レポーター

fyb_switch_to_sp_js

2016年9月24日 (土)

「炭火焼鳥 kanzo (かんぞう)」

今週は、素材に合わせ焼き上げた「いいネタ」のおいしさに大満足!
居心地の良い居酒屋「炭火焼鳥 kanzo (かんぞう)」をご紹介致しました!

Image6_3

家の表札のように「かんぞう」とひらがなで店名が描かれた看板が目印。

Image5_3_2 中に入ると、落ち着いた照明に、木製のカウンター席とテーブル席。
広すぎず、ほっこり安心するような雰囲気です。

 

Image1_3

Image2_3

人気定番メニューはもちろん、毎日店主が、一本一本丁寧に手刺しする『焼鳥』。

炭火を操り、素材にあわせてレアにしたりしっかり焼いたりと職人技で仕上げられる逸品。
選りすぐりの素材は種類も豊富。希少な部位も多数そろっています。

特に店名にもなっている肝臓・レバーなどの内臓系は大人気!香ばしく素材の旨みに
うっとりしてしまう「白レバー」、胸腺の「おたふく」は柔らかく、濃厚クリーミーでおすすめ。

Image3_3 

またクセがなく食べやすい、色々なお酒にあう「鶏レバーのパテは
レバーが苦手な人も好きになるほど、クセがなく食べやすいと評判のメニューです。

じゅわっと口の中に肉汁が溢れる手づくり『つくね』も大人気メニュー!

いろんな肉を使っているつくねは、その日の新鮮なお肉の仕入れ状況と
店主の気分によって肉の種類は日替わり。訪れる度に違う肉の旨味を楽しむことができます。

Image4_3

こだわりの焼鳥にもピッタリなドリンクは、キリン一番搾り生ビールに、
キリン一番搾りスタウトの他、地酒や本格焼酎も充実した品揃え。季節や仕入れ状況により
ラインアップが変わり、全国の銘酒が色々味わえるところもうれしいポイントです!

とても気さくな店主さん☆

Image7_3

店舗情報

「炭火焼鳥 kanzo (かんぞう)」

TEL     045-844-1008

営業時間  17:30~01:00

アクセス   京急本線・市営地下鉄ブルーライン「上大岡駅」よりそれぞれ徒歩5分

定休日    火曜日

住所     神奈川県横浜市港南区大久保1-9-28 メゾンYK1F

                                          WRETTEN BY 刈川杏奈