レポーター

fyb_switch_to_sp_js

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月26日 (土)

「ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト」

今週は絶品お肉料理を味わえるプチ贅沢空間
「ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト」をご紹介しました!

Image3

Image4

Image2

2012年7月20日にオープンしたお店で
グランドセントラルテラスの一階にあります。

レンガ調の壁に、黒い丸い看板の中に店名
「ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト」と書かれた看板を
目印お越しください。

店内に入ると、バーカウンターがあり、赤い椅子がとてもスタイリッシュ!

Image6赤いソファー席や個室の中のエナメル質のソファーもとてもおしゃれ☆

Image5

Image7 暖かい照明でゆったりと食事を楽しめます。

Image9 テーブル席もあるのでふらっと一人でも来やすく
個室はちょっぴり特別な日にもピッタリです。

Image10

Image8

ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト のおススメメニューは
「ビーフリブロースステーキ」!

こちらは開店した時からずっとある定番メニューで
初めての方も常連さんも頼まれる一押しメニュー!

量は、180gと400gからお選びいただけて
ミディアムレアに焼かれたお肉好きにはたまらない一品。

Image12 ジューシーでとても柔らかく、分厚いので満足感がすごい!!
脂の甘みとオニオンベースのソースの相性も抜群です!
焼き加減も最高でした♪
しかも180g1280円、400g2380円と利益度外視のうれしい価格です。

また、最初の一品に悩まれたときに
おススメのメニューが「枝豆バター醤油炒め」!
一度メニューからなくなってしまったんですが
常連さんからのたくさんの「復活して欲しい!」という
お声によって復活したメニューなんです。

バター醤油の香ばしい香りが食欲をそそるのはもちろん、
ビールにも合う、まさに最初の一品にぴったりのメニューです!

その他にも、300円メニュー、500円メニュー、800円メニューと
そそられるメニューが豊富に揃っています。

Image11

またランチでは「特製チキンライス」が人気!
白いご飯にから揚げ、キノコ、玉ねぎがデミグラスソースで味付けされて、
少し変わったチキンライス。
一度味わってみてほしい一品です。

Image1

そんな絶品お肉料理を味わえるプチ贅沢空間
「ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト」のメニューにピッタリのドリンクは、
キリンハートランド生ビールをはじめ、タップマルシェ、
30種類以上の世界各国のワイン、焼酎、カクテル、ソフトドリンク各種お楽しみいただけます。

とても親切にして下さったお店の方々と♪

Image14

 店舗情報

「ビストロ・ワイン酒場 Licht リヒト」

TEL         045-232-4534

営業時間     月曜日~金曜日  ランチ11:00~15:30 ディナー 17:00~23:00

           土曜日・日曜日・祝日  11:00~23:00

アクセス      みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩2分

定休日       無休

住所         神奈川県横浜市西区みなとみらい4-6-2 グランドセントラルテラス1F

                                                   WRETTEN BY 刈川杏奈 

2018年5月19日 (土)

「chano-ma横浜」

今週は21世紀のお茶の間「chano-ma横浜」をご紹介しました!

Image1

Image2

Image3

横浜の名所、赤レンガ倉庫の中にあるお店で
2002年4月にオープンされて今年で17年目を迎えられます。

「21世紀のお茶の間」をコンセプトに店内は
白と茶色を基調とされたとっても優雅で落ち着いてお食事を楽しめる空間が広がっています。

カフェ、ラウンジ、ダイニング、といった様々なエッセンスを融合した空間になっていて
横浜の海を臨めるテラス席や、足を延ばしてリラックスできる人気の小上がり席があったり、と
その時の気分に合わせた席で、まるで「我が家」にいるかのようにくつろげちゃうお店です。
全部で136席です。

Image4

Image5

Image6

Image7

Image8

Image9

Image10

「chano-ma横浜」のおススメメニューは、ランチメニューの「パンビュッフェ」!
こちらは、メイン料理1品とパンの食べ放題とドリンクのセットで、ボリューム満点!

自慢のパンがずらりと並びます。

Image1_1

デニッシュやにんじんとりんごの野菜パン、クルミレーズンパン、などなど、
中でもフランスから取り寄せているクロワッサンとチョコデニッシュは
バターの香りがとても華やかに広がり
ふわっとしていていくらでも食べれてしまうようなおすすめのパンです。

Image13_1

メインの一番のおススメは「自家製ビーフシチュー」!

Image12_1

お肉がほろほろの絶品ビーフシチュー。
程よい酸味でしつこくなく、またパンにとても合います。

更にディナーメニューでは、「とろとろ卵のオムライス」がおススメ!
半熟とろとろに仕上げた卵がふわっと乗った子供から大人まで人気メニューで
卵の上にかかったソースをとろとろの卵と一緒にお召し上がりください。

その他にも
お酒のお供にぴったりの「サワークリームとチリソースのディップポテトフライ」や
「アボカドとサーモンのタルタル」、「パテドカンパーニュ」といった
アラカルトメニューが楽しめるのはもちろんの事
揚げたての鶏に、黒胡椒をたっぷり効かせた甘酸っぱいタレと一緒に頂く
「若鶏のスパイシー黒胡椒揚げ」
デザートメニューなら「とろ~り抹茶のフォンダンショコラ」
「苺と練乳の豆乳フレンチトースト」などお楽しみいただけます。

 そんな21世紀のお茶の間「chano-ma横浜」のメニューにピッタリのドリンクは
キリン一番搾り生ビールをはじめ、キリン一番搾りスタウト、
キリンハーフアンドハーフ、キリンブラウマイスター、
キリンハードシードルや果実酒、カクテル、ワイン、サングリア、
ウイスキー、スパークリング、シャンパン、ソフトドリンクなど各種お楽しみいただけます。

 店舗情報

chano-ma横浜」

TEL       045-650-8228

営業時間    月曜日~日曜日11:00~23:00

アクセス     みなとみらい線「馬車道駅」 または「日本大通り駅」から歩いて6分

定休日      無休

住所       神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館 3F

                                                 WRETTEN BY 刈川杏奈

 

2018年5月12日 (土)

「鶴見葡萄酒酒場」

今日は、シェフのこだわりと愛情あふれるお店「鶴見葡萄酒酒場」をご紹介致しました。

Image2

Image9

「経験豊かなシェフの作る手の込んだ料理を気軽に楽しんでもらいたい」という想いから
鶴見に2013年10月にオープンしました。

中に入ると、とてもさわやかで素敵な空間!
木目調を基調にされていて、その内装にはヴィンテージウッドが使われています。
どこか懐かしい、味のある雰囲気が広がっていて、ゆっくりとお食事を楽しめそうです。

Image5

Image4

Image7 更にお店のどこからでも見つけられる巨大なワインセラーがあったり
お席ごとに仕切りはなく開放的な肩肘張らずに過ごせるお店なので
仕事帰りでも、お一人様でも気軽に立ち寄れます。
お席は全部で、テーブル席、カウンター席合わせて18席です。

 鶴見葡萄酒酒場 のおススメメニューは
「鮮魚のカルパッチョ ~自家製さっぱりポン酢で~」!
イタリアンベースのこちらのカルパッチョは
塩とオリーブオイルで和えた鮮魚を自家製のポン酢で頂きます。
その日によって魚の種類は変わるので行ってからのお楽しみです!

お肉好きの方におススメは「自家製サルシッチャのピリ辛トマトソース」!

Image3 とても厚みがあります。ジューシーでハーブの香りがふわっと広がります。
ひき肉が粗めでかなり食べ応えもあり、
マスタードとアンチョビが入ったトマトソースが豚の脂とよく合って
ビールが飲みたくなる一品です。

その他、塩と胡椒、青山のニンニク、ローズマリーで焼き上げた「桜姫鶏のディアボラ」
「男爵いものロースト」、「豚肩ロースの桜スモークのグリル」などなどそそられるメニューが
そろっています。

Image6

Image8 そんなシェフのこだわりと愛情あふれるお店「鶴見葡萄酒酒場」のメニューに
ピッタリのドリンクは、キリンブラウマイスターをはじめ、
50種類以上の世界各国のワイン、カクテル、ソフトドリンク各種お楽しみいただけます。

とても親切にしてくださったお店の方々と☆

Image1

店舗情報

「鶴見葡萄酒酒場」

TEL        045-642-4766

営業時間     月曜日~土曜日17:00~翌0:00

アクセス      JR線「鶴見駅」西口徒歩3分 京急本線「京急鶴見駅」 徒歩5分

定休日       日曜日、第一月曜日

住所        神奈川県横浜市鶴見区豊岡町18-11 アモネス鶴見1F

                                                   WRETTEN BY   刈川杏奈

 

 

 

 

2018年5月 5日 (土)

「重慶飯店 別館」

今週は、本格四川料理が味わえる「重慶飯店 別館」をご紹介しました!

Image1_1

196911月にオープンされ、今年で50周年を迎えられます。

外観は、そんな長い歴史と趣を一目で感じる白い大理石のような壁とそ
れに沿うように
上に描かれた金色の花柄模様の中に
遠くからでもわかる大きく「中華四川料理」の白い文字と
「重慶飯店」の赤い文字が書かれています。


お店の入口にいる2匹の獅子像の間を通って中に入ると

Image2_1

Image3_1 とても素敵なエントランス☆豪華なお花が飾られています。

Image4_1

一階はとても広いホールがあり、円卓がずらっと並んでいます。

Image5_1

Image7_1

Image6_1 高級感が溢れる空間です。

2階にあがると、まず豪華なロビー!

Image9_1 二階は宴会場と個室があり
シャンデリアのある部屋や宴会場は結婚式場のように広く
とても上品でリッチな気分になれます。

Image10_1

Image11_1

Image12 ご家族皆さんでゆっくり、素敵な時間を過ごせるのはもちろんの事
大事な人とのお食事にもピッタリのお店です。
お席は、全部で590席です。

そんな 重慶飯店 別館 のおススメメニューは、「麻婆豆腐」!
重慶飯店 別館では2つの「麻婆豆腐」を味わう事ができます。

1つは、代々受け継がれてきた重慶飯店の歴史ともいえる「麻婆豆腐」

Image13_2 ピリッとしてキレのあるすっきりとした辛さ。
辛いだけでなく旨みもきちんと感じる味わい深い麻婆豆腐。

 もう1つが「正宗麻婆豆腐」です。
「正宗麻婆豆腐」の「正宗」とは、中国語で「本場」を意味します!

Image14 花山椒が効いててしびれます!かなりパンチはありますが、
肉が牛肉で旨みも合わさり、くせになる味です。

他には担担麺がおすすめ☆
三種類あり、「四川担担麺」、「白担担麺」、
そして今爆発的に支持を得ている「もう一つのタンタン麺」!

Image15 本場、重慶の味を再現しており、スープは少なく辛みと旨みのバランスが最高!
普通の担担麺とはちょっと違う初体験の味を楽しめます。

四川料理のお店ですが、もちろん辛くないメニューもあるので
辛い物が苦手な人でも安心です!

そんな本格四川料理が味わえる「重慶飯店 別館」のメニューにピッタリのドリンクは
キリン一番搾り生ビールをはじめ、中国の果実酒、日本酒、焼酎、
サワー、ソフトドリンク各種お楽しみいただけます。

とても親切にしてくださった支配人の方と♪

Image16

店舗情報

「重慶飯店 別館」

TEL         045-641-8386

営業時間        平日11:30~15:00(LO.14:00)
          土日祝11:30~22:00(LO.20:30)

アクセス       JR根岸線「石川町駅」 徒歩5分
           みなとみらい線「元町・中華街駅」 徒歩10分

定休日          無し

住所          横浜市中区山下町142番地

                                                   WRETTEN BY 刈川杏奈