レポーター

fyb_switch_to_sp_js

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月28日 (土)

「Bar de la Costa HOLA(バル デ ラ コスタ オラ)」

今週はリーズナブルに手作りスペイン料理を楽しめる
「Bar de la Costa HOLA(バル デ ラ コスタ オラ)」をご紹介しました!

Image5

スペインのバルセロナの街角ワイン酒場をイメージされたお店で、
来月11月で4周年目を迎えられます。

「HOLA(オラ)」という店名は、スペイン語で一番耳にする言葉で、
英語の「hello」を意味していています。
誰もが親しみやすく、そして、永く愛されるお店になるように、
という願いを込められたお店なんです。

お店の入口、左側には「ワインとさかな」の文字、
その下に小さな魚のマークと「HOLA(オラ)」の文字が光る看板と、
そして、スペインの旗が目印です。

Image4

店内は、木目調と白を基調にされていて、
「Bar de la Costa HOLA(バル デ ラ コスタ オラ)」と書かれた丸い電球があったり、
机や椅子、所々の装飾に木が使われていたり、暖かみ溢れる素敵な空間となっています。

Image8

Image7

Image9

おすすめメニューは、「HOLA特製!魚介のオジャ」!

女性にも人気のこちらのメニューは、日本のおじやの語源にもなったと言われる料理で、
海老や鯛、浅蜊などの出汁にサフランを加えて、ゆっくりと煮たて、
お米にたっぷり味をしみこませた一品です!

オジャ専用の鍋であつあつのまま運ばれてきます。もう魚介の出汁のいい香りが漂ってきます。

Image2

Image3_2 この日の具はスズキ、イカ、ムール貝。
出汁がとてもよく染みたお米がおいしい!体に染み渡る味です。

その他にも、10種類のスペインの前菜を楽しめる「スペインの前菜盛り合わせ」がおススメ☆

Image1 信玄鶏のレバームース、ハマポークのパテ、ガリシア栗豚のハム、ポテトサラダ、ガスパチョ、
シーザーサラダ、パンコントマテのハモンセラーノ、エスカベッチェ、ピクルス(ギンディージャ、ケッパーベリーの10種類。

まずはガスパチョからお召し上がりくださいとのこと。
契約農家の新鮮トマトだけで作る冷製スープはさっぱりとした中にもトマトの旨みが凝縮され、
一気にスペイン料理をたのしむ口に整えてくれます。

ガリシア栗歌のハムはふわっと芳しい香りが残り上品な味。
お酒にとても合いそう!その他も一つ一つ丁寧に作られ、大満足の盛り合わせです。

その他「生牡蠣」は北海道釧路・厚岸湾の生牡蠣が使われていて、
大粒で芳醇な甘みと濃厚なコクが特徴の美味しい牡蠣がなんと290円で味わえます。

そんなリーズナブルに手作りスペイン料理を楽しめる
「Bar de la Costa HOLA(バル デ ラ コスタ オラ)」のメニューにピッタリのドリンクは、
キリン一番搾り生ビールをはじめ、ソムリエが厳選した種類豊富なスペインワイン、
ソフトドリンク各種、お楽しみいただけます。

とても親切にしてくださったお店の方々☆

Image11 店舗情報

「Bar de la Costa HOLA(バル デ ラ コスタ オラ)」

TEL      045-681-0950

営業時間:  火曜日~土曜日 夕方5時~深夜1時まで

          日曜日・祝日は 夕方4時~深夜0時まで

アクセス    JR根岸線「関内駅」より徒歩3分

定休日      月曜日(祝日営業、翌火曜日店休)

住所       神奈川県横浜市中区住吉町3-29 関内住吉ビル1F

                                                   WRETTEN BY 刈川杏奈

 

 

2017年10月21日 (土)

「焼肉 基(やきにく はじめ)」

今週はリーズナブルに美味しいお肉を楽しめる隠れ家「焼肉 基(やきにく はじめ)」をご紹介しました!

Image15

今年の1月にオープンした地下にある隠れ家的お店.

六角形のマーク、その中に黒のローマ字で「HAJIME(ハジメ)」の文字とゴリラのロゴマークが
書かれたオレンジの壁が目印です。
総料理長のあだ名がゴリだったことから、ゴリラマークになったとか☆

中にはいると、とてもスタイリッシュでお洒落な雰囲気。

Image10

Image14

Image2

こちらのお店は小さなお子さんと一緒に来られる家族連れからご年配の方と幅広いお客様が
いらっしゃいます。
さらに、著名人の方々もいらっしゃるとの事で、入ってすぐ左の壁には、
ご来店された芸能人やスポーツ選手の方のサインが書かれています。

Image11

Image12

Image3

「正直なうまさをお手軽な価格で」「SIMPLE IS THE BEST」をコンセプトに
料理長が厳選、産地直送の一頭買いした宮崎牛が楽しめる
 焼肉 基(やきにく はじめ) のおすすめメニューは、「ネギタン塩」!

Image7 こちらの「ネギタン塩」は少し変わっているんです!
それは、形!実は、餃子の形をしているんです!
餃子の皮のように「タン」を使って、中の具にはネギあんが詰まった一品!

Image6 串打ちされた「ネギタン塩」をそのまま、焼いて、何もつけず
焼き鳥を食べるようにかぶりついちゃってください!
タンは一本から二、三人前しかとれないタン元。
柔らかいタンの旨みとシャキシャキのネギが口いっぱい広がります。

「HAJIME焼き」もおススメ!!

Image5 サーロインをさっと焼いて、メレンゲ状にしたトリュフオイルが入った特製たまごダレに
つけていただく一品です!

Image4

ふわふわのたまごが絡まったお肉は口の中でとろけていきます。
トリュフの香りも鼻に抜けて贅沢な一品。

その他、甘い脂ののった黒豚を天つゆでいただく「HAJIMEブタのしゃぶしゃぶ」、
がっつり食べたい方には「HAJIMEステーキ」「HAJIMEフィレステーキ」
「HAJIME牛モモステーキ」など、お肉の部位、それぞれの食べ方で、
宮崎牛の旨味を存分に味わえる様々なメニューがお楽しみいただけます。

またお肉以外にも、ナムルが売り切れるほど人気!もやし、ほうれん草、大根、ぜんまいが
全て混ざって出てきます。最高にやみつきになる味!!

Image8

そんなリーズナブルに美味しいお肉を楽しめる隠れ家「焼肉 基(やきにく はじめ)」のメニューに
ピッタリのドリンクは、キリンラガービール、瓶ビールは一番搾り 横浜づくりをはじめ、
種類豊富なワイン、サワー、ソフトドリンク各種、お楽しみいただけます。

お店の総料理長と☆

Image1

店舗情報

「焼肉 基(やきにく はじめ)」

TEL             045-315-7992

営業時間      火曜日~土曜日 18:00~翌5:00

                  日曜日・祝日 18:00~23:00

アクセス        JR根岸線「関内駅」より徒歩5分

       または 横浜市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」6A出口より 徒歩4分

定休日      月曜日

住所       神奈川県横浜市中区長者町7-112 イセザキセンタービルB1

                                                  WRETTEN BY 刈川杏奈

 

2017年10月14日 (土)

「南欧料理 青とんがらし」

今週はみんなに愛され続ける「南欧料理 青とんがらし」をご紹介致しました!

Image8_1

もともと青葉台で20年ほど同じく南欧料理のお店を営まれていたのですが、
店舗拡大のため3年ほど前にこの藤が丘に引っ越されました。

その青葉台で開かれていた時のお客様が、今もこちらのお店に足を運んでくださっている
移転しても、愛され続けるお店なんです。

その青葉台でお店を営まれていた事、また、店主さんが青森出身という事から「青」と
辛い野菜の名前を入れたいという事から「とんがらし」で、「青とんがらし」という店名。

濃い緑色の看板に「青とんがらし」と書かれた白い文字と、
かぼちゃとにんにく、赤いパプリカの絵が描かれた看板が目印のお店です。

店内に入ると、スペインと青森の海をイメージした青と白、机と床は木を基調にしていて、
所々に観葉植物の緑も取り入れられているとても爽やかな空間になっています。
ガラス張りで開放感があります。

Image3_1

Image4_1

Image10_1 
奥は個室になっていて15名ほど入れます。お子様連れでも安心のスペースです。

Image7_1_2

スペインやイタリアのあるヨーロッパ南部の国々の料理を楽しめる 南欧料理 青とんがらし の
おすすめメニューは、青森県産のウニと姫ホタテを使った「ウニのクリームパスタ」!
パスタの上にトッピングされたウニと姫ホタテのクリームによく絡ませていただくのが、
おススメの食べ方です!

また、今一押しのメニューは「メヒカリのフリット」!
ししゃもくらいの大きさの深海魚のメヒカリに、
味のついたころもをつけてオリーブオイルであげた一品!

Image5_1

また「南欧料理 青とんがらし」のランチメニューは前菜、メイン、デザート、ドリンクのAランチ、
前菜、メイン、ドリンクのBランチがあります。メインはパスタ、ピッツァ、キッシュから選べます。

Image1_1 この日の前菜は、野菜スープ、パン、ピクルス、かぼちゃとサツマイモと栗のサラダ。
日替わりのメインのパスタは「スモークサーモンと大葉のトマトクリームスパゲッティ」

Image2_1 店主さんが青森出身ということで、青森でとれた紅鮭をスモークしています。
色とりどりの野菜もたっぷり添えられています。トマトソースがねっとりと絡み、
ふわっとした食感の燻された香りがたまらない鮭が最高です。

そんなみんなに愛され続ける「南欧料理 青とんがらし」のメニューにピッタリのドリンクは、
キリン ラガービールをはじめ、種類豊富なワイン、カクテル、ソフトドリンク各種、
お楽しみいただけます。

店舗情報

「南欧料理 青とんがらし」

TEL           045-532-6650

営業時間    平日・土曜日・日曜日 ランチ11:30~15:00

                                           ディナー 17:30~22:00

アクセス      東急田園都市線「藤が丘駅」正面口より 徒歩3分

定休日    不定休(月曜ディナーは休み。場合によっては営業の日もあり)

住所     神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-3-1
                                         WRETTEN BY 刈川杏奈

 

2017年10月 6日 (金)

「ノボルノバル」

今週は開放的な隠れ家美食バル「ノボルノバル」をご紹介致しました。

Image8

Image7 オーナーさんと奥様の可愛らしいイラストが印象的なお店☆

Image1

Image2 看板のところから細い路地に入ると半分ガラス張りの素敵なお店が見えてきます。

中に入ると、木や鉄骨、ブロックなどが使われたブルックリンスタイル。
ワシントンのワインのテイスタールームをイメージしたおしゃれで味のあるお店。

Image4

Image5

Image6

Image10 そんなノボルノバルのおすすめメニューは、岩手県産特選銘柄豚「岩中豚」の骨付きロースグリル!

Image3 とてもボリューミー!!お肉は脂が甘くて、やわらかく、臭みもアクも少ない!
あっさりとした肉の旨みだけを楽しめる一品です。美味しい秘伝のタレ、ハーブソルトで頂きます。
そして、季節の素揚げ野菜もたっぷり添えられている大満足の一品。

その他、赤エビ、ムール貝、アサリ、蛸などが入った「贅沢魚介のパエリア」、
子供から大人までみんな大好きトマトクリームソースに渡り蟹の身をしっかり絡ませた
「豪快ワタリガニのトマトクリームパスタ」、
「阿波牛のいちぼ」やパクチーまたはイタリアンパセリとフレッシュトマトのサルサソースで
さっぱりと頂ける「イベリコ豚の揚げ餃子」などバラエティに富んだメニューがあります。

「ノボルノバル」のメニューにピッタリのドリンクは、
キリン ハートランドをはじめ、ソムリエの資格を持つ奥様が厳選したコストパフォーマンスの高い
ワシントン、オレゴンの種類豊富なワイン、カクテル、ソフトドリンク各種、お楽しみいただけます。

とても親切にして下さったオーナー夫妻と♪♪

Image9

店舗情報

TEL           044-701-0108

営業時間           水~土18:00~23:00

           日・祝日18:00~22:00

アクセス        小田急線「新百合ヶ丘駅」北口より 徒歩3分

定休日         月・火(12月より不定休)

住所           神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目-12-19
                                                   WRETTEN BY 刈川杏奈