fyb_switch_to_sp_js

2016年5月23日 (月)

オススメの沖縄産・お取り寄せスイーツをご紹介

はいさい!!!

今週の南風通信は
沖縄に遊びに行って美味しい沖縄特産を食べたい!
若しくは沖縄好きの知人に、通な沖縄スイーツを
贈りたいという方、特に必聴の
「オススメの沖縄お取り寄せスイーツ」と
題してお送りしました。

まずオープニングでご紹介したのは

「まんまるちんすこう工房」ちんすこう」

Fullsizerender8
柔らかい食感を追求した究極のレシピで
一つ一つ手作りで仕上げた一品。
材料にもこだわり国産の小麦粉、全粒粉、
そして沖縄産の純正ラードを使用。
着色料、保存料などは一切無添加の体に優しく美味しい
まんまる型のちんすこう。那覇市長賞奨励賞受賞。

人気の5種類42粒入り
「まんまるちんすこうミックス」
(¥1,350)関東への送料(¥720)

続いて

「ふくぎや」の「バームクーヘン」

Fullsizerender13
2011年開業のバームクーヘン専門店。
沖縄の選りすぐりの食材「黒糖、紅芋、ハチミツ、卵」を
ふんだんに使った一品。

種類は、フクギ・ガジュマル・紅の木の三種類

フクギ→沖縄の卵と蜂蜜をたっぷりと使用したプレーンタイプ。
ガジュマル→沖縄本島北部・今帰仁村で作られた黒糖をふんだんに使った
      ハードタイプのバウムクーヘン
紅の木→沖縄産紅芋をたっぷり使った香り豊かなソフトタイプ

Fullsizerender14

今回取り寄せた種類は
「カジュマルS」
(¥1,300)関東への送料(¥955)

オフィシャルサイトhttp://fukugiya.com/
のオンラインショップから購入可能。


そして

「ブーランジェリーパティスリー いまいパン」の
琉球世界遺産Sweets「識名園るうまんぺい」

Fullsizerender12
平成27年度 第38回 那覇の物産展事業 那覇市長賞 優秀賞受賞。
地元の老舗「丸吉塩せんべい屋」とのコラボ商品。
琉球塩せんべいとフランスのお菓子フロランタンが融合。
ぐつぐつ煮たバターとハチミツに、
アーモンドとココナッツの2種のナッツを
のせている一品。

Fullsizerender9


オフィシャルサイトhttps://imaipain.com/より
Shopの項目から購入(¥1,200)関東への送料(¥600)


最後に
「H&Bジェラ沖縄」の「ジェラート」

Fullsizerender11
2010年から牧志公設市場2階にお店を構えるジェラート専門店。
北海道出身のご夫婦が沖縄に移住し開業。
沖縄県民が数ある沖縄フルーツを食すことが
意外と少ないと聞き、沖縄フルーツを使ったジェラート
を作ろうと考案。県が推奨する「おいしい特産品」にも認定。
添加物、香料、着色料一切使わず、沖縄の果物などにこだわった
全16種類。一番人気のパイン、パッションフルーツ、マンゴー、たんかん
さらには泡盛、沖縄ぜんざいのフレーバーも。

12種類セット、消費税、送料込みで(¥5,000)

以上、気になったお取り寄せ品は
ありましたか!?
ぜひ、参考にしてくださいね。

柴田聡

2016年5月22日 (日)

慶良間諸島・阿嘉島の魅力

沖縄は梅雨に入り、じめじめしていますが
梅雨明けに是非訪れてほしい離島「阿嘉島」についてご紹介したいと思います!

阿嘉島は沖縄本島南部から船で行く事が出来る
「慶良間諸島」の中にある島の一つです。
まず、那覇の泊港からフェリーに乗って約1時間半の船旅をします。
那覇から離れていくにつれて、濃くなっていく海の色・青色は
透明度も増していきます。

船を走らせて少し時間がたつと、見えてくるのは慶良間諸島の島々です。
岩がきりだった断崖絶壁の島々は
海へ冒険に出てきたようなワクワク感がありました!
ふと海面を見てみると、トビウオが飛んでいたりして、
自然を味わうことが出来て感動しました!

船旅を終えて阿嘉島に到着したら、
その透明度と綺麗なエメラルドグリーンに、また感動。
沖縄は海が綺麗と言われますが、
やはり島々で見る海の色や景色が全く違うことを再確認しました。
早速、向かった北浜(ニシハマ)ビーチではシュノーケルを体験しましたが、
中に潜ると魚がいっぱい泳いでいて驚きました!
シュノーケルとライフジャケット、フィンは海で貸し出しがあるので、
荷物にならずにシュノーケルを楽しむことが出来ますよ!

また、野生の慶良間鹿にも遭遇して、
この島は自然と共存しているんだなと体感。
夜は近くの橋まで散策して、満天の星空を眺めることが出来ました!
次の日は、橋を渡った先にある「慶留間島」へ行き、
海の底にある岩や珊瑚が見えるほど透き通っていて、
まるで映画のワンシーンの様な情緒ある風景でした。

言葉では言い表せないほど非日常で、大満足の旅!
沖縄は何回も来た事あるよ!というリピーターには是非おススメしたい島です!
きっと阿嘉島の魅力にはまると思います!是非訪れてみてください!

1_45_4

2_34_2

3_5

2016年5月21日 (土)

オススメの沖縄産・お取り寄せスイーツをご紹介

この週末はOKINAWA祭りが開催されていますが、
リスナーの皆さんは行かれたでしょうか?
スタッフKは両日共、仕事の為、行く事が出来ません。。。
今日、行かれた方、明日、行かれる方、ぜひ、感想を送ってくださいね。

さて、明日の「南風通信」はオススメの沖縄産・お取り寄せスイーツをご紹介します。

2016年5月15日 (日)

ゲスト「トレモノ」のボーカル木田龍良さん

今週も「南風通信」を聴いて頂き
有難うございました。

今日は番組初登場!
3月1日に1st EP「Traveler's High」を
リリースした「トレモノ」からボーカルの
木田龍良さんをお迎えしました!

Fullsizerender8

数年前から注目していたバンドで
代々木公園で毎年開催されているOKINAWAまつりに
出演されていた時に、オシャレなサウンドで
ライブを観るオーディエンスを盛り上げ、
ぜひとも番組に来て頂きたいと思っていました!
そして念願叶って今回ご出演に頂きました。

「トレモノ」は木田龍良さん(Vo&Gt), 難波良さん(Gt),
仲間全慶さん(Ba)の3名からなる石垣島出身/都内在住の
スリーピースバンド。結成は2009年。

このバンド名は「トレモロ」っていう音楽用語の「震える」
という意味からとっていて、「トレモロ」をもじって
グループ名に使えないかなと。
「トレモノ」のモノは「者」で「音楽を通じて震える者」
という意味として木田さんがつけたとか。

でも、最近まで照れ臭くて
その意味をメンバーに伝えてなかったのだそう(笑)

今回の最新EPのタイトル「Traveler's High」は
どんな意味が含まれているのかも伺いました。
ランニングにランナーズハイがあるように、
旅にもトラベラーズハイがあるのでは?と。
そして音楽も一つの旅だと。
このEPを聴いて、楽しい音楽の旅をして欲しいと
語っておりました。

そして最後に今回のテーマとなっている「旅」。
石垣島のオススメスポットを伺いました。
王道ではあるものの「川平湾」!
黒真珠養殖で有名なエメラルドブルーの海は
今でも健在のようです。
地元の人からも太鼓判を押される「川平湾」
ぜひ、まだ行ったことない方はチェックを
してくださいね〜。

そんな石垣島発のオシャレで爽やかなサウンド
を楽しみたい方は、ぜひ「トレモノ」のライブに
足を運んで欲しいと思います!

ライブ情報など、詳しい情報は下記
トレモノ オフィシャルサイト↓をチェック!
http://toremono.com/

柴田聡

沖縄でビールを飲もう!

沖縄も、じわじわと日差しが強くなってきて、日ごとに夏を感じています!
今日は、そんな暑い日に飲みたくなる、沖縄にまつわるビールについて
ご紹介したいと思います!

まず、沖縄のビールといえば有名なのは「オリオンビール」ですよね!
オリオンビールは沖縄で開催されるイベントには欠かせないビールです!
祭りの夜に、オリオンビールを飲んだことがないという人は、
なかなかいないと思います!

オリオンビールの歴史は古く、半世紀以上前から続いています。
「オリオン」という名前の由来は3つあり、
一つ目は中央に星が三つ並ぶオリオン座の南に輝く
星が沖縄のイメージにマッチしていたこと、
二つ目は星は人々の夢や憧れを象徴するものであった事、
三つ目は当時沖縄を統治していた
米軍の最高司令官の象徴が“スリースター”だったことから来ているんです!
    
また、オリオンビールは工場見学ができますよ!
オリオンビールが出来るまでの過程を勉強して飲むと、
一段とおいしいと思います!

次にご紹介したいビールは、変わった名前の地ビールです!
その名も「ニヘデビール」。
沖縄には「にふぇーでーびる」、「ありがとう」という意味を持つ
方言があります。
その言葉をもじって作られた名前、ビールなんですね。

そして、ビールに使用されている水は、
30万年かけて作られた大鍾乳洞
「地下100メートルから湧き出る天然水」が使用されています。

最後に紹介したいビールは、コロナです!
最後だけ沖縄産のビールではないのですが、
紹介したいのはコロナのイベントなんです!

沖縄本島南部に位置する豊崎海浜公園で開催される
「CORONA SUNSETS FESTIVAL」。
沖縄で開催されるのは今年で2回目です!
沖縄の美らSUNビーチは沖縄県内でも有数のサンセットスポットで、
開放的な空間の中で音楽にも酔いしれる会場は、まるで外国のようです。
昨年は海外からのアーティストも来て、とても盛り上がりましたよ!

「CORONA SUNSETS FESTIVAL」は7/2(土)3(日)の二日間、
沖縄本島南部にある豊崎海浜公園で開催されます!
沖縄の景色を存分に味わって音楽とビールを楽しみたい方は
是非参加してみてください!

ゲストはトレモノのボーカル・木田龍良さん!

昨日、放送されていた「We Love はじめてのOKINAWA」!
リスナーの皆さん、お聴きになりましたか?
スタッフKは聴きながら、「あぁー沖縄行きたい!」って思っちゃいました。
リスナーの皆さん、ぜひ沖縄に行ったら、番組にメッセージ送ってくださいね。

さて、今日の「南風通信」はトレモノのボーカル・木田龍良さんをお迎えします。
3月にリリースされた、1st EP「Traveler's High」について伺います。

Trmn001_jacket

2016年5月12日 (木)

ゲストは映画「あめつちの日々」の川瀬美香監督。

はいさい!
いつも番組を聴いて頂き、にふぇーでーびる!!

さて今週の放送では先週土曜日から
シアターイメージフォーラムで公開されている上映中の映画
「あめつちの日々」の川瀬美香監督をお迎えしました。
この映画は沖縄県は読谷村にある「やちむんの里」の
読谷山焼北窯で働く松田米司親方の姿を追った
ドキュメンタリー作品。

実際に去年ワタクシ柴田聡も、
この「やちむんの里」の北窯を見学し、
その窯の姿の力強さに感動しました。

この映画はどのような行程で材料となる土が集められ、
器など多くの作品がが窯で焼かれ、
職人さんがどんな思いでその伝統を引き継いでいるのか
ストレートに伝わるストーリー。

土と対話しながら作業をし、
三日三晩、窯に火が焚かれ多くの作品が
見事に完成する瞬間はとにかく胸が熱くなるほどの
感動がありました。
実際に日常的に行われている何気ない仕事場の風景が
フィルムを通した時、肌で感じるようなドキドキ感を
味わう事のできるリアルなドキュメンタリー作品となっていました。

川瀬監督はどこまでも謙虚に、
あくまで「RECボタン」を押しただけと
おっしゃっていましたが、

その工房や窯での作業の瞬間、瞬間を映像に紡ぎたいという
監督の想いと、見事なまでのタイミングとセンスが際立つ
素敵な映像の連続でした。

監督と同じく、この作品を観た人が
もしくはこの作品をきっかけに「やちむんの里」を訪れ、
沖縄のやちむん(焼き物)のファンになる方々が
きっと増えるのではと思いました。
ぜひ、劇場に足を運んで頂きたいです!
川瀬監督の今後の活躍も楽しみにしています。

Img_6227

映画「あめつちの日々」公式サイト
http://essay.tokyo/tsuchi/

柴田聡

2016年5月 8日 (日)

沖縄の風習

前にも少しお話しさせていただいた沖縄の風習ですが、
まだまだ沖縄には変わった風習がたくさんあるんです。

皆さんは、お風呂に入るときシャワーを浴びて湯船につかりますよね。
でも、沖縄の人は湯船に入る習慣がないので、
シャワーを浴びてお風呂は終わっちゃうんです。
沖縄のホームセンターに行くと浴槽が売られているんですが、
夏場など浴槽を使わないときは、物入れになっていたり、
植物を育てる人もいるんですよ。

それ以外に沖縄の定番といえば、
プラスチック製の大きなお皿に惣菜などをたくさん詰めたオードブルです。
オードブルといえば、大きなパーティー等でしか
なかなか見る機会がないと思いますが、
お誕生日の時やお墓行事の時、運動会、成人祝いの時など
身内や親せきが多い沖縄ではオードブルを目にする機会が多いんですよ。

レストランでもオードブルを注文することができるんですが、
それ以外にも、居酒屋やスーパーの惣菜コーナーなどで注文して、
気軽に購入することができるんです。
沖縄の天ぷらや沖縄の家庭料理、
中華料理から洋食まで1つのオードブルで、
いろんなジャンルを楽しめるのが特徴なんです。

暖かい沖縄でビーチBBQもおすすめですが、
オリオンビールを片手にビーチオードブルも是非試してみてください。
ビーチBBQより手間がかからず気軽に楽しめるかもしれません。

沖縄観光に関する詳しい情報は、
観光情報WEBサイト「おきなわ物語」をチェックしてみてください。
http://www.okinawastory.jp/

ゲストは映画「あめつちの日々」の監督、 川瀬美香さん!

今日は過ごしやすい1日になりそうですね。
暑くなく寒くなく…
でも、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気をつけてください。

さて、今日の「南風通信」は映画「あめつちの日々」の監督、
川瀬美香さんをゲストにお迎えします。

Ametsuchiflyerf © Art True Film. and Mika Kawase. All rights reserved.

2016年5月 4日 (水)

はいさいフェスタ

はいさい!

先週の番組では只今川崎ラチッタデッラで開催中の
「はいさいフェスタ2016」を広報の方をお招きした
ご紹介しました!!

Img_6719

今回で13回目を迎え、例年よりも
長い期間に渡って開催!なんと五日間!!

そして明日が最終日。
Blog更新遅れスミマセン。。

音楽、食、エイサーから映画、お笑いにいたるまで
沖縄の魅力を余す事なく川崎に集結して
催されています!!
昨夜ワタクシも行ってきましたが、
スゴイ盛り上がりで
ライブ会場では周りを囲むブースの店員さんも
お客さんと一緒になってイベントを楽しんで
いる様子!

とにかくゴールデンウィークの良い思い出に
なること間違いなしです!!
そして最終日となる今日は後夜祭も開催!
豪華ゲストも登場するとか!?

迷っている方はまずは行って足を運んでみましょうね。

はいさいFESTA オフィシャルサイト↓
http://lacittadella.co.jp/haisai2016/


柴田聡