レポーター

fyb_switch_to_sp_js

« 「重慶飯店 別館」 | メイン | 「chano-ma横浜」 »

2018年5月12日 (土)

「鶴見葡萄酒酒場」

今日は、シェフのこだわりと愛情あふれるお店「鶴見葡萄酒酒場」をご紹介致しました。

Image2

Image9

「経験豊かなシェフの作る手の込んだ料理を気軽に楽しんでもらいたい」という想いから
鶴見に2013年10月にオープンしました。

中に入ると、とてもさわやかで素敵な空間!
木目調を基調にされていて、その内装にはヴィンテージウッドが使われています。
どこか懐かしい、味のある雰囲気が広がっていて、ゆっくりとお食事を楽しめそうです。

Image5

Image4

Image7 更にお店のどこからでも見つけられる巨大なワインセラーがあったり
お席ごとに仕切りはなく開放的な肩肘張らずに過ごせるお店なので
仕事帰りでも、お一人様でも気軽に立ち寄れます。
お席は全部で、テーブル席、カウンター席合わせて18席です。

 鶴見葡萄酒酒場 のおススメメニューは
「鮮魚のカルパッチョ ~自家製さっぱりポン酢で~」!
イタリアンベースのこちらのカルパッチョは
塩とオリーブオイルで和えた鮮魚を自家製のポン酢で頂きます。
その日によって魚の種類は変わるので行ってからのお楽しみです!

お肉好きの方におススメは「自家製サルシッチャのピリ辛トマトソース」!

Image3 とても厚みがあります。ジューシーでハーブの香りがふわっと広がります。
ひき肉が粗めでかなり食べ応えもあり、
マスタードとアンチョビが入ったトマトソースが豚の脂とよく合って
ビールが飲みたくなる一品です。

その他、塩と胡椒、青山のニンニク、ローズマリーで焼き上げた「桜姫鶏のディアボラ」
「男爵いものロースト」、「豚肩ロースの桜スモークのグリル」などなどそそられるメニューが
そろっています。

Image6

Image8 そんなシェフのこだわりと愛情あふれるお店「鶴見葡萄酒酒場」のメニューに
ピッタリのドリンクは、キリンブラウマイスターをはじめ、
50種類以上の世界各国のワイン、カクテル、ソフトドリンク各種お楽しみいただけます。

とても親切にしてくださったお店の方々と☆

Image1

店舗情報

「鶴見葡萄酒酒場」

TEL        045-642-4766

営業時間     月曜日~土曜日17:00~翌0:00

アクセス      JR線「鶴見駅」西口徒歩3分 京急本線「京急鶴見駅」 徒歩5分

定休日       日曜日、第一月曜日

住所        神奈川県横浜市鶴見区豊岡町18-11 アモネス鶴見1F

                                                   WRETTEN BY   刈川杏奈