fyb_switch_to_sp_js

2017年1月22日 (日)

柴田聡・旅日記2017 中部編

この頃、寒くて布団から出るのがツライですよねー
風邪を引いている人も多いので、皆さん、気を付けてください。

さて、今日の「南風通信」は
「柴田聡・旅日記2017 中部編」と題してお送りします。
中部ではどんな旅をしたのでしょうか。

柴田聡・旅日記2017 南部編

はいさい!!


さてさて先週の南風通信では
「柴田聡旅日記2017 南部編」と題して、
お正月に行ってきた沖縄旅行のレポートをお届けしました!

今回の旅のテーマは「初」!
これまで巡ったことの無いスポット、
食べたことの無いグルメだけを
体験したトリップ。

まず訪れた場所は沖縄最古の城跡「玉城城跡」
別名アマツヅ城とも称され、築城年代や
歴代の城主についてはさだかになってない。
施設、駐車場全て無料の施設。
さらに駐車場から約5分ほどで城跡まで
登ることができるスポットです。

Img_6071_1
http://www.okinawastory.jp/spot/30000054


続いて行った場所は「奥武島」
天ぷらが有名な車で渡れる島。
行列のできる「大城天ぷら店」は
とにかく安くて美味い!
必ず立ち寄って欲しいスポットです!

Img_6104

Img_6115
https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470403/47009272/


そしていよいよ初体験となった「ホエールウォッチング」!
滞在していたロワジールホテルのほど近い那覇にある
三重城港からフェリーに揺られ出発!
およそ3時間のクルーズ。クジラ遭遇率98%だとの事。
常にカメラを抱えてスタンバイしていたのですが、
なんと遭遇できずという結果に。。。
こんなことってあるんですね。
しかし乗船料は全額返金という形になりました。

Img_6221

さて今夜は「沖縄旅日記2017 中部編」
と題してお届けします。
お楽しみに!!

柴田聡

2017年1月15日 (日)

何かが違う?!沖縄、冬の食べ物

今週は、沖縄ならではの冬の食べ物をご紹介します。

沖縄は冬も半袖ではないかというイメージもあるかと思いますが、
海が近く風が強いので「沖縄の冬は意外と寒い」という声も
ちらほら聞こえます。
そんな沖縄で欠かせない冬の食べ物が「おでん」と「鍋」です。

ただ、沖縄のおでんとお鍋、私たちは当たり前に食べていますが、
初めて食べる方には驚くメニューかもしれません。

まず、おでんですが、出汁は「豚」からとります。
また、メインは豚の足「てびち」です!
てびちといえば、沖縄そばのトッピングとして
食べたことがある方はいるかと思いますが、
おでんで食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。

てびちの他には豚のあばら肉であるソーキや島こんにゃくなどがあります。
コンビニでは「沖縄そば」をメニューとして販売しているところもあるんですよ!
おでんの出汁に沖縄そばの麺、とっても合うんです!

次に、沖縄の鍋、「すき焼き」です。
すき焼きは全国にある定番鍋メニューですよね。
沖縄の食堂では「すき焼き」のメニューがありますが、
恐らく想像したすき焼きは出てこないと思います!

沖縄の食堂で食べられる「すき焼き」は、炒め物なんです!
具はお鍋で食べる「すき焼き」と同じで、
牛肉、しらたき、白菜などが入っています。
ただそれを、なぜかお皿に盛った定食の様な状態で出されるので、
お鍋を想像していると、あれれ?と思うかもしれません。
でも、「これ、すき焼きじゃないよ!」と落胆せず、食べてみてください。
とても美味しいですよ。

この時期、沖縄に来ましたら、
是非、沖縄ならではのあったかメニューを食べてみてください!

旬香周島おきなわWEBサイト「しゅんおき」
http://cp.okinawastory.jp/

柴田聡・旅日記2017 南部編

先週末から急に寒くなりましたね。
風邪を引きやすい時期なので、くれぐれも気を付けてくださいね。

さて、今日の「南風通信」は「柴田聡・旅日記2017 南部編」と題してお送りします。
お正月、沖縄に行ってきた、柴田くん。
どんな旅だったのでしょうか?

今回もお土産を頂き、小腹が空いた時、一気に食べてしまいました。
もちろん、美味しかったですよ~ご馳走さまでした。

Photo_3

ゲストは東郷晶子さん

いいそーがち、でーびる!
くとぅしぬんうにげーさびら!!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!!
本年もどうぞ宜しくお願いします!

今年も放送を通して皆さんに温かな風を
お送りしていきたいと思っておりますで、
どうぞ宜しくお願いしします。

さて、先週の放送は今年最初の「南風通信」でした。
ゲストに奄美大島は喜界島ご出身の東郷晶子さんをお迎えしました。
去年、一度ライブも拝見させていただいたんですが、
まるで体の一部のようにピアノを弾きこなす
クオリティーはもちろん、島のソウルを感じる
パワフルで情感溢れる歌声は見る人圧倒していました!

Fullsizerender
そんな東郷さん、
音楽を始めたのは幼稚園の頃、
地元の教会にあるピアノ教室にて
ピアノを始めたのがきっかけ。
でも実は歌は二十歳を過ぎてから
アルバイト先のジャズ喫茶にて
仲間たちから一度歌ってごらんと言われたのが
最初だったそうです。かと言って、音楽の道を志そうと
思ってもなかったそうです。
27歳になってある音楽プロデューサーと出会い、
本格的にアーティスト活動を開始したそうです。

そして、いよいよデビューシングルリリース致しました。
東郷さんの全身で奏でる渾身の曲が収録されている
「月ノ銀貨」必聴です!

時たま地元の帰った時は、なんと東郷さんのおじ様が
喜界島にてライブハウスを経営されていて、
そちらで歌うことも度々あるそうです。
しかも空港から徒歩30秒ぐらいの近距離。
「サバニ」というお店だそうです。
すごく興味湧きます!!
これからの活動を応援しています。

柴田聡


東郷晶子オフィシャルサイト↓http://akiko-togo.com/


2017年1月 8日 (日)

1月は桜の季節?!

今週は「1月は桜の季節」と題して、紹介します。

桜の時期といえば、
3月後半から4月にかけて開花するのが一般的ですよね。
でも、沖縄の桜の見ごろは1月後半から2月で、
とびぬけて日本一早いんです!

ただ、本土で咲く桜とは品種が違うんです。
ソメイヨシノではなく、カンヒザクラという品種が沖縄では主流です。
白っぽい色ではなく、濃いピンク色なんです!

また、面白い特徴があるんです!
冬を終えて、通常温かくなる南から開花していきますよね。
でも、沖縄の桜前線は寒いはずの北から南へ開花していくんです!
    
桜は一定の寒さにさらされて、花の芽の準備が出来たら開花するので、
沖縄の中でも冷え込む北部の山あたりから開花していくんです。
寒さが足りない南の方では少し遅れて開花するという事なんです。

そして、1月後半から、桜まつりが沖縄各地で開催されます。
中でも珍しいイベントが今帰仁城跡で開催される、
「今帰仁グスクまつり」です。
特に夜の景色は、桜だけでなく城壁の幻想的なライトアップは
この時期にしか見ることが出来ません。
    
また、2月になると、南下した桜が那覇の与儀公園で見ることができますよ!
観光でも人気の「国際通り」から徒歩で行く事も出来ますので、
2月に那覇へ行く際には是非お立ち寄りください!

旬香周島おきなわWEBサイト「しゅんおき」
http://cp.okinawastory.jp/

ゲストは東郷晶子さん!

明けましておめでとうございます。
今年も「南風通信」宜しくお願いします!

さて、今日の「南風通信」は、
鹿児島県・喜界島出身、東郷晶子さんをゲストにお迎えします。
柴田さんが最近、気に入っているアーティストの一人です。
どんな方なのでしょうか?

Zlcp0305

2016年12月26日 (月)

最新沖縄土産

今年ラストの南風通信お聴き頂き
有難うございました!

番組オープニングでもお伝えしましたが、
今年は特にたくさんのゲストの方に、
お越し頂きました!

平安隆さんや朝崎郁恵さんを始めとする
大御所のみなさまから、
今年成人式を迎えた、
又デビューしたばかりのアーティストなどなど
沢山の方々から目一杯のパワーをもらった
年でした。
また今年も2回の公開収録があり、
リスナーのみなさまとも直接触れ合える
時間があり楽しい1年でした。

そんな中、南風通信では
特にこの年末年始沖縄へ旅する方へ
オススメの最新の沖縄土産をご紹介しました!
沖縄土産がワンパターン化してしまいがちで
悩んでいる方ぜひ参考に!

まずは
1.エーデルワイス沖縄の
「島果のしずく」紅芋フィナンシェ&ヒラミーレモンマドレーヌ

Fullsizerender

紅芋フィナンシェは、沖縄県産の紅芋「ちゅら恋紅」を使った
餡が入ったフィナンシェ。
しっとりしたフィナンシェ生地に、
餡がたっぷり入っていて、とっても美味しい。
結構甘いが、ひとくちサイズなのでちょうど良い。

ヒラミーレモンマドレーヌはさわやかな
沖縄県産のヒラミーレモン(シークヮーサー)の
コンフィチュールを入れて焼き上げたひと口サイズのマドレーヌ。
4個入りのパッケージもそれぞれ可愛い。


2.南国食楽 zuの「パイナップルフィナンシェ」

Fullsizerender_2
パッケージのインパクト大!あのPP○Aを思わせる。
でもパッケージのインパクトに負けず劣らず、
可愛いパイナップル型の美味しいフィナンシェ。


3.スクワラン本舗の「鮫ジャーキー」

Image1
沖縄近海で取れる鮫を直接漁師から買い付け、水揚げを行い、
捕獲から加工まで行って製造。鮮度が勝負の鮫。徹底した
製造工程で完成したジャーキー。新鮮さを感じる味わいと 
柔らかさ、ジャーキーならではの臭みが少なく食べやすい!


以上、気になるお土産はありましたか!?
ぜひ、今後の参考にしてくださいね。

柴田聡

2016年12月25日 (日)

年末年始のおすすめスポット!

今日は年末年始のおすすめスポット!をご紹介します。

まずは沖縄本島北部のやんばるにある大石林山です。
こちらは国立公園にも指定されており、
昔から沖縄の聖地としても知られている場所なんです。
巨岩や亜熱帯の森が広がる自然豊かな沖縄を感じることができますよ。

大石林山ではお子様からお年寄りまで、
家族みんなで歩きやすいトレッキングコースがあります。
コースとしては、
沖縄最北端の辺戸岬を眺めることができる美ら海展望台コースや
2億年前の石灰岩層が隆起してできた熱帯カルスト地形を体感する
巨岩・石林感動コースなどがあります。
そして、バリアフリーコースもありますので、
車イスの方にも安心して楽しんでいただけますよ。
また、パワースポットとしても有名な場所なので、
年末年始のパワーチャージにいかがでしょうか。

続いては、沖縄本島北部に位置する本部町、
沖縄美ら海水族館のある海洋博公園内・熱帯ドリームセンターです。
こちらは年間を通して、
温暖な沖縄ならではの植物を鑑賞することができるので、
寒くなってくる年末年始におススメです。

熱帯ドリームセンターには、
熱帯・亜熱帯の花々やトロピカルフルーツが実る温室があり、
中でもランの花が目玉となっています。
常時2千株以上のランが展示されていますので、見ごたえ抜群ですよ!
沖縄美ら海水族館へ行った際には、
是非、熱帯ドリームセンターへも立ち寄ってみて下さい!!

来年2月4日(土)~2月12日(日)まで、
沖縄国際洋蘭博覧会が開催されます。
世界中から集まった約2万点のランが展示される、
国際規模の花のビックイベントとなっております。

その他、年末年始の主要施設の開館情報については、
おきなわ物語にもアップされておりますので、ご確認ください!


WEBサイト「おきなわ物語」http://www.okinawastory.jp/

最新の沖縄土産をご紹介!

xmasMerry Christmasxmas

リスナーの皆さん、楽しいクリスマスを過ごしてください!

さて、今日の「南風通信」は「最新の沖縄土産」をご紹介します。
年末年始・沖縄へ行かれる方はぜひ!
行かれない方は買ってきて貰う時の参考にしてくださいね。