fyb_switch_to_sp_js

« 茶殻を使った人工芝なんて、存在しない?…(6月23日) | メイン | 鎌倉で美味しい抹茶のかき氷に出会う!…(7月7日) »

2018年6月30日 (土)

静岡の茶農家さんに見学に行こう!…(6月30日)

今日は静岡市清水区布沢両河内で
お茶づくりをしている豊好園さんの
「おはこツアー」を紹介しました!

豊好園の3代目の片平次郎さん。

Jiro

2018520__180529_0082

苺が浮かぶ和紅茶や、
富士山デザインのかわいいお茶など、
発想豊かな商品を次々に作っていますが、
全国茶品評会で3位に入賞するなど、
お茶づくりにも真剣に取り組む
若手のお茶農家さんです。

昨年から始まったという「おはこツアー」
「お茶飲んで、畑見て、工場見学」の
頭文字をとって名付けられたそうです!

豊好園の茶畑は山の中にあり、
晴れていれば、畑からは富士山と
駿河湾をのぞむことができるという
最高のロケーション!

昨年の雑誌「Discover Japan」の
日本茶特集号では、
「天空の茶園へ」というテーマで
8ページにもわたって紹介されていました♪

Unnkai

茶畑を見てお茶を飲むだけではなく、
工場の見学を行うのはどうしてなのか、
次郎さんに伺ったところ…

「お茶っていうのは農作物なんですけど、
収穫して終わりではなくて、
僕たちはお茶を“揉む”という
加工の工程があって、
そこがすごくお茶の質を
左右するところなので、
その工場の茶師が、
どのくらい心をこめているのか
っていうのを、ちょっとでも
感じてもらえたらいいなって思って、
工場見学をしています。」 

2018520__180529_0057

2018520__180529_0056

また、こうした茶畑ツアーを
なぜ行おうと思ったのでしょうか?

「僕たちがこんなところで、
お茶を作っているよとか、
こんな思いで作っているっていうのを、
みなさんに知ってもらえたら、
なんかそれでお茶っていうものが、
こういうもんなんだ〜って、
ちょっとでも気になって
飲んでくれたらいいなぁって思いで、
始めました。」

Img_2215

“百聞は一見にしかず!”
まさにこの言葉がぴったりだと思います!

静岡市にある豊好園の「おはこツアー」
開催時期は繁忙期を過ぎた、
夏以降から3月ぐらいまで。
所要時間は約3時間で、料金は3000円。
お土産に千円分のお茶がつきます。

豊好園は、品種のお茶を20種類以上
栽培している茶農家さんです。
品種によってどんな違いがあるのか、
畑で見て、お茶を飲んで
その違いがわかるという…
そういう面白さも感じられると思います。

天空の茶園、ぜひ行ってみたい!という方、
ツアーの参加人数は5人までです。
事前に電話やメールでお問い合わせ下さい。

日本茶「静岡茶」清水両河内の茶農家
茶に心をのせて豊好園
houkouen.org

コメント

コメントを投稿