fyb_switch_to_sp_js

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月26日 (土)

日本茶にも”シングルオリジン”がある!?…(5月26日)

おはようご茶います♪
先週末、秦野で茂木さんの
お茶つみイベントがありましたが、
実はスタッフは静岡で茶つみを
して来ました(笑)

2018520__180529_0087

さて!
本日の日本茶クイズはこちらでした!

「日本茶にも”シングルオリジン”がある!?」

Yes or No!

答えは…

YEEEEEEESSSSSS!!

コーヒーの世界ではよく耳にする
「シングルオリジン」ですが、
日本茶にも「シングルオリジン」ブームが
来ているんです!

「シングルオリジン」とは、日本茶では、
「単一品種」、「単一農園」を満たしている
お茶を呼ぶことが多いです。

例えば…
品種は「つゆひかり」で、
静岡の「田中農園」が作ったお茶。

あるいは、品種は「おくゆたか」で、
鹿児島は知覧の「前田農園」のお茶。
こういったものは、
シングルオリジンのお茶ですが、
品種はブレンドしていて、
産地は静岡県藤枝市のお茶といった
ものは、シングルオリジンとは
呼んでいません。

お茶も茶畑の環境に加えて、
作り手の特徴も味に反映されるため、
より自分好みのお茶を見つけたい!
出会いたい!という人には、
「シングルオリジン」のお茶が
注目されています!

茂木さんは、シングルオリジンの
お茶について・・・

「“急須で淹れるお茶は、直筆の手紙のよう”
という要素が強く、
○○さんが作ったお茶は、
その人のことがわかるし、
どういう気持ちで作っているのか、
というのが、直に届くから、
シングルオリジンのお茶がとても好き!」

と、おっしゃっていました〜!

茂木さんの著書
「東京のほっとなお茶時間」でも、
シングルオリジンを扱っている
日本茶のお店を紹介しています!
是非、ご覧になってみてくださいね(^o^)

1_3

茂木さんのイベント情報など
詳しくは茂木さんの公式Twitter
チェックしてください♪

2018年5月19日 (土)

静岡県島田市にある「ふじのくに茶の都ミュージアム」…(5月19日)

先週に続いて、今年3月に静岡県島田市に
オープンしたお茶の施設
ふじのくに茶の都ミュージアム」について
企画総務課の中村仁美さんと
お電話をつないで紹介しました〜!

Web_top_1220

「ふじのくに茶の都ミュージアム」は、
茶の歴史や文化が学べる博物館です!
先週は、施設でできる様々な体験を
紹介しましたが、本日は、ミュージアムに
併設されたレストランとショップについて
伺いました!

天気がいいと富士山が見えるという
カフェレストラン「丸尾原」では、
緑茶そば、茶葉と桜えびを使ったかき揚げ、
茶飯、お茶の佃煮など、
お茶を使ったおお料理がいただけます!
さらに常時5〜6種類のお茶を楽しめる
お茶のドリンクバー(500円)も♪

カフェレストラン「丸尾原」
営業時間:午前11時〜午後2時
(ラストオーダー 午後1時半)
定休日: 毎週火曜日(ミュージアム休館日)

また、ミュージアムショップでは、
7段階の濃さから選べるという
人気のお店「ななや」の抹茶ジェラートを
使った、抹茶パフェも味わえるそうです!
これぞインスタ映え!!美味しそう(^o^)

Photo_6

ミュージアムショップ
営業時間:午前9時〜午後5時
定休日: 毎週火曜日(ミュージアム休館日)

カフェレストランとミュージアムショップは
入場無料でご利用できます!
お近くにお出かけの際は、
是非お立ち寄り下さいませ〜♪

「ふじのくに茶の都ミュージアム」
入館料:300円
(大学生以下と70歳以上の方は無料)
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:毎週火曜日

Access2
アクセス:東名「相良牧之原IC」または
新東名「島田金谷IC」から約10分。
またはJR「金谷駅」からバスで約5分。

ふじのくに茶の都ミュージアム
https://tea-museum.jp

2018年5月12日 (土)

ふじのくに茶の都ミュージアムを紹介!…(5月12日)

本日は、今春に静岡県島田市に
オープンしたお茶の施設
ふじのくに茶の都ミュージアム」について
企画総務課の中村仁美さんと
お電話をつないで紹介しました〜!

Web_top_1220

「ふじのくに茶の都ミュージアム」は、
お茶の歴史や文化が学べる博物館で、
お茶の日本文化が学べる
お茶室と日本庭園。
そして、お茶の買い物や
お食事ができる商業館があります!

なかでも充実しているのが、
ミュージアムでできる「体験コーナー」です!

1526011608

「抹茶挽き体験」
「お茶とハーブのブレンド体験」
「お茶の飲みくらべ(水出し)」
「茶室での茶道体験」
といった体験が常時できます!


そして6/10まで「新茶フェア」開催中♪

903d2e310fa614e856643d1a36e1a56d
あしたは・・・
「オリジナルお茶パフェ作り」や
「ほうじ茶ラテアート体験」
「学芸員によるミュージアムツアー」が
開催されるそうです♪


これらの体験は予約なしで、
当日参加できるそうです!
体験料も100円〜とお手頃です。


新緑が気持ちいい季節ですから
是非、静岡までお出かけに
なってみてはいかがでしょうか♪


ふじのくに茶の都ミュージアム
入館料:300円
(大学生以下と70歳以上の方は無料)

開館時間:午前9時〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)

茶室は、午前9時30分から午後4時まで
(入館は、午後3時30分まで)

休館日:毎週火曜日

アクセス:東名「相良牧之原IC」または
新東名「島田金谷IC」から約10分。
またはJR「金谷駅」からバスで約5分。

Access2
来週はミュージアムに併設された
カフェレストランについて紹介します!
どうぞお楽しみに♪\(^o^)/

ふじのくに茶の都ミュージアム
https://tea-museum.jp

2018年5月 5日 (土)

新茶は、かたい芽や葉を摘んで作る!?…(5月5日)

本日の日本茶クイズはコチラでした!

「新茶は、かたい芽や葉を摘んで作る!?」


Yes or No!!


正解は…


Nooooooooo!!

Img_1746
みなさんは“新茶”飲みましたか?
この時期、スーパーやお茶屋さんの前で
「新茶」ののぼり旗を見ると、
ワクワクします!!

今年の新茶は7〜10日ほど
出るのが早かったようですが、
こうした新茶は、春に出た
柔らかい芽や葉を摘んで作られます。
「新茶」=「一番茶」です。

ちなみに、今年の八十八夜は
5月2日(水)でした♪

この一番茶に適したお茶を
摘み取ることができる期間は、
わずか5〜7日間ほどとのこと。
お茶農家さんの気合いの入る時期でも
あるわけですね!

ときどき「新茶・手摘み」という文字が
躍っているお茶がありますが、
これは、ひとつひとつ柔らかい芽と
葉の部分を確認しながら、
人の手で丁寧に摘んだお茶です!

このように手摘みのものは、
新茶の中でも極上品なんですよ♪

スタジオには鹿児島の新茶を用意しました。

Img_1742
一般的に新茶の味の特徴というと…
まろやかで甘い!
旨みも強く、苦味・渋みはおだやか!

この時期ならではの“新茶”
今日は端午の節句!
茂木さんのように
ぜひ、かしわ餅と一緒に
新茶を楽しんでくださいね♪\(^o^)/

Img_1743

Img_1745