901745f80c34ece5

会場は豊洲シビックセンターホールという出来たばかりのホールを使用し、なんとステージのうしろから夜景を一望できるのだそうです。

このステージを活かして、マンハッタンの夜景を彷彿とさせる演出もshine

そしてピアノは130歳を迎えたローズウッドを使います。

パーカッションとの共演や、素敵なステージ演出、そしてローズウッドの音など、是非ともお楽しみくださいね。

619s

日時:2018年6月19日(火)19時30分開演
場所:豊洲シビックセンターホール
   東京都江東区豊洲2-2-18(地下鉄有楽町線及び新交通ゆりかもめ「豊洲」駅)
料金:¥5,000 全席指定
ゲスト出演:藤本隆文(Perc.)

http://takagiklavier.com/index.php?mode=res_view&no=258

2018年3月31日 (土)

萩谷康一さんのラジオフルートレッスン

Ce371ec65c7e487d98b5e92b06e00d01

生演奏:バッハ G線上のアリア

本日は「エスプレッシーボの意味と演奏」についてお話しいただきました。

エスプレッシーボとは「表情豊かに」という意味です。

演奏においては拍子やテンポを一度忘れて、自由に演奏してみるということも大事です。

萩谷さんには例として演奏いただきました。いかがでしたか?

エスプレッシーボを意識したほうは、情感が加わったのがよくわかりましたね。

フルート:萩谷康一さん  Koichi HAGIYA, Flutist

ピアノ演奏:吉川由利子さん Yuriko YOSHIKAWA, Pianist

今夜のゲスト ピアノ調律師 高木裕さん

今夜は高木裕社長をお迎えいたしました。

A3c85c98095e4f098ac96dc63e557838

本日は今年9月に開催される「第1回 ショパン国際ピリオド楽器コンクール」についてお話いただきました。

応募にはビデオ予選があり、タカギクラヴィアでは公認ホールとしてプレイエルを弾くことが出来ます。

プレイエルを弾きこなすのは難しく、事前に練習はとても大事だそうです。

気になるという方は、タカギクラヴィアまでお問い合わせください。

http://takagiklavier.com/

2018年3月24日 (土)

萩谷康一さんのラジオフルートレッスン

Img_1484

生演奏:バッハ「フルートと通奏低音の為のソナタ ホ短調 BWV1034 第3楽章 アンダンテ[ベーテンライター版]

本日は「フルートと通奏低音のソナタ」についてお話しいただきました。

通奏低音について簡単に説明いたします。通奏低音とは主にバロック音楽において行われる伴奏の形態のことであり、一般に楽譜上では低音部の旋律のみが示されているので奏者はそれに適切な和音を付けて演奏いたします。

通奏低音の曲は楽譜(出版社)により、ピアノの伴奏部分がまるで異なることを皆さん知っていますか?

本日はヘンレ版・インターナショナル版・ベーレンライター版の冒頭部分を実際に演奏頂き、聴き比べてみました。

いかがでしたか?全く違いましたよね!

楽譜によって個性がさまざまで面白いですねshine

フルート:萩谷康一さん  Koichi HAGIYA, Flutist

ピアノ演奏:吉川由利子さん Yuriko YOSHIKAWA, Pianist