nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

2017年10月 2日 (月)

骨盤調整リセットセラピスト あかまつあやのさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、骨盤調整リセットセラピストのあかまつあやのさんでした。

20170919_093856

骨盤調整リセットセラピストとは、日頃頑張りすぎてしまう女性へ向けたメソッドで、まずは力が入りやすい体を緩めて、さらに体の土台をしっかり安定させるような施術を行うそうです。

頑張ろうと力が入り過ぎると、逆に自分の力を発揮しにくくなることもあるんだそう。

丹田のあるおへそやお腹のあたりに力を入れて欲しいのに、スマホやパソコンなどの影響で、上半身に力が入ってしまう人が多く、それにより慢性的に肩こりなどの症状が出てしまうので、緩めた後に体の土台である骨盤をしっかりと整えてあげることが重要なんだそうです。

あかまつさんの社会デビューは一般企業の人事部で採用担当でのお仕事。

採用面談を繰り返していくなかで、「その人らしさ」や「その人の良さ」に気づけていなくて、もったいないなぁ~と常々感じていたんだそう。

そんな中、その人らしさを見つけるお手伝いができる仕事がしたい!と考えるようになり、4年勤めた会社を退職し、セラピストの道へ進んだそうです。

その後は、アロマセラピストを養成する学校へ通い資格を取得し、自由が丘の骨格調整系のエステサロンへ勤務。働きながらセラピストとしてゼロから基本を学び、支店を出すタイミングで店長にも抜擢。

そんな経験を経て、独立し4年目を迎えました。

独立してからは、収入などの面では不安定ではありますが、「その道を極める」という覚悟ができ、心の軸がブレなくなったんだそう。 

現在は、30代~40代前半のキャリアウーマンの女性から沢山の支持を得て、横浜と目黒にて完全予約制で施術を行っています!

産後のケアなど、出張サービスも行っているそうなので、予約&詳細はHPまたはブログfacebookからどうぞ~♪

旅行が大好きなあかまつさん。今後は全国出張できたら良いな~なんておっしゃっていましたよ!

全国からのラブコールもお待ちしています!

★おまけ

良い香り~

20170919_093031

さすがセラピスト。気分転換にと、様々な香り&効能のオイルをお持ちです。

特に、黄色のオイルが最高!

レモンの香りかつ、スースーするので、気分がシャキーン!となります!!!

バリ島で売っているBokashi Careというオイルで、とってもオススメです♪

2017年9月25日 (月)

弁護士 松本麻里さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、弁護士の松本麻里さんでした。

20170913_093733

松本さんは、横浜駅西口から徒歩10分ほどのところにある弁護士法人港国際法律事務所の横浜事務所に勤めてらっしゃいます。

その他にも、神奈川県内では平塚・溝の口・相模原、また東京・神戸・福岡にも事務所を構え日本全国に幅広く展開!23名の弁護士の方が、それぞれの拠点で依頼者の方のお悩みを解決しています。

松本さんは、弁護士になって6年目。高校生の頃、進路を決めるときに「弁護士ってカッコいいなぁ~」というイメージから、大学は法学部へ。そこから弁護士を目指すようになったそうです。

5回目のチャレンジで見事司法試験に合格!挫折しそうな時もあったそうですが、ロースクールに入学をしたことも後押しとなり、なんとか合格するまで頑張ることができたそう!

女性弁護士って、カッコいいですよね~^^

事務所内でも女性弁護士は2人しかいないそうですが、やはり女性の依頼者さんからの相談を受けることが多いそうです。

松本さんご自身も、4歳になる息子さんがいらっしゃるので、お子さんのいる依頼者の方には、特に感情移入してしまうことも…しかし事件解決の為には一歩引いて客観的に判断し、アドバイスすることが必要。そんな中でも「寄り添う」という姿勢を大切にしながら日々お仕事をされているそうです。

松本さんに相談したいという方は、事務所のHPの法律相談予約フォームからまずはご予約をお願いいたします^^

松本さんの日々のストレス発散法は、息子さんと思いっきり遊ぶことなんだそう♪

先日も恐竜博へでかけたりなど、土日は家族で外出することが多く、仕事も育児も完全燃焼!(笑)

息子さんを寝かしつけているつもりが、ご自身も眠ってしまい深夜に目覚めることもあるそう^^

そんなエピソードも松本さんの魅力のひとつです^^

これからもお体に気をつけて、お仕事に育児に頑張って下さいね~!

★おまけ

カバンの中から…

20170913_093041

職印はイニシャルチャームがついた可愛い印鑑ケース、弁護士バッジもオシャレなアクセサリーポーチにin♪

小物にも松本さんのセンスが光ります☆

小さなミニカーは、息子さんを象徴するアイテム。お仕事でどんなに疲れていても、心がホッと癒されるんだそうです~^^

2017年9月18日 (月)

助産師 浅野和代さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、助産師の浅野和代さんでした。

20170912_093609

笑顔がとっても素敵な女性です^^

浅野さんは第一子を妊娠した時に胎教に興味を持ち、元ソニー会長の故井深大さんの幼児開発協会「心の胎教」のサロンに通いながら、とても幸せなマタニティライフを送ったそうです。

しかし出産後、育児が始まったら幸せな毎日から一変「なんて大変なんだろう!」と感じたんだそう。

そんな経験から、事前に育児や出産についてちゃんと学ぶことができたら、もっと幸せなお母さんが増えるのではないかと思い、一大決心をして助産師になったそうです。

看護学校を受験するべく30歳の時に予備校に通い始め、無事に専門学校に入学し、10代の学生さん達に囲まれながら、4年間学び無事に国家資格を取得。

その後は大学病院や、地域のクリニックなどに勤務、現在は産科専門の病院でお産のお手伝いをしています。

約3000人のお産のお手伝いをしたそうですが、一人の女性が母親になっていく過程では様々なドラマが繰り広げられ…

そんな命懸けの出産をしても、幸せになれないお母さん達が沢山いる…産後クライシスを乗り越える為には、学びの場が必要ではないかと、現在学校の開講を目指して準備の真っ最中です!

その名も「妊活から始めよう!幸せいっぱいのママになるための学校“Maman's college(ママンズカレッジ)”」

産後クライシスを乗り越える為の準備期間としては、妊活中がまさにピッタリ!

気持ちの面でも体の面でも、助産師ならではの専門知識で母親教育・女性教育を行っていきたいと浅野さん。

離婚の3/1は第一子出産後の3歳までの間と言われているそうですが、不妊治療などでやっと子供を授かっても、産後クライシスが原因で家族が壊れてしまっては、全く意味がないですよね。

産後クライシスを一緒に乗り越えた夫婦は一生ものの夫婦になれる!そんな風にも教えていただきました。

女性にはもちろん、これからは男性にも積極的に学んで欲しいですね^^

ママンズカレッジの開校を楽しみにしています!

★おまけ

浅野さんの宝物のお写真をご自身で撮ってきていただきました!

Fullsizerender

お産をお手伝いさせて頂いた方々からのお手紙と写真の一部。

これが一部だなんて、凄い!!お写真にメッセージがぎっしり。

Image1_1

娘さん達のへその緒。

Image2_1

助産師しか書けない母子手帳。浅野さんご自身のものと娘さん達のもの。

浅野さんも、今までに沢山の方の母子手帳を書いてこられたのでしょうね~^^

2017年9月11日 (月)

シンガーソングライター younAさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、シンガーソングライターのyounAさんでした。

20170905_093636

白のコットンワンピにベレー帽がとってもキュート^^

小さな頃からピアノを習い、小学生の時も音楽の授業が一番好きだったというyounAさん。

実は本日9月11日が26歳のお誕生日です!!

おめでとうございます~♪パチパチパチ~^^

元々保育士さんになりたくて資料まで取り寄せていたyounAさんですが、高校卒業後は音楽の専門学校へ。

現在はシンガーソングライターとして5年ほどライブ活動などを続けてらっしゃいます。

曲作りに始まり、ライブハウスに音源を持ち込んで営業を行うなど、最初は大変なことも多かったそうですが、先輩方からのアドバイスを参考にしながら、ここまで活動の幅を広げてこれたそうです。

そんなyounAさんはお誕生日の今日セカンドアルバム「かさなるしあわせ」をリリース!

そして、今夜19時から汐留ブルームードでワンマンライブを行います!

事前に連絡をいただければ、前売り価格で入れるそうなので、HPtwitterなどからご一報を♪

もちろんニューアルバムの販売も行います!

ちなみにO.A.で聞いていただいた「この道の終わりに」はiTunesやLINE MUSICからもダウンロードできますよ~^^

さらに今日から、ReadyforでのクラウドファンディングをスタートさせるyounAさん。

デートDV(恋人間で起こるドメスティックバイオレンスのこと)の啓発とご自身の音楽活動をコラボさるべく、45日間で240万円を目指します!

大人からすれば一過性のものだとわかることも、子供の頃は世界が狭く、恋人や友達との関係に思いつめてしまうことも…そんな過去の経験を元に、今恋人の事で悩んでいる若者たちと一緒に悩んだり、寄り添える大人でいたいという気持ちを、歌にのせてこれから発信していきます!

younAさんの歌声で救われる若者が一人でも多くいますように…

私も応援していますよ~!!

★おまけ

マイマイク~!

20170905_092245

3年ほど前に、渋谷の楽器屋さんで購入したというマイマイク♪

このマイクで今宵も歌うのかしら~♪

バースデーライブの成功をお祈りしています^^

2017年9月 4日 (月)

医療法人敬生会 ともろー訪問看護ステーション 看護師 高山久美子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、医療法人敬生会 ともろー訪問看護ステーションの看護師、高山久美子さんでした。

20170829_093333

ともろー訪問看護ステーションは、戸塚区・泉区・旭区の3箇所にあり、高山さんは泉区にある弥生台訪問看護ステーションで所長をしてらっしゃいます。

訪問看護とは医師の指示の元、ご利用者さんのご自宅へ行き看護をするお仕事。

利用者さんは、0歳から100歳以上の方まで幅広くいらっしゃるそうです!

高山さんはお母さんが助産師さんだったということもあり、小学校の低学年くらいから「私は看護師になるんだ!」と決め、その夢を叶え現在も看護師のお仕事を続けているのですが、高山さんの中学1年生になる2番目の娘さんも、看護師というお仕事に興味を示してくれているそうですよ^^将来が楽しみですね!

高山さんは13年位前に、子育てをしながらパートでも働ける職場を探していたところ、ともろー訪問看護ステーションの求人を見て、時給が高かったこともあり、入所を決めたんだそう!

看護師にとって訪問看護とは、利用者の方のお宅にお邪魔するという所と、ご家族の方がいる中ではありますが、約一時間の間1対1で利用者さんと密に関わるという所が、病院勤務とは大きく異なるポイントでもあり、やりがいなのだそう。

また子育てとお仕事の両立に関しては、同居しているお母様のサポートがあったり、訪問看護は夜勤がなく、託児所もついているので、お子さんが小さい時から働き続けてこれたんだそう。

高山さんが勤務している弥生台訪問看護ステーションにもパート勤務の方が沢山いらっしゃり、中には週2日の午前中だけの勤務という方も!

横浜市には、260箇所位の訪問看護ステーションがあるそうですが、あなたの家の近くにもあるかもしれません♪子育てしながら働き易い環境ですので、妊娠・出産などでお仕事を辞めてしまった看護師の方にはオススメですよ~!

求人情報なども掲載してありますので、ともろー訪問看護ステーションのHPを是非ご覧になって下さいね^^

プライベートでは、とても好奇心旺盛な高山さん。

常にアンテナを立てて、面白そうなことを探しているそうですが、今のマイブームは、リサイクルヤーンというTシャツを作る時に出る端切れをつなぎ合わせた糸を使ったバッグ作りにハマっているそうです!

編み針で編んでいくそうですが小さい物だと、2日位で編めちゃうんだそう!

オシャレな趣味ですね~^^

これからも趣味を楽しみながら、子育てにお仕事頑張って下さいね!

★おまけ

キュートな手作りのお人形の正体は…

20170902_114626

市沢ステーションの「いっちゃん」と、南舞岡ステーションの「みなみちゃん」、弥生台ステーションの「やよいちゃん」です!

いっちゃんは苺、みなみちゃんは新体操、やよいちゃんは着物と、それぞれ名前から連想されるイメージの衣装をまっとっています♪かわい~^^

2017年8月28日 (月)

オルガニスト 浅尾直子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、オルガニストの浅尾直子さんでした。

20170822_093638

現在オルガにストとして活動している浅尾さんですが、小さな頃からピアノを習い、高校では軽音楽部でドラムを叩いていたんだとか♪カッコいい~^^

パイプオルガンとは、関東学院女子短大の幼児教育科幼児音楽教育コースで学んでいた時に、授業で出会ったそうですが、その時はそれが将来のお仕事になるとは、まだ感じていなかったそう…人生って不思議ですよね!

短大卒業後は、ソニー株式会社へ就職。

しかし、数ヶ月経った頃から、音が鳴っていた生活が恋しくなり、「私には音楽が必要!」と感じ、会社員を続けながら再び受験勉強をスタート。

そして見事に洗足学園音楽大学の3年に編入することができ、そこから本格的にパイプオルガンの道へ進むことに。あっという間に、音楽の道へ帰ってきました^^

浅尾さんは、2005年度に横浜みなとみらいホールのオルガニストインターンシッププログラムを終了していて、2009年から「0歳からのオルガン・コンサート」の企画にも携わってらっしゃいます。

今年で9回目を迎える「0歳からのオルガン・コンサート」は、9/6(水)の11時・14時と2回開催されます!

パイプオルガンのルーシと、ソプラノの歌のおねえさん、華やかなパーカッションとみなトラくんが、会場を大いに盛り上げます♪

0歳の赤ちゃんはもちろん、大人の方も楽しめる内容になっていますので、皆様お誘い合わせの上、横浜みなとみらいホールにお越し下さいませ。

チケットは、横浜みなとみらいホールチケットセンター電話045-682-2000までお願いします^^

そして、今年は初の地方公演も開催!

11/5(日)に福島県の福島市音楽堂で「0歳からのオルガン・コンサート」を開催いたします。

同じ曲を演奏するそうなんですが、パイプオルガンの音色が違うので、全然違う曲になるそうです!

どんな違いがあるのか聴き比べてみたいですね^^

★おまけ

可愛い鳥の正体は…(ちょっとポケモンのキャラクターっぽい…)

20170822_093148

楽器です!オルガニストのお友達にスペインのお土産でもらった「水笛」

中にお水を入れて吹くと、鳥の鳴き声が聞こえてくるそう♪

「0歳からのオルガン・コンサート」でも披露されるそうなので、可愛い水笛の音色をお聴き逃しなく!

2017年8月21日 (月)

アロマ・エステ講師 桜川ともさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、アロマ・エステ講師の桜川ともさんでした。

20170808_093341_001

生命保険会社の事務をしていた時にエステサロンでアロマトリートメントを受けたのがきっかけで、アロマテラピーに興味を持ったという桜川さん。

トリートメントを受けた後は、“憑きものが取れた”、“体がゼロにリセットされたような感覚”になり、これが本当の自分だったんだなぁと直感で感じさせられるような印象を受けたそうです。

その後すぐにアロマスクールに通い始めて、卒業するころには転職を決め、サロンに勤務するようになったそうです。

不動産系の会社のホテルスパなどで勤務をしていた桜川さんですが、その会社が倒産してしまい、サロン勤務やアロマの企画の経験を活かしながら何か自分でできないかなぁ?と考え、講師の仕事を始めたそうです。

現在は、カルチャースクールでアロマ・エステの技術や知識を伝えたり、サロンワークをしている方に、サロンの中でできる技術をインストラクターとして指導をしています。

もちろん桜川さん自身も毎日アロマを楽しんでいて、ディフューザーでお部屋に香りを拡散させながら楽しんでらっしゃるそうです♪

朝はスッキリとした香りがお薦めで、ペパーミントやレモン、ローズマリーなど。

夜はラベンダーとオレンジなどが、眠るときにもちょうど良いんだそう。

ディフューザーがない場合は、ティッシュやハンカチに垂らして、そこから立ち上がる香りを楽しむというのも、十分アロマテラピーになるんだとか!

精油の瓶だと一年位、柑橘系は半年位と使用期限もあるので、買ったけど使い切れずに放置しているという方は、日常の中で気軽に香りのある生活を楽しみましょうね♪

カルチャースクールやオンラインサロンなどの情報は、桜川さんのblogをチェックして下さい^^

★おまけ

20170808_092751

精油や化粧水も遮光の瓶に入っているのですね~!

光を嫌う、繊細な物なんですね!

香りはもちろん、ブルーのボトルを見ているだけでも、なんだか癒されますが~^^

2017年8月14日 (月)

フランス菓子店「ラ フォンティーヌ」パティシエール 武田里菜さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、フランス菓子「ラ フォンティーヌ」パティシエール 武田里菜さんでした。

20170801_093311

あまりの麗しさにビックリ!!透き通るような美しさの武田さん^^

お店に会いに行きたくなっちゃいますね♪

フランス菓子店「ラ フォンティーヌ」は、相鉄線いずみ中央駅より徒歩5分で、フランスの国旗が目印のお店です。

武田さんは、パティシエールとしてケーキなどの生菓子・焼き菓子を作っていて、基本的には粉・砂糖・卵・バターを使い、入れる量やタイミングを変えることで、様々なお菓子を作り出しています。

武田さんがパティシエールになろうと思ったきっかけは、お母さんにクッキーを作ってあげたら、とても喜んでくれて、「もっと色んなお菓子が作ってみたい!」と思ったことから。

ラ フォンティーヌで働き始めたきっかけは、お父さんがタカナシ乳業に勤めていて、ラ フォンティーヌに乳製品を配達していたことから、「あのお店でアルバイトしてみたら?」と薦めてくれたからなんですって!

アルバイトからスタートし、働き始めて3年目!小さな頃からの夢を叶え、見事パティシエールになりました^^

今期間限定でお薦めのスイーツは、「寒天の入ったジュレ」凍らせてから食べる「ソルベ」です!

味はそれぞれ8種類ずつあるんだそう!

20170814_090356

その他に、夏のデザート菓子「ヴェリーヌ(グラスデザートのこと)」の商品開発を製造スタッフ皆で行い、武田さんは「抹茶と柚子のティラミス」を考案しました!

20170801_090033

抹茶のスポンジとマスカルポーネのチーズムース、抹茶のムース、柚子のゼリーが美しい層になっていて、目でも楽しむことができるスイーツ。

暑い夏にはチーズの味わいが重く感じるので、柚子でさっぱりと、また抹茶の苦味でさわやかにいただけるまさに夏にピッタリの味わいです^^

8/27にはお菓子教室も開催!バターから手作り!親子で楽しめるアイシングクッキー作りが行われます。

夏の最後の思い出作りに、参加してみてはいかがでしょうか?

お申し込みは、HPまたは0120-554014までお願いします^^

★おまけ

作るのはもちろんのこと、お勉強も欠かせません…本屋さんでもお菓子の本ばかり見てしまうそうです!

20170814_090437

ヴェリーヌを考案した時の貴重なメモも見せて下さいました!

武田さんは絵を描きながら、見た目からスイーツを考えていくそうです♪

20170814_090530

愛用のバレットまで見せて下さいました!

このパレットで、すいすいクリームが伸ばされていく様子を想像するだけで、堪りませんね^^

2017年8月 7日 (月)

着こなしコンサルタント 吉川ちひろさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、着こなしコンサルタントの吉川ちひろさんでした。

20170725_093620

着こなしコンサルタントとは、ひとことで言うと「ファッションの先生!」

吉川さんのクライアントは、個人の方や、企業のリーダーや経営者の方、政治家の先生ととっても幅広いんです!

それぞれに、“結婚したい”、“数字を上げたい”、“当選したい”、など目指すゴールがあるので、しっかりとカウンセリングを行いながらスタイリングのアドバイスやショッピング同行などを行っています。

吉川さんはこのお仕事を始めてもう16年目。

元々はIT系のお仕事をしていたそうですが、“一生続けたいと思える仕事”を見つけたいと思うようになり、大好きな事で人の役に立てることってなんだろう?と突き詰めて考えたところ、“大好きなファッションを人に伝えるということ”だったんだそう。

最初の2年間は、会社員生活を続けながら、週末にファッションのお仕事をしていたので、平日にどうしても!という時は、有給を使いながらなんとかやりくりをしていたそうです。

最終的には、休みがゼロの状態が続き体がついていかなくり、さらには心もついていかない状態に…

“そろそろ会社を辞めて、独立した方が良いんじゃない?”と、体と心が教えてくれた、そんなタイミングだったのかもしれませんね^^

先日は婚活をテーマにレッスンを受講された生徒さんから「結婚が決まりました!」と、嬉しいご報告を受けたんだそう。

その生徒さんのご家族からも「先生のお陰です!」と感謝の気持ちをいただいたそう。

着こなしコンサルタントは、多くの方を幸せにするお仕事でもありますね^^

いくつになってもファッションを通して人生を楽しんで欲しい!と最後にメッセージをいただきました。

明るく素敵な笑顔と的確なアドバイスが魅力の吉川さん。

相談したいという方は、吉川さんのblogをチェックして下さいね♪

★おまけ

カバンから、沢山のスカーフとストールが出現!

20170725_093022

冷房よけにはもちろんのこと、バッグのアクセントとして巻いたり(真ん中)、取っ手をつけてバッグに早変わり(左)!

なんて便利なのでしょう~♪

家に眠っているスカーフやストールも、せっかくなのでこのように活用してみて下さいね!

2017年7月31日 (月)

カルトナージュ・インテリア茶箱教室「BOX×R」主宰 佐野里江子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、カルトナージュ・インテリア茶箱教室「BOX×R」を主宰している佐野里江子さんでした。

20170711_094236

カルトナージュとはフランスの手工芸で、好きな形のカルトン(厚紙)に、布や革・紙などを貼って作品に仕上げていきます。

身近な物だとスマホケースや、眼鏡ケース・手帳カバーなど、ダストボックスや家具なんかも作ることが出来るそうです!

レッスンではイニシャルを入れてさらにオリジナリティを出す方も多いんだそう^^

そして気になるインテリア茶箱ですが、元々はあの「お茶箱」を家具にしたもので、日本に住む海外の方達のコミュニティの中で生まれたものなんだそう。

お茶箱は江戸時代から日本にあり、お茶の葉を保管したり搬送したりするもので、昔の家には押し入れに必ずあって、季節外の洋服を入れたり、書物や食品などを入れて湿気や虫から守ったんだそう。

椅子を作るような工程で制作していて、椅子と同様蓋の上にはウレタンが入っているんですよ^^

佐野さんとインテリア茶箱との出会いは、学生時代にアメリカに住んでいる叔母さまが、茶箱に布を貼ってプレゼントにしているのを見て素敵だな~と感じていたそうですが、20年ほどたってからそれが「インテリア茶箱」として紹介されているのを知り、すぐにインストラクターになるべく勉強を始めたんだそうです!

「一家に一台インテリア茶箱!」がこれからの目標なんだそう^^

佐野さんのblogにも沢山の作品が掲載されているので、是非ご覧になって下さいね!

★おまけ

こちらがそのインテリア茶箱!

Image2キラキラした足がついていて、本当にキュート!

Image1収納としてだけではなく、この様にインテリアとしても美しい~^^

ただの茶箱のままにしておくのは本当にもったいない!(笑)

家の押入れに茶箱が眠ってらっしゃるという方は、是非インテリア茶箱として楽しんで欲しいですね♪