最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月25日 (水)

滝ともはるの横浜の夜は眠らない2018年7月23日

今回のゲストは、関内駅北口セルテ内のライブハウス【B.B.STREET】の亀田弘之社長と、

【Yankee's】の石野晶社長とスタッフの木村香恵さんです!

Img_2276

これらのライブハウスを経てビッグアーティストに育っていった多くのアーティストの方を

みつめて来られました。そんな亀田社長、石野社長もご参加頂いた番組名物コーナー

「クイズ横浜」おさらいです。

番組をお聴きになった方、聴いてない方も御一緒にお考え下さい

答えはこのコラムの後

(これであなたも横浜通)

明治初期に横浜港の埋め立て事業を手がけたことで横浜の発展に寄与し、「横浜の父」と呼ばれた人物がいました。

その人の名は高島嘉右衛門(たかしまかえもん)。

横浜の実業家高島は、明治3年、伊藤博文と大隈重信に京浜間鉄道敷設の必要性を説明したところ、後に大隈より事業参加の打診がありました。

というのも鉄道開設にあたって今の横浜駅の近くにあった神奈川宿に線路を通すのではなく、線路短縮のために青木町から野毛まで横浜港を埋め立てて線路を敷設する案が浮上しました。

当時この事業の引き受け手がなかなか見つからず、高島がこれを引き受けました。

埋め立て開発した者には鉄道線路を除きその土地を永代拝領するという条件が新政府から出されていましたが高島はその土地を自分のものとせずに政府に献上しました。

 

クイズ横浜第1問

明治政府は高島に敬意を表してあることをしました。

さて何をしたのでしょうか?

ヒント

横浜駅から桜木町方面に地下鉄を乗ると次の駅は?

江戸時代は照明といえばローソクと提灯しかありませんでした。

歌舞伎小屋でもローソクの灯りで芝居が行われ、夜間の移動は提灯をぶら下げて足元を照らすだけでした。

そう江戸時代の夜はとても暗かったのです。

クイズ横浜第2問

高嶋嘉右衛門は明治5年(1872年)に、馬車道・本町通り等にあるものを設置しました。

これで提灯なしに夜道を歩けるようになりました。

さて馬車道通りに記念碑がある「あるもの」とは何だったでしょうか?

ヒント

それまでは燃料として使用されていましたが、照明として初めて使用されました。

今は漏れると爆発するのではと心配してしまいますね。

 

高島嘉右衛門は占いの大家でもありました。

そもそも実業家として成功したきっかけも、安政の大地震の数日前、嘉右衛門の周りで不思議な現象が起き、自宅の釜が理由なく鳴ったのを聞いて、幼少時に学んだ易経(えききょう)を調べると「火」という答えが出たために大火が起こることを予知して大量の材木を買収、数日後に大地震が発生。

彼は大儲けをしました。

あまりにも彼の占いが当たるので、西郷隆盛はじめ多くの政財界の大物が彼のところに占ってもらいたいと殺到したそうです。

彼が生きているときはこの占いを商売には決してしませんでしたが、死後高島易断としていろいろな書物が出ていますが、彼自身は占いを金銭に変えることを禁じていたそうです。

クイズ横浜第3問

高島の家訓は「占いは○○○○」です。さてこの○四つにはどんな言葉が入るでしょうか?

ヒント

語呂合わせです。答えを聞いて怒らないでくださいね

第1問答え

政府はその土地の名前を「高島町」と名付けました。

 

第2問答え

「ガス灯」

Photo

高島はドイツ商会が申請書を出しているのに気づき、こういう仕事は日本人がやらなければいけないと思い、フランス人技師の協力の元「日本社中」というガス会社を設立してこの事業を請け負いました。

オシャレなガス灯のデザインとその明るさが評判を呼び、翌年銀座でガス灯街が誕生、話題を呼びました。

第3問答え

「うらないはうらない」(占いは売らない)

ちゃんちゃん、おあとがよろしいようで・・・


This program is brought to you by CERTE.
月曜日の深夜は『横浜の夜は眠らない』をお聴き逃しなく♪
  
お聴き逃しの方は、次回の放送開始まで「radiko.jp」で視聴可能です。
http://radiko.jp/
 
 
  
パラダイスカフェ
TEL: 045-228-1668
HP: http://www.paradisecafe2001.com/
 
今後のライブ一覧
http://www.paradisecafe2001.com/liveschedule

2018年7月19日 (木)

滝ともはるの横浜の夜は眠らない2018年7月16日

今回のゲストは、夏にぴったりなCHAN-MIKAさんでした!

Chanmika180716



 

CHAN-MIKAさんが参加していただきました。番組名物の「クイズ横浜」おさらいです。

番組をお聴きになった方、聴いてない方も御一緒にお考え下さい

答えはこのコラムの後

(これであなたも横浜通)

たくさんの日本で最初のものが横浜で生まれていますね。

この番組でも紹介した、アイスクリーム、オルガン、ピアノ、西洋風のホテル、牛鍋、散髪屋さん、競馬場、鉄道、テニス、競馬場、写真館、乗合馬車

まだまだいっぱいありますよ。

今回はビールも最初に本格的なビールを作り始めたのは横浜だったというお話です。

日本人として最初にビールを飲んだのは長崎出島のオランダ商館長から献上されたビールを飲んだ今村市兵衛という通訳が最初だといわれています。

彼のビールの感想は「ことのほか悪しき」「何の味わいも無い」と文献に残されています。

しかしその後ビールは日本人の間に定着して今や欠かせない存在になりました。

それではクイズ横浜第1問

ビールが英語だと思っている人もいるようですが、そうではありません。では何語でしょうか?

ヒント

長崎の出島といえばどこの国の人がいたでしょうか?

日本人で初めてビールを醸造したのは当時珍しかった化学者、川本幸民(こうみん)という人だといわれています。

兵庫県の出身ですが、その才能を薩摩藩主の島津斉彬に見出され、後に「近代化学の父」と呼ばれるようになった人です。

1853年(嘉永6年)、川本は自宅でビールの醸造実験を行いました。桂小五郎、大村益次郎、橋本左内といった幕末の名士たちを招いてビールの試飲会を行ったとも言われています。

1869年には、日本で最初のビール醸造所となる「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」がアメリカ人のローゼンフェルトによって居留地に設立され、翌年には同じくアメリカ人のコープランドが「スプリング・バレー・ブルワリー」を設立されました。

Photo_11

スプリング・バレー社はまず横浜の天沼にビールづくりに最適な水を見つけると、池に流れ込む湧水を動力とする麦芽粉砕用の水車を設置し、動力を確保してビール作りが始まりました。

そう、まだ電気がなかったのです。

そしてこの二つの会社が競い合って横浜のビールが日本中に広がっていきました。

クイズ横浜第2問

しかしビールはまだ一般の日本人には普及しておらず、経営は難しかったのです。

そこでコープランドさんはあることを思いつき実行に移しました。

ビールを一般の人に飲んでもらおうとしてやったことなのですが、何をしたのでしょうか?

ヒント

ビールを飲む場所を工夫したのです。

しかし明治17年、スプリングバレー・ブルワリーは経営不振に陥り、倒産してしまいます。

しかし彼のもとで修業を積んだ日本人醸造者たちが全国へと飛散し、ビール国産化の流れを形成していきます。

1876年には政府開拓使が北海道札幌市に札幌麦酒醸造所を設立し「冷製札幌ビール」の製造、販売を行うようになりました。

これがのちのサッポロビールです。

さらに大阪では現在のアサヒビールが誕生しました・

 さて横浜のコープランドさんの会社は日本在住の外国人経営の会社ジャパン・ブルワリーに引き継がれました。

この会社には三菱の岩崎弥太郎ほか9名の日本人も参加しました。

また総代理店として「明治屋」が販売を一手に引き受けました。

クイズ横浜第3問

このジャパン・ブルワリーによって、1888(明治21)年にある名称のビールが発売されました。

さてなんという名前でしょうか?

ヒント

想像上の動物の名前が付けられました

第1問答え

オランダ語

第2問答え

ビアガーデン

屋外はガーデン、屋内はホールといわれています。

ちなみに日本人が開いた第一号は大阪の第一生命ビルの屋上だったそうです。

クイズに出て来たコープランドさんは工場の庭にビアガーデンを開設して、ビールの普及に努めたそうです。

第3問答え

キリンビール

ジャパンブルワリーは明治40年に三菱財閥傘下の日本国籍会社「麒麟麦酒」として新発足。第二次世界大戦後は徐々に生産量を増やし、1954年(昭和29年)には、年間庫出量でトップシェアを獲得し、国内ビール企業の地位を確固たるものになりました。ご存知でしたか?



月曜日の深夜は『横浜の夜は眠らない』をお聴き逃しなく♪
  
お聴き逃しの方は、次回の放送開始まで「radiko.jp」で視聴可能です。
http://radiko.jp/
 
This program is brought to you by CERTE.
  
パラダイスカフェ
TEL: 045-228-1668
HP: http://www.paradisecafe2001.com/
 
今後のライブ一覧
http://www.paradisecafe2001.com/liveschedule

2018年7月11日 (水)

滝ともはるの横浜の夜は眠らない2018年7月9日

今回のゲストは、上田正樹さんでした!

0709masakiueda

京都生まれで横浜在住、ベイスターズファンの上田正樹さんにも参加頂いた、番組名物コーナー

「クイズ横浜」おさらいです。

番組をお聴きになった方、聴いてない方も御一緒にお考え下さい

答えはこのコラムの後

(これであなたも横浜通)

現在の横浜スタジアムがあるところは横浜公園と呼ばれている公園です。

この場所にはかつて港崎(みよざき)遊郭と呼ばれる大規模な遊郭があったことは以前この番組でお伝えしましたね。

この遊郭その後の大火事で遊郭だけではなくこの辺り一帯が消失しました。 

大火の後、在留外国人の生活環境改善を求めた条約に基づき、土木技師リチャード・ブラントン設計のもと遊郭跡地に公園が、そして公園から港に向かって新道路が建設され、それぞれが現在の日本大通りとなりました。

そのほか海岸通りや馬車道通りなど馬車がすれ違える道幅をもった大通りが誕生しました。

 そこでクイズ横浜第1問

この公園内には外国人の強い要望で居留地用の運動場が建設されましたが、さてこの運動場はおもにどんなスポーツをするために作られたのでしょうか?

ヒント

当時横浜にはイギリス人が多くいました。日本ではあまり知られていませんが、イギリス、インド オーストラリア、南アフリカなどで大人気のちょっと野球に似たスポーツとは?

 

このスポーツは日本では競技人口がわずか2000人といわれていますが、世界のスポーツ競技人口では3位、インドを中心に世界に1億人以上いるといわれています。

 日本では一番人気の野球は1871年(明治4年)に来日した米国人英語教師ホーレス・ウィルソンが旧制第一高校(現在の東京大学)で教えたのが最初だといわれています

 

クイズ横浜第2問

この時はまだ野球とは呼ばれずに最初につけられたのはとても奇妙な名前だったそうです。

さてなんと呼ばれたでしょうか?

ヒント

これはわかりませんね

打った打球が行ったり来たりするところから「打球の○○ごっこ」といわれたそうです

横浜公園では1896年(明治29年)に日本で最初の野球の国際試合、旧制一高ベースボール部が外国人クラブと対戦し、29対4で大勝したそうです。するとリベンジを図るアメリカ人チームは米国東洋艦隊の選りすぐりによるオール米国人チームを結成して旧制一高と再戦しましたが、日本チームが32対9で連勝しました。

 

Baberuthposter

その後野球は大人気、昭和9年にはベーブ・ルースとルー・ゲーリックが率いるメジャーリーグチームが日本チームとここ横浜公園球場で対戦しました。日本チームは善戦して4点を取りました。

クイズ横浜第3問

さてアメリカチームは何点取ったでしょうか?

ヒント

うーん、やっぱり実力差はあったのですね

 

その後戦後の占領期にはゲーリック球場と名前を変えられましたが、1955年横浜公園平和球場と名前を変えて再出発しました。

1998年には横浜ベイスターズが見事日本一になりました。去年は惜しかったですね

 

第1問答え

クリケット

第2問答え

「打球鬼ごっこ」 嘘みたいな本当の話です

本当にこの名前で全国に広まったそうです。

第3問答え

21点


 
 
This program is brought to you by CERTE.
また来週も月曜日の深夜25:30〜26:00は、
FMヨコハマにて、滝ともはるの『横浜の夜は眠らない』でお楽しみ下さい♪
  
  
お聴き逃しの方は、次回の放送開始まで「radiko.jp」で視聴可能です。
http://radiko.jp/
 
 
  
パラダイスカフェ
TEL: 045-228-1668
HP: http://www.paradisecafe2001.com/
 
今後のライブ一覧
http://www.paradisecafe2001.com/liveschedule

2018年7月 4日 (水)

滝ともはるの横浜の夜は眠らない2018年7月2日

今回のゲストは、JR関内駅前[CERTE]11Fにあるライブハウス【ハート&ソウル】のオーナー・原正行さんでした!

Haramasayukitakiyokoyoru0702

ライブハウスのオーナーもをやりながらシンガーソングライターというのは、滝ともはるさんとも共通点がおありです。そんな原さんも参加して頂いた名物コーナー「クイズ横浜」おさらいです。

番組をお聴きになった方、聴いてない方も御一緒にお考え下さい

答えはこのコラムの後

(これであなたも横浜通)

今や一大観光地にもなった横浜を代表する山下公園。

カモメが飛び交いいかにも港ヨコハマを象徴するモダンな公園ですね。

 

ここでクイズ横浜第一問です

この山下公園ができるきっかけは今考えるととっても悲しい出来事が原因だったのです。

昭和5年3月にこの公園はできましたが、それをさかのぼること7年前、大正12年9月にある大事件が起こりました。

その事件とは何だったのでしょうか?

ヒント

横浜の街が崩壊したのは今まで2度あったそうです。

一度は太平洋戦争の横浜大空襲、もう一つがこの事件です

横浜を元気にしようと『復興記念横浜大博覧会』が昭和10年、山下公園を中心に開催されました。

来場者は、のべ320万人に達し横浜市内で開催された戦前最大のイベントとなりました。

正面に飛行機と戦車を描いた陸軍館と海軍国防館など戦時色の濃い内容だったのですが、人気は特製のハリボテの名古屋城、真珠採りの海女館(あまかん)、カーボーイの曲乗りや投げ縄、オートバイサーカスなどでした.

Photo

 

クイズ横浜第2問です

さてこの博覧会で一番人気になったのはなんだったでしょうか?

とにかくこの大きさに驚いたようです

ヒント

話には聞いたことはあるけど実際に見たことはない、これ魚?動物?というので大人気だったそうです。

 

さて山下公園にはいろいろな記念碑が立っています。横浜市民には人気のある記念碑ですがここにもある悲しい話が残っています。

ここでクイズ横浜第3問です

この記念碑はある歌を記念してたてられました。詩を書いたのは有名な詩人野口雨情(うじょう)。

彼が北海道の新聞社に勤めていた時の同僚の鈴木志郎さんという人から、「自分の再婚の妻かよには実は小さな娘がいて、自分たちが北海道の開拓に参加した時に娘は育てられないと東京在住のアメリカ人の宣教師に預けたそうです。

その宣教師もアメリカに帰り、今頃異国のアメリカで娘は暮らしている」という話を聞いてこの歌を書いたそうです。

さてこの悲しい曲のタイトルはなんでしょうか?

ヒント

この曲の名前がついたバスが横浜を走っています

第一問答え

「関東大震災」

マグニチュード7.9、震度6。

震源地は相模湾北西部。

山下町では洋館が一斉に倒壊。

防波堤は地中に沈み、灯台は水没して見えなくなったそうです。市内289カ所から火が出て、その猛火は横浜市内をのみこんだそうです。

この山下公園は横浜復興を願ってその震災の瓦礫(がれき)処理と、再び災害があった時の避難所にもなる公園をつくる目的で建設されました。波打ち際に捨てられていた土、元町の瓦礫、山下町の焼けた煉瓦などを埋め立てに利用。市民の多くが荷車を引いて工事に参加しました。

 

第2問答え

「生鯨館(なまくじらかん)」

山下公園先の海を囲って鯨を泳がせたようです。でも飼育環境が悪かったのかすぐに死んでしまっ何度も入れ替えたそうです。

第3問答え

「赤い靴」

しかしこの話には悲しい後日談があります。実際には病気になった娘はアメリカには連れて行けずに、孤児院に預けられ、その後わずか9歳でこの世を去ったそうです。

北海道の鈴木夫妻の三女が「赤い靴のモデルは私のお姉さん」と新聞に投書したことから北海道テレビが1978年にドキュメンタリー番組を制作して事実が明るみに出ました。

赤い靴を履いていた女の子は異人さんに連れられて船に乗らなかったのですね。

 

勉強になりましたか?

早速、他のかたに自慢してみてください

番組では毎回横浜の面白いトリビアご紹介していきますね。


 
This program is brought to you by CERTE.
月曜日の深夜は『横浜の夜は眠らない』をお聴き逃しなく♪
  
お聴き逃しの方は、次回の放送開始まで「radiko.jp」で視聴可能です。
http://radiko.jp/