fyb_switch_to_sp_js

2016年9月26日 (月)

「南風通信 at 沖縄チャンプルーカーニバル」ゲストはやなわらばー

はいさ〜い!
改めまして、先週は番組公開収録
「南風通信at沖縄チャンプルーカーニバル」
にお越し頂いた皆さん本当にニフェーデービル!!

沖縄チャンプルーカーニバルの規模も徐々に大きくなり
例年以上に賑わいを見せている姿を見て、
さらに嬉しくMCも気合いが入ってしまいました。

さて今週、番組でお届けしたのは
1組目のゲスト「やなわらばー」のお二人を
お迎えした時の模様でした!

Img_2728_2
なんと言っても嬉しかったのは
「東里梨生」ちゃんがご懐妊というニュース!
以前、7月にインタビューした直後の発表で今回の
チャンプルーカーニバルの出演の心配もありましたが、
元気な姿でステージに立って頂き、素敵な歌声を披露して
頂きました!!

Img_2729
最近、石垣島に帰る機会もあったそうで、
やはり石垣は空の青さすら目の中に差し込んでくる程、
改めて空の青さの美しさを実感したそうです。

そんな梨生ちゃんは10月のライブでもって、
一旦産休に入り、その間「優」ちゃんが
やなわらばーとしての活動をソロで行うとのこと。
梨生ちゃんが帰ってくるまで色んな挑戦をして
「やなわらばー」としての可能性を広げたいと!

Img_2730
さすが長年ユニットを続けてきたお二人の
友情と絆を感じました。

まずは「梨生」ちゃんの元気な赤ちゃんに
会えるの楽しみにしていまーす!!

やなわらばーOfficial site
http://www.ya-na.net/index.html


柴田聡

2016年9月25日 (日)

やんばるの森へ行こう!

今週は、やんばるの森へ行ってみよう!と題して、ご紹介します。

「やんばる」は漢字で「山」と「原」と書いて『やんばる』と読みます。
沖縄本島北部に位置していて那覇空港から向かい、
高速を使っても2時間以上かかる場所にある地域です。
やんばるは国頭村、大宜味村、東村の3村からなる地域です。

沖縄美ら海水族館に行ったことがある方でも、
やんばるまで足を延ばしたことがある方は
意外と少ないかもしれないですね。
でも、やんばるは今、注目のスポットなんです!

それは9月15日に「やんばる国立公園」として指定されたからです!
沖縄といえば綺麗な海を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
山も貴重な資源です。
やんばるの森はヤンバルクイナをはじめ、
ノグチゲラやヤンバルテナガコガネなど希少生物が多く存在していて、
開発を防ぐために国立公園に指定されました。

今後、やんばるの森は「奄美・琉球」として、
世界自然遺産に登録される予定です。
名前から分かるとおり、
沖縄県だけでなく鹿児島県を含めた登録となります。
地域は奄美大島、徳之島、
やんばる、西表島の4か所が「奄美・琉球」として一緒に登録となります。

やんばるの森について魅力を知って頂くために訪れてほしい
スポットが「大石林山」です。
ここも世界自然遺産登録の地域の一部となります。
亜熱帯ならではの生命力を強く感じる木々や、
約2億年前の石灰岩による世界最北端のカルスト地形など、
ここでしか見ることのできない風景は、非日常を味わうことが出来ます!

「奄美・琉球」として世界自然遺産に登録される
時期は最短で平成30年に登録となります。
登録されると大変込み合う事が予想されますので、
登録前に是非遊びに来てください!

2016年9月24日 (土)

「南風通信 at 沖縄チャンプルーカーニバル」ゲストはやなわらばー

先日行われた公開収録、たくさんの方に来て頂き、
本当にありがとうございました!
二組とも盛り上がりましたね。
という事で、明日の「南風通信」は、
「南風通信 at 沖縄チャンプルーカーニバル」と題して行われた、
公開収録の模様をお届けします。
一組目のゲスト、やなわらばーのトーク&ライブですよ~
お客さんとの一体感、何度聴いても感動します!

_

ゲストはMICHIちゃん

はいさい!!

まずはFヨコ主催の沖縄フェス「第4回沖縄チャンプルーカーニバル」
にお越し頂いた皆さん!本当にありがとうございました。

とにかく盛り沢山な3日間、MCであることも忘れ
楽しんでしまった瞬間もありました!(笑)
沢山の方々にお越し頂いたおかけで
ホントに楽しい時間を過ごさせて頂きました。
すでに今から、来年はどんなチャンプルーカーニバルになるのか
楽しみです。

沖縄チャンプルーカーニバル時の南風通信公開収録の模様は
いよいよ明日ON AIRとなります!どうぞお楽しみに!!

そして、そんな沖縄チャンプルーカーニバル期間にON AIRされた
南風通信はというと、ゲストに沖縄初のアニソンシンガー
「MICHI」ちゃんをお迎えしました!

Fullsizerender

デビューしてから約1年!
初めてのFM番組ゲスト出演がこの南風通信ということで
思い入りを持って頂いている。
さらに他現場でも度々お会いするので、あれやらこれやと
トークが弾む弾む!あっという間のゲストパートでした。

なんと言っても今週、満を持して発売されたのが
1st Album「Sprint for the Dreams」。
デビューして約1年、この1年を振り返ってどんな心境なのか、
そして今回のアルバム制作はどんな思いでレコーディングしたのか、
さらに大変だったことなど伺いました。

実は今回、MICHIちゃんにとって初となる試みは
バラードソングのレコーディングだったとのこと。
こんなにも難しいものかと思いながら一生懸命歌ったそうです。
アルバムをラストを飾る「流星」という曲ですが、
そのMICHIちゃんの強い想いが吹き込まれ、さらに凄く良い
楽曲に仕上がっています。

疾走感があり勢いあるアニソンを歌うMICHIちゃん、
まるでデビューからの1年も、あっという間だったそうです。
でも着実に成長している姿を見ていると
MICHIちゃんの夢である「沖縄コンベンションセンター」
でのワンマンライブ。もう実現間近のような気がしてなりませんでした。
これからも番組を通しても応援していきたいと思います!

MICHI OFFICIAL WEBSITE↙︎
http://michi-stbe.com/

柴田聡

2016年9月18日 (日)

沖縄のトロピカルフルーツ・グアバ

今日は「沖縄トロピカルフルーツ グアバ」ついてご紹介します。

沖縄は年間を通して温暖な気候であることから、トロピカルフルーツの宝庫となっています。
中でも今、旬なフルーツがグアバです。
本土では果実を見ることがあまりないフルーツですが、
沖縄では時々道端で見かけることもあり、沖縄の方言ではバンシルーと呼ばれ親しまれているんですよ。

グアバは世界に160種類以上の品種があるといわれている果実ですが、
赤やピンク、白、黄などがあり、甘酸っぱいものや少し苦みのあるものもあります。
そのまま食べても美味しいんですが、小さい種が沢山入っているので、
裏ごしをしてジュースやスムージーにするのがオススメですよ。

グアバはその味や香りも魅力的ですが、栄養成分も豊富に含まれていることで有名なフルーツなんです。
ビタミンCやビタミンE、カロテン・リコピンが豊富に含まれており、
美容にオススメなんです。
また、グアバの葉っぱを使ったグアバ茶にはポリフェノールが多く含まれているので、
ダイエットにも効果があるといわれており、お土産としても大人気なんですよ。

一般的には加工されているものがほとんどですが、
生のグアバは8月~10月頃まで沖縄のお土産屋さんや青果店で手に入ります。
グアバを選ぶ際は、香りや重みがある物を選ぶのがポイントですよ。
食べ方としては、皮は苦いので皮をむいて、
食べやすい大きさにカットして食べると美味しくいただけます。

グアバジュースは季節を問わず、
県内の飲食店やお土産屋さんにありますので、
沖縄の太陽で焼けた肌に内側から美容成分を取り入れて頂きたいと思います。

旬香周島おきなわキャンペーンWEBサイト「しゅんおき」
http://cp.okinawastory.jp/

2016年9月17日 (土)

ゲストはアニソンシンガー・MICHIさん

リスナーの皆さん、沖縄チャンプルーカーニバル楽しんでいますか?
ぜひ、明日の公開収録、遊びに来てください。
17時からですよ。

さて、明日の放送では
沖縄初のアニソンシンガー・MICHIさんをゲストにお迎えし、
発売される1st Album「Sprint for the Dreams」について紹介してくれます。

Michi_1stal_jk_tsujo

2016年9月12日 (月)

ゲストはトレモノ

はいさい!
今週の南風通信は今年2回目の登場!
石垣島出身の3ピースバンド、トレモノから
木田龍良さん(Vo&Gt)と仲間全慶さん(Ba)を
お迎えしました。
前回お越し頂いた時は木田さんのみでしたが、
今回は初めましての仲間さんが登場!
もしかすると次回番組登場3回目でやっと
難波良さん含むメンバー全員3名とお会い出来るのかも?
なんていう話しからインタビューはスタートしました。
いよいよ2ndEP『Traveler’s High2』が9月15日に
リリースされるといことで新譜の話し、
ファッションの話し、グルメの話し等、
あらゆる種類のトーク満載でお届けしました!
今回は前作に続き、シリーズ第2弾のEPとしてリリース。
前回に比べ、音数を減らしなるべくシンプルにレコーディングされたそう。
トレモノの魅力であるアコースティックや生音が
より表に出ていた良質なアルバムになっていました!
前作同様、旅に出たくなる、ドライブが楽しくなる一枚となっています!
そんな新譜話しだけでなく、木田さんが着ていた素敵なアロハが、
実はワタクシ柴田聡が注目していたブランドであることが発覚!
より一層、欲しくなってしまいました。
沖縄そば話しにもなったのですが、
木田さんは一貫して横浜家系ラーメンを
好む中、沖縄そばに関してはあっさり系が
好きだとか。
そんな木田さんや仲間さんがオススメする沖縄そばは、
石垣島にある「来夏世(くなつゆ)」や
リスザルがいるという!?「やいま村」にある
「あんぱる食堂」。かなり気になります!
次回はメンバー皆さんでのご出演楽しみにしています!
トレモノ-TOREMONO-オフィシャルサイト↓
http://toremono.com/

Fullsizerender_3

柴田聡

2016年9月11日 (日)

那覇の入り口、国際通り

今日は「那覇の入り口、国際通り」ついてご紹介したいと思います。

国際通りは那覇市の県庁北口から安里まで約1.6キロメールもあり、
沖縄料理屋さんやお土産屋さん、
市民に親しまれる昔ながらの市場などがある通りになります。
また、国際通りは戦後いち早く復帰を遂げたことから
「奇跡の一マイル」と言われているんです。
空港からも近く、国内外問わず多くの観光客で賑わう、
那覇のメインストリートなんです。

そんな国際通りですが、
メイン通りから沢山の筋道があり、
お土産屋さんが並ぶ大通りの一つ裏の通りに入ると、
何ともローカルな路地裏や独特の雰囲気をもつ通りが沢山あるんですよ。
例えば、国際通りの中心あたりに位置する
浮島通りは個性あふれる洋服屋さんや美容室、
カフェバーなど新旧の沖縄の雰囲気が入り混じる
オシャレな通りとなっています。

その他にも、パラダイス通りや一銀通り、壺屋やちむん通り、
桜坂などそれぞれの通りに違った魅力があるので、
通りの名前を覚えながら歩くとより楽しめると思います。

また、国際通りの中心より少し安里側にある
「ハピナハ」は昨年3月にオープンしており、
沖縄新喜劇やよしもと沖縄花月、
沖縄おもろおばけ屋敷など雨の日でも楽しめる、
エンターテインメント施設になっております。
離島マルシェやオリジナル泡盛が作れる、
忠孝マイブレンドショップもあるので、
お買い物を楽しむこともできる場所なんですよ。
    
さらに、国際通りではイベントも多く開催されています。
これからの季節は10月に地域団体やサークル、
伝統芸能保存会によるパレードが催され、
およそ50団体の華麗な演舞を見ることができます。
また、11月には琉球王国時代の一大絵巻行列を総勢約700名で再現した、
首里城琉球王朝絵巻行列などがあり、
沖縄の伝統的な衣装や装飾を楽しむことができますよ。

9月に入り日差しも和らいできたので、
だいぶ過ごしやすくなってきました。
街歩きをするにはいいタイミングですよ。
お気に入りのお店を探しながら、
那覇の町をぶらりしてみてはいかがでしょうか。

観光情報WEBサイト「おきなわ物語」http://www.okinawastory.jp/

ゲストはトレモノ!

雨となった日曜日。
今週末行われる、沖縄チャンプルーカーニバルでは晴れて欲しいですね。

さて、今日の「南風通信」は、
トレモノの木田龍良さん・仲間全慶さんをゲストにお迎えし、
2nd.EP「Traveler's High2」について紹介して頂きます。

Jacket_2

2016年9月 4日 (日)

番組がオススメする沖縄夜景スポット

はいさーい!
朝晩は過ごしやすくなり季節はいよいよ秋!
いかがお過ごしでしょうか?

さて今夜の南風通信は
青い海、青い空のイメージの強い沖縄、
綺麗な夜景が望めるスポットをご紹介しました。

まずは
沖縄本島南部「首里城」!
園内には3ヶ所の展望スポットがあり、
特に「西のアザナ(いりのあざな)」は、
沖縄県最大級の夜景スポットと言われれています。
首里王朝時代、城郭の西側に位置していた見張り台だったからこそ
今も尚、那覇市内の街だけではなく那覇港まで一望出来ます!


続いては
沖縄コンベンションビューロー兼城さんオススメ
沖縄本島中部・北中城村にある
「EMウェルネスリゾートコスタビスタ沖縄ホテル&スパ途中の坂」
地元では「屋宜原の夜景」という愛称で知られています。
米軍施設や北谷町の夜景を90度の視界で望めます。
車窓から眺める夜景としては沖縄最大級と言われているようです。

この夜景を観に行かれる際は、ぜひとも
60年代の雰囲気漂う沖縄一号店である
「A&W屋宜原店」に立ち寄ることもお勧めします。

何度かこのEMホテルに宿泊したことがあるのですが、
ホテル室内から見える夜景も絶景でした!

Dscf4801

Dscf4322
そして
沖縄本島北部「名護中央公園 さくらの園」
車でアクセスしやすく名護市内の街を一望できるスポット。
さくらの園の車道に面したところに東屋があって
名護市街地が綺麗に見れます。
お勧めの時間帯はサンセット!
名護の街に明かりが灯され始め、夕日でピンクに染まる空と
名護湾が一望でき最高の一時を過ごすことが出来ます!

ぜひ、沖縄に行った際には
沖縄だからこその夜景を見に
紹介したスポットを巡ってみてはいかがでしょうか?

柴田聡