fyb_switch_to_sp_js

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

秦野で手もみ茶を作ってきました!…(7月30日)

さて、今日は、先日、秦野で手もみ茶づくりを体験してきたときの模様をお届しました。

我々、ちゃちゃちゃクルーがおじゃましたのは、秦野のお茶農家「高梨茶園」さん!

Img_8590

昨年の春、こちらで茶摘みをしたんですが、なんと!そのときに摘んで蒸したお茶を

高梨さんが一年間、冷凍して待っていてくださいました!

Img_8608

その時の、きれいな黄緑色の茶葉は、やわらかな菜っ葉のような状態でした。

ここから、自分たちの手で、お茶に仕上げました!!

Img_8621

 

まずは、和紙を敷いた薄~い箱型の台=ほいろの上で、茶葉を手に持って、

ぱらぱら~っと落としながら水分を出す、葉ぶるいという作業をしました。

Img_8633

ほいろは熱があります。

その熱が和紙から伝わり、置いておくだけで茶葉が乾燥していきます。

いわばホットプレートのような状態。

手もみ茶づくりは、すべてのこのほいろの上で行われました。

 

続いては軽回転です!

Img_8638

Img_8640

熱を加えた和紙の上で左右に八の字のように手を動かし、手の中で茶葉を転がしました。

これ、手のかえし方にコツがあって、けっこう難しい・・・汗

  

茶葉は段々乾いてきましたが、うーん、まだお茶にはなっていません!

お昼休憩をはさみ、作業を続けました!

 

 

続いては「もみきり」

茶葉を手に持ち、竹とんぼを飛ばすみたいな動きで、葉を飛ばします。

すると段々と、茶葉がこよりみたいな状態、細長~くなっていくんです。

Img_8678 

Img_8684

本来なら別の工程で仕上げをするそうですが、このもみきりで仕上げる方法も

あるということで、なんと開始から約3時間で完成!

Img_8707

Img_8708

濃い緑に輝く、美しい手もみ茶を淹れて飲んでみました~。

 

淹れるのは、もちろん、茂木さん!!

茂木さんも少しドキドキしているようでした(笑)

楽しみすぎて、胸が高鳴ります!!!

Img_8737

Img_8751

Img_8759

手もみ茶の優しさと和紙のほんのりとした手もみ茶らしい香り、

う~~~~~ん!美味しい!!!!

自分で摘んで、手もみして作ったからこそ、より美味しい!!!

 

 

茂木さんも、普通の葉っぱから商品化したお茶に近づいていく、この工程を楽しめたことが、

今後茂木さん自身、お茶を飲むシーンで何度も思い返されるんじゃないか、

って話していましたね。

 

 

今回手もみ茶作りを指導してくださった、秦野の高梨茶園の高梨晃さん、

本当にありがとうございました!

 

みなさんにも、手もみ茶を作る機会があれば、是非、挑戦してほしい!

きっとお茶への愛が深まります(^^♪

 

高梨茶園|神奈川県秦野市で丹沢遠山茶を生産

http://www.takanashi-chaen.com/

Img_8733

 

さて、番組では皆さんからのメッセージをお待ちしていま~す!

ぜひ、あなたの急須や湯のみ、マグカップで飲んでいる方はマグもOKです!

写真をそえて送ってください。番組ブログでご紹介させていただきます。

また、写真を送ってくださった方には、茂木さんサイン入りステッカーをお送りしています。

住所やお名前も書き添えてくださいね。

ocha@fmyokohama.co.jp

 

2016年7月23日 (土)

日本茶クイズ/百八歳はなんという?…(7月23日)

☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

今日、明日と東京・青山の国連大学中庭広場にて開催される

「TOKYO CRAFT MARKET 02」にて、TEAブースをOPENいたします!

時間は10:00~17:00!

色んなお茶屋さんや急須屋さんにお声をかけて、ブースを出しています!

是非みなさんのお越しをお待ちしておりま~す!

http://www.tokyocraftmarket.jp/

(^^)/(^^)/(^^)/

 

2570

 

さて!本日は年齢にまつわる問題でした!!

 

 

「八十八歳は米寿、九十九歳は白寿。」

「では、百八歳はなんというでしょう?!」

 

答えは…

 

 

 

茶寿(ちゃじゅ)!!

お茶に寿命の寿と書いて、「茶寿」です。

 

知らなかった~!!!

 

これは、「茶」という字にかけています。

 

茶という文字は上の草冠、十が2つあるように見えます。これで、20。

次は、漢字の八。そして、中のカタカナの「ホ」の部分が十八なので…

あわせて88。

これに先ほどの草冠の20を足して、108!

 

なるほど!!

ちなみに、米寿の「米」という字は、八十八に見えます。

99歳の白寿は「百」という字から上の一本を取ると、

「白」になることから、白寿といわれています。

 

 

ちなみに、今年の春、静岡県で、県内最高齢の108歳、茶寿となる福島さんが、

自分の茶園で新茶の手摘みをしたことがニュースになりました!

凄いですね~!!

長生き、元気の秘訣はやはり…「お茶を毎日飲むこと」とのこと! 

茶寿である福島さんが手摘みしたお茶、ありがたいお茶って感じですよね~

 

 

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしていま~す!

送ってくださるときには、ぜひあなたの急須や湯のみ、マグカップで飲んでいる方は

マグでもOKですよ!写真もそえて是非送ってくださいね。

写真を送ってくださった方には、茂木さん直筆のサイン入りステッカーを

お送りしています。

住所やお名前も書き添えてください(^^♪

ocha@fmyokohama.co.jp

 

(おまけ)

茂木さんにお茶を淹れてもらいました!!なんとまぁ贅沢の極み!至福のとき!

2568

2566

2573

 

2016年7月16日 (土)

日本茶を使った「畳」から目が離せない!…(7月16日)

☆お知らせ☆

今月23・24日に青山・国連大学中庭広場にて開催される

「TOKYO CRAFT MARKET 02」に茂木さんが参加されます!

10:00~17:00にTEAブースが登場!

茶箱職人さんやお茶農家さんやお茶を愛する方をお招きする予定ということです♪

http://www.tokyocraftmarket.jp/

当日は茂木さんがTEA BARをOPENします!!

是非、会いに来てくださいね~!(^^)/

 

13697072_1768149706807364_835523919

 

先週に続いて、“お~いお茶”のお茶殻を使った“さらり畳”の取材の模様を

お届けしました!

 

4491038725990

畳の中の芯材にお茶殻を練りこんだ「さらり畳」

エコなだけではなく、優れた消臭効果もあり、

年間10万畳以上を売り上げる人気の畳!!

2015年度の“おもてなしセレクション”の金賞も受賞しています。

 Main_img

 

これまでにない商品=お茶殻を使った「さらり畳」は、

伊藤園と北一商店の共同開発。

なんでも、ある技術によって商品化が可能になったそうなんです。

 

北一商店の営業部の松永敬介さんにお話を伺ったところ・・・

“お~いお茶”の大量のお茶殻を畳の工場に持っていくには、

工場の都合や、時間も必要です。

だから、石油燃料を使って乾燥させることなく、お茶殻を食べられるレベルで

約2週間も保存できる術を、伊藤園さんが開発!!!

技術者の力って、凄いですねぇぇ♪

 

「さらり畳」はカラーも豊富で、フローリングでも敷ける正方形の

ラグスタイルがあります。

茂木さんも、色がいっぱいあるのにびっくりしていました!

乳白色、若草色、藍色、茶色っぽい胡桃色などなど・・・

 

Tab1_img3

畳とお茶の優しいにおいに癒されますし、エコで、やわらかくて気持ちいい!

さらに、抜群の消臭力がず~っと続くうえ、色もかわいい!

……となんていい子な“さらり畳”。

 

この、かわいい畳でゴロゴロ寝転がりたい・・・

昼寝したら気持ちいいだろうな~・・・・

 

「さらり畳」はIT企業などでも人気とのこと!!

興味あるなぁという方は地元の畳屋さんにご相談頂くか、

北一商店の松永さんにお問い合わせください。

北一商店 | 畳の可能性を、もっと。

http://www.kitaichi.co.jp/

 

4491046434261

 

 

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしていま~す!

送ってくださるときには、ぜひあなたの急須や湯のみの写真も

そえて送ってくださいね~☆

番組ブログでご紹介させていただきます。

写真を送ってくださった方には、茂木さん直筆のサイン入りステッカーをお送りしています。

住所やお名前も書き添えてくださいね!!

ocha@fmyokohama.co.jp

 

2016年7月 9日 (土)

日本茶クイズ/お茶殻入りの畳がある⁉…(7月9日)

先日、テレビで再結成したイエモンのステージを見て

感動したスタッフSです。

当時のイエモンの人気ぶりを知らない二十歳に、

日々、素晴らしさを熱弁しているこの頃です!

 

Img_8687

ところで、このカワイイiPhoneケース。

茂木さんが「おもちゃみたいでしょ」って見せてくれました!

 

これ、色合いといい、キティちゃんといい、カワイくて!

ブログ用に撮らせてもらいました(笑)

わたくしも時々、こういう可愛いiPhoneケースが無性に欲しくなります!!

 

 

さて!本日の日本茶クイズです!

 

 

「お茶殻入りの畳がある!?」

 

Yes or No!?

 

 

 

答えは…

 

 

 

YEEEEEEEEEEEEEESSSSS!!

 

 

 

お茶殻を使った畳、あります!!

 

4491019249152

4491037379546 

北一商店の“さらり畳”と言います。

伊藤園の“お~いお茶”のお茶殻を使っているんです!

2003年に販売を開始して、今では年間10万畳以上を売り上げる人気商品と

なっています!!!

 

このさらり畳の人気の秘密を「北一商店」さんで取材してきました。

 

「さらり畳」の畳表は、普通のいぐさや和紙を使ったものなど

いくつも種類があるんですが、畳の中にある“芯材”には、

すべて“お~いお茶”のお茶殻が練りこまれています。

一畳につき、“お~いお茶”およそ600本分のお茶殻なんだとか!!

 

芯材は、硬い木材ボードのようなもので、そこに黒い点々が見えるのが

お茶殻です!!

 

さらり畳が敷き詰められた部屋での取材だったんですが、

空気が澄んでいるような気がしました。

というのも、実は…さらり畳、消臭効果があるそうなんです!!

 

 

そこで、実験をしてみました!

煮干しを入れたジップロックの中に、お茶殻の入った畳の芯材をちぎって

4つほど入れて、待つこと3分!チッチッチッチ…

4491040435924

 

 

4491019293701

ニオイが消えている!!!全然違いました!!びっくり!!!

さらり畳、驚きの消臭効果でした!

 

しかも、この消臭効果はず~っと継続されるんだそうです。

 

不思議!!!

さて、この続きは、来週お届けしますよ!どうぞお楽しみに(^^♪

 

☆みんなの急須☆

「我が家の急須は、両親が結婚した時に湯呑みとセットで購入したもので

使用して19年目!母の実家が伊豆出身ということもあり「ぐり茶」が好きで

よく飲んでいます!」

19年も愛用しているとは思えないほど、美しい!

大事に使っているのがわかりますよね☆

ひとみさん、どうも、ありがとうございます!

Image21

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしていま~す!

送ってくださるときには、ぜひあなたの急須や湯のみの写真も

そえて送ってください。

番組ブログでご紹介させていただきます。

写真を送ってくださった方には、茂木雅世のサイン入りステッカーをお送りしています。

住所やお名前も書き添えてくださいね!!

ocha@fmyokohama.co.jp

2016年7月 2日 (土)

日本茶クイズ/6月から今くらいの時期に収穫するお茶は○○茶⁉…(7月2日)

厚木市の「紫烏龍茶」さんから、メッセージと写真をいただきました♪

Dsc_0008

Dsc_0009

Dsc_0010

「コーヒー好きの我が家にはデロンギのエスプレッソマシンがあります。

パウダーで淹れられるタイプなのでもしや!と思いミルでお抹茶を作り、

マシンにセット。お!ウマイぞ!思ったより薄めな感じに出ましたが

多分カテキンは高圧高温 で抽出してるので多目に出てると思います」

Dsc_0011_2 

紫烏龍茶さん、なかなかの茶レンジャーですね!!

とっても美味しそう~~~~(^^♪ 

お写真ありがとうございます!!!

 

さて!本日の日本茶クイズです!!

「6月から今くらいの時期に収穫するお茶は○○茶!?」

 

 

答えは…

 

 

二番茶~~!!

 

 

「新茶」=「一番茶」の収穫の後、約30日~45日ほど時間を置いて、

始まるのが二番茶の収穫です。

 

神奈川や静岡辺りでは、6月下旬から7月上旬に収穫されていて

暖かくなって、ぐんぐんお茶の茶葉が成長したところを摘み取ります!

 

そして、さらにその後、1ヶ月ほどおいて収穫されるのが三番茶。

さらに、10月上旬頃から、四番茶を摘む農家さんもいます。

ただ、農家さんによっては、一番茶しか摘まないというところもあります。

一番茶で品質のよさにこだわる!ということもあるようですが、

二番茶以降になると、がくっと買取の金額が下がるそうです。

 

ただし、そんなに二番茶は味が落ちるのか?といいますと…これは好み次第(^^♪

 

一般的に、一番茶は、香りが高く、さわやかな味がすると言われていますが、

しっかりした骨太なお茶が好き!という方は、

もしかしたら、二番茶の方がお好みにあうかもしれません。

 

例えてみれば…

クラシックとRockの違いのようなもの?(笑)

と、茂木さんも言っていました☆

 

皆さんは、どうですか?

甘めのお茶が好きですか?

それとも、香り重視?

それとも、重厚感ある渋めのお茶がお好きですか?

 

自分好みのお茶、いろいろ試して、見つけてみてください(^^♪

 

ただし、お茶屋さんで、『二番茶!』と書いて売っていることは

ほとんどありません。

「新茶」「一番茶」と書いていなくて、今月下旬くらいから出まわる

少しお求めやすい値段のお茶があれば、二番茶の可能性が高いです♪

 

----------------------------------------------------------------

番組では皆さんからのメッセージをお待ちしていま~す!

急須や湯のみなどお茶にまつわる写真も一緒に送ってくださいね。

番組ブログでご紹介させて頂きます!

送ってくださった方には茂木さんのサイン入りステッカーをお送りしています。

ocha@fmyokohama.co.jp