DJ

半田あい

nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2018年6月 | メイン

2018年7月

2018年7月16日 (月)

中村瑠水子 水引折方教室 主宰「中村瑠水子さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は中村瑠水子 水引折方教室を主宰されている、中村瑠水子さんにお越しいただきました。

Dsc_2883

まずは、中村さんの作品をどうぞ!

Dsc_2871

Dsc_2866

Dsc_2868_3

Dsc_2879ご祝儀袋にかかっている紅白の帯状のもの。よく目にしますが、その「水引」を使った中村さんの作品は幅広く。そして、現在、水引の種類は数百にも及ぶそう!

ラッピング教室の講師をしていた中村さん。和風のラッピングに水引を使えたらいいなと思い、水引作家の故・平沢直子先生の門を叩きます。気軽な気持ちだったということですが、いざ水引に触れてみると、一つ一つに意味があるということを知り衝撃を受けます。千年前からある水引の結ぶという行為一つとっても、”別々のものを結ぶことで形が一つになる。二つのものが一つになり、新しいものが生まれる”という意味合いが込められており、大切な場に”結び”を用いて気持ちを表したとされているのだそう。

又、和紙を使って、中に何を入れるか、用途に応じて折っていきます。例えば、お金や花、結納の品など。オリジナルもあるそうですが、中村さんのお教室では、中村さんが師匠から教わった昔から伝えられ守ってきたものを、生徒さんへ伝え、永く継承していきたいとの思いが。

見た目の美しさと飽きがこない素材としての魅力。そして、水引に意味が込められていることは、日本を知ることができる楽しみでもあると中村さん。「日本人なのに、知らないことがあったと痛感したんです。」今では、季節の行事にも興味を持つようになり、季節を大切にしている水引を通して、昔の日本人が季節をどのように有り難く思っていたのかという様なことも文献などから学んでいらっしゃいます。「まだまだ知らない事が沢山出てきて、一生勉強しているんだな。」そんな事も仰っていましたが、日本人は奥が深いということも教えていただきました。(日本を勉強をしている中で、梅干しは日本人が考えたものという所から、只今梅干し作りに初挑戦中!)

遠方からも生徒さんがいらっしゃるという、中村さんのお教室。初心者も気軽に始められる【体験レッスン】や【季節のワンデイレッスン】もあります!中村瑠水子 水引折方教室のHPからどうぞ♪フォームからの予約や、お電話でのお問い合わせもできます。

11月半ばには、水引を始めて20年の節目を記念して、初の個展も開催予定です!

そして、行く行くは大勢の生徒さんと共に、教室展を行いたいと中村さんの夢は広がります☆

◆なでしこの素◆

中村さんのお仕事に欠かせないもの♪

Dsc_2875千枚通し!水引をクルクルクルと巻き付けて、螺旋形を作ったりします。

Dsc_2877お仕事中に何杯もいただくというお気に入りの緑茶♡足柄茶!

2018年7月 9日 (月)

みんなのお箸プロジェクト代表「平沼芳彩さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回はみんなのお箸プロジェクト代表で、礼法講師、箸文化講師の平沼芳彩(ほうさい)さんにお越しいただきました。

Dsc_2818

美しいお着物姿!

【お箸の正しい持ち方は一生の宝】

みんなのお箸プロジェクトでは、主に子供達に正しい箸の使い方をテーマに、箸文化講座や箸使いの啓発を。昨年、”かながわシニア起業家ビジネスグランプリ”でベストプラン賞を受賞され、今年から団体として活動されています。

きっかけは娘さん。「恥ずかしながら」と前置きした上で、実は平沼さんの上の娘さんが箸を上手く使えず、お子さんができたら、「箸使いはおばあちゃんに習いなさい」と平沼さんが担当することになったそうです。そこで、お孫さんの手に合うお箸を求め専門店へ行きますが、合うサイズのものが無かった為、自ら作る事に!

”それぞれの手に合った箸がある”今、子供達が上手に箸を使えないのは、手に合った箸を選んでいないことが原因と考えられるそう。自分のサイズとは、親指と人差し指を直角に開き、その三角形の底辺の長さ=一咫(ひとあた)と言いますが、お箸は昔から一咫半(1.5倍)なのだそうです。

又講習会などでは、正しいサイズは勿論、平沼さんが″箸学”と言う、お箸の歴史や語源、種類、割り箸のTPOも教えてくださいます。参加された方からは、「子供が箸を持つ事に興味を持った」という様な反響もあるそうです。

箸文化の国の中でも特に密接な日本人、毎日当たり前に使っているものですが、奥が深いです。持ち方に関して、癖がついても1ヵ月ほど練習すれば直すことは可能だそう。一生付き合うものですから、できれば小さい頃にきちんと身に着けておきたいですね。

これから夏休み時期には様々な催しが控えています!

◎夏休みの自由研究にも!”エンピツとハシの持ち方講座”7/21(土)井土ヶ谷アーバンセンター 7/31(火)吉野町市民プラザ

◎とつか区民の夢プロジェクト補助金対象事業”Myお箸をつくってみよう”お箸のはなしとお箸作りのワークショップです。各施設にて開催。

◎8/4は、8(は)4(し)の日!”はしのひワークショップ”大和市文化創造拠点シリウスにて、親子で学び、手のサイズに合わせたマイ箸づくりにも挑戦。

興味のある講座、お近くで開催のワークショップへ是非ご参加ください!詳しくは、みんなのお箸プロジェクトHPでご確認ください。

<なでしこの素>

圧巻です!!

Dsc_2811_3平沼さんの手作りコレクション♪11㎝から24㎝のお箸です。材質にこだわっていらっしゃいます。

Dsc_2812こちらは、3・4・6角形と形違いのお箸。正しく持つためには、6角形が持ちやすいとか。

そして、おしゃれな平沼さん、帯をよく見ると~

Dsc_2815なんとサーカス♪素敵なセンスです!

2018年7月 2日 (月)

横浜婚活サポート室 代表仲人「斎藤まさ江さん」

こんにちは! 半田あいです。

Dsc_2801

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は仲人歴36年!横浜婚活サポート室、代表の斎藤まさ江さんにお越しいただきました。

笑顔と温かな雰囲気に安心感を覚える斎藤さん。結婚=明るい未来、黒っぽい服は選ばないということ。この日も、明るさを感じさせる素敵なピンクのジャケットでご登場。

横浜婚活サポート室では、主に、仕事で忙しいビジネスマンに可愛いお嫁さんを探すお手伝いをされています。お見合い相手のご紹介からご交際、そしてご成婚まで、斎藤さんが丁寧に心を込めて、お一人お一人をサポートしてくださいます。

斎藤さんご自身は、24歳の頃お見合いで結婚されます。結婚後、ご主人のお仕事で移り住んだ静岡で、週末ごとに会社の同僚や後輩の方が家に来ていました。そこで「斎藤さんはお嫁さんが見つかって良かったね~、僕にも誰か紹介してくださいよ!」という様な流れから、斎藤さんが自分の後輩女性を紹介するようになり、そしていつの間にか、それが仕事になっていたのだそう!

人の良い所が目に付くたちなのかもしれないと斎藤さん。お人柄とお人柄でピーンとくることは昔からあったそうで、今のお仕事を天職と仰います。

そして、婚活サポートを通しての喜びとして、”人の成長に関わっていける仕事”という所に幸せを感じるということ。

例えば、口下手で上手く女性と関われない男性が、お見合いを1.2回すると、上手く話を聴けるようになる→3.4回目には、自分の話を上手く話せるようになる→そのうち、身なりがカッコよく、垢抜けたり、パリっとする→マナーが身に着く。すると、ご成婚が見えてくるのだそう!「人間は自分で自分を育てて行ける。素晴らしい事でいつも学ばせてもらっています。」それがとても楽しく、幸せなんだと教えてくださいました。

結婚相談所の8割はパーティーがメインだという所、斎藤さんの横浜婚活サポート室はお見合いという婚活方法でお相手を探して行きます。パーティーが苦手な方、口下手という方には特にピッタリです。

ご相談もお気軽に♪横浜婚活サポート室のHPの<お試し個別相談>からどうぞ。

また、毎月第3土曜日には、横浜駅西口近辺で、ミニセミナーとお茶会の開催もあります。お見合い会話の必勝法などを、気軽にお茶を飲みながら、ラウンジの席でお話しします。次回は7/21(土)18:00~20:00です。お申し込みは、同じくHPからできます。是非チェックしてください!

<なでしこの素>

斎藤さんの必需品♡

Dsc_2800会員の方とお話しになる際、お相手のプロフィールなどをお見せするもの。

こんなお心遣いも!

Img_20180709_102311

Dsc_2795縁結びを参拝された時には、会員様全員分を持って帰って来られるそうです。

マンガ版、とっても素敵なチラシもあります♪

Dsc_2798